元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレ感想を載せています。

【もくじ】


こちらのブログは、今までプレイした乙女ゲームのネタバレ感想ブログです。
今までプレイした乙女ゲーム一覧はこちら
これからプレイする乙女ゲーム一覧はこちら
各ゲームごと全キャラのネタバレ感想があり、各キャラごとに飛べる仕様になっております。ネタバレを含みますので注意して閲覧してくださいね♪
攻略が載っているソフトもあります。
管理人に何か伝えたいことがあればコメント下さい。
お友達と一緒に攻略しているので、キャラによってお友達のネタバレブログへリンクする仕様になっています。

協力してくれているお友達のサイト:「想い出という名の感想で綴る、元彼達の好きなトコ」

ただ今ブログお引越し中なので、旧トップページは→こちら

旧ブログは→こちら



〜もくじ〜

【あ行】
・アンジェリーク ルミナライズ(NS)
・VAMPIRE SWEETIE(PC)R18
・うたの☆プリンスさまっ♪Debut for Nintendo Switch(NS)

【か行】
・監禁婚〜選択の日々 誠編〜(mobile)R18
・君は雪間に希う(NS)
・剣が君 for S

【さ行】
・三国恋戦記~思いでがえし~+学園恋戦記(NS)
・ジャックジャンヌ(NS)
・CharadeManiacs for Nintendo Switch(NS)
・終遠のヴィルシュ -ErroR:salvation-(NS)
・スペードの国のアリス ~Wonderful White World~(NS)
・SWEET CLOWN〜午前三時のオカシな道化師〜(NS)

【た行】
・ときめきメモリアルGirl's Side 4th Heart(NS)
・時計仕掛けのアポカリプス(NS)

【な行】
・NOISE -voice of snow-(PC)

【は行】
・幕末恋華新選組 尽忠報国の士(NS)
・BUSTAFELLOWS -バスタフェロウズ-(NS)
・Paradigm Paradox(パラダイムパラドックス)(NS)

【ま行】

【や行】

【ら行】

【わ行】

【攻略】
・アイリス魔法学園 ウィンクルムハーツ攻略

【その他】
・2019年度プレイしたオススメ乙女ゲーム
・2018年度プレイしたオススメ乙女ゲーム
・2022年度乙女ゲームプレイリスト
・2021年度乙女ゲームプレイリスト
・2020年度乙女ゲームプレイリスト
・2019年度乙女ゲームプレイリスト
・好きキャラランキング(ソフト別)
・好きキャラランキング(声優版)
・プライバシーポリシー
・このブログについて

お問い合わせ先はこちら✉️


剣が君 for S

【剣が君 for S】
プレイ:350本目:2022,4,24〜

〜あらすじ〜
【for V】
一六三三年
妖怪を滅する力を持つ伝説の刀、「天下五剣」を授かる「剣取り」こそが武士道(真の侍)と賞賛される時代。
各地では、剣取り御前試合が開催され、強い者が次々と名乗りを挙げていった。
幕府は、御前試合として「剣取り御前試合」を開催。
御前試合で一番になった侍には、官や称号、望むがままの褒美が与えられ、そして「天下五剣」
鬼丸国綱(おにまるくにつな)
童子切(どうじぎり)
大典太(おおてんた)
三日月宗近みかづきむねちか)
数珠丸(じゅずまる)
を授けられるのであった。
時は早春。
今年も江戸城で剣取り御前試合が開催される季節となり、全国から名声や富を求める若者達が江戸に集まっていた。

【百夜綴り】
寛永十年。
駿府城で徳川忠長が自刃したことから、すべては始まった。
江戸に暮らす料理茶屋の娘は、ある日、偽の姫として、花嫁行列を演じることとなる。
駿府城までの東海道の旅。
困難を乗り越えていく中、護衛たちとの間にも絆が芽生えていく。
しかし、花嫁行列の裏には
もうひとつの思惑が隠されていた。
天下五剣が一振り
「数珠丸(じゅずまる)」の密かに運ぶこと。
知らずそれを手助けした一行は、無事に江戸に戻った後も不思議な縁で結ばれることになる。
天下五剣を授かる江戸城御前試合を前に活気づく江戸の町。
今から語るのは、そこで彼らが再び相まみえることから始まる、数多の物語。
そして、彼らが生きてきた証である、語られざる物語。
夜ごと語って、綴りましょう。誰もが忘れるその前に――
(公式サイトより)

剣が君

※「剣が君 for S」のバナーに使用されている画像の著作権は、Rejet株式会社に帰属します。


〜攻略キャラ〜
九十九丸 -(cv小野友樹さん)
螢 -(cvKENNさん)
黒羽実彰 -(cv前野智昭さん)
縁 -(cv置鮎龍太郎さん)
鷺原左京 -(cv保志総一朗さん)
鈴懸 -(cv逢坂良太さん)


〜各キャラネタバレ感想〜
※攻略中


〜全体の感想〜
※攻略中


三国恋戦記〜思いでがえし+学園恋戦記〜「全キャラネタバレ感想」

〜三国恋戦記、思いでかえし+学園恋戦記〜
●三国恋戦記FD、キャラネタバレ感想です。
ストーリー自体が短いので感想も短めです(^_^;)更になんと感想を書いていた紙を無くしてしまったので五人分しか書けませんでした(Σ○Д○;)



※管理人の攻略順に並べてます↓
→玄徳の感想はこちら←
→孟徳の感想はこちら←
→雲長の感想はこちら←
→公瑾の感想はこちら←
→孔明の感想はこちら←




〜三国恋戦記FD、各キャラネタバレ感想〜
(玄徳のネタバレ感想)
・玄徳(cv三木眞一郎さん)

※「三国恋戦記〜思いでがえし+学園恋戦記〜」のバナーに使用されている画像の著作権は、Daisy2およびプロトタイプ株式会社に帰属します。
1周目はもちろんメインヒーロー玄徳さん。前作でもお兄さんらしくて素敵な人でしたが、漫遊記では的確なツッコミとボケの調和で笑えたり、裸スチルでは濡髪がカッコよくてよかったです!
恋々は結婚前のお話が繰り広げられ、手が早いという誤解がうけました(笑)そこでの芙蓉姫が相変わらず頼りになってかっこよくて可愛い!芙蓉姫の旦那さんもイケメンだし!そして肝心の玄徳さんですが昔の若い姿はまたイケメンで良かったし、結婚式の衣装とかも素敵で良かったです!玄徳さんはなんだかんだちゃんと幸せにしてくれそうで良かった(*^o^*)/




(孟徳さんのネタバレ感想)
・孟徳(cv森川智之さん)

※「三国恋戦記〜思いでがえし+学園恋戦記〜」のバナーに使用されている画像の著作権は、Daisy2およびプロトタイプ株式会社に帰属します。
二人目は孟徳さん。漫遊記では船大工とかはちゃめちゃなのに女の子には優しい、男には俺様、そのスタイルが変わってなくてウケました(笑)ご褒美のゾウさんに乗れるストは素敵でした!
恋々はなんと孟徳さんは死んだことにして二人で隠居生活するという流れでしたが、モブのイケメンが出てきたり孟徳さんが甘いヤキモチを妬くのがよい!嘘ついてた罰も「罰はそばにいること」っていうのがまたいい男すぎてやばい!そのくせめっちゃ頼れるから本当に素敵ですよね〜チャラチャラしてた時もあるけど実際はそんなことなくて素敵な人で私もこんな人と結婚したいと思いました!




(雲長のネタバレ感想)
・雲長(cv櫻井孝宏さん)

※「三国恋戦記〜思いでがえし+学園恋戦記〜」のバナーに使用されている画像の著作権は、Daisy2およびプロトタイプ株式会社に帰属します。
三人目に攻略した雲長さんですが、漫遊記めちゃくちゃ笑えた!!(笑)真面目なキャラだからこその崩壊最高(笑)でもあのお菓子食べてみたいわ(笑)あと漫遊記のご褒美の正装姿はめっちゃかっこよかったです!
そしてひとひら〜なんですが終わりと始まりの間の話がエモい!!これは唯一の現実キャラだからこそですよね〜!
そして恋々ですが、雲長と広生の違いがメインになるわけですがどっちもいいよね〜!どちらもカッコよくて素敵!そしてあの世界を体験した二人だからこそ、切なくて頼りになって、そして泣けました(ToT)幸せになって(ToT)




(公瑾のネタバレ感想)
・公瑾(cv諏訪部順一さん)

※「三国恋戦記〜思いでがえし+学園恋戦記〜」のバナーに使用されている画像の著作権は、Daisy2およびプロトタイプ株式会社に帰属します。
四人目の公瑾さんもまた漫遊記爆笑しすぎたんだが!!!!(笑)V系琵琶弾きマジ最高(笑)中の人のシャウト本気で上手くてほんっと笑った(笑)琵琶!琵琶!琵琶ぁあああ!!が頭から離れません(笑)しかし何故裸スチルこの人のはないのですか( ´◡` )残念すぎる。
そしてひとひら〜は基本嫉妬ばかりの公瑾さんが良い!
恋々の方はなんとお互いの話してることがわからなくなるという地獄!めっちゃすれ違うし嫉妬がすごくてやばい!けど直った時の人前でのアピールが凄い執着されててときめきました。公瑾さんクールに見えてめっちゃ余裕なくて執着してくれるの最高!!




(孔明のネタバレ感想)
孔明(cv杉田智和さん)

※「三国恋戦記〜思いでがえし+学園恋戦記〜」のバナーに使用されている画像の著作権は、Daisy2およびプロトタイプ株式会社に帰属します。
五人目の孔明師匠、漫遊記では膝枕してくれの連呼で可愛かったけど裸スチルは少年みたいでしたね(笑)相変わらずショタ顔!
しかし彼はまた特殊な人なのでひとひら〜の過去の話が良い!花が消えてしまった後の話見たかったからこれはすごく良かったですね!しかもあの大量な手紙のルーツがわかって切なくて泣ける(;_;)
あと孔明師匠のルートは晏而さんたちがたくさんでてくるのいいね!彼はいつまでも花を好きでいてくれて頼りになって素敵な人だったよ!
恋々は結婚初夜の話がときめきでエロくて良かったんですがせっかくの休みに熱を出す花は何やってんだ感が凄い( ´◡` )(笑)運悪(笑)


三国恋戦記~思いでがえし~+学園恋戦記

【三国恋戦記~思いでがえし~+学園恋戦記 】
プレイ:349本目:22,4,9〜22,4,24(13時間10分)

〜あらすじ〜
【永遠恋々】
「三国恋戦記」本編のハッピーエンド後を描いたアフターストーリー。
10人の英傑たちそれぞれとの、どこまでも甘い日々が描かれます。
若かりし頃の英傑が登場するお話もあり、主人公の衣装はお相手ごとに異なるデザインになっています。
ひとひらの思いで】
「三国恋戦記」本編を補完するショートエピソード集。
秘められた想いが綴られる男性キャラクター視点のエピソード、本編では語られることのなかった黄巾党時代や初デートの思いでなどもお楽しみいただけます。
さらに、人気サブキャラクター視点のエピソードも収録。
主に「三国漫遊記」で一定の条件を達成すると読めるようになります。
【三国漫遊記】
キュートなSDキャラクターが大活躍!
三国全土で繰り広げるハチャメチャ三国世直しゲームです。
献帝の命を受けた主人公とお相手が、本の悪戯?暴走?でハチャメチャになった世界の中を元に戻すため、三国を漫遊して笑劇珍道中を繰り広げます。
「三国漫遊記」でしか見られないご褒美イベントもあり、お役目を果たすと「ひとひらの思いで」に収録されているショートエピソードをお楽しみいただけます。
【学園恋戦記】
“もしも「三国恋戦記」の登場人物たちが現代の学生だったら……”というパラレルワールドを舞台に、「体育祭」や「文化祭」などの学園行事のなか、血湧き肉躍る青春ドラマが繰り広げられる……という萌えて笑える「IFストーリー」です。


※「三国恋戦記~思いでがえし~+学園恋戦記」のバナーに使用されている画像の著作権は、Daisy2およびプロトタイプ株式会社に帰属します。


〜攻略キャラ〜
玄徳 -(cv三木眞一郎さん)
孟徳 -(cv森川智之さん)
仲謀 -(cv森久保祥太郎さん)
雲長 -(cv櫻井孝宏さん)
翼徳 -(cv保志総一朗さん)
子龍 -(cv石田彰さん)
公瑾 -(cv諏訪部順一さん)
孔明 -(cv杉田智和さん)
早安 -(cv岸尾だいすけさん)
文若 -(cv竹本英史さん)


〜各キャラネタバレ感想〜

・各キャラネタバレ感想※感想を書いていた紙を無くしてしまい五人分しか残せませんでした(ToT)


〜全体の感想〜
本作は四種類から選べるファンディスクとなっていました。
本編のハッピーエンド後のそれぞれのキャラとのお話、前作のストーリーの中での合間の補完のお話、キャラたちとはちゃめちゃな旅をするお話、そしてifとしてみんなが現世で学生をしているというお話の四つで成り立っています。
ファンとしてはもうSEすら懐かしくて嬉しい感じの作品なんですが、全体的には割と短めでサクッと出来る印象でした。
ただ、旅をする漫遊記のお話はミニキャラで可愛いのですがどのキャラも割と流れは同じ金太郎飴システムなのに全員見ないとイベとスチルが埋まらないのが少々面倒ですが、早送り機能もあるし笑えるストーリーも多いので私は苦になりませんでした。クイズも間違っても巻き戻し機能があるので楽でしたし!
本編のハッピーエンド後のお話の「永遠恋々」は結ばれたその後のお話が見れるのでかなり良かったです!が、結構短い!もうちょっと長くラブラブなみんなを見たかったなとは思います。
ifの学園モノは正直短い上にただの日常みたいなのばかりである意味あったのかなとは思ってしまいました(^_^;)もっと学園を生かして制服の彼らとのラブイベントが欲しかったなぁとは思います。四部目は割と甘い部分もありましたが…。もったいない。
という感じでしたがキャラクターも多い上にたくさんのシナリオがあるので短さはそこでカバーだとは思います。前作で好きなキャラがいる方は更に楽しめると思います!あ、あとファンディスクなのでやはり前作をやってないとちんぷんかんぷんなのでご注意を!


↓管理人お気に入りキャラ↓
仲謀


↓前作はこちら↓

終遠のヴィルシュ -ErroR:salvation-「全キャラネタバレ感想」

〜終遠のヴィルシュ -ErroR:salvation-〜
●終ヴィル、全キャラネタバレ感想です。



※管理人の攻略順に並べてます↓
→マティスくんの感想はこちら←
→リュカ先生の感想はこちら←
→シアンさんの感想はこちら←
→イヴの感想はこちら←
→三幕の感想はこちら←




〜終遠のヴィルシュ、各キャラネタバレ感想〜
(マティスのネタバレ感想)
マティス・クロード(cv天崎滉平さん)
f:id:pinkve:20220314150322p:plain
※「終遠のヴィルシュ -ErroR:salvation-」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
絶望エンド1周目に攻略したマティス君ですが、最初の印象は喋り方がおどおどしてる引きこもり御曹司って感じ。しかし慣れてくると世間知らずからか結構失礼な発言多くてめっちゃウケました(笑)
彼は兄カミーユが死刑執行人(ブロー)に殺されているため復讐に燃えてるわけで、友となり手助けをしたいセレスがクロード家のメイドとなるというのが個別ルートの流れになるんですね。そこでね、お互い初めての友達となり穏やかに進む感じがめっちゃ可愛くて、ゆるーく芽生えていく恋心が甘酸っぱくて素敵って思ってたんですが、なんと急に性格が変わるマティス君。なんか急に「死神風情が!」とか罵られぶん殴られた(笑)
これはマジで私もギョッとしましたよ!え、二重人格?あんなに優しくて恋とか言っててセレスの事は大切とか言ってたのにまさかの攻撃どころか一番言われたくない死神という呼び方。親から虐待されてたから二重人格生まれたのか?それでもあんなに変わっちゃうの?普段ネグリジェ着て寝てる天使が?(笑)
と、思ってたら彼はなんと人間でもリライバーでもなくホムンクルスだったんですね(Σ○Д○;)私正直最初からジャンは胡散臭いなと思ってたから彼が悪い奴なのは納得したけど予想よりクズでしたね!女の人たち殺してしかも胎を取ってるんでしょ?(Σ○Д○;)胸糞…
しかも最終的に色んな人格にされるやつセレスが痛そうすぎてかわいそうだったよ〜(ToT)どんな姿になっても必ず愛してるって言ってくれたマティス君の心根には感動して涙出たけどね(ToT)しかし絶望エンドは抗えず、マティス君はカミーユになってしまい、セレスをロザリーとして愛すわけですね。永遠に。
もう一つの絶望エンドはセレスまでもが水槽みたいなのに入れられちゃったからマティス君も配達人になるやつでした。
どちらにせよ本物のロザリーは復活できたのかな?ジャンさん見た目も執事感も凄いタイプなんだけどな〜!残念!
そしてここからは回り回ってやっと見れたマティスくんの救済エンド!これまた泣いたああああ(ToT)あの絶望からどう救われるのかと思いきや、ジャンが実はロザリーとの子供につけたかった名前がマティスだというのが分かりまず号泣。しかし助かったものの、研究施設がなくなりホムンクルスとしての機能が終わるから死を覚悟してマティスくんとセレスが二人で語り合うシーン、徐々にデータが消えていく中たどたどしく言葉を紡いでくれるマティスくんにまた号泣。これが救済なの!?とエンドロール見てたら何と!ジャンが残してくれたバックアップのおかげでリライバーとして復活したマティスくん!最後に記憶がないマティスくんが「一目惚れをしました」っていうスチルでまた泣いたよおおおお(ToT)やっと幸せになれるね(ToT)今度こそ本当のマティスくんとして、新たな一歩にふさわしい眩しくて綺麗なスチルでした(ToT)幸せになって‥。



(リュカ先生のネタバレ感想)
・リュカ・プルースト(cv平川大輔さん)
f:id:pinkve:20220318093546p:plain
※「終遠のヴィルシュ -ErroR:salvation-」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
絶望エンド2周目に攻略したリュカ先生ですが、最初のイメージはとにかくめちゃくちゃ美形!!!穏やかで見た目なんか女の人ってくらい美しいのに何事にも動じない感じの強さとか男らしさも兼ねてて、そこに充てられる平川さんボイスがめちゃくちゃ合ってて好感度しかない。更にあれやばい!口元!!そう!!犬歯<●><●>これめっちゃ可愛くないですか!?共通ルートのみんなでご飯食べてるスチルでそれ見つけた時switchに額擦り付けるレベルで至近距離で見たわよ(キモ)だってあの美しさで口元お茶目とかエロしかないわ。
あとはさ、一人称が割とよく「先生」なのもいいですよね!自分で先生って言うの激萌える。
そんな色気漂いながらも清楚なイメージが崩れないリュカ先生ですが、彼はもう22歳。死の目前で発作も起きているのでここはリライバーになるのがこの島の自然の流れな訳ですが、まず彼は神の信仰が強いのでもしかしたら希望してないのでは?と疑ってた私。
そしたらなんと、彼は希望してないどころかエクソシスト教団員なだけではなく、正体は死刑執行人(Σ○Д○;)そう、ブロー!!
これは私結構予想外でした。なんか怪しいとは思ってたけど変態なのかなって思ってたし(笑)ブローとはまた別の感じの変態な話が展開されると思ってたから驚いたけど、でも良く考えたらブローの立ち絵で左手を顔というか頬?みたいなとこに持っていく立ち絵同じだし、共通で偽物のブローにナイフが飛んできた時もリュカ先生いた方向からきたよね。アレ忘れてたわ。
しかしリュカ先生、ブローになりたくてなったわけじゃない。妹のナディアの為に殺しをしていたわけだが、この経緯はマジで胸糞ヤバァ!!!カプシーヌマジでほんっとあいつクソ!!!最初はリライバーを反対してて人命を助ける為に実験とかしてるのかなって思ってたからまだそれなら良かったけど実はただ単に自分の変態な趣味のためだけに実験してたとか真相聞いたら胸糞しかないし、何よりナディアのあの姿(ToT)酷すぎる(ToT)なんであんな良い子のナディアがあんな風にされなきゃないのかと私結構ショックで凄く嫌な気持ちが残ったな…。
しかもリュカ先生をブローに仕立てたのがあの洗脳…本当はやりたくないと本音を絶叫した時も辛すぎて泣けてやばかった…(;_;)
絶望エンドの最後も惨殺事件凄まじく、そして骨になったセレスへのプロポーズ、もうやばいくらい辛いことしかなさすぎてこれ本当に救済できんの!?!?無理じゃない!?!?乙女ゲーでこんなに嫌な気持ちになるとは思わなかったんだが(笑)
ただ!もう一つの絶望エンドの「絶望への旅路」はこちらも辛いがめっちゃ泣けた(ToT)セレス可哀想だけど絞首台での最後のセリフが「今冥界に迎えに行きますよ旦那様」って微笑むやつがめちゃくちゃ泣ける(ToT)ただ一人だけリュカ先生の事を想ってるよね…でも冥界にはこれないって、これこそ絶望よね…。
そしてそんな気持ちの中ようやく迎えた救済エンドですが、救済とは( ´◡` )(笑)
だよね!!知ってた!!あそこからそんなうまい具合にみんなハッピー幸せ!ってなるわけないよね!仕方ないね!(泣)そう、リュカ先生の救済はセレスのおかげで自我を戻してナディアをあの姿から解放し、カプシーヌも殺して、セレスが先生を看取り、そしてセレスも後を追う。つらいよ〜(ToT)ナディアの最後もダハトくんが最後の力でナディアに頑張れって言ったやつメチャクチャ泣けたし、生まれ変わっても兄様と姉様の妹になりたいって…(ToT)もう文字打つだけでも無理(ToT)あの兄妹は本当に辛い(ToT)本当なら明るい空の下で穏やかに幸せになってほしかったね。私もナディアが大好きよ…生まれ変わったら三人で幸せになって(ToT)



(シアンさんのネタバレ感想)
・シアン・ブロフィワーズ(cv細谷佳正さん)
f:id:pinkve:20220330132235p:plain
※「終遠のヴィルシュ -ErroR:salvation-」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
絶望エンド3周目に攻略したシアンさんですが、最初のイメージは偉そうなお兄さんね!一番最初のリライバーで、その技術を発明した人だからね!偉いのさ!しかしそんな偉そうなのに共通はおじいちゃんキャラいじりが多くて笑えました(笑)とても偉い人なのにみんなネタぶっ込み容赦ない!おもろい!横暴に見えて気だるくて、酒弱くて本当に浴びてたり、マティスくんの車酔いするのも可愛くてウケました(≧▽≦)あと初めて会った時にセレスのこと「期待はずれの何の変哲もない暗くておとなしいだけの子娘」ってセリフめっちゃ笑った。容赦ない(笑)
しかしそんな容赦無くされても気にしないどころか、あの汚い部屋を掃除することになり「何てやりがいがあるの」と言うセレスはマジで大物。異臭までしているのに(笑)でもそこで小間使いになる時に「俺のものになれ」ってセリフやばかったですね!?急なときめき台詞にギャッとなった<●><●>
そして物語が進むとシアンさんは人体実験をしてるひどい人だよ〜という流れになるわけですが正直これあんま酷くないとか思っちゃう私。実験無くして結果は出せませんからね、勝手にみんなシアンさんに頼り切りで文句は言えないわよね、仕方ないわ。しかもそれだけじゃなくシアンさんは一番最初に自分の体で実験するって話じゃないですか!そんな立派な人を誰が酷いと言えようか!高須クリ◯ックの院長も新しい技術生み出した時は必ず自分の体で施術を試すって言ってますからね!お二人を尊敬するわ<●><●>
しかしシアンさんルート、後半はひどいひどい(ToT)施設の子どもたちみんな殺された挙句、なんとアドルフの生首が転がってきた。

<●><●>

いや、これは正直マジでショックすぎたんだが( ´◡` )だってまさか乙女ゲームの攻略キャラの生首足下に転がってくる事があるとは思わないやん( ´◡` )この展開見た後元気出なくてしばらくゲーム出来なかった(笑)
あとこのルートでわかるけどマムは有能なる子供をシアンに送っている事実。約◯バ思い出した(笑)
そして絶望エンドはどゆことよ?セレスの体がダメだったから記憶だけをシアンさんの脳に移植したってこと?シアンさんは心を手に入れたのでこれはかなり拷問なエンドでしたよね〜(ToT)あの最後のスチルがマジで苦しそうで、発する声もつらくて見てるこっちも胸痛かったです(ToT)恋をするならお前がいいって言ってくれたあの言葉が余計に涙を誘うわ(ToT)
と、いうことでここから回り回って救済エンドを見てきた感想ですが、シアンさんの救済エンドやべええええ<●><●>他の人たちの救済は「救済とは?(真顔)」となるエンドが多くて号泣してばかりでしたが、シアンさんのエンドは本当に幸せっ(ToT)感情を引き継いだまま新たなリライバーになったシアンさんはめちゃくちゃ甘い!セレスの顔をじっと見てばかりだったり、可愛いとか愛してるとか、そしてベッド押し倒し(ぎゃっ)あれだけサッパリしてたシアンさんがめちゃくちゃ甘くなって優しくなって愛してくれる展開最高でしたねー!これぞ救済ですね!本当に幸せそうでとても良かったよ〜!他のエンド見てると逆にこれ本当に終ヴィル?と思ったけど!!(笑)



(イヴのネタバレ感想)
・イヴ(cv斉藤壮馬さん)
f:id:pinkve:20220330133643p:plain
※「終遠のヴィルシュ -ErroR:salvation-」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
絶望エンド4周目にプレイしたイヴさんは天然系で、そして例の火事でセレスを助けてくれて顔の半分に火傷を負った人でした。そんなイヴさんとにかくめちゃくちゃいい人!!ほんっとにいい人すぎて優しくて素敵な人だし、フグ刺しとか出してくる面白要素もあって最高!が、しかし、そんな優しい彼は火傷のせいで親に捨てられた挙句酷い人生を送ってきたのがわかるとマジで切ないし、あいされたいからあいすという話しも辛いし、もう痛みも感じないしわけわかんないし人のゲロ手で受け止めても平気なくらい頭おかしくなってる感もあって悲しすぎてこれ本当セレスのせいすぎない?と正直思った(-_-;)
だけど優しいイヴはセレスのせいなんかじゃないと、普通の女の子だって言ってくれるんですよね。そしてセレスの方もイヴの火傷を見た時イヴが見て欲しくないとパニックになるんだけど、イヴは本当はその火傷ごとあいしてくれる人が欲しかったわけで、セレスがその火傷を美しいと言った時私も感動してめっちゃ泣けました(ToT)だけど分かってしまう事実、セレスはなんと生まれた瞬間から土壌の毒を体に集めてしまう体質なのが死神の真実でした。
ガチな死神だったじゃねーか<●><●>(笑)
いや!!!呪いとかフワッとしたものかと思ってたらガチ目に科学的な感じのしっかりした理由で人をマジで死に追いやってたじゃねーか!!(笑)
いやいや、まさか本当にセレスに近寄っただけでみんな具合悪くなってるとはね。驚きでしたよ。ヒューゴ死んだ時もイヴ正直恨んでると言ってセレスが土に埋まるの賛成しようとしてたのウケたし(笑)でもその生き埋めのやつ!マジで地獄ですよね(Σ○Д○;)その話聞いた時ゾッとしたよ。でもそれでみんなが助かるって話をした時にセレスが微笑んで「私はこのために生まれてきた」って言うんだけどそれがマジでつらくてめっちゃ泣けた(ToT)本当にホッとした笑顔で、やっとみんなのためになることができるって、生き埋めになるのにその笑顔が本当に辛い(ToT)けど、その後助けに来てくれたイヴの展開がめちゃくちゃ胸熱でね!!!!シアンさんに向かったイヴが「リコリスの化身たる彼女は生まれ落ちた瞬間から、守護者たるイヴ・ノワージュのもの」って言うやつ、あのパケ絵のポーズで言うやつ!!あれめっちゃ感動して痺れて泣けた〜〜〜(ToT)
だがしかし、こんなに盛り上げたのに最初は必ず迎える絶望エンド(スン)なんと燃えて燃えて灰になったイヴ(スン)そのイヴを見て壊れるセレス(スン)もうそのエンド見た時は悲しすぎて吐き気したんですが(ToT)今までの絶望の中でも特にきつかった‥。
と、いうことで最後の最後にやっと見たイヴの救済エンドの感想です!!
しかし救済の分岐がなんと焼け野原の真ん中っていう( ´◡` )(笑)これたすかんの!?って冷や冷やしたがリコリスの花束のプロポーズいやああああ(ToT)それめっちゃ泣けたんだけど(ToT)イヴを死なせたくなくてそれを受け取れないと思いつつ、あんなことされたらやっぱ無理だよね(ToT)あれだけ愛しい人いる?(ToT)感動すぎだよ(ToT)
しかしその後、ハッキリとは言わないけどアンクゥがシアンさんに特効薬の話をしていたのでこれは2人は毒が治って死なずに幸せになれるんじゃ無いかな!!そう匂わせる最後でとても良かったよ!不幸すぎた2人だからこれからはもっともっと幸せになってほしい(;_;)死神と守護者様の運命のカプの感じも本当に素敵でした!!!



(三幕のネタバレ感想)
・アドルフ(cv八代拓さん)
f:id:pinkve:20220406200852p:plain
・アンクゥ(cv興津和幸さん)
f:id:pinkve:20220406200923p:plain
※「終遠のヴィルシュ -ErroR:salvation-」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
三幕‥それは‥この国で唯一の普通の男が、唯一の特別な男であるお話‥

(ToT)笑

んもおおおおおお泣けました(ToT)泣いて泣いて泣きまくって言葉にならないくらい胸いっぱいでした(ToT)
ということで三幕、四人の男たちの絶望を得てからオープンする真相ルート的なルートなわけですが、メインはアドルフとアンクゥなんですよね。何も分からない最初は、とにかくアドルフが良い男でね!俺が守ってやるっていつも言ってくれて、幼い頃からそばにいてくれて、そして初っ端からの添い寝スチルに、乗馬でのほぼ告白イベントに、恋人と勘違いされて喜んで赤面するなど、ずるい男の予感がビンビン。もうワシは完全に恋したもんね(早い)笑
そんなアドルフと恋の展開になると思いきや、なんと今まで隠れていたアンクゥが今回は仲間として表舞台に出てくるので一体どんな展開になるのかと思ったら二人はめっちゃ喧嘩する。なのに二人とも守ってやるって言うくせに片方はリライバーにならないと言うし、片方は自分では幸せにできないと言う。なんやこいつら似とるやんけと思ったらなんと、二人はどっちもアドルフっだったって言う!!!!これは!!マジでぜんっぜん予想してなかったよ(Σ○Д○;)だってさ、タイムリープしてきたとか急なファンタジーくるやん!!今までセレスの呪いも科学的に証明され、アンクゥは普通の人間だってなって死の番人でもないし消えたりできないって科学的な話きたのに急に都合いいやない<●><●>(笑)まぁでもアンクゥはすでに不老不死の力があるからそこは最初からファンタジーだけどさ!
ま、それはいいとして、本当に気づきませんでしたよ。だって500年熟成された八代拓ボイスが興津和幸ボイスになるなんて奥さん信じられます?(笑)
そんなセクシーボイスになったアドルフですが、元は彼も他の国から漂流してきた存在だから呪いが効かなかったんですね。セレスのそばにいて死なない理由もスッキリしたし、マムは予想通りクリスティーヌ女王であったのもスッキリ。しかしダハトくんが裏ボスとはね!いや、私実はずっとダハトくん疑ってたんですよね!だってあんなに可愛くていい人って大体犯人じゃないですか(偏見)それにお母さんが普通の人間になりたい話や、クリスティーヌが残した日記に息子の名前■■■って三文字になってたからダハトくんじゃない!?って思ったりもしたし。だがその三文字、ダハトじゃなくリアムだった<●><●>(笑)
しかし王家はマジでクソ!化学兵器の毒作って撒いたものの大きくなりすぎてこんなんなったし、それ利用して上手く民を抑制させてたり自分達の欲のためでしか動いてなくてダハトくんがあいつらに仕返しした時はザマァと思ったよ、うん。そしてダハト君の最期もね、マムが最後の最後でダハトくんとして息子として愛したかったと二人で一緒に穏やかに死ねたのは救いだったね(;_;)あと、その前のシーンでのアドルフの告白のシーンもめちゃくちゃ泣けたしね!「皺だらけになった俺を看取る、俺だけの死神であってくれ」ってやつ(ToT)やばい今この文字打っただけで泣ける(ToT)ウッウ(笑)その想いはなんと500年以上でしたからね。アンクゥが過ごしてきた孤独の話は本当につらくて切なくてここでもまためっちゃ泣けました(ToT)
けどね、そんなに長くセレスを待ち続けたアンクゥは消える運命でね、セレスが毒で酷い顔になった時もアンクゥは一緒に死のうと言ってくれるけどセレスは「生きたい、告白の返事がしたいから」って幸せな顔で言ったから決心がついて消えていく。けど最後の最後でアドルフがアンクゥにリコリスの花束を持たせてあげるわけでね、この時のアンクゥのセリフにまた号泣して死ぬかと思った〜(ToT)吐くわ(ToT)
そのおかげでアドルフも生き、セレスも治療を得て無事普通の女の子になれて、真っ白なリコリス畑でようやく幸せになれた時に「数百年と7年の片恋い」ってアドルフが言うのがアンクゥを含めた意味合いでまた感動的で幸せになれて良かったって心から思った(;_;)二人分の愛で愛すと誓ってくれるアドルフと幸せになってほしい!
普通の人間と言われ続け、何度も自分は役不足と思いながらもとても強い愛でどんなになっても想い続けて、普通だからこそセレスを助けられたアドルフは、やっぱり運命の王子様だったのだと思いますね!本当に感無量で素晴らしいストーリーだった!このルートだとみんなが幸せになれてるのもよいよ〜!みんなもれなく幸せになって(ToT)
最高にシナリオが良いゲームでした!本当にありがとうございました!!!




終遠のヴィルシュ -ErroR:salvation-

【終遠のヴィルシュ -ErroR:salvation- 】
プレイ:348本目:22,3,9〜22,4,9(39時間40分)

〜あらすじ〜
西ヨーロッパの小国・アルペシェール。
四方を海と黒き災いの花――リコリス・ノワージュに囲まれたこの国の人間は23歳までに死に至る《死の呪い》を抱いて生まれてくる。
万人に等しく死が降り注ぐアルペシェールは、いつしかこう呼ばれるようになった。
――死神に魅入られた国、と。
国民は短命である自分たちの運命を嘆き、抗う。
そして長年にわたる研究の末、あるシステムを創り出した。
23歳までに死を迎える肉体を捨て、記憶だけを生き永らえさせる――“記憶のダウンロード”。
“記憶のダウンロード”によって永続的に生き続ける人々は“リライバー”と呼ばれ、短命に抗い続けている。
時を同じくして、関わる者全てが不幸になることから《死神》と呼ばれる少女がいた。
人生を嘆いた少女が自ら生を終わらせようとした瞬間、目の前に《死の番人》だと名乗る謎の男が現れる。
番人の導きにより、少女は否応なしにこの国に巣食う《様々な死の謎》に近づくこととなる。
死神に魅入られた者の運命が行きつく先は――
絶望だと知らずに。
(公式サイトより)

f:id:pinkve:20220314150339p:plain
※「終遠のヴィルシュ -ErroR:salvation-」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


〜攻略キャラ〜
・イヴ(cv斉藤壮馬さん)
・リュカ・プルースト(cv平川大輔さん)
マティス・クロード(cv天崎滉平さん)
・シアン・ブロフィワーズ(cv細谷佳正さん)
・アドルフ(cv八代拓さん)
・アンクゥ(cv興津和幸さん)


〜各キャラネタバレ感想〜

・全キャラネタバレ感想はこちら


〜全体の感想〜
本当に泣いて泣いて泣きまくりました(ToT)ここまで泣いたの久しぶりってくらい泣いて、そのせいで肋を痛めました(笑)
そんな泣きゲーのこちらのソフト、暗く仄暗い雰囲気で始まりますし設定も中々ぶっとびなんですがその説明がとてもうまく世界観に入りやすい!絵もとても美しいのでその仄暗い雰囲気にぴったりで、でも上手く笑える展開も入れて出たりするのでただ暗いゲームにならないのがとても良かった!
しかし仕様のために最初はテーマの「絶望」がとにかく凄い。割とグロい表現も多く、死人も沢山出るし背景も血だらけが多いので苦手な人は要注意。私自身ホラーもグロもいけるんですが彼らに与えられる絶望がかなり酷くて度々挫折しそうになったし気持ちが引っ張られましたが、それを乗り越えての真相のシナリオや救済のシナリオが本当に素晴らしい!!!続きがとても気になるし、とにかく泣けるし、感動するし、胸がいっぱいになるの間違いなし。
フルコンプした後もなんだかボーッとしちゃうくらいでした…ここまで気持ち引っ張られるほどっていうのがシナリオの良さの証明かなと思います!
明るくてラブラブ〜というのを求めている人には向いてないかもしれませんが、凝ったシナリオが好きで血の表現とかも苦手じゃ無い方にはとてもオススメです!泣きたい人もオススメ!私はここ数年で一番泣きました!良かったらプレイしてみてくださいね♪


CharadeManiacs for Nintendo Switch「全キャラネタバレ感想」

〜CharadeManiacs for Nintendo Switch
シャレードマニアクス(シャレマニ)、全キャラネタバレ感想です。
疑心暗鬼な人狼ゲーム的要素があるソフトなので基本最初のイメージは悪いような感想ですのでそれでも大丈夫な方のみどうぞ。
更に完全にネタバレを含みますのでそれでも大丈夫な方だけどうぞ。



※管理人の攻略順に並べてます↓
→明瀬キョウヤさんの感想はこちら←
→獲端ケイトくんの感想はこちら←
→双巳リョウイチさんの感想はこちら←
→萬城トモセくんの感想はこちら←
→茅ヶ裂マモルさんの感想はこちら←
→射落ミズキさんの感想はこちら←
→陀宰メイくんの感想はこちら←
→凝部ソウタくんの感想はこちら←
→廃寺タクミくんの感想はこちら←



〜シャレマニ、各キャラネタバレ感想〜
(明瀬さんのネタバレ感想)
・明瀬キョウヤ/アカセ キョウヤ(cv斉藤壮馬さん)
f:id:pinkve:20220225145500p:plain
※「CharadeManiacs for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
一周目にクリアした明瀬さん、最初から明るくて正義感があって元気でメインヒーロー感が強いキャラだなと思いました。が、しかし、このゲームは全てを疑っていく作りなのでね!もうなんかね、布団に引きずりこんだくせに悪気ない所とか、妹扱いとか、全てがデリカシーなく見えてくる(Σ○Д○;)本人が「自分は傲慢で卑屈」って言うんだけどほんまそれ!(笑)なんか自分が出来る事は他人も出来ると思って押し付けてくる所が傲慢だな〜と思いつつ、更にそこで「そんなことないよ」と言われるのを分かってて言ってるのが結局真っ直ぐそうに見えて計算高くて嫌なやつだなと、プライド高そうだなと、そう思ってしまった(笑)しかしすまん!!仕方ないのよ!だって疑心暗鬼になるゲームじゃん!?!?しかしそこでキタコレ!なんと彼は情報管理局の所属の人だった!!
はい!急に好感度アップ!(最低)笑
いや申し訳ないけどさ、だってさ、誰が悪者かわかんない中だから仕方ないじゃない!?だから明瀬さんがプロデューサーではないとわかればそりゃあ好感度は上がるに決まってますよ(^◇^;)しかもさ、親がスポンサーで妹達が親のせいで…という流れで明瀬さんの記憶が蘇った時の叫びと涙は辛くて私も泣けちゃって、性格悪いのは私だったなと疑って傲慢とか言ってごめんと思った<●><●>(笑)
そこからはやはり良いイメージしかなくてね、ドラマ内の恋愛で意識しちゃってたヒヨリが恋をする流れとか、頭ポンポンするのが慣れてる感じからもしかしたら彼女とかいたのかなって嫉妬しちゃうヒヨリの気持ちの感じとか凄いときめきで良かったなと思いました!
帰還するときはなんと明瀬さんは自分を犠牲にしてみんなを帰すというのも凄かったがその後は端折りが凄くてなんかのデータでなんか明瀬さんも帰ってこれた(笑)あれはなんだったんや?そこら辺は他キャラとかで分かるのかと思いつつ、最後のキススチルの近さとかめちゃくちゃいい感じの距離感でときめいた〜!明瀬さんかっこいいし!しかし二人の記憶は「8人」になってるのはゾッとしたけどね(Σ○Д○;)やはり一人の記憶消されてんだろうね…
あと!!!ずーっと気になってたんだけど口元に指当ててる立ち絵が口元になんか食い物ついたやつを拭ってるように見えて、彼はいつも口汚れてるみたいに見えたのが気になりすぎた( ´◡` )(笑)





(獲端さんのネタバレ感想)
・獲端ケイト/エバナ ケイト(cv前野智昭さん)
f:id:pinkve:20220227200247p:plain
※「CharadeManiacs for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
二周目にクリアした獲端君、んも〜とにかく最初から万年反抗期かってくらいすぐ怒鳴ってくるし、突っかかってくるし、言い方ムカつくし、短気だし(Σ○Д○;)正直言ってかーなーりイラつく<●><●>あまつさえはなんと叩いたりもしてきたのでマジで苦手かもと思ったほど。だけどヒヨリはそれでも食い下がるからマジで凄いよ〜私ならもういいわって見捨てる(笑)
てな感じで理由を知らない時はとにかく触れたら切れるナイフのように暴れてましたけど、実は前回のキャストであったり左手が罰ゲームで動かなくなり義手になったりと色々わかってきて、更に女嫌いの理由がなんと父親の新しい彼女に無理矢理キスされたそうで(Σ○Д○;)いや〜これは酷い。そりゃトラウマになるよな〜。その話聞いた時マジできっしょと思ったし普通に虐待になるなと思ったよ(¨д¨;;)
それに加えて本当の母はだらしないし姉と妹は激しいしで女の嫌なところばかり見てきた彼は女が嫌いになったわけなんですね。まぁそうなりゃ万年反抗期も仕方ないわな。
そして徐々にヒヨリには心開いてくれるわけでね、トラウマドラマの再演の時にヒヨリが乗り込んで行って「私を選んで」って言ったやつ!めちゃくちゃかっこよかった!!感動して泣けちゃった(;_;)
そんなヒヨリちゃんの努力の甲斐あり、獲端君は無事トラウマを克服するんだけどそれからの彼は少し素直になだだからか言葉が凄いストレートで良いね!素敵!最後はデートもしたりと文句言ったり喧嘩しながらもお互いの好きなとことか不意に言ったりと爽やかでとても良いカップルになれそうでしたね。ただ最後はやっぱ他は「6人」って言ってたねΣ(oдΟ;)誰か一人がまた忘れられている…怖いわ…次のキャラやらなきゃ!!





(双巳さんのネタバレ感想)
・双巳リョウイチ/フタミ リョウイチ(cv関智一さん)
f:id:pinkve:20220301214658p:plain
※「CharadeManiacs for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
3人目に攻略した双巳さん、色気あって1人だけ大学生で大人でお兄さんっぽくて素敵…なんだがとにかくどこか胡散臭い<●><●>なんか目が死んでるし(笑)、普通のお兄さんキャラと違って自分からお兄さんだぞってゴリ押してきたり、頼っていいんだぞって言ってきたり、わざと距離近くしてきたり甘いことを言ってくるところがなんかいやらしい。帰ったら一緒に水着選んでやるから楽しみにしてろって言う話はオッサンくさい(笑)そんなの楽しみにできるかよ〜遊園地行こうなとかの方がよっぽどいいよ〜(-。-;
と、言うことでやっぱり彼はスポンサーだったわけで、うん、知ってた!!(笑)
しかしスポンサーなのは何故なのか?もしかして弱みを握られてるからなのか?それなら救いはある!そう思ったのにそれどころかプロデューサーに心酔してるガチなスポンサーだった( ´◡` )(笑)マジで言ってることとやってることがサイコパス!狂信者とはよく言ったものだね!まさにそれがピッタリだったよ〜だってわざと自分がプロデューサーのふりしてみんなが指名してデッドエンドにさせようとしてるとか酷すぎる(Σ○Д○;)明瀬さんのこともデッドエンドに仕向けたやつもひどいよ〜(;_;)明瀬さん結局生き返らないし、そのうちポイントで生き返るって言ってたけど完全じゃないかもとか言われてて怖すぎる(Σ○Д○;)切ないよ…
だがしかし、ヒヨリは双巳さんがめちゃくちゃ好きだったね!双巳さんの「そんなに俺のことが好きなのか?」ってセリフはいい!!!声がと顔がめちゃくちゃいいのでときめく!!そう!!双巳さん顔がめちゃくちゃいいよね!?!?!?見た目と歳上設定は実は一番タイプで最高に好きでした!でも信仰心強すぎて一番好きではないと言われたが(笑)
だけどヒヨリが勝負に出た時「プロデューサーなんかより私の方が双巳さんを好き!」って必死に叫んだやつかっこよかったし泣けたわ(;_;)
あと最後なんですかありゃ、めっちゃエロいんだが<●><●>(笑)あの顔と声で色気とエロを出されたら俺も二番目でいいから抱かれてぇよ!!!!(笑)薬指の指輪もずるい!!!
いつか一番になれるといいね(;_;)
あとその後帰れたのか気になるところですね!と言うことで次のキャラいきますわ!





(トモセ君のネタバレ感想)
・萬城トモセ/バンジョウ トモセ(cv鈴村健一さん)
f:id:pinkve:20220303142747p:plain
※「CharadeManiacs for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
唯一の現実世界での知り合いであるポジションのトモセ君。すぐ不機嫌になる幼馴染で、とにかくヒヨリの事が大好きで何よりヒヨリを優先して大切にしてる人でした。
最初は独占欲強めで「黙って俺について来い!」みたいなタイプで「何度も言わせるな」とか割とイラッとくるようなセリフを言うんですが、でもそれはいっつも守ってくれようとして引っ張ろうとして必死なんですよね。好きだから。年下だからこそ頑張るその姿が涙ぐましくて好感度めっちゃ上がる!!
そんな彼と過ごすとわかりやすくて扱いやすいしニヤニヤするわけでね、トモくんって呼んだ時の赤面とか可愛すぎてこっちまで赤面しちゃう<●><●>(笑)
だからさ、こんなにも自分を愛してくれて大事にしてくれてそして何より他の男と違ってずーっと一緒にいた人なのにさ、どうしてヒヨリはまさかの一言を言ったの?
「トモセ君はもしかしてスポンサーなの…?」
ナワケネエ<●><●>笑
なわけねぇよ(笑)マジで酷すぎるわ(笑)今までの絆なんだったの?言われたトモセ君めっちゃショックうけてんじゃんんんん(ToT)(笑)
演技ならなんでもできるというトモセは振り向いてくれないヒヨリとドラマの中なら恋人になれるからここにずっといてもいいと言うわけですよ。まさに理想のアルカディアであると。ヒヨリはわかってるくせに今の気楽な関係が安心で壊したくないからね、その関係を望んでるとトモセも薄々感じてるからそれならいっそこのままでと願うわけね。すごい愛ですよ。可哀想に…(;_;)
しかしそんなトモセに怒ったヒヨリはわざと罰ゲームを受けて感情がなくなってしまうんですがこの覚悟を見てトモセ君がみんなに頭を下げたシーンは感動して泣けましたね(;_;)そして無事にヒヨリの感情が戻った時にトモセ君に「助けてくれてありがとう」と伝えるとなんとトモセ君は号泣。このシーンの演技凄くて私も泣けちゃったし、そんなにもその一言だけで心が溢れる彼を見たら思うよね?やっぱさ、疑ったの酷すぎ(笑)
いやマジで、トモセ君可哀想すぎるわよ(⌒-⌒; )でもその後都合いい感じもするがヒヨリもトモセ君を好きになり、トモセ君が報われてよかったなと思う!大切にしてくれそうナンバーワンだし、顔も声も良いし頼りになるし!あとここまでずっと好きだったから初体験凄そうだし<●><●>(やめて笑)めっちゃエロそうだ〜我慢出来ないハアハアいっぱいいっぱいなDTそうで良さそうだね!?!?!?(声でか)笑
あ、あとこのルートで凝部くんは予想外の行動でしたね!ありがたいが無事でいてくれますように!
ということで次のキャラへ行きますね〜!





(茅ヶ裂さんのネタバレ感想)
・茅ヶ裂マモル/チガサキ マモル(cv浪川大輔さん)
f:id:pinkve:20220304092624p:plain
※「CharadeManiacs for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
5人目に攻略した茅ヶ裂さん。んも〜王子様系イケメンで見た目はめっちゃいいし、優しくて大人しい感じのお兄さんだし、浪川さんの柔らかボイスの演技がめちゃくちゃ合ってて最高。初っ端からとても優しくて一緒にいると安心する系の危険さがまるでないキャラでしたよね。
しかしいい人なのに超謙虚で自分をとても下げて見ていて卑屈。右腕をやたら気にしてて、優しいのにやわらかーく拒絶してくる感じも壁があってイマイチ一歩近づけない。
そう、それはなんと彼は異世界人と人間のハーフだったから(Σ○Д○;)
こーれーは、酷い!何が酷いってそう、ヒヨリがあれだけ異世界人をキモがって化け物って言っていたから(Σ○Д○;)茅ヶ裂さんがハーフだったと知らなかったから仕方ないし、人でもなんでも自分と違う物は怖いと感じるから当たり前なんだけど、やっぱり気付いてから本当に申し訳なくなるし悲しいよね(ToT)それは茅ヶ裂さん自身も分かっていて、でも母と父は愛し合ってたから自分はここにいるんだと希望を持っていたのに過去のデータには狂った母が映り、そして周りを見れば知性のかけらもない異世界人ばかり。しかもヒヨリ達には化け物と呼ばれ、異世界人もハーフな茅ヶ裂さんを異質と感じて暴力を振るうんですよね。酷すぎる(;_;)どこにいても結局自分は異質なんだと、死んでもいいと泣く茅ヶ裂さんの気持ちが切なくて痛くて私はめっちゃ悲しかった(;_;)
けど、ここに連れてきたのが自分だから罪悪感を感じてヒヨリに優しくしてたと言う茅ヶ裂さんですが、私はそうは思わないよ〜罪悪感を感じることすら茅ヶ裂さんが優しいからだと思うよ(;_;)だって他のスポンサーは感じても無かったよ<●><●>(笑)
だからね、ヒヨリが茅ヶ裂さんの異世界人の形である右腕を握って死んで欲しくないと、一緒に生きて欲しいと言った時私もめっちゃ泣けた(ToT)その時の茅ヶ裂さんの悲痛な声がめちゃくちゃ上手くてマジでボロボロ〜(ToT)幸せになってほしいよおおおお(ToT)
そしてそれからの恋する乙女になるヒヨリの感じも可愛くてときめきだったし、幸せになれないからと拒絶される胸痛も切なくて良き!
最後は片腕はなくなってしまい、お父さんとも会えなくて結局の親の愛の真相はわからなくて、とても痛々しくて辛いルートだったけどこれからはずっとヒヨリが沢山の愛を与えてあげて欲しいと思う!普通に彼は空気読みのプロでめちゃくちゃスパダリだしね!こんな彼氏いたら最高だしその与えてくれる優しさと幸せを返してあげて下さいね(お母さんかな?)笑
そして茅ヶ裂さん、髪型変わって服装もスーツバージョンあったり素敵!個人的には前の髪型好きだけど何してもめっちゃイケメンで良いよ〜!





(射落さんのネタバレ感想)
・射落ミズキ/イオチ ミズキ(cv緒方恵美さん)
f:id:pinkve:20220304151648p:plain
※「CharadeManiacs for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
6人目に攻略したのはキャストの中で最年長の24才射落さん。見た目も年齢も個人的にタイプなんだが、本人の雰囲気も大人でどのルートでも一番頼りになり、ふざけた雰囲気を出しつつも上手く皆を纏めてたり、場を和ませたり、更に正義感もあったりととにかく居てくれてよかったナンバーワンの人でした。
普段からいつも優しくて人を誘導するのも上手いので彼の周りはいつも和やかなんだが、そう、彼なのか?(笑)男なのか女なのかずっとハッキリしてくれないんだけど、なんとエンディングでもハッキリしなかった<●><●>
え?嘘でしょ?どうなの?ベッドの中で教えてあげるとか言ったりキスしたりするし男なんだよね!?これで女だったらうけるんだが!!(笑)
しかしそんな射落さん、とにかく女だろうがなんだろうがすごい魅力的でさぁ!深いことを言うのも多くて、愛とはなんなのかを語る時や、年下を無条件に信じてるヒヨリの心情とかも見抜くのが凄いなと思ったり。射落さんとお買い物をするのを楽しみにしてたのに中止になってガッカリした時も気づいてさりげなく「僕が行きたいから改めて誘ってもいい?」と優しく言ってくれたり、子供扱いに不満を漏らすヒヨリに対し「子供扱いしてるんじゃない、女の子扱いしてるんだ」と喜ばせる言葉がサッと出てくるから好きにならないはずはない<●><●>彼といると自然とニコニコしちゃうし、女の子として幸せを感じてばかりなわけね!更に好きと気付いた時も好きって言わせてくれなくてズルい大人なのに理想的すぎるからそんなん誰しも好きにならないはずはない(二度目)笑
しかしやはりシャレマニなんで裏があるわけで射落さんはなんなのかなって思ったらなんと情報管理局の課長さんでした!これは正義感の強さからピッタリだなと思ったんだけど、局員だからこそ、大人だからこそ、彼は選ばなくてはならなかったわけです。これから先大きな犠牲を出さないために今のメンバーの命の犠牲を。これはめちゃくちゃ辛いですよ!元から大義のために小さな犠牲は厭わないと言ってたのでそれがなんなのかと思ったらこれのことでした。だから最後の一夜の射落さんの辛さやばい!!死を目前にする以上にヒヨリを死なせたくなくて耐えられなくて抱きしめて涙を流したシーンで私も泣いちゃったし、ここは心中的な切なさで胸が苦しいんだけど、死なせたくないだけじゃなくて今まで正義のために動いていた射落さんはこれは間違っていたのかと、わからなくて苦しんでる気持ちもあるよね。本当の正解はわからないからね。
しかしなんとそれ以上に最後に全員の命かヒヨリを選ぶ天秤これ酷すぎるわ!!!!ヒヨリは怖いけど自ら火の中に落ちようとしたやつも異世界人になった兄さんが「ミズキ」って口にしたのもめちゃくちゃ泣けたしぃ(ToT)
でも射落さんのおかげで今までのキャストの命が戻るような未来の展開だったので一番良かったのかな?二人はちゃんと現実に戻れたのか謎だったけど戻って幸せになるといいな、男の射落さんと<●><●>(笑)
しかしマジでいい男すぎてやばかった…かなりタイプの人だった…大人でズルくて包容力もあるし何しても様になるし!!緒方さんボイスもめっちゃ合ってた!!!!
て、な感じで次のキャラへ行きます!





(メイちゃんのネタバレ感想)
・陀宰メイ/ダザイメイ(cv古川慎さん)
f:id:pinkve:20220305210911p:plain
※「CharadeManiacs for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
7人目にクリアしたメイ君、とにもかくにも私のフォロワーさんとか周りの人がこの人を推してる人が多すぎましてね!どんだけ魅力的な人なのかとワクワクしてプレイしましたが、マジこれは!そう!!運命キャラですね!?なんと忘れてしまっていた現実の大切な人だったんですね〜。
とりあえずそのことがわからないうちは基本口数少なくて印象薄いし、優しさが垣間見えるものの不器用だしテンション低いし声ちっさって思ってました(笑)しかしどんどん疑われ、裏切り者ルートへ行ったらなんかやたら思い出してほしいって言うくせにヒントが全くないの!!そう!これさ!めちゃくちゃなげえ!!<●><●>思い出して欲しいことあるのにメイ君いっつも黙ってなんっにも教えてくんないの!!これ正直私めっちゃイラついたんですよ(笑)そのくだりなげえよ、と(笑)でもそれは理由あったのよね〜記憶の内容告げずにヒヨリが思い出せたらメイ君の勝利っていう賭けがあったんですよね。彼は前回の参加者で右目を罰ゲームで失ってる上にプロデューサーを見つけて無事帰還ポイント集めたものの、いつもの一人残るか一人で帰るかの選択で自分だけが残った人っていう。これは可哀想だよね(;_;)それで次のメンバーの中でプロデューサーとなりヒヨリが記憶戻せば全員帰還させてくれる約束をし、負ければ永遠に異世界にいなきゃないっていうやつ。これバッドエンドだと一人残るやつになるわけだがこの時のメイ君の台詞がマジで切なくて胸痛かった(ToT)
だからヒヨリが記憶取り戻したハピエンの方は本当に良かったけど最後の最後で一気にその話だったので若干端折り感が。もうちょい過去に関わった話の回想欲しかったよね!!
でもメイ君自体は優しくてかっこよくてイケボすぎて素敵だったわ(o´∀`o)
ただ、やっぱここでも最後は「9人」になっていた…本物のプロデューサーはやはりあの中にいるの?どんな真相が残されているのか、楽しみに次行くでー!!







(凝部くんのネタバレ感想)
・凝部ソウタ/ギョウブソウタ(cv松岡禎丞さん)
f:id:pinkve:20220307144746p:plain
※「CharadeManiacs for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
8人目にクリアした凝部君ですが、まぁとにかくどのルートでも胡散臭い。ヘラヘラしててテキトーで真面目な話をしてもまともに返事が返ってこなくてイラッとさせる天才。しかしそれは演技なのかなんなのか?多分攻略制限あるキャラなので裏切り者ルートへ行ったわけで、そこからは相変わらず怒涛の流れでしたね!
やっぱり前回の参加者だった凝部君ですが、これ獲端君との会話でチラチラ出てたからやっぱりなとは思いつつ、前のデータとかに無いのは何故なのかと思っていたら、ただたんに内緒にしててって獲端君に言ってただけみたいね(笑)しかしそれで前回帰れたが一部の記憶を消され、凝部君は何故か謎の心残りに悩まされ、それを暴くためにまた異世界配信に自らやってきたわけなんですね。そしてそれがそう!ここに繋がる!その心残りとは同じく前回参加者であったメイちゃんが自分の代わりに罰ゲームを受けて右目を失ったので、それを再演して右目を戻してあげたいと言う心残りでした!
なので凝部くんがメイちゃんのことを思い出して「よかった!」と心から思う凝部君は善意100パーであのドラマの再演をするわけですよ。この時の凝部くんは思い出せて良かったと、メイちゃんのためになるんだと、本気で思って心晴れたのにさ、そう、先にメイちゃんクリアしてる私からしたらマジであの教室の窓辺のスチルのシーンは切なすぎて泣けたわ(ToT)メイちゃんは思い出してくれてお前だけでも良かったと言ったけど…そう、お前だけでも…(ToT)それではだめなんだ…(ToT)せっかく凝部くんはこのために来たのにね(;_;)
だからハピエンなのに、最後に忘れてる凝部君とヒヨリが現実世界の教室の窓辺にいるやつまた胸痛かった(;_;)何かを思い出せない二人…早く思い出して…(;_;)
でも凝部君自体は結局あのヘラヘラした感じは普通に演技とかじゃなくて性格なのかな?(笑)ゆるっとしてて決める時決めるからかっこよくてずるい!!中の人の演技がめちゃくちゃ上手いから初めてのキスシーンとかやばすぎたんだが!!!
という感じで色々思うことはあれど凝部君も素敵でした!次は最後のキャラだわ…





(廃寺君のネタバレ感想)
・廃寺タクミ/ハイジタクミ(cv岡本信彦さん)
f:id:pinkve:20220309093217p:plain
※「CharadeManiacs for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
最後に攻略した廃寺君。もうこれは、本当に泣いて泣いて泣くしかなかった(ToT)
最初はね、一人だけ小学生ってのが分かってからは可愛いし中の人の演技も上手くて守ってあげたーいって思ったんだけど、進んでいくごとに何やら怪しいし、何もわからなすぎて結構イライラした(短気)笑
だってさ!小学六年生だよね!?こんなにわからないわけないよ!うちの子供いま現在小五だけど私より頭いいもん(笑)なのでひたすら怪しいわけだけど、メイちゃんのルートでもサラッと出たんだけど12歳からここにずっといるって言われて、その瞬間子供の時に置き去りにされてそのまま親に会えないの…?とか思ったらさっきの話のように小五の息子を思ってまず泣ける俺(ToT)(笑)可哀想すぎて勝手な想像で胸痛めてたんだけど、真相はそんなもんじゃなかったですよ。なんとモルペウス計画の時に作られたAIのアステルが彼の正体で、そして今回の黒幕だったわけね!しかもなんとアステルを作ったのが当時のモルペウス計画のメンバーなんだがそこにいたのがヒヨリのお婆ちゃんのフヅキで、フヅキは一番アステルを可愛がって子供のように大切にしており、けど事故が起きて帰れなくなったメンバーがアステルに延命ではなく絶命を頼み、アステルはみんなの命を終わらせたいう流れでした。
その時にね、フヅキは自分を責めてたから仲間の善意で記憶消されてたから「みっともなく生きるなら全部忘れてほしい」って言ったから廃寺君はデッドエンドの時も世界の人の記憶を消すようになったわけなのよね、自分の母のような人が言っていた言葉だから悪いこととは思ってないし。なので廃寺君は結局なんも悪くなかったわけで、そして寂しかったわけで、AIなのに最後に「寂しい」って言った時めちゃくちゃ泣けてやばかったです(ToT)
このルート本当に真相全部わかるのですっごいスッキリして良いんだけどとにかく泣けることが多くてね〜茅ヶ裂さんの両親の話とか、ヒヨリがメイちゃんに「諦めない」と言った時のメイちゃんの涙とか、トモセ君が異世界人が死ぬのが可哀想だと言ったのも泣けました。そう、異世界人元は人間が連れてきた小動物を廃寺君がキメラとして作り上げた生物なので、トモセ君は彼らがだんだん学んで知性が上がって行く様を見て人間と何ら変わらないし、むしろ純粋で自分より彼らの方がよっぽど人間らしいと言うわけなんですよね。だから助けられなかったのは辛いけど茅ヶ裂さんの気持ちは楽になったならいいな。あとトモセ君いい子よね(;_;)
そして最後なんですが、ハピエンの方はなんと廃寺君を現実世界につれてってあの犬のロボットみたいなやつに入れるっていうエンドなんだけどこれは中々考えさせられません?とりあえず寂しくなくなって今は幸せにはなったし、管理局にも協力して今までの人たちの意識も戻って良かったし、アステルの知能は凄そうなので未来のために色々役立ちそうではあるけど、そう、頭良すぎるんだよね。ターミ◯ーターの世界になる可能性あって怖いんだが(笑)バイ◯ハザードのゲームじゃなく映画版のもそうだけどAIが頭良すぎると怖いからね。そして何よりヒヨリは先に死んじゃうからさ、そのあとどうすんのよ!!!そのタイミングで同じく停止させて二人で墓に入るとかがやはりベストかな?しかしそうなると永遠に一緒にいるってことは相変わらずメイちゃんとトモセ君報われないね(笑)そう、最後に金魚の墓参りしてる時のトモセ君の毒舌がメイちゃんに向きまくっててウケたんですが!頑張れメイちゃん!!(笑)
まぁ色々考察しちゃうと良くないので、とにかく今は幸せになれて本当によかったな!とてつもなく面白いゲームでとっても満足できました!色んな人におすすめしていきたいです(≧▽≦)/


CharadeManiacs for Nintendo Switch

【CharadeManiacs for Nintendo Switch(シャレードマニアクス)】
プレイ:347本目:22,2,21〜22,3,8(29時間)

〜あらすじ〜
近未来、とある都市。
夏休み間近、平穏な日々を送っていた高校二年生の主人公。
主人公が幼馴染と下校していると、突然目の前に現れた謎の人物に『月が2つ存在する』奇妙な世界へと連れ去られてしまう。
気付いたときには、自分と同じ状況の人間が9人。
何が起こったかわからない彼らの前で、仮面の男は話を始めた。
「ようこそ異世界へ! アルカディアにいらっしゃい!」
「この世界は“ドラマ”を演じるだけで、なんでも願いが叶います!」
主人公たちは異世界から現実世界に戻る為ドラマを演じることとなり、仲間たちと協力してドラマをこなしていく。
しかし、10人の仲間の中に自分たちをこの世界へ連れてきた『裏切り者』が紛れている事実を突きつけられてしまう主人公たち。
『裏切り者』の目的は、ドラマが行われる本当の理由は……。
疑心と信頼の間で揺れ動きながら、最後にとるのは誰の手かーー
(公式サイトより)

f:id:pinkve:20220221190155p:plain
※「CharadeManiacs for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


〜攻略キャラ〜
・明瀬キョウヤ(cv斉藤壮馬さん)
・萬城トモセ(cv鈴村健一さん)
・茅ヶ裂マモル(cv浪川大輔さん)
・陀宰メイ(cv古川慎さん)
・獲端ケイト(cv前野智昭さん)
・双巳リョウイチ(cv関智一さん)
・凝部ソウタ(cv松岡禎丞さん)
・廃寺タクミ(cv岡本信彦さん)
・射落ミズキ(cv緒方恵美さん)


〜各キャラネタバレ感想〜

・全キャラネタバレ感想


〜全体の感想〜
元はvita版で発売した物の移植として今回switch版で発売されたこの作品。フルコンプしましたがとにかくめちゃくちゃ面白かったです!
設定は近未来ですが分かりやすく、展開がサクサクしてて続きが気になるストーリーがとても良い!ストーリーの内容も人狼ゲーム的な要素が含まれているので誰が犯人か?誰が信じられるか?そんな推理とドキドキの中で進むのがワクワクします。
エフェクトや色使いなんかもとてもオシャレで綺麗で見やすく、音楽もとってもあってて場に馴染んでます。スチルも綺麗だしキャラクターもかっこいい人たちばかり。
個別ルートも短めなので全体的にそんなに長くプレイしなくても終わるんですが攻略キャラが9人いるのでちょうど良いと思いました。
ただ乙女ゲームと言っていいのか謎でときめき要素はやや薄めですが、ストーリーの面白さがあるから全然気にならないし、むしろ個人的には色んな人におすすめしたいくらい面白かった!
しかしネタバレを見るとつまらないのでこれからプレイする人は絶対にネタバレを見ないでプレイすることをお勧めします!気になる方は是非やってみてくださいね!

↓管理人お気に入りキャラ↓
射落さん、トモセ君



君は雪間に希う「全キャラネタバレ感想」

〜君は雪間に希う〜
●君雪、全キャラネタバレ感想です。





※管理人の攻略順に並べてます↓
→久賀源十郎さんの感想はこちら←
→与市さんの感想はこちら←
→錦次さんの感想はこちら←
→東条國孝さんの感想はこちら←
→篁智成さんの感想はこちら←
→桜太郎の感想はこちら←



〜君雪、各キャラネタバレ感想〜
(久賀源十郎のネタバレ感想)
・久賀 源十郎/クガ ゲンジュウロウ(cv佐藤拓也さん)
f:id:pinkve:20220211222815p:plain
※「君は雪間に希う」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
一周目に攻略した源十郎さん。とにかく何より声がいい。めちゃくちゃいい。そして顔もいい。
最初のイメージは厳しそうで真面目そうでカタブツそうなお兄さんといった感じでしたが、紗乃が食べたそうに天ぷら見てれば気づいて買ってくれたり、逸れそうになったら手を繋いでくれたり、お腹すかしたら握り飯をくれたりと中々気配りが出来て面倒見がいいイメージに変わりました。握り飯の時はハクを思い出したが(笑)
しかしその後一緒に暮らす話が出ても何故か私の心は全然ワクワクしないの。そう、何がそうさせるって彼は人間じゃなくて心がないと言われている奇虚だから!
ほんとそれ!
んもー手を繋がれてもそこまでドキドキしないのも、一緒に暮らすことに期待出来ないのも、そう、何もかもそれのせいですよ。先入観てやつですね、心がないと言われたことが邪魔をする。
まぁでも一緒に住み出したら紗乃がバカっぽいので源十郎さんをハタキで叩いたり、干物燃やして家燃やそうとしたりするのでボーッとしてる奇虚とあってるかもしれないと思い始めました(笑)つかこの時点で紗乃の使えなさにマジで引く俺氏。縁側で会話してる時「干物は!?」ってずっと思ってたよ<●><●>
でも源十郎さんの美しさを褒める表現は良かったですね。見た目だけではなく、普段の姿勢である中身も美しいって言ったのは素敵だなと思いました。
その後も籠の中でのあいびきイベントスチルとかも良いし、その時の囁きが中の人の効果で18禁になるとこだったりするのは良かったです(笑)今夜はお前を抱いていいかって台詞も良すぎてやばかったのに抱きしめられた時に紗乃が「お香に混じった汗の匂いがした」とか言うからギャーとなったよʅ(◞‿◟)ʃ(笑)
しかしその後の半蔵の話がなげー!ずっと戦ってるし、なんなら源十郎さんは家で留守番で他の人たちと戦ってばかりで誰ルート!?って感じはしたが、源十郎さんの本体である脇差は主人が殺した人から奪ったものだとわかり、記憶が戻ったら主人に似て自分は極悪人かもしれないと不安になるのが切なく、紗乃を失いたくない気持ちからついに封印解けて感情と心を取り戻すシーンは良かったですね。感情の糸が見えるようになったから「探るのやめてくれ」って赤面する源十郎さんも良かったし!ただね、ここは外( ´◡` )ほらね、そんなん大声で言ってるうちに半蔵に体乗っ取られたじゃん( ´◡` )(笑)
そう、この人たち秘密裏と言ってる割にみんな外であけすけに大声で話すよね!!!!(笑)危機感がネエ。
最後はその乗っ取られた体を取り戻すべく「源十郎さんを返して」と立ち向かう紗乃は素敵でちょっと泣けちゃいましたが。しかしエンドのキススチルでリップ音がなくてマジで残念<●><●>(笑)スチルはめちゃくちゃ綺麗だったが!
あと悲哀エンドは思ったよりグロくてビックリ(Σ○Д○;)宮地さんの生首〜(ToT)酷すぎる(ToT)宮地さん好きだったのでショックでしたし、紗乃の首を絞める表現でゴキっと音がした〜みたいなやつもショッキングね(Σ○Д○;)結構表現しっかりしてんだね!意外なとこに力入れてるね!
そんな感じで心取り戻して更に優しくなった源十郎さんはもっと素敵になりましたね!いい旦那さんになりそうで、幸せになれそうで良かった!






(与市のネタバレ感想)
・与市/ヨイチ(cv山下誠一郎さん)
f:id:pinkve:20220213123001p:plain
※「君は雪間に希う」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
最初から感じ悪めだけど、それが奇虚っぽくないなぁと、心がないなんて信じられないなぁと、そう思ってプレイしてたらやっぱり心というか元から記憶ある人だからそんな感じだったんですね。
ストーリーは王道っぽい感じで進み、戦い方教えてくれたり、イケメンと働くことになって同僚からの嫉妬されるというありがちな展開も起こり、モテるから彼女のフリしてくれ〜みたいな更にやっぱりな展開になってくわけですが、与市自体色気があるし恋人のふりの接近頬チューイベとかは分かっててもニヤッとしました。普段無愛想なので気晴らしに連れてった時の破顔笑顔スチルとかイケメンすぎて効果は抜群でしたしね!かっこいい!
ただな、いつも仕事中だよ( ´◡` )働いて(笑)
そして彼の本体は汐月が持っていた櫛でしたね。あれ壊れたらまずいのに普通に頭にいつも付けてるのハラハラするんだけど(笑)そしてまぁ、本の元ネタが汐月なんだろうな〜とか本体が櫛なんだろうな〜ってのは前半に気づいてたのでびっくりもしませんでしたが汐月の叫びとか可哀想で辛かったし、与市は昔汐月に愛されていたからこそ記憶があるからこそ人を信じられなくてそっけない感じになってしまったのかな〜とか思うと切なかったです。
しかし暴走した汐月が沢山の宵禍を使って暴れた時「あなたたちやっておしまい!」みたいな感じになってたのウケた(笑)そこも王道悪役風!!(笑)でもそこで草子からめちゃくちゃ沢山宵禍出てきたのは怖かったよ(Σ○Д○;)江戸の街が地獄絵図(ToT)あとこのルートめちゃくちゃ効果音多くて、ドーーンとか、ギャオオとか、グアーーとか音大きくてうるさかった<●><●>
そしてそこまで暴れた割にあっけなく死ぬ宵禍たちと比弥衛の神。あの神は白皙の一族滅ぼしたとかサラッと出てきたけどその詳しい話は後から出るのかな!?気になるね!
そして最後の汐月と与市のお別れのシーンでの会話、自分を愛してくれたことを覚えていると、親として愛してると、生んでくれてありがとうと伝えた与市の言葉に涙しました(ToT)
お互いの告白のシーンも甘酸っぱくて良かったしね!ときめく!
しかし何が悪いってさ、やっぱ一番ムカつくの汐月の婚約者の高本じゃん<●><●>遊女と逃げたくせに今度はやっぱ形人だから遊女は嫌だとかって戻ろうとしたんでしょ?クソだな…遊女も可哀想じゃん…
そしてエピローグ、本の下巻の話はまた泣けたけどこのルートメインが汐月感が凄いよね(^◇^;)与市の話をもっとくれ!でも甘えたがりになった与市は可愛かったけどね!ただね、あれ最後まで糸見えないのはなんなの!?(Σ○Д○;)そこがちょっと引っかかりますね…。
悲哀エンドは人形のようになってしまった紗乃…(;_;)憎いって全面に描かれてる背景も怖かったよー(ToT)
と言う感じでこれから旅にでてもっとたくさんの心を取り戻してくれると良いですね!こまめに懐かれてるのは結局なんなのか気になるが!(笑)





(錦次のネタバレ感想)
・錦次/キンジ(cv浪川大輔さん)
f:id:pinkve:20220215213604p:plain
※「君は雪間に希う」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
見た目がめちゃくちゃ美しくてイケメンな上にお声が浪川さんということでかなり期待してた錦次さん。攻略してみたらストーリーの流れも良いし、錦次さん自体も素敵だし思った通りでよかったです!
顔が美しいからと言ってお淑やかなわけではなく口達者でSみもある錦次さんなんですが、いつも落ち着いてる感じと堂々して動じない感じが大人感があって素敵。しかしそれ故に長く生きてるオジサンキャラみたいな扱いのボケ流れも面白くて最高でしたね(笑)
しかし遊郭の潜入の話は長いしキツいし辛い!まず紗乃を遊郭に入れるとか無理あるっしょ!?しかもいざ入ったらめちゃくちゃ忙しいし大変だし疲れるしだんだん紗乃が不憫になってきちゃいました。そして水揚げの流れになるわけだがなぜみんな驚くのか。普通にあそこにいればそうなるだろ(笑)しかも久倉さんに抱かれるの嫌だから錦次さんが倍払うからって掻っ攫うわけだが、楼主物わかり良すぎん?(笑)あれだけ上客でいてくれた人よりもポッと出の男に普通流さんよね〜都合良すぎるわ!
そして辰之助のアザの話がかなり最初の方で出てくるので辰之助が犯人なのは知ってたわよ〜と思ったんだが、なんと犯人は阿国の方だったという!阿国は錦次の元の持ち主の話での絡みと、嫉妬のための存在だと思ってたからまさか犯人とは思わずビックリでした。
あと、このルートは錦次の心が徐々に変わっていく感じが良いですね。紗乃のまっすぐな言葉に胸が痛み、徐々に心を取り戻していく流れが良かったです。けど締めは何故か女形の姿( ´◡` )これは何故?いつものかっこいい錦次さんが良かったんだが!まぁ舞台の上だからそうなったのだろうけどさ!
更に錦次さん嫉妬深いのもいいし、結ばれたら堂々とみんなの前でいちゃついて独占欲出してくるのいい!最後の最後でやっと「好き」って言ってくれるのも胸キュンでしたね!
が、しかしその流れを見てからの悲哀エンドつらっ(;_;)好きと言った錦次の声で少しの間正気に戻る紗乃、そしてそれを殺さなければならない錦次。その悲しみと怒りで自分も宵禍になってしまう錦次は止めるためにかんざしを壊すわけです。これ切なくて悲しくてめっちゃ泣けました(ToT)悲しいんだけど心に響いたエンドだったな(ToT)
あ、そうそう、錦次さんの元の姿はかんざしでしたね!
しかし力がものすごい強い設定はなんだったの?結局何で強いのか教えてもらえなかった(笑)
という感じで終始素敵な人でした!キャスティングも最高!





(東条さんのネタバレ感想)
・東条 國孝/トウジョウ クニタカ(cv前野智昭さん)
f:id:pinkve:20220217225112p:plain
※「君は雪間に希う」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
4周目に攻略した東条さん、初見から優しくて元気で爽やかなお兄さん系なので一番打ち解けやすい感じでした。
だからお兄さん系キャラとして紗乃を妹のように可愛がってくれるんだけど、なんか、彼、距離感がとても近くない?スチルは基本全部接近!!共通ルートですら分家の話が出た時に「俺にしないか?」とか見つめてくるのやばいんだが!!めっちゃ顔面かっこいいし!!!
更に彼はナチュラルモテ男ですよね?許嫁の話が出た時も「お前となら嫌じゃない(イケボ)」とか言ってきたりと色気もあって気配り上手。これで心が無いって言うんだから嘘やんって思うよね?
そう、彼は他の奇虚より心がある感じが最初からあるんですよね!だから流れが良いんだけど、まさかの事故チューしちゃった時も紗乃がそこから意識し始めるのも自然だし、そこからの優しい励ましの頭ポンポン、そして相変わらずのめっちゃ近い距離、それすげえずるいんですよ<●><●>あんなふうに優しくされて、可愛がられて、やたら助けてくれたり守ってくれたりさ、好きにならないわけないじゃんんん<●><●>
だけどそう、彼は奇虚なんですよ。だから自分を好きになっても幸せにならないぞと壁を作る東条さん。それで失恋してしまう紗乃が切ない。
しかしそこから色々あって東条さんが下手人だと疑われちゃうわけなんですよね。でも犯人じゃないって分かってる紗乃が必死に抗議するのが泣けたし、怖くても立ち向かってるのも泣ける。
更にね!このルートの良いところは東条さんの心が戻るのが割と早いとこね!心が戻り紗乃を好きだって意識するんだけどさ、その時が捕まってる牢屋の中なのよね。だからなんか急に都合良くない?とか思っちゃうんだけど、そこでなんと紗乃は「私も好きです!」とはならなかったの!そう!なんともう振られた時に吹っ切れてるから受け入れないと東条を振る!本当は好きなのに!しかしそれは弱くなってウジウジしてる東条を励ますために怒鳴って叱咤するのよね。好きで、そして情けない男のために!その紗乃の返しがすごい良いーーー!!!ここで私も好きです〜ってなっちゃったらアッサリしててつまんねーってなったからこれは良かった。振り向いて欲しければもう一度惚れさせてみなさいよって感じでね、カッコいい!
ただこのルートひたすら犯人ぽくされていくから東条さんは可哀想なんだけどね。でもなんとこまめがめちゃくちゃ頑張ったの(ToT)飛べないこまめが必死に羽を動かして焦げながらも糸の結界を破ってなかまに知らせにいってくれたやつ、マジで泣けた〜〜(ToT)
色々辛かったけど結果的に支え合いが多い良いルートだったなと思います。お互いの信頼があって、とても感動的で泣けましたね!
しかも最後は何と人間になった東条さん!こりゃびっくりね!二人は普通の夫婦になれるんだよね〜!愛してると頬を染めて言ってくれる東条さんが素敵すぎる!!
悲哀エンドは中々辛いがあのあとどうなったかめちゃくちゃ気になりますね(Σ○Д○;)
あとこまめが東条さんを嫌ってる理由が怪我の薬がとても沁みるもので、それをずっと塗ってあげてたから嫌われていたらしい。そこもちゃんと説明あってよかった!
更に天一坊めちゃくちゃ可愛いですよね!彼が出てくると笑えたりほっこりしたりで楽しかったです!
という感じで優しくて大人で甘やかしてくれて可愛がってくれてイケメンでイケボな東条さん、とってもタイプで素敵でしたー!結婚したい男だよー!!!




(智成のネタバレ感想)
・篁 智成/タカムラ トモナリ(cv小林裕介さん)
f:id:pinkve:20220218232142p:plain
※「君は雪間に希う」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
制限付きのパケ男である智成さん、出会いは一番最初の運命っぽい感じから始まるので過去に何かあったのかなと予想してたらやはりそうでしたね!
そう、智成は昔紗乃と暮らしてる形人でした!しかしその記憶がない紗乃。智成は思い出したけど紗乃は思い出せないままだし、一族に攫われたあと何故記憶ないのかとか何も明かされず終わったので最後のキャラでわかるのかしら?
そしてそんな智成、最初から本当優しくてですね〜他の人には心開かないのに紗乃にだけは興味を示してきたり執着したり嫉妬したりするのもとても良かった。紗乃を分家の親戚にするって話の時も東条さんと取り合いイベントとかニヤッとしたし!
あと、智成といえば笑顔が可愛い!奇虚だから色々分かってないんだけど紗乃がニコッと微笑めばニコッとかえしてくれる笑顔がめっちゃ可愛いんですよね。更に休みの日にお出かけする約束すれば「次のお休み楽しみだね」って言ってくれたり本当に心無いの?と不思議になりました。そのせいか心取り戻すのもやはり早かったですね!
しかしこのルート色々悲しいし怖い(Σ○Д○;)他と違って人が死んだ表現がグロい!腹に穴空いてる死体を女の子に見せるとかやばい!紗乃がはそんな事態を見続け、更に役に立てずまた死んでしまったというのに耐えられなくなり心が壊れそうになるわけですよ。めっちゃ不憫(;_;)
だから智成が逃げようって言ってくれてかなり心の支えにはなりましたよね〜逃げた先の村も本当にいい人たちばかりが住んでいて、二人が少しの間でも平和に幸せに暮らせたのが良かった。謎のラッキー風呂スチルもあったし(ニチャ)笑
だがしかし、比弥那と比弥衛が出てきたのにアッサリ終わったのは謎。神なる宵禍になってた比弥衛も姿見えず勾玉だけ残されてしかもその勾玉を戻しに行く〜ってとこでエンディング終わったし!その後を教えてくれ!!
でも京士郎が形他人として生まれ変わったのは良かった〜(ToT)マジ泣けたもんね(ToT)だが京士郎メインの話みたいになってたが(笑)
あと京士郎といえばお姉ちゃんといい感じで面白かった!
てことで、ぼーっとしながらもデートすれば荷物は持ってくれるしさりげなく誉めてきたりもするし、智成さんとても良い男でした!



(桜太郎のネタバレ感想)
・桜太郎/オウタロウ(cv斉藤壮馬さん)
f:id:pinkve:20220220204431p:plain
※「君は雪間に希う」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
一番最後にルートオープンするだけあって紗乃の過去が全てわかってスッキリでした!だがしかし桜太郎の正体はビックリでしたね!なんと奇虚ではなく宵禍だったという(Σ○Д○;)元からなんか胡散臭かったしなんか悲しい過去とかあるのかなとか、奇虚でいる理由があるのかなとか、そういうの予想してたから黒幕だとは思わずおったまげーでしたよ。え、みんなは分かってた?(笑)
とにかく桜太郎は最初から優しいんですよね。明るくいいやつで表情豊かで赤面もするし、むしろ「心がない奇虚とは?」と何度も思ったくらいには(笑)
だからこそ、好きになるのがすげえ早いんだけどそのくせ軽いしすぐどっか行くんですよ。それがだんだんなんか胡散臭いな〜と思ったところで黒桜太郎が出てきてビックリ。まさか優しさも演技だったとはね!完全に騙されましたわ(Σ○Д○;)
その後はね、血で宵禍化するっつってんのにキスされて噛んだ紗乃マジ無謀じゃない!?とか焦ったり、突き飛ばされたり髪引っ張られたりしたから桜太郎にイラッとしたり、それでもこんな俺にどうして優しくするんだぁ〜(涙)の展開がよくあるストーリーだなと思ったりもしましたが、白皙の一族がお母さんを殺した件でマジ一族がクソすぎて比弥衛と根付だった桜太郎の怒りの気持ちも凄いわかるし、何より幼かった紗乃は地獄だよね(ToT)可哀想すぎる…
そしてその後に奇虚たちみんなで戦う展開がプリ◯ュアみたいでめっちゃ胸熱で涙出ました。みんながいてくれて良かった(ToT)
そしてね、実は一族は神から宵禍をもとに作られた存在であるって話から、ああ、だから攻略キャラも神に作られた奇虚なんだなと、深いなと思いましたね。なんで人間がいないのかな〜と思ってたんだけど紗乃もまた同じなんだなと!そこが逆に運命的だなって!
そして桜太郎が共に生きそばに居たいと願うことを「希ってる」と表現したのがギャーとなりました!!!ここにきて希う!!!タイトルですね!!素敵!!
しかし悲哀エンドは地獄だね!みんないなくなって桜太郎もいなくなったのに一人恨みを背負って生きてくの嫌だ〜(;_;)
と、いうことで本当に全てスッキリわかる仕様がとても良かったです!桜太郎もちゃんと幸せになれたし、犬の根付けも可愛くてあのグッズ欲しい♪
あとこのルートの共通だが、酔っ払った清彦が桜太郎に対して「ザルの奇虚だからお前はザルなのか」とか言ってるのウケた!!(笑)


君は雪間に希う

【君は雪間に希う】
プレイ:346本目:22,2,9〜22,2,20(31時間10分)

〜あらすじ〜
時は享保元年。
八代将軍・徳川吉宗が江戸を治めることになった世。
江戸の町では、異形の化け物による事件が多発しており町民は度重なる事件に不安と不満の声を漏らしていた。
そこで徳川幕府は町の治安維持のため密に異形を取り締まる組織「御庭番」を設けた。
それから季節が巡り――享保十一年。
江戸から遠く離れた村に特別な力を持つ一人の少女が暮らしていた。
彼女が「黒い糸」を見た場所では必ず禍が起きる。
不気味がった村人たちは、雪が降り積もる山奥へと少女を追いやった。
そんな彼女の元に御庭番と名乗る青年が現れ……。
これは一人の少女と「人ならざるもの」たちが出会い、愛を知る物語。
(公式サイトより)

f:id:pinkve:20220209232540p:plain
※「君は雪間に希う」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


〜攻略キャラ〜
・篁智成(cv小林裕介さん)
・東条國孝(cv前野智昭さん)
・与市(cv山下誠一郎さん)
・久賀源十郎(cv佐藤拓也さん)
・錦次(cv浪川大輔さん)
・桜太郎(cv斉藤壮馬さん)


〜各キャラネタバレ感想〜

・全キャラネタバレ感想


〜全体の感想〜
オトメイトさんから発売され、ハライチさんがプロデュースしたという話題の作品である君雪。最初の印象はやっぱり絵が綺麗だなということでした。
タイトルにあるように雪のイメージがあり、それが和風な絵と音楽と効果音にとても合っていて最初から良いスタートが出来ます。
トントン進むストーリーは説明と設定がとてもわかりやすいのがいい!誰がやっても入り込みやすいような仕様になっていると思います。
絵が綺麗という話の通り、立ち絵もとてもかっこいいキャラが多いんですが、後ろ姿の立ち絵が用意されていたりと凝っているのも良いです。
選択肢は少な目で攻略も簡単。既読スキップだけではなく既読ジャンプ機能がついてるのが個人的にはかなり良かったです!エンド回収が楽ちん!ただ、既読文字の色が変わらないのでそれは欲しかったかなぁとは思いますが。
あと個人的に嫌だったのは敵と戦うシーンが多いのでやたらドーン、バーン、グオオーー!みたいな効果音がうるさかった(^◇^;)そこだけ音下げられないので毎回毎回ギャオオオオ!がキツい(笑)
逆に個人的に嬉しかったのは、昨今稀に見るキャスティング!少し前はいつも出演されていたけど最近見ないという方々が数人キャスティングされており、古参の乙女ゲーマーにはかなり嬉しい出来事でした!ありがとうございます!
たまにハライチさんの顔が浮かんだりもしましたが(笑)、そんなキャスティングをしてくれたのも嬉しかったしまたいつか乙女ゲームを作ってくれたら嬉しいな!
物凄くやりやすいゲームなので乙女ゲーム初心者にもおすすめだと思います!ただ、悲哀エンドは結構酷い表現もあるので気になるからはご注意を。

↓管理人のお気に入りキャラ↓
東条さん、錦次さん