元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

金色のコルダ4「榊 大地」

●榊 大地/サカキ ダイチ(cv内田夕夜さん)
星奏学院高校三年、ヴィオリスト。
オーケストラ部の元副部長。軽薄で女好きな性格だが、頼りになる。
夏のコンクールの後は医学部受験に向けて準備に励んでいるようだ。







~ネタバレ~
(告白されるエンド)
誰にでも優しい大地は通りすがる女子全てに甘く耳障りのいい言葉を投げかける。そんな調子のいい大地に週末合奏団に入ってもらうことになるとナンパですら週末合奏団の宣伝に使うほどで、ある意味頼りになる存在だった。
そんな大地がモテるのは当たり前で、主人公も噂で大地が告白されたという話を聞いた。しかし大地は医学部を受験するため今は彼女は作らないと断ったという話だった。そんな忙しいのに週末合奏団に誘ってしまったのは悪かったかと不安になるが、大地は受験勉強も息抜きが必要だからむしろ誘ってくれたのは嬉しかったんだと言ってくれた。
大地は実家が病院で、スタイルも顔も良くて勉強も出来て、更にヴィオラも弾けるというスーパー男子。だからこそ、人からやっかみをうけることが多かった。なんでもそつなくこなし、苦労せずに全てを手に入れてる、そう思われていた。しかし本当の大地は誰よりも努力を惜しまない男。主人公は、大地がドイツ語の文を読めるのを知ったときも、オケ部のために音楽科の勉強をしていたのを知ったときも、大地の努力に気付いた。軽いだけじゃなく、真面目で努力家である事を見抜いて認めてくれることに、大地は嬉しさを感じた。
しかしそんな大地でもやはり受験とアンサンブルの両立は大変で、練習不足だと土岐から指摘されてしまう。いつもは何を言われても表情を崩すことがない大地だったが主人公と二人きりになると、悔しいと弱音を吐いた。主人公に心を許して弱音を吐いてしまった事にハッとした大地だったが、主人公は弱音を吐いてくれて嬉しいと微笑むから大地は嬉しかった。
そんな主人公にどんどん惹かれる大地。想いを伝えたくて、帰り道で夜景を見ながら「手を繋いでもいいかい?」と言った。しかし戸惑う主人公は「何故?」と言うから「君が好きだから、繋ぎたい」と答えたのだが普段から軽口ばかり叩いてる大地の言葉は信じてもらえなくて、普段の行いを初めて後悔した。
その後、大地は週末合奏団の練習も益々力を入れた。夜の練習場所が無いからと、菩提樹寮で練習することになると、主人公は頑張る大地に差し入れを入れたりした。主人公の優しさに心が温かくなる大地は、今は信じてもらえなくても主人公への気持ちは本気だから信じてくれるまで言い続けると言ったのだった。
そして迎えたジルベルターコンサート。
無事にコンサートを成功させ、教会で二人きりになると大地は改めて告白をしてくれた。
「人をこんなにも好きになれると教えてくれた君と過ごす時間は嬉しくて、胸が苦しくなるほど幸せに満ち溢れてる。これからもずっと俺のそばにいてほしいんだ。俺が卒業してもずっと。
‥好きだよ。
冗談や軽口なんかじゃない、君の隣に立つたった一人の男になりたい。俺を君の恋人に選んでくれないか?
何も言わずただのいい先輩のままで君のそばにいるほうが安全だとも思ったくらい。でも、君を抱きしめたくて、誰にも渡したくなくて、君のことが好きで。
‥好きだよ。欲張りだと言われても仕方ない、君の全部が欲しいんだ。」
エンドロール後は横になる主人公の頬に指を当て微笑む大地。
「想いを全部伝えるすべがないから繰り返し囁き続けるしかない。君といられる幸福を、君が俺を思ってくれる喜びを。
好きだよ、俺の恋人。その笑顔をずっと俺が守りたい。」

(告白成功するエンド)
↑ジルベスターコンサートから分岐。祝賀会にいる大地に大切な話があると外に誘い、告白する。
「そうか、嬉しいよ、ありがとう。俺も君のことが好きだから。緊張した顔だね?断るわけがないだろう?大切な話って言われた時からもしかしてそうなのかなって期待してた。
これで君は俺の彼女。嬉しくないはずがない。俺のことを好きになってくれてありがとう。」
エンドロール後は、大地が主人公の額にキスをするスチル。
「真っ赤になって可愛いね。君はまだ信じられないというような顔だけど、俺には秘密があるからね。本当はとっくに君に夢中になっていて、君が愛しくてたまらない。毎日毎夜、ささやく言葉には本当しか入っていないんだ。
はにかんだその顔を見たいから胸の鼓動を押し隠して、当たり前のようにキスをする。君の困ったようなはにかんだ顔、愛しすぎるに決まってるよ。」

(告白失敗)
「好きになってくれて嬉しいけど、ごめん。後輩で仲間だから嘘はつけない。君は可愛くて愛しくて特別な相手だけど、恋じゃないんだ。
恋に変わることもきっとないと思う、ごめん。」

(慰め告白)
※本命ハルに振られたバージョン。
泣いてる主人公に、
「俺なら泣かせたりしない。涙を全部拭うから笑顔が戻るまでそばにいるよ。君が好きだ、君を愛してる。」

(彼からの想いイベント内容)
1、リップグロスを塗ってオシャレしたのに律や響也は全く気づいてくれなくてガッカリするが、大地はすぐに気づいてくれて、更に甘い言葉で褒めてくれた。
2、ニアからヴァイオリンの映画が今日まで上映されているといわれ、夜なのにもかかわらず大地を誘うと来てくれた。夜の映画館デートを楽しもうと2人で席に着くと、主人公の飲み物にストローが付いていないことに気づき主人公は取りに席を立ち、戻るとなんと大地は寝ていた。受験生であり週末合奏団に参加し、更にこんな夜に主人公のワガママに付き合ってくれていた大地。疲れていないはずがないことに気づいて申し訳ない気持ちになる。すぐに目を覚ました大地と映画鑑賞をしたが、帰り道で申し訳なさが顔にでる主人公に「たとえ今日の誘いが映画じゃなくてもなんだったとしても君からの誘いなら無理してでも来ていたよ」と、君だから来たいんだとまた優しい言葉をくれる。けど「君にそんな顔をさせるくらいなら次は勉強もできてデートも出来る俺の部屋に誘おうかな?」と微笑んでくれ、相変わらずの気遣いの含まれた軽口に胸がときめいた。
3、具合が悪くて保健室に行くと、偶然きた大地が優しく介抱してくれる。優しさに甘えると、あまり俺を信用しすぎないでと頭を撫でてくれた。

(彼への想いイベント内容)
1、体育の授業で転んで膝を擦りむき保健室に向かうと保健室の先生が不在で、代わりに大地が留守番を頼まれていた。医者を目指している大地は手際よく膝を洗って手当てをしてくれた。最後に包帯を巻き膝にキスをする大地に驚くと、おまじないだよ、もう痛いのなんか気にならなくなっただろう?と言うのだった。
2、登校中大地を見つけて追いかけるが足の長さの違いと足の速さの違いで中々追いつけず、やっと気づいてくれたのはもう学校の目の前だった。息を切らして追いかけてきた主人公にそんな急いで追いかけてきたならよっぽどの用事があったのかと言う大地だったが、よく考えたらただ見つけただけで追いかけた自分に少し恥ずかしくなる主人公。しかしそんな主人公の行動に喜ぶ大地は可愛いと言ってくれて、甘い言葉を囁いてくれる。しかも並んでから歩幅が同じになっていることに気付き、さりげない大地の優しさにまたときめいた。
3、みなとみらいの遊園地のチケットをもらったという大地。主人公に一緒に行こうと誘ってくれて約束をした。その話をニアにするとチャンスだと言われ、吊り橋効果を狙うために最後にお化け屋敷に行って抱き付けとアドバイスされた。
4、約束通りデートに行くがドキドキさせようとしても結局ドキドキさせられっぱなしで大地のペースになってしまう。最後のチャンスだとお化け屋敷に誘ったものの抱きつくどころか怖くて気を失ってしまうという失態をおかしてしまった。恥ずかしくて本当は大地をドキドキさせたかった話をすると大地は驚いて「目的は果たせてるかもよ」と微笑む。落とそうとしてるなんて聞いてドキドキしないわけないよと、もっと色んな作戦たてて、精一杯高嶺の花になるからと言うのだった。

(クリスマスイベント内容)
クリスマスプレゼントだとエメラルドグリーンのイヤリングをプレゼントしてくれた大地。そしてそのままデートをしようとご飯を食べに連れて行ってくれて、更に大きなツリーを見に行くのだが、寒がる主人公を暖めるために後ろから自分のコートで抱きしめるように包み込んでくれる。

(昼食スペシャルイベント)
未確認

(大地の誕生日)
靴クリームをあげようとするとニアに「それだけではパンチが足りない」と言われて勝手にびっくり箱仕様のラッピングをされてしまう。大地にそれをあげると大地は驚くけれどこんなプレゼントを貰ったのは初めてで忘れられないものになったと喜んでくれた。


管理人の感想ネタバレ有り