元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

金色のコルダ4「水嶋 新」

●水嶋 新/ミズシマ アラタ(cv岸尾だいすけさん)
至誠館高校一年、トロンボニスト。
吹奏楽部のムードメーカーの1年生。星奏学院オケ部の水嶋悠人のいとこ。
明るく甘え上手でカワイイ年下だが、もしかしたら、全部計算かも……?






~ネタバレ~
(告白されるエンド)
夏に出会った頃から主人公に好感があった新は、今回の週末合奏団にも自ら入りたいと言って参加してくれた。
いつでも直球で、主人公のことを「大好き」と言い、気軽にハグをしたりと上手く甘えるスキンシップをして楽しませてくれていた。
主人公が他の学校の生徒にナンパされるが、音楽のことしか頭にない主人公に呆れ、ナンパした男たちに「つまらない女。普通どころか普通以下。」と言われてしまう。ショックを受け、怒りが収まらずヴァイオリンを弾き心を鎮めようとすると、その怒りさえも音楽で解消する音楽バカな主人公を「普通なんかじゃなく最高だ」と、新は言ってくれた。
音楽に夢中で、どんどん新しい世界を拓いていく主人公に、新も夢中になっていく。
クリスマスには特別なデートをしたいと、新は沢山アルバイトをし、素敵な店のクリスマスディナーを予約してくれた。しかしそんな日に限っていつも運の高い新の最悪な日がおとずれる。スマホを水没させ、ひったくりを捕まえ、道に迷ったおばあさんを助け、散々な目にあって四時間の遅刻。雨の中ずっと待ってた主人公を前に走る新は足がもつれ転んでしまい、カッコ悪いと泣きそうになるが主人公は優しく受け入れてくれ、二人はクリスマスをやり直すことができた。
心根が優しい穏やかな可愛い二人に、ジルベスターが近づいていく。家が離れているからジルベスターが終わればまた暫く会えなくなってしまうから寂しいと、新は主人公を抱きしめるが、抱きしめても抱きしめても寂しさを補充できないと、むしろそのぶんどんどんキャパが増えてしまうと切なく笑った。
そしてジルベスターコンサート本番。大盛況に終わることができ、新はコンサートの後にいい場所を見つけたと主人公を連れてってくれる。そこは教会であり、その場所で主人公に告白してくれた。
「本気で君が好き、君のこと知れば知るほど好きになる。
可愛いからとか、優しいからとか、頑張ってるからとか、理由なんていくらでもつけられるけど、君の全部が好きみたいだ。
俺の彼女になってよ。
これから全部一緒にいようね、今日から彼氏彼女なんだから。」
エンドロール後は、抱き上げてくれるスチル。
「俺を好きって言ってくれる、ねえ、これって夢じゃないよね?
こんな幸せ手放せない。告白した時の返事をしてくれた君の笑顔、きっと一生忘れない。俺を好きって言ってくれたあの瞬間、絶対忘れないよ。
一緒に幸せになろう。ねっ、約束だよ。」

(告白成功するエンド)
未確認

(告白失敗)
未確認

(慰め告白)
※本命ハルバージョン
「ハルちゃんのこと好きだったもんね。俺なら二つ返事でぜひともってオーケーしちゃうんだけどな。見る目なさすぎ。俺にしとけばよかったのに。
ね、俺にしなよ。俺なら君のこと泣かせたりしない。少しずつゆっくりでも好きになってよ。俺一途なほうだし、君のこと世界で一番好きだし。
幸せにするから、俺の彼女になって、ね?」

(彼からの想いイベント内容)
1、クラシックのテレビ番組に夢中になってる主人公にちょっかいをかけてくる新。うさぎのカチューシャを買ったと言って主人公につけてくれると、可愛さでトキメキ死すると大袈裟に騒ぐ。
2、心理テストをしてくれるという新。質問に何個か答えた時、今思い浮かべたのは誰のことだったかという質問。その時新以外の誰かを思い出して顔を赤くする主人公だったが、そんな主人公を見た新は綺麗になったねと言う。そして、他の人を好きとか、ハードル高すぎだよと切なく笑った。
3、今夜デートをしようと夜のデートに誘われた。
4、↑デートの待ち合わせ場所はジャズバーだった。大人の雰囲気の場所にドキドキすると現れた新は大人っぽい格好でトロンボーンでジャズを弾いた。たびたび店で弾いているようで、いつもと違った雰囲気に大人っぽくてドキドキした。そして新は君に好きになって欲しいからかっこよくがんばったんだと話してくれた。

(彼への想いイベント内容)
未確認

(クリスマスイベント内容)
新の場合はメインイベントにクリスマスが組み込まれいる仕様。

(昼食スペシャルイベント内容)
未確認


管理人の感想ネタバレ有り