元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

【もくじ】

f:id:pinkve:20200818090538p:plain
こちらのブログは、今までプレイした乙女ゲームのネタバレと感想ブログです。
→今までプレイした乙女ゲーム一覧はこちら←
→これからプレイする乙女ゲーム一覧はこちら←
ゲームをクリアしたけど他のキャラのネタバレも知りたかったなぁという人におススメです。キャラごとの感想もあります!全て完全なネタバレになりますので注意して閲覧して下さい。
ネタバレ無しの乙女ゲーム紹介ページもあるのでご覧ください。
攻略がのっているソフトもあります。
管理人に何か伝えたいことがあればコメント下さい。
お友達と一緒に攻略しているので、キャラによってお友達のネタバレブログへリンクする仕様になっています。

協力してくれているお友達のサイト:「感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ 」

ただ今ブログお引越し中なので、載ってないネタバレはこちらの以前のブログへどうぞ→「元祖・元カレたちのストーリー」


〜もくじ〜

【あ行】
・愛は、憎しみによく似ている 憎しみは、愛によく似ている(PC)R18
・AMNESIA WORLD(vita)
・妖かし恋戯曲(NS)
・アンジェリーク ルミナライズ(NS)
・イケメン戦国◆時をかける恋 新たなる出会い(vita)
・VAMPIRE SWEETIE(PC)R18
・うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE for Nintendo Switch (NS)
・うたの☆プリンスさまっ♪Amazing Aria&Sweet Serenade LOVE for Nintendo Switch(NS)
・うたの☆プリンスさまっ♪Debut for Nintendo Switch(NS)
・エフェメラル(vita)
・OZMAFIA!!-vivace-(NS)
・鬼と花妻〜花盗人は躑躅か椿か〜(PC)R18
・オランピアソワレ(NS)
・オルフレール〜幸福の花束〜(vita)

【か行】
・学園CLUB〜放課後のヒミツ〜(NS)
・片恋いコントラスト〜collection of branch〜(NS)
・カフェキュイエール(vita)
・神々の悪戯 In Finite(vita)
・Collar Malice-Unlimited-(vita)
・Collar×Malice for Nintendo Switch(NS)
・監禁婚〜選択の日々 凍時編〜(mobile)R18
・監禁婚〜選択の日々 山那学園編〜(mobile)R18
・監禁婚〜選択の日々 誠編〜(mobile)R18
・神凪ノ杜 五月雨綴り(vita)
・キューピット・パラサイト(NS)
・金色のコルダ オクターヴ(NS)
・金色のコルダ2ff(vita)
・金色のコルダ3〜Another Sky〜(vita)
・金色のコルダ4(vita)
・樟屋敷の物語〜秘密のお帳面〜(PC)R18
・真紅の焔(vita)
・CLOCK ZERO〜終焉の一秒〜Devote(NS)
・軍靴をはいた猫(vita)
・喧嘩番長乙女〜完全無欠のマイハニー〜(vita)
・喧嘩番長乙女〜2nd Rumble!!〜(vita)
・幻奏喫茶アンシャンテ(NS)
・幻想マネージュ(NS)
・恋の花咲く百花園(NS)
・越えざるは紅い花 after disc ~綾なす未来~(PC)R18
・Code:Realize ~彩虹の花束~ for Nintendo Switch(NS)
・殺し屋とストロベリー(vita)

【さ行】
・三国恋戦記〜オトメの兵法!〜(NS)
・Cendrillon palikA(NS)
・死神と少女(vita)
・忍び、恋うつつ for Nintendo Switch(NS)
・蛇香のライラ〜Trap of MUSK〜(NS)
・ジャックジャンヌ(NS)
・CharadeManiacs(vita)
・女王蜂の王房〜めのう編〜(PC)R18
・女王蜂の王房〜輝夜編〜(PC)R18
・白と黒のアリス〜Twilight line〜(vita)
・白と黒のアリス for Nintendo Switch(NS)
・スチームプリズン(NS)
・スチームプリズン〜七つの美徳〜(vita)
・STORM LOVER V(vita)
・STORM LOVER 2V(vita)
・スペードの国のアリス ~Wonderful White World~
・絶対階級学園(NS)
・絶対迷宮 秘密のおやゆび姫(vita)

【た行】
・DYNAMIC CHORD feat.apple-polisher(vita)
・DAIROKU:AYAKASHIMORI(NS)
・蝶々事件ラブソディック(vita)
・蝶の毒 華の鎖(PC)R18
・蝶の毒 華の鎖〜幻想夜話〜(PC)(R18)
・蝶の毒 華の鎖〜大正艶恋異聞〜(NS)
・つばさの丘の姫王(PC)(R18)
・罪喰い〜千の呪い、千の祈り〜(vita)
・DIABOLIK LOVERS GRAND EDITION for Nintendo Switch(NS)
・DIABOLIK LOVERS VANDEAD CARNIVAL(vita)
・DIABOLIK LOVERS DARK FATE(vita)
・DIABOLIK LOVERS LUNATIC PARADE(vita)
・DIABOLIK LOVERS LOST EDEN (vita)
・DIABOLIK LOVERS CHAOS LINEAGE(NS)
・帝國カレイド(NS)
・Dessert Love〜彼とのはじまり〜(PC)R18
・天涯ニ舞ウ、粋ナ花(vita)
・ときめきメモリアルGirl's Side 4th Heart(NS)
・時計仕掛けのアポカリプス(NS)
・囚われのパルマ(NS)
・囚われのパルマRefrain(NS)
・Tlicolity Eyes-twinkle showtime-(NS)

【な行】
・にゃんらぶ〜私の恋の見つけ方〜(NS)
・ニル・アドミラリの天秤 色ドリ撫子(NS)
・NOISE -voice of snow-(PC)
・NORN9 ノルン+ノネット LAST ERA(vita)
・NORN9 ノルン+ノネット アクトチューン(vita)
・NORN9 ノルン+ノネット LOFN for Nintendo Switch(NS)

【は行】
・ハイリゲンシュタットの歌(vita)
・幕末恋華新選組 尽忠報国の士(NS)
・BUSTAFELLOWS(NS)
・BAD APPLE WARS(vita)
・パニックパレット(vita)
・Paradigm Paradox(パラダイムパラドックス)(NS)
・VARIABLE BARRICADE(vita)(NS)
・遙かなる時空の中で4(PSP)
・遙かなる時空の中で7(NS)
・ピオフィオーレの晩鐘(vita)
・ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926-(NS)
・ひめひびAnother Princess Days〜White or Black〜(NS)
・ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~(NS)
・フォルティッシモ (vita)
・Blackish House sideA→(PC)
・Blackish House ←sideZ(PC)
・ブラザーズ〜恋するお兄さま&もっと恋するお兄さま〜(PC)R18
・BROTHERS CONFLICT〜PRECIOUS BABY〜(NS)
・プリティ☆ウィッチ☆アカデミー!(PC)R18
・ふるえ、ゆらゆらと〜上弦の章〜(PC)R18
・放課後colorful step〜ぶんかぶ!〜(PSP)

【ま行】
・魔性眼鏡(PC)R18
・明治活劇 ハイカラ流星組ー成敗しませう、世直し稼業ー(NS)
・memories(PC) R18
・猛獣使いと王子様 ~Flower & Snow~ for Nintendo Switch(NS)
・猛獣たちとお姫様(vita)
・猛獣たちとお姫様〜in blossom〜(vita)
・Monochrome Wizard~黒の讃歌、白の鎮魂歌~ (mobile)R18

【や行】
・ゆのはなSpRING!〜Mellow Times〜(NS)

【ら行】
・LoverPretend(ラバープリテンド)(NS)
・Love☆Drops〜みらくる同居生活〜(PC)R18
・レンドフルール for Nintendo Switch(NS)

【わ行】

【攻略】
・アイリス魔法学園 ウィンクルムハーツ攻略

【その他】
・2019年度プレイしたオススメ乙女ゲーム
・2018年度プレイしたオススメ乙女ゲーム
・2021年度乙女ゲームプレイリスト(更新中)
・2020年度乙女ゲームプレイリスト
・2019年度乙女ゲームプレイリスト
・好きキャラランキング(ソフト別)
・好きキャラランキング(声優版)
・プライバシーポリシー
・このブログについて

お問い合わせ先はこちら✉️


ときめきメモリアルGirl's Side 4th Heart

ときめきメモリアルGirl's Side 4th Heart】
プレイ:344本目:21,10,28〜

〜あらすじ〜
物語の舞台は「はばたき市
海と山に囲まれた「はばたき市」。
四季折々の美しい景色や、さまざまなイベントなど一年を通して楽しむことができる素敵な街です。
あなたはこの街で「はばたき学園」の高校生として、さまざまな人と出会い、いろんな体験をしていきます。
(公式サイトより)

f:id:pinkve:20211117121644j:plain


〜攻略キャラ〜
・風真玲太(cv梶裕貴さん)
・颯砂希(cv佐藤拓也さん)
・本多行(cv服部想之介さん)
・七ツ森実(cv阿座上洋平さん)
・柊夜ノ介(cv福山潤さん)
・氷室一紀(cv田邊幸輔さん)
・御影小次郎(cv吉野裕行さん)
・白羽大地(cv植木慎英さん)
・白羽空也(cv三宅貴大さん)
・巴征道(cv代永翼さん)※ダウンロードコンテンツ追加キャラクター


〜各キャラ感想〜
※攻略中(12月に掲載予定)


〜全体の感想〜
※攻略中


↓一作目はこちら↓

↓二作目はこちら↓

↓三作目はこちら↓

↓一作目、二作目、三作目、三つセットはこちら↓

スペードの国のアリス「トゥイードル・ディー&ダム」ネタバレ

◆スペードの国のアリス ~Wonderful White World~◆
●トゥイードル・ディー(cv八代拓さん)&トゥイードル・ダム(cv天崎滉平さん)
「ディー」
帽子屋屋敷の門番。
冷めた考え方をする、クール&ドライな双子の片割れ。
好きなものは休憩と休日。
通称、「ブラッディ・ツインズ(血まみれの双子)」。
どちらが兄か弟かあやふやで、立ち位置がころころ変わる。
大人の姿をしているが、中身は子供。
たまに無邪気な面も見せるが、だいたい悪意に裏打ちされている。
「ダム」
帽子屋屋敷の門番。
冷めた考え方をする、クール&ドライな双子の片割れ。
好きなものはお金。
通称、「ブラッディ・ツインズ(血まみれの双子)」。
どちらが兄か弟かあやふやで、立ち位置がころころ変わる。
大人の姿をしているが、中身は子供。
たまに無邪気な面も見せるが、だいたい悪意に裏打ちされている。

f:id:pinkve:20211022220131p:plain
f:id:pinkve:20211022220141p:plain
※「スペードの国のアリス ~Wonderful White World~」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人のディー&ダムのネタバレ感想はこちら←

→ベストエンドはこちら←
→グッドエンドはこちら←
→ノーマルエンドはこちら←


〜スペードの国のアリス ~Wonderful White World~、トゥイードル・ディー&ダムルートネタバレ〜
(ベストエンド)

※ただいま作成中です。

(グッドエンド)

(ノーマルエンド)





↓ディーダムの感想ネタバレ有り↓



〜スペアリ、ディーダムの感想ネタバレ有り〜
かなり昔にハトアリをやった時の記憶が微かに残ってるんですが、一番先に思ったのは何故声が変わったの?ですよね?ここら辺の真実は何もわからないんですが、元の人に断られたの?(笑)いや、そんなわけないよね?下の中の人もいまだに他の乙女ゲームも出てるし!だから凄い謎だし、何より私前の声のディーダムが好きなので違和感に慣れるか不安だったんだけどね、うん、全然大丈夫だった(笑)
むしろ声優さんが二人になり、お姉さんお姉さんと右から左から囁かれて可愛いよー!!!カジノの滞在も一番楽しそうだったし、3人で寝たりするのも可愛いし、ランプとかの話も可愛かった!
そう、可愛いのでなんでも許せるね。頭おかしい感じだけど子供だし可愛い!ボリスが「子供はずるい、猫よりずるい」って言ったのがマジで俺の中にぴったりきまして、ボリス大正解!と思いましたわ(笑)
そしてディーダム、何が一番良いかってさサンドのエロさだよね<●><●>(笑)子供のくせに両方と恋人になろうと言ってどっちもキスしてきたりナニしてきたり…ベタベタ迫られるスチルは何個かあったけどどれもこれもエロいよ!3◯シチュ大好き女としては最高に良かったね!(笑)
そしてCSで三人の恋人オッケーにしちゃうのすげー!
ただね、彼らの過去は重いし、今はいいとしても何よりどちらかがどちらかを優先してほしいと思ってしまったら全てが壊れてしまうので怖いなーと思いました。だからそういうエンドあるのかなーと思ったらなかったが(笑)
でも子供と言いながらもグッドエンドではアリスが人殺しより自分のデートを優先してよと言った時に恋人なんだから優先してっていうワガママに対して焦る双子が意外。お姉さんに嫌われたくなくて一生懸命機嫌とって焦って好きでいて欲しいって頑張る姿めっちゃ可愛くないですか?やばいんだが!
好きな人のために変わったり頑張れるのがとてもよかったと思いました!可愛いー!


スペードの国のアリス「クイン・シルバー」ネタバレ

◆スペードの国のアリス ~Wonderful White World~◆
●クイン・シルバー(cv浅沼晋太郎さん)
白の領土の領主で、教団の教皇。聖職者もどき。
教団という形で領内を支配しているが、実質はマフィアと大差ない。
悪巧みと共に積極的に社交を仕掛けるタイプで、〈ライオン〉とは対極。
ライバルであるはずだが、不器用な〈ライオン〉が嫌いではない。
逆に、自分と似たタイプの〈帽子屋〉は好ましく思っていない様子。

f:id:pinkve:20211020152342p:plain
※「スペードの国のアリス ~Wonderful White World~」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人のクインのネタバレ感想はこちら←

→ベストエンドはこちら←
→グッドエンドはこちら←
→ノーマルエンドはこちら←


〜スペードの国のアリス ~Wonderful White World~、クイン・シルバールートネタバレ〜
(ベストエンド)

※ただいま作成中です。

(グッドエンド)

(ノーマルエンド)





↓クインの感想ネタバレ有り↓



〜スペアリ、クイン様の感想ネタバレ有り〜
クローバーからの新キャラであるクイン、どんな感じなのかとワクワクしてましたがとても感じ悪い(笑)
ええ、とても凄い性格をしてましたね。最初っから感じ悪くて笑う!!(笑)教皇であるのに胡散臭い教祖様なわけでね、言うことを聞かない奴は殺すから心酔してる人しか残らないと言うもはや脅迫でありマフィアと変わらないって言う設定がもう清々しくてね、何度も思ったよ信仰とはと(笑)
そんな中、アリスは相変わらずクールなので上手くツッコミながら暮らしてくわけだけど、シスター姿が可愛かったり、ルイスがアホかわなので色々救われまして、更に何とルイスの「俺がもらう」イベントは予想外の展開でときめきました!ルイスに!(笑)しかもその時のルイスのセリフ「クイン様は男としては三流」これ爆笑したんだが(笑)
しかしそれどころかさ、なんとアリスは司教になる式典で好きな人は他にいるとハンニバルに抱きついたやつあれめっちゃ意外な展開で面白かったー!そこでちゃんと合わせてくれるハンニバル、男だよね!優しくてかっこよい!早くBlackもやりたくなっちゃいましたね。
そんな感じでほぼ他キャラにときめいてる感もなくもないが(笑)、最後にクインが「神はいらない」と言ったのがマジで吹きました(笑)
もう一度言うね?「信仰とは」(笑)
宗教団体のトップでここまで言えちゃうのはやっぱりロゼならではなのでそれをちゃんと再現してくれたオトメイトさんに感謝ですよね!ありがとうございました!


スペードの国のアリス「エリオット・マーチ」ネタバレ

◆スペードの国のアリス ~Wonderful White World~◆
●エリオット・マーチ(cv最上嗣生さん)
帽子屋・ブラッドの相棒で、帽子屋ファミリーのNo.2。元犯罪者で、脱獄囚。
とても短気で、3秒も考えずすぐに銃をぶっぱなす。
ブラッドに心酔している忠実な犬(ウサギ)だが、度々機嫌を損ね、杖で殴られている。
にんじん料理が大好きなのだが、にんじんそのものは嫌い。

f:id:pinkve:20211016192927p:plain
※「スペードの国のアリス ~Wonderful White World~」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人のエリオットのネタバレ感想はこちら←

→ベストエンドはこちら←
→グッドエンドはこちら←
→ノーマルエンドはこちら←


〜スペードの国のアリス ~Wonderful White World~、エリオット・マーチルートネタバレ〜
(ベストエンド)

※ただいま作成中です。

(グッドエンド)

(ノーマルエンド)





↓エリオットの感想ネタバレ有り↓



〜スペアリ、エリオットの感想ネタバレ有り〜
かなりむかーしハトアリをプレイしたことがある私。だからエリオットの事も覚えてるんですがほんっと微かでね!!そんな私が再びエリオットを攻略したわけだけど、全体的にそんなに凝ったストーリーが無かったなと感じました(笑)
最初からブラッドの犬と言い張って素直で可愛いウサギさんだなとは思ってたんだけど、なんせ短気なんでね!3秒しか待てが出来ないって言われてるだけあってすぐ喧嘩がおっぱじまる!だから一緒にいるとハラハラするわけだけど、手綱を握れば良い子になりそうなのでまぁそこはいいとは思いますが!
しかしアリスは記憶がないのにエリオットにはあるらしいのでこっちは知らん人なのに最初からめちゃくちゃ執着されてるのがなんかウーン…これは特にハトアリとかやってない人は余計にウーンなんじゃないかなとは思いました。温度差を感じるのでね!
で、ストーリーもとにかくファミリーに入ってくれ、ごめん入れない、ってやつの繰り返しがまず長い!!!ずっとその会話しとる(笑)だからもう飽き飽きして眠くなってきて大変でしたが、なんかアリスが唐突に結婚するとか言い出して目が覚めました(笑)急やな(笑)
でもそれでそっちのファミリーではなく本当のファミリーっていう流れは素敵だなと思ったし、結婚式でディーダムが「人妻ならぬウサギ妻」とか言ってたのが笑えました(笑)
そんなエリオット、でかくて強くて短気だけど寂しがりやで弱くて守りたくなる可愛い男!素敵でした!


スペードの国のアリス ~Wonderful White World~

【スペードの国のアリス ~Wonderful White World~】
プレイ:343本目:21,9,30〜21,10,27(23時間)

〜あらすじ〜
メルヘン調な世界なのに、帽子屋がマフィアだったり銃撃戦が珍しくもなかったりする不思議な世界。
今作の舞台は、白の領土・黒の領土・帽子屋屋敷・駅の4つの領地がある『スペードの国』。
しかしこの国は戦争真っ只中で、どこへ行くにも物騒な国だった。
そんな中、現実主義で夢見がちなところが皆無な主人公・アリスは、湖で溺れているところを助けられ、その時には全ての記憶を失っていた。
初めて出会う者はもちろん、かつて友人であったはずの人達やとりまく状況まで思い出すことが出来ない。
初めて会うはずなのにどこか懐かしく、大切に思える人達と忘れてしまった誰か……。
アリスは失った記憶と共に、狂ったような日常を受け入れている自分に違和感を持ちつつも
見知らぬ時間の溢れる国で、新しい関係を築いていく。
常識の通じない世界で、現実主義の主人公に
まともな恋愛は出来るのか――。
(公式サイトより)

f:id:pinkve:20211016190214p:plain
※「スペードの国のアリス ~Wonderful White World~」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


〜攻略キャラ〜
・エリオット=マーチ(cv最上嗣生さん)
・ルイス=キャロル(cv津田健次郎さん)
・ブラッド=デュプレ(cv小西克幸さん)
・クイン=シルバー(cv浅沼晋太郎さん)
・トゥイードル=ディー(cv八代 拓さん)
・トゥイードル=ダム(cv天﨑滉平さん)


〜各キャラネタバレ&各キャラ感想〜
※攻略中


〜全体の感想〜
※攻略中

↓管理人お気に入りキャラ↓
ルイス、ディーダム


2021年10月発売&予約購入している乙女ゲーム

f:id:pinkve:20211001163106p:plain
【2021年10月発売&予約購入している乙女ゲーム

10月になりましたね!この月になると一気に年末感が加速すると思いません?この間本屋さんに行ったら来年のカレンダーとスケジュール帳が並んでてなんか焦りました(^◇^;)スケジュール帳、こないだ今年の買ったばかりなのになぁって。月日って経つの早い…シワしか増えん(笑)
てことで今月もシワのない二次元のヒロインに憑依して生きていくべく今月発売のゲーム紹介です!


「終遠のヴィルシュ」

こちらは10月7日発売のオトメイトさんのswitchの作品で新作ですね!
新作というだけでもとても嬉しいのに、絵もストーリーもめっちゃ魅力的。設定を見ると少し仄暗い感じなのかな?そこがあの美しいイラストと似合っててまたいい感じですねー!しかし記憶だけを生きながらえさせるってどういう事なんでしょう?肉体を捨てるってことは新しい肉体を作るの?ロボットなのかね?銀◯鉄道999思い出した(笑)
とりあえず実際にやるのを楽しみにしてるのでそこまで詳しくストーリー読まないようにしてました!999かどうかはお楽しみに!(笑)
あとキャストもまた良くてですね、私の好きな興津さんも出ているのでそこめっちゃ楽しみ!平川さんも昔から今の乙女ゲームにもずっと出てくれてるので本当にありがたい〜(ToT)
そしてそんな出演キャストは、斉藤壮馬さん、平川大輔さん、天崎滉平さん、細谷佳正さん、八代拓さん、興津和幸さん、など。


ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart 」

こちらは10月28日に発売するコナミさんのswitchの作品ですが、そう!!!待ちに待ったときメモGSの新作だよおおおおおおお!!!!!!!!!!(熱量すごい)笑
もう本当ーーーにめっちゃ嬉しいです!感激です!なんてったって私がこの世界に足を踏み入れるきっかけになった作品の新作なんでね!!!もう本当に感激で楽しみで楽しみで爆発しそうです!!!(笑)
てことで発売日からひたすら引きこもってプレイしたいと思います!ときメモといえばEVS搭載なのでね〜声優さん達に名前呼んでもらえるの今からワクワクだしねー!昔と同様デートのお洋服選びとか、バイトとか、部活とか、お勉強とか、色んなことを好きなようにできるのも魅力的ですねー!
そしてキャストは、梶裕貴さん、佐藤拓也さん、服部想之介さん、阿座上洋平さん、福山潤さん、田邊幸輔さん、吉野裕行さん、植木慎英さん、など。
知らない方が沢山いる!!


と、いう感じで今月は2本ですね!もうこれやってるだけで今年が終わる気しかしないですけど(笑)
ではまた11月に!


白と黒のアリス「カノン」ネタバレ

〜白と黒のアリス for Nintendo Switch
●カノン(cv花江夏樹さん)
街で帽子屋を営む青年。
顔立ちに似合わず性格は捻じ曲がっており、基本的に他人に無関心。
手先が器用で、刺繍や裁縫が得意。

f:id:pinkve:20210922113728p:plain
※「白と黒のアリス for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人のカノンのネタバレ感想はこちら←

→黒ハッピーエンドはこちら←
→白ハッピーエンドはこちら←
→黒バッドエンド&白バッドエンドはこちら←
→FD黒エンドはこちら←
→FD白エンドはこちら←
→FDアナザーエンドはこちら←




〜白と黒のアリス for Nintendo Switch、カノンルートネタバレ〜
(黒ハッピーエンド)
主人公が白の世界へと連れてこられたことで、世話役として呼ばれたカノン。帽子屋を営み、時を5秒くらい戻せるという能力を持つ彼は無理矢理連れてこられたらしい。
だからなのか、口も態度も悪いカノンはワガママ女王のお守りなんかしたくないと言って馴れ合うことはしなかった。
しかし黒の世界に戻りたい主人公は母のように立派な人間になればきっと戻れると信じ学業に励むが、不器用なため家庭科の課題だけはうまくいかない。そのため帽子屋であるカノンに教えを乞うと、カノンはやはりとても器用で、課題のマスコットをいとも簡単に作り上げた。しかもそのテディベアのマスコットはとても可愛く、主人公は幸せな気持ちになり素直に褒めるとカノンも満更ではないようで少しずつ二人は話せるようになってきた。
そんな日々の中、ネロが急に主人公を黒の世界へと連れてってやると言い出した。代わりにアリスの血をくれと言われたが帰りたい主人公はネロについていってしまう。気づいたカノンは慌てて二人を追い、そして主人公に怒鳴った。お前の血には価値があると、悪さに使われたらどうすると、本気で心配してくれたのだ。心配をして怒ってくれたカノンを見てとても反省し、そして本当は優しいカノンに心奪われる瞬間だった。
その後、また白の世界へと戻った二人の関係はどんどん良いものとなった。レインに「黒の世界に必要ない」と言われた時もカノンはわざと軽口を叩いて気を楽にさせてくれたし、母が着ていたようなドレスを作りたいと言った時も結局教えてくれたし、喧嘩をしながらもなんだかんだ優しくて支えてくれていた。
しかしカノンはなんと数百年前の女王を批判したことで呪いをかけられていた。その呪いは成長せず、更に死なないという呪い。そう、彼は時を止められていた。
そのせいで何百年もひとりぼっち。親しい人ができてもみんな先に死んでしまう、だから人と仲良くなりたくなくていつも人を遠ざけようとしていたのだ。
それを聞いた主人公はどうにか彼の呪いを解きたいと思ったが、なんとレインから呪いを解く手記が見つかったと言われる。しかしその内容は42代目の女王をカノン自らの手で殺すことだった。しかも43代目が即位する前に。
そう、主人公こそが42代目の女王だったのだ。
それを聞いたカノンと主人公はショックを受けた。今までずっと何百年も解きたかった呪いがついに解けるのに、なのになぜ、主人公なのか。
しかし主人公は決意した。自分には女王としての誇りがあって、それを失いたくはない。だから女王のまま死ねるなら、自分の命に意味があったことを証明してくれるなら、愛するカノンのためなら。私に意味をくれてありがとうと震え泣きながらカノンに殺される覚悟をした主人公。
しかしそれを見たカノンは泣きながら主人公を抱きしめた。世界が破滅したってお前が生きている方がいいと。そして、しわくちゃのお婆ちゃんになっても生きてずっと隣にいてと言いキスをしてくれて、ずっと好きだと告げてくれた。
その後、愛日梨の戴冠式は無事終了。結果、もう呪いは解けないことが決まった。それを見届けたカノンはとある決意をしていた。ずっと黒の世界に戻りたがっていた主人公を戻してあげる唯一の方法を見つけたから。
そしてカノンは主人公のアリスの血を飲み力を増幅させ、なんと主人公の時を赤ん坊の姿になるまで戻したのだ。そう、アリスが覚醒するのは血を飲んだから。主人公が血を飲まずに覚醒してない時まで戻せば狂うことがないから。
赤ん坊になってしまった主人公を抱くカノンは「僕のことを忘れたとしても好きだよ、待ってる」と涙を流した。
エンドロール後は、16歳になった主人公。
歳の離れた姉の女王愛日梨の補佐をし忙しく過ごしている。しかし今日は女王ではなく自分にとある帽子屋が謁見に来ると言われ呼ばれた。目の前に現れた少年のような男は「カノン」と名乗りとあるワンピースを差し出した。
「こちら、16年もののワンピースです」
そう言って差し出されたものを見た時全てが浮かんだ。そう、あの愛おしい白の世界の記憶が。
「勿論気に入ったよね?僕とお前の傑作」
そう言っていたずらに微笑むその笑顔は、私が愛したあの笑顔だった。


(白ハッピーエンド)
主人公を殺すことで呪いが解けると分かったものの、好きだから殺せないと、二人は白の世界で暮らすことにした。
しかしカノンは最近体の痛みに悩まされおかしいと思っていた。すると主人公は気づく、カノンの身長が伸びていることに。そう、白の世界にきて黒の世界の常識がなくなった今、なんとカノンの呪いはもう解けていたのだ。カノンは主人公と共に歳をとっていた。
奇跡だと涙を流すカノンは、この呪いはきっと二人を出会わせる為だったんだと微笑んだ。
エンドロール後は、高校を卒業し、カノンは天才デザイナーとして帽子屋を営んでいた。主人公も手伝いで共に経営している。
すっかり少年ではなくなったカノンの腕に抱かれ、今日も幸せなキスをした。
当たり前の毎日が何より幸せで、二人の時計の針はもう止まらなかった。


(黒バッドエンド)
女王への未練で狂ってしまった主人公。
王座に見立てた椅子に座り、ドレスを着て、自分は女王だとばかり言っている。一生支えると決めたカノンは主人公の側で手を取ってキスをして女王様と傅いた。

(白バッドエンド)
白の世界で二人で暮らすと決めるとなんとカノンの体が成長してることに気づく。
しかし黒の世界はまだ狂っている為カノンは最後にあちらへ行って帽子屋を畳んでくると言ったが、なんと狂った住人に殺されてしまった。今までは不死だったが呪いが解けてしまった為簡単に死んでしまったのだ。
そんなことを知らない主人公は白の世界でただ一人帰りをずっと待っていた。
ただ、部屋の中では時計の針の音が鳴り響いていた。


(FD黒エンド)
あれから16年、カノンとの記憶が戻った主人公。今まで離れていた分を取り戻そうと、あの頃と同じように共にマスコット作りをしたりし、久々の触れ合いはとても幸せで楽しかったが、同時に思い出してしまった、彼が歳を取らないことを。
結局自分を殺さなかったことで呪いが解けなかった事に罪悪感を感じる主人公はその事をカノンに告げてしまうがカノンは「僕の覚悟を否定するな」と怒鳴り泣いた。
呪いのおかげでお前に出会えた、だから後悔していない、そう言ってくれたカノンだったが主人公はそれでもカノンに言った、あきらめないで、と。
その笑顔に胸打たれるカノンは純白のドレスを作ってお前にプレゼントしようと言った。抱きしめられた主人公は「それを着る時きっと二人は大人になってる」と未来に希望をのせて微笑んだ。


(FD白エンド)
帽子屋を二人で経営し、大人になったカノンと幸せな日々を送る主人公。
素敵な老夫婦が記念に帽子を作って欲しいと訪れたのをきっかけに二人も夫婦に感化され、こんな夫婦になりたいと改めて思った。
そしてカノンは忙しい中、なんとあのドレスのデザインに合わせた素敵な帽子をプレゼントしてくれた。改めて告白をしてくれるカノンは「この世界でずっと一緒にいて、愛してる」と言ってキスをしてくれる。
いつもは意地悪だけど本当は誰より優しくて愛情深いカノンのキスに酔いしれ、きっと二人はあんな素敵な夫婦になれると微笑んだ。


(FDアナザーエンド)
カノンの呪いはまだ解けないまま、主人公と愛日梨の二人の女王の即位で黒の世界は安定した。
そんな時、虚の世界や鏡が割れる事件が起き、カルミアの登場で慌ただしくなる中、鍵の能力という魔法を使える琉唯という男が現れた。その力は全てを正しい方向に戻せるという能力であり、結果カノンの呪いも解ける能力だった。
しかしなんと琉唯の母は主人公の母である前女王に死刑にされており、琉唯は復習のためクーデターを起こす。主人公を捉え、愛するものを殺される気持ちを知れといい、剣でカノンを刺せと命じてきたのだ。
しかも刺した後に呪いを解いてやると言い出した。刺した後呪いを解けば不死ではなくなり死んでしまうかもしれない、恐れた主人公は震えて何もできなかったが、カノンはわざと刺して更に主人公の血をそこに流させ取り込み、力を増幅させなんと時間を巻き戻したのだ。
数日前に戻ったカノンはまだ琉唯が起こしてないクーデターの事を全て知る為レイン達と協力し、無事何も起きる前に琉唯を捕まえることができた。
しかし捕まえた琉唯にカノンは過去の彼の母の記憶を見せる事にした。彼の母は決して不幸ではなかった事、前女王アリスリデルとは本当はとても仲が良くてお互い信頼し合っている女王と侍女である記憶を見せ、アリスの血で狂ってしまい侍女を死刑にしたものの狂っている為そのあと女王はその侍女がいないどこへ行ったのと発狂している姿も見た。更に母はいつでも琉唯を想っている言葉をしている記憶もあり、琉唯はその記憶を見て涙を流した。
琉唯は今の女王である主人公を認め、なんとカノンの呪いを解いてくれた。
カノンと主人公は共に歳を取り命なくなるまで一緒にいられることを喜び抱き合ったのだった。




↓カノンの感想ネタバレ有り↓



〜ろろアリ、カノンの感想ネタバレ有り〜
まずは本編の感想。
実は移植前にカノンだけ未攻略だった私。タイプじゃなさそうと思ってやってなかったみたいだけど今回プレイしたらめっちゃ良くて過去の私アホだなと思いました<●><●>(笑)
てことでカノンルート、めちゃくちゃ泣けました!一番泣いた!!
最初からルナのことを嫌いというか嫌味な感じで始まるのでどうなるかなと思ったけど、嫌味でもツンデレだし、ルナも言い返すけどあの子は素直でいい子なので二人とも可愛い感じのケンカップル感が良かったですね。マスコット作ってもらってめっちゃ喜ぶルナは可愛すぎてカノンが即籠絡されるのも頷けまくる(笑)
そして二人で買い物したり、デートと言われ意識したり、帰る時間になってもどっちも帰りたくないモジモジやら、クレープの食べ合いっこやら、本当可愛い甘酸っぱい青春がニヤニヤすぎてやばかったのに、更に黒の世界へ行ってめっちゃキレてくるレインに対しても一人だけ味方でいてくれるカノンが頼れて泣けてくる。ルナが涙をこぼさないように上を向いてるのを気づいてわざと憎まれ口を叩いて、それでいて守ってくれるカノンがいてどれだけ心強いか。
そして相変わらずムカつくレイン<●><●>(笑)あいつはほんっと本人ルート以外は最悪だな(笑)
てか買い物によく行くしめっちゃいい布とか買いまくるけどその金ってどこから出てるのか急に気になり出した私(笑)やはり王族だからなの?それとも魔法!?
ま、それはいいとして後半はやはり呪いの話に。カノンの呪いというか魔法って年取らないやつなのかなと思ったらやっぱりその通りでしたが、その呪いを解く唯一の方法が42代目の女王を殺すことってさ、なんとも都合よく42代目なのよって感じすぎて辛すぎ(^◇^;)好きになった人を殺さなきゃ無い、殺されなきゃ無い、そんな辛い中、それでも女王のまま死ねると、その役目をくれてありがとうと、そう言った誇り高くどこまでも女王なルナにめっちゃ泣けました(;_;)
そしてそこからの黒ハッピーなんだけど時を戻すのは予想通りだったがまさかルナだけどは(Σ○Д○;)全部の時を戻すのかと思ったのにルナだけ赤ちゃんだし、何より女王になれてないじゃん!!!愛日梨の妹とかどうなのー!!そしてカノンのこと思い出せたけどカノンの呪いは解けてない…色々切ないけどこれはFDで解決するのかな?
で、次は白ハッピーだけどこちらは良いね!なんと白の世界でカノンの体の時計が進んだのね!最後の文章とか上手くて凄いまとまりいいし、二人はこっちのエンドの方いいかも。他キャラと違って切なくも無いし幸せ!しかしこのエンド見ると体痛いのは以前からだったし、ルナを殺す必要なかったことがわかるから怖いね。
あとバドエンは白黒よりもただのバッドのマッドハッターエンドが好きでした。まさにアリスの世界だなって思えてこのソフトの良いところだなと!可愛さの中にもアリス感忘れてなくて良いですよねー!
全体的にカノン見た目の可愛さと違ってかっこいいし素敵でしたね!一生愛してくれそうで良いよ!
そしてFDの感想。
まずは黒アフターですが最終的に呪いは解けなかったんだね(;_;)でもこのルートは他と違って16年後っていう設定が凄いですね!だって愛日梨、32才よね?(笑)立ち絵がなかったからめっちゃ見たかったー!!!しかしカノンは年取らないからわかるけど、レインもスノウもネロも全く変わってないじゃん!彼らも年取らんの?しかしなんとジャックだけは短髪に<●><●>これやばい<●><●>ジャック推しなので彼の立ち絵ジロジロずっと見ちゃった<●><●>(笑)あと赤ちゃんになったルナにハアハアしてた話のジャック笑える(笑)相変わらず変態で良いね!
そしてカノンの覚悟を否定するなって叫びにまた泣けた私(;_;)カノンルートいつでも泣けるね…(;_;)
そして白アフター、こちらはめっちゃ幸せな世界線!!本当このルートは良いよ〜!カノンが幸せになれて良かった(;_;)おじいちゃんたちの話も感動したし、最後の夕焼けの告白とかめっちゃ感動して泣けました!
で、最後のアナザールートですがこちらはもう正直他キャラと同じような流れ六周目なのできつかったけど時間を巻き戻したりする展開が新しくて良いし、琉唯の母の過去の話とか泣けましたね(ToT)琉唯も可哀想な子なんだよな…(;_;)
あとね!なんと鍵の力で呪いが解けた!これは良いね!!
てことでカノンは見た目可愛いのに男らしくて頼れてかっこよかったし、ケンカップル可愛いし、泣けるストーリー沢山で物語は全キャラの中でダントツに良かったと思いました!声もあってるし!ありがとうございました!


白と黒のアリス「ネロ」ネタバレ

〜白と黒のアリス for Nintendo Switch
●ネロ(cv下野紘さん)
城に出入りする商人の青年。
楽しいことや面白いことが大好きで、細かいことや難しいことは苦手。
帽子屋のカノンとは仲良しで、よく一緒にいる。

f:id:pinkve:20210918211039p:plain
※「白と黒のアリス for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人のネロのネタバレ感想はこちら←

→黒ハッピーエンドはこちら←
→白ハッピーエンドはこちら←
→黒バッドエンド&白バッドエンドはこちら←
→FD黒エンドはこちら←
→FD白エンドはこちら←
→FDアナザーエンドはこちら←




〜白と黒のアリス for Nintendo Switch、ネロルートネタバレ〜
(黒ハッピーエンド)
ネロは城に商人として出入りしてるため、主人公と会う機会が多く、急に異世界へ連れてこられ戸惑い不安を感じていた主人公に対し、優しくも大人で冗談で笑わせてくれるネロは心の支えになっていた。
しかしその後も無愛想で冷たいレインが常に側におり、窮屈な中での慣れない裁判、そんな生活を送り続けているうちに裁判でミスをしてしまう。レインの期待に応えられない自分に耐えきれなくなり、ちょうどよく現れたネロに「白の世界へ帰りたい」と泣きつくと、ネロは主人公を逃がしてやると攫ってくれた。
危険を冒してまで自分を助けてくれたネロ、しかしそのせいでお尋ね者になってしまうことに申し訳なさを感じつつついていけば、ネロが連れていってくれたのは芋虫のアサギの場所だった。彼なら白の世界へ行ったことがあるしきっと主人公を助けてくれると言った。しかしアサギは白の世界へ抜けるのは大変なことであり少々時間がかかるという。更に危険を冒す交換条件として、アリスの血を寄越せと言った。主人公はネロを信じきっているのでその交換条件を承諾し、血を与える日々が始まる。
その後ついに用意が整い白の世界へ帰られることになったが、その前にアサギが自分に王位を継承させるサインを寄越せと言った。そのサインを渡し、ネロと共に白の世界へ旅立つ二人だったが、ネロの手によって意識がなくなってしまう主人公。
気づいた時にはそこは白の世界だったが主人公は記憶をなくしていた。普段通りの生活に、留学生だというネロという少年が気になる甘酸っぱく幸せな日々。しかしそれはネロが見せた幻想であった。記憶が戻った主人公が目にしたのは、日々世を騒がせていた血を抜かれた死体の殺人事件の犯人があるネロであることだった。
ネロの殺しの目的は、アサギからの指令のため。階級制度をなくしたいアサギはアリスの血を人の血で薄めて他の者に与えるためにネロに殺しをさせていた。
そしてネロは、大切な妹の病気を治してもらうために幼い頃からアサギの命令に従い殺し屋をしていたのだ。
ネロの家系は女王付きの処刑人、死刑執行人であった。その血は忌み嫌われ、殺しをしていなくても三月ウサギというだけで人殺しと嫌われていた。その人生が嫌で妹と二人で助け合って暮らしていたのに妹は病気になってしまい、それを助けるためにアサギに助けを求めたが中々治らなかった。
そして今回、アリスの血が永遠に欲しいアサギは主人公を血を作るためだけの人形にしようと作戦立てていた。その仕事をネロに任せ、それが成功したら妹に会わせてやると言われたのだ。
すでにネロを愛していた主人公は「お前を騙したんだ」というネロの言葉を聞いてもまだ彼を信じていた。大切な妹のために一生懸命生きたネロを、愛していた。
そんなネロのためならば自分は命を捧げようと言う主人公。ネロもまた心優しく強い主人公を愛していたため、どうしていいのかわからなくなって胸を痛めていた。
しかしレインの調べにより妹はすでに死んでいると言うことがわかった。アサギはネロを利用するため嘘をついていたのだ。絶望するネロを助けたいと思う主人公は危険を冒してアサギの家へ乗り込むが、アサギに捕まってしまう。
主人公と離れて、心配で心配で初めて目から涙がこぼれたネロは、主人公が何より大切なのだと気づき、主人公を助けるためにカノンに助けを求めた。
カノンやレインの助けがあって、主人公を助け出し、最終的に自らの手でアサギを倒したネロ。これが最後の殺しだと、主人公に抱きしめられながら泣き続けた。
アサギがいなくなり平和になった黒の世界でネロと生きることを決意し、正式に女王になろうと決めた主人公。しかしアサギの残党の処刑が決まれば処刑人であるネロはまた殺しを続けなければならないことに悩む。そして主人公は女王として、この世界の死刑を廃止することを観衆の前で発表した。どよめきの中、この世界をより良くするために皆の力が必要ですと頭を下げる女王に、国民は心を打たれ歓声をあげた。
よって、もう処刑人はいらない。ネロはまた主人公に感謝の気持ちを膨らますが、その時レインが、ネロはレインの仕事の半分をやってもらうと言った。なんと忌み嫌われていた三月ウサギは女王付きの側近となることになったのだ。
その後無事戴冠式も終わり正式に女王になった主人公。そしてともに正式に側近となったネロ。二人は忙しい中もお互いを必要とし、ずっと一緒にいようと心から誓って仲睦まじくキスをした。


(白ハッピーエンド)
ネロが主人公のアリスの血を大量に飲み眠っていた能力が開花させた。狂った三月ウサギの能力はなんと世界の理を狂わせる「逆転の能力」だった。それはネロが殺した人の死を狂わせ生き返らせることが出来た。しかし完璧ではなくどこか狂っているため生き返った人間は記憶が曖昧であったりはした。
その能力を得たため、ルナのアリスの暴走を狂わせることに成功。暴走は止まりまたルナが女王として黒の世界へ戻れることになり、主人公とネロは白の世界で暮らせることになった。
しかし白の世界へ行ってからネロは自分が殺した人を全て狂わせ生き返らせる旅に出てしまい、3年が経った。そしてようやく全ての人を生き返らせることに成功したといい、ずっとそばにいると、俺と一緒に生きてと告白してくれた。
主人公は優しいキスを受け入れながら、これからはネロが幸せになる番だと微笑んだ。


(黒バッドエンド)
女王になったもののうまく行かずアリスを覚醒させるしかなくなった。ネロの血を飲むと覚醒はしたものの、気持ちが良くなり頭がぼーっとする。すっかりネロの血に夢中になった主人公は世界が落ち着いてもネロがいないとダメになった。
今日もフラフラしているネロの首筋に噛み付いて少し悲しそうに笑うネロに「ずっと一緒にいてね」と微笑んだ。

(白バッドエンド)
白の世界に帰りたい主人公と二人で逃げようとしたネロ。しかしレインに見つかりネロは刺されてしまった。もう助からないと思ったネロは主人公を鏡に突き飛ばし、鏡を割って二つの世界を行き来できないようにした。
その後、主人公は狂ってしまった。平和な白の世界にいるのにネロの幻想といつも一緒にいる。ネロが笑ってくれれば幸せだと、白の世界でも黒の世界でもない彼の世界で暮らすのだった。


(FD黒エンド)
主人公とルナが双子の女王として即位し、ネロは側近見習いとなった。しかしやる気はあるものの空回りして失敗ばかりするネロ。それを気にしてまた無理をするため悪循環となり、主人公は心配していた。
そのことをカノンとラッテに相談すると二人はお茶会を開いてくれた。久しぶりのお茶会でリラックスするネロはようやくゆっくりできて、そのあと主人公と二人久しぶりに落ち着いて話すことができた。
ネロは主人公のために早く一人前の側近になりたいと焦っていたが、本当は二人で国をよくしたいと思っていたのが夢だったと言う。しかし過去の罪に押しつぶされそうになり自信がなくなるのだと話した。それを聞いた主人公はそれなら罪を共に背負うと言った。そして二人で世界をよくしよう、二人なら大丈夫と微笑んだ。
ネロはようやく本音を話せたことで二人の絆は増え、また未来へと手を繋いで歩むのだった。


(FD白エンド)
二人、白の世界で生きることを決め四年が経った。ネロは三年旅をしていたため実際ちゃんと暮らし始めたのは一年だったが、生計を立てるためバタバタし、二人はしばらく落ち着いて会うことすらしてなかった。
カフェで働くことになったネロに会いに行けば久々に会えたことで喜びはひとしおだったが、寂しいことは口にできなかった。何故なら白の世界に来たのが自分のせいであり罪悪感を感じていたから。
しかし二人がギクシャクしていることに気づいたカノンの計らいで二人は初めてのデートをすることになった。
水族館へ行き、久しぶりにゆっくり会えたことで二人は幸せを感じる。更に中々会えなかったことを謝罪してくれるネロははじめての本当の幸せを掴んだと話した。自分がこんな穏やかな幸せを掴めるとは思ってなかったから、お前のおかげでこんなに幸せだと微笑む。
白の世界へ呼んでしまったことに罪悪感を感じてた主人公は救われ、白の世界に来てくれてありがとうと、幸せをくれてありがとうと、寄り添った。


(FDアナザーハッピーエンド)
主人公とルナの双子の女王が即位し、ネロは側近見習いとなった。
カルミアの存在、虚の世界の出現、鏡が壊れる事件、ジョーカーと琉唯の出現と問題が沢山起こる中、カルミアの力でもう一枚の鏡の封印を解き、割れた鏡も修復された。
しかし琉唯とジョーカーが爆弾を仕掛け襲ってきた上に、ネロの逆転の能力で夕方を消せと脅してきた。アリスの血で力を増幅させたネロは能力を使いジョーカーに琉唯を裏切らせ、なんとジョーカーと琉唯は差し違えて死んだ。
しかし最後に全てを思い出したジョーカーは主人公の腕の中で綺麗に微笑んでいた。


(FDアナザーバッドエンド)
主人公が琉唯に殺され激怒したネロは琉唯を殺した。
守れなかったことに涙するネロは結局自分は殺すことしかできないのだと絶望した。
その後ネロは行方不明に。そしてその日から謎の殺しが街に増えていくのだった…。




↓ネロくんの感想ネタバレ有り↓



〜ろろアリ、ネロの感想ネタバレ有り〜
まずは本編の感想。
移植前にもプレイしてましたが彼が処刑人の血筋とか、例の犯人とか、アサギの手下とか、全く覚えてなかった<●><●>(笑)だから最初はめちゃくちゃ良かった!!だって前半のネロくんって最高に優しくていい男だと思いません?あの誰も味方がいない世界で仏頂面のレインがずっと側にいる中、唯一キラキラの笑顔で元気に語りかけてくれて、そんな元気系かと思いきや「可愛い」とか言ってくれる大人っぽいスマートさも兼ねそろえたネロくんはほんっと、好き!!!!!(笑)そんなん好きにならないわけないやん!!!
しかもその時またレインがさ〜泣いてる愛日梨に冷たい言い方してきて本当イラついてたのでね!余計にネロくんが好きになったわ!レインは絶対良い上司にはなれんな( ´◡` )(笑)
そしてね、ネロくん攫ってくれる即決感めっちゃ良かったですよ。その決断が早くてマジ素敵と思ったけどまぁそれは結局は好きだからじゃなくて妹のためだったわけだけどさ、それ気づくまでは俺は幸せだったからいいんだ…(遠い目)笑
しかしだね、ネロくんが夢見させてくれた都合のいい白の世界は学園ラブみたいな感じで良かったんだけど、その後ね、ちょっと私はどんどん微妙になってしまったな〜(^◇^;)だっていくら好きな人のためでも血を抜かれ続ける人形にはなれないよ!?!?「ごめんな、怖いよな」じゃ、ねえよ<●><●>怖いどころが嫌だよ<●><●>(笑)しかもそれをやめてくれないネロがまた恐ろしい〜〜妹死んでるとか普通にわかるやん〜〜まぁタバコのせいらしいけどさ〜〜だったら騙したまま幸せなまま連れてって欲しかった〜(ToT)だからネロくんのバドエンはマジ鬱なのばっかり!!!王座の人形バッドはマジでゲロ(Σ○Д○;)死んだ方マシだわね(Σ○Д○;)
そして黒ハッピーはまぁご都合展開でして、妹死んでたからじゃあ愛日梨の方生かすかって感じもしなくはないけど、アサギを父みたいに思ってたところはあるのかな〜と思うから切ないし、側近になれたけど元が殺し屋なので色々と切ないなぁと思ったり。これからは幸せになれるといいんだけどね!
あと白ハッピーは三年も旅に出るわけなんだけど、その狂った能力ってのちょっと怖くないですか?生き返らせること出来るけどちょっと狂ってるって言う記憶がおかしかったりするとかってやつ大丈夫なん?(笑)それに伴いルナのアリス狂わせたやつも今後なんかおかしいことになりそうで怖いよー!!!!
てことでFDの感想。
まずは黒アフターですが、殺し屋からの側近ってやっぱ大変なんだなととても思いましたよね。本人が背負ってるもの大きくて、水タバコ効果無くなったら罪悪感で辛いだろうし、本人が一番キツイよな(;_;)だからなんか終わりもちょっと切ない感じでしたね。ただ、側近スタイルのネロめっちゃイケメン!!相変わらず顔が良い!
そして白アフター。これは中々ほっとかれ祭りでクソだなと正直思いました<●><●>(笑)カノンが言わなきゃずっとほっとかれてたのかな…。でもここでも顔面の良さがズルくてね、水族館スチルとかめっちゃ綺麗だし良かったですね!魚嫌いとか初めて知ったけどな!(笑)
そしてアナザーエンドですが、こっちも側近なのに何故かネロの格好がサスペンダー(笑)何故?(笑)
まぁそれはいいとしてもね、愛日梨が薬で返信して美羽の姿の時さ、手を繋いだり額コツンはちょっとどうなのと思いました。とても嫉妬よね(笑)しかしこの薬いいね。男に飲ませて他の男の姿にさせれば色んな人と付き合ってる感覚だね!(最低)笑
あとネロ、カルミアへの態度が一番大人ですよね!そこはいいのに何故かこのルートの愛日梨が薬飲んで兵隊のふりしてついてくとか、小さくなった時ネロのポケットから落ちそうになったりとか、本気で無茶だし危なすぎる<●><●>もの凄いハラハラするよ!女王なんだよチミは!!(笑)
そして楽しみにしてた吸血シーンも何故かジョーカーと琉唯の前でハアハアしながらやるっていう(笑)台無しだよ!!(笑)
なんか色々勿体無かったけどやっぱネロは設定的に手放しで幸せーとはいかないんだよね(;_;)罪を背負って、二人で頑張って生きてほしいですね!



白と黒のアリス「ジャック」ネタバレ

〜白と黒のアリス for Nintendo Switch
●ジャック(cv興津和幸さん)
城の親衛隊の隊長。
真面目で優しく、剣の扱いにも長けているが、ルナの前だと緊張して挙動不審になってしまう。
チェシャ猫のミネットは幼なじみ。

f:id:pinkve:20210914221022p:plain
※「白と黒のアリス for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人のジャックのネタバレ感想はこちら←

→黒ハッピーエンドはこちら←
→白ハッピーエンドはこちら←
→黒バッドエンド&白バッドエンドはこちら←
→FD黒エンドはこちら←
→FD白エンドはこちら←
→FDアナザーエンドはこちら←




〜白と黒のアリス for Nintendo Switchジャックルートネタバレ〜
(黒ハッピーエンド)
アリスの力を暴走させかけていた主人公は、スノウに連れられ白の世界へと旅立った。そこは殺伐とした黒の世界とは真逆で、とても平和で幸せな世界だった。
しかし生まれながらにして女王である主人公は自分が女王でなくなることに不安を募らせる。何のために生まれ、何になるために頑張ってきたのか、孤独に耐え、母のように立派になるのだと一人辛く女王を務めていたというのに。
なのに女王でなくなってしまった事に恐怖すら覚え、更にスノウとレインにより、自分には双子の妹がおり、その子が今代わりに黒の女王となっていることを告げられる。
もう自分は居場所がない、いらない存在、それを認めるのが怖くて消えてしまいそうになる中、唯一の安心できる場所を作ってくれる存在、それがジャックだった。
ジャックは女王親衛隊隊長であったが、今までトランプ兵の顔すら覚えてなかった主人公はジャックの事も知らなかったが、ジャックの方は女王の主人公を崇拝しており、その忠誠心は異常なほどであった。白の世界についてきたのも自ら志願したもので、こちらに来てからというもの主人公から少し離れたところでいつも主人公を見つめており、周りからは「守護霊」というあだ名までつけられた。
平和な白の世界で、守らなくてもいいのに自分をずっと守ってくれるジャック。不器用で、でもとても強くて、命をかけてまで自分を優先してくれるジャック。彼が呼んでくれる「女王様」という言葉だけが自分が女王として存在していいものと思わせてくれる唯一の言葉であった。
何度もまた不安に押しつぶされそうになっても、ジャックだけは変わらず主人公を助けてくれた。黒の世界にない夕日が怖くて、女王としてちゃんと出来なかった自分の罰のように見えた夕日の紅。それを見て涙がこみ上げた時もジャックは主人公の手を取り、跪いて、騎士として忠誠を誓い、自分だけは貴女が女王だと言い続けると言ってくれた。
その後もいつも大切に守ってくれたジャックに、どんどん心が惹かれる主人公。その気持ちが何なのかがわからないけど、とても暖かくて優しい気持ち。
しかしそんな時レインがジャックを黒の世界へと連れ戻すと言ってきた。代わりにナインという第一隊隊長のトランプ兵を置くと言う。ジャックがいなければ嫌だと怒鳴る主人公を尻目に、なんとジャックは素直に帰ってしまった。そんなジャックの姿に自分はもう女王だと思えなくなったんだと落ち込む主人公。
ジャックがいなくなった白の世界は、とてもつまらなかった。同じ道同じ場所同じ日々、あんなに楽しかったのはなんでだろう、そう、それは隣に大好きな人がいたから。そのことに気づいてしまった主人公は寂しくて悲しくて、そして恋しい日々を送った。
しかしその後、主人公のアリスの血のせいで狂ってしまったナインが主人公を襲ってくる事態が起きた。第三階級であるナインには血が強すぎたため、主人公の血の匂いで精神が保てなくなったのだ。もはや逃げられないと思った時、そこにジャックが現れ助けてくれた。正気に戻ったナインを見逃し、久々に会えた愛しい人を前に気持ちが溢れる主人公。そんなジャックに対し、自分はもう女王じゃないから仕えられないのかと思い切って聞くと心外だとばかりに一生貴女以外には仕えることはないとキッパリ宣言してくれた。ではなぜ黒の世界へ行っていたのか、その理由は主人公のために暴走してしまったアリスの血を治す方法を探すために禁忌である古書を盗むためだった。命の危険をおかしてまで主人公を想うのは何故なのか、その過去をポツポツと話し始めるジャック。
テイルエンドに生まれたジャックは親からも誰からも疎まれ必要とされていなかった。だからジャックは自分を認めて欲しくて幼い頃からボロボロになるまで訓練をしていた。雨が降ろうが槍が降ろうが朝から晩まで訓練する日々。いつかそれは白の兵士さえも倒すくらいの実力になったが、それでも誰も自分を認めてはくれなかった。誰一人そばに寄らず一人でまた訓練に明け暮れると、たまにとてつもなく意味が無い気がした。このままずっと繰り返していつになったら認めてもらえるのだろう、ボロボロになった手を見つめ、場所もわきまえず外の訓練場で倒れて空を見つめた。するとそこに少女が現れジャックに声をかけた。「急に倒れるからびっくりしたじゃない」と。自分より幼い少女は毎日毎日ジャックが鍛錬しているのをあそこから見てたと城を指差した。そして少女は問う、何故そんなに強くなろうとしているのかと。テイルエンドという意味を知らない少女は純粋に「テイルエンド」にではなく「ジャック」に問いていた。だからジャックは強くならないと誰も認めてくれないと答えた。すると少女はもうあなたは十分強いじゃないと、じゃあ私があなたを認めてあげると、ジャックの頭をよしよしと撫で「頑張ったわね」と言った。その瞬間ジャックは涙が溢れた。そう、自分は誰かに頑張ったと認めて欲しかったのだと。
そんなことがあったのなんてとっくに忘れていた主人公だったが、ジャックはその言葉があったから生きてこられたという。そしてその時出会った少女のために、その子を守るために生きようと誓ったのだ。
だからジャックはずっと、主人公を護ろうとしていた。
更に主人公の母である前女王が狂って主人公を殺そうとした時も実はジャックは主人公を助けていたことも思い出した。
生きる希望を救い、命を救ってくれた、二人は一人のようだった。
そしてジャックは女王じゃなくても貴女がなんだとしても貴女自身を愛していると誓ってくれたのだ。
やっと気持ちが伝わり喜ぶものの、レインはジャックと主人公を反逆罪で処罰すると殺しにかかってきた。レインにやられボロボロになるジャックに主人公は自分の血を与え回復させ、そしてこのままではだめだと二人の未来を決めることにする。
白の世界に残れば血の階級に脅かされることもなく暮らしていけると思いつつも、妹もまたアリスの血で狂ってしまう可能性があれば妹がかわいそうだという気持ちと、自分はやはり女王であるから国を守りたいという気持ちが強く、黒の世界へ戻ると言った主人公。なぜそんなに自分を犠牲にするのかと胸が苦しくなるジャックは「愛しています」と激しいキスをしてくれる。
そして二人は決意し、危険を顧みず黒の世界へ乗り込んだ。
やはりそこではお尋ね者として扱われる二人は追われるが、ボロボロになりながら主人公を護るジャックにまた血を与え、二人で支え合おうとするがやはりレインたちに囲まれ二人はピンチになる。しかしその時アリスの血を飲んだジャックに隠された能力が現れた。それは相手の力を全て無効にするという「弱体化の魔法」という潜在能力だった。その力でレインさえもジャックに敵わなくなり、そしてその力があればアリスの血の力すら抑えることができることがわかった。
その後、ジャックのおかげで血を抑えることが出来た主人公はまた女王に戻った。妹も白の世界へと戻っていった。そして主人公は女王として、血の階級制度の廃止を決めた。最初は大変なことばかりだが、誰もが笑って幸せである白の世界のように、黒の世界も幸せにしたいから。
エンドロール後は女王として奮闘する主人公が、部屋に戻った時ジャックの側でだけは女の子になれると彼に甘える。ずっとそばにいてほしいと頼むと我慢できなくなったジャックに押し倒され、キスを交わし幸せを噛み締めた。


(白ハッピーエンド)
このままでは二人とも殺されてしまうと、ジャックとの幸せを選んだ主人公は二人で白の世界で暮らそうと言った。
レインたちに、黒の世界には二度と行かないと宣言してからは平和なものだった。
普通の高校生活を送り、危険なことはない幸せな甘い二人の放課後。あげられなかったお弁当を作り、遊園地でデートもした。たまにふと未来が不安になり顔を曇らせるけどその時は必ずジャックが手を握ってくれる。
騎士じゃなくなった自分は主人公のために何を忠誠したらいいかわからないというジャックは、白の世界の方法で誓うと、主人公に指輪を捧げる。そして跪き左手の薬指に指輪をはめ、永遠にそばにいると誓ってくれた。


(黒バッドエンド)
「アリス」が完全に暴走してしまった主人公は溢れる力を振るい、ジャックと二人で全てを奪うため黒の世界へと舞い戻った。
アリスの血を飲んだジャックに敵うものはおらず邪魔をするトランプ兵も、レインも、スノウもみんな殺した。
「ああ、なんだこんなに簡単なことだったんだ。」
そう思うとかつて母が口ずさんだ歌が口から漏れて楽しかった。
そして最後に向かったのは玉座に座る妹の元。血だらけになった二人を見て怯える愛日梨は可哀想だから終わらせてあげる。大丈夫、一瞬で終わるから。主人公がそう言って笑えば、ジャックの剣が振り下ろされた。

(白バッドエンド)
黒の世界にまだ未練があり脅威になるためレインに殺されそうになった主人公。仕方なく白の世界で暮らすから見逃して欲しいと頼み、交換条件としてジャックが黒の世界へ戻された。
月に3度だけ白の世界に訪れることを許されたジャックを待つ日々は、空虚だった。やっぱり未練を断ち切れなくてジャックに「黒の世界へ戻りたい」と縋ると怒ったジャックに監禁されてしまった。
鎖に繋がれた主人公を抱きしめるジャックは、愛しているから生きて欲しいと言って口付けながら薬を飲ませた。その薬を飲めば素直になれるからと言われ、ジャックの激しいキスを受け入れれば何も考えられなくなった。
もうジャックさえいればいい、私の存在理由はここにしかないのだから。


(FD黒エンド)
ジャックの弱体化の能力で女王と返り咲いた主人公は新体制として血の階級を無くしたが、そのせいで主人公もジャックもとても忙しくなった。そのためろくに触れ合える時間が無いことに寂しさを募らせるが、そんな時ジャックが幼馴染のミネットの前では気兼ねない微笑みを見せているのが気になってしまう。自分はジャックの恋人なのに、自分には見せない笑顔が羨ましくてミネットに嫉妬したのだ。そのため喧嘩になってしまうが、ジャックは主人公と永遠に一緒にいるために「花火のジンクス」という噂話を聞き、苦労をして材料を集め、ミネットに協力してもらい花火を完成させた。
それを見せてもらった主人公は感動し、誰よりも主人公を幸せにしたいと思っているジャックの気持ちを再確認し、二人の気持ちはまた強くなった。
私だけのあなたでいて、同じことを思う二人は止まらない愛と止まらないキスに夢中になった。


(FD白エンド)
高校を無事卒業した二人は付属の大学へ進学。そしてそれを機会に同棲生活を始めた。
大好きなジャックとの新しい生活はとても楽しかったが一つだけ不満があった。それは一緒のベッドで寝てくれないこと。
主人公はジャックの胸で抱かれることが幸せだから共に眠りたいと思っており、拒むジャックの態度に不安になって心を痛める。一方ジャックは好きだからこそ共に寝ることでその先を求めてしまうことに歯止めが効かなくなるのが怖かった。純粋に育てられた女王の主人公は何も知らないから傷つけてしまうから。
そんなお互いのすれ違いの中、主人公が同じ大学の男にお茶に誘われたことでジャックが嫉妬して怒り、その強い想いから思わず押し倒してしまう。初めて見た優しくない男のジャックが怖くて泣いてしまうと、ジャックはハッとして謝り家出をしてしまった。
一晩一人で考えた主人公は思う、怖がる必要はなかったのだと。他のことを考えられないくらい自分を求めてくれたのが嬉しかったから。
だから主人公はジャックを探しに行き、見つかった場所で追いかけ、全ての熱を受け止めたいことを話した。傷つけたことを後悔していたジャックは本当に自分でいいのかと不安になるが、主人公はそこで「一緒にいなさい、命令よ」と告げた。
それは二人だけの合言葉。この世界にただ二人しかわからない、女王と騎士の約束だから。
まだ「ルナ様」と呼び続けるジャックはそう呼べる特別なのだ。
ようやく笑顔が戻った二人は手を繋いで帰っていく。それは鎖のように離れない絆だった。


(FDアナザーハッピーエンド)
鏡が割れたことや、虚の世界を調べているうちに虚の世界へ迷い白の世界へと行ってしまった主人公とジャックとカルミア
しかし白の世界に迷い込んでしまった黒の世界の住人を全て助けることに成功し、カルミアのおかげで黒の世界へと戻ることができた。
しかし黒の世界では前女王に処刑された侍女の息子である瑠唯が黒の世界を征服し王になるクーデターを起こす。前女王に処刑された遺族達を味方にし、市民たちにたくさんの支持を得た流唯の反乱は上手くいきそうになるが、ジャックはボロボロになりながらも主人公を守り、更に白の世界から助け出したあの人たちが「女王様は素晴らしい人だ!」と声を荒げてくれ、主人公は堂々と民衆の前でこの世界を良くするための気持ちを乗せて演説すると民たちは大きな拍手をくれた。
絶望した瑠唯が逃げようとしたものの、ジャックの手により倒され、世界に平和が戻った。
その後、カルミアのおかげで鏡と虚の世界も戻り、大怪我をしたジャックも完治し、お祝いに主人公がお菓子を手作りしてジャックにご馳走した。あまりの感動に死にそうになるジャックは相変わらず大袈裟だが、愛が溢れ止まらなくなり甘いキスをの返しをもらい、また愛しい日々が戻ってきたのだと彼の胸で満たされていた。


(FDアナザーバッドエンド)
瑠唯に主人公が殺されてしまい、怒号するジャックは瑠唯を滅多刺しにして殺した。
その後、主人公が死んでしまったことで狂ったジャックは強い人間の血を主人公に飲ませれば生きると言い、城の住人を殺して血を取り飲ませた。かつて主人公が読んでくれた絵本に見立てたガラスケースの中に寝かせ、レインやスノウ、愛日梨の血まで飲ませた。
けど、生き返らない。
もう城の人間は全部殺してしまったから次は街に出て人を殺そう。それがいなくなれば白の世界に行くのでもいい。
血だらけで死体がゴロゴロ転がる部屋でだんだん目が霞んでいくジャック。そういえば最近何も食べていなかった、だって彼女がいない世界では食欲すら湧かないのだから。
早く殺しにいかなくては、そう思いながらジャックの体も動かなくなった。




↓ジャックの感想ネタバレ有り↓



〜ろろアリ、ジャックの感想ネタバレ有り〜
まずは本編の感想。
移植前にももちろんプレイしたジャック。そう!!!!私の推し!!!!んもーーーめちゃくちゃ好きです!めっちゃ好き!数ある乙女ゲームを色々やったけどこの人はその中でも上位に好き!!
てことでそんなジャック、再プレイしてもやっぱり好きなのは変わらなくて最高でした!
まずもって何がいいって設定が良すぎません?騎士で、テイルエンドとして生まれたにも関わらずなんと女王親衛隊の隊長という強さ。騎士だからこそ跪いて忠誠してくれたり、「守る」という言葉と行動が本当にピッタリで、自分が守られることがこんなにも「女で良かった」と思えるくらい安心できる存在だと思うのよね。
そんなジャックのルートの流れですが、最初はオドオドしてるわけだけどすぐに西洋剣術の部長を負かすシーンがあるわけでね、あれホントにめちゃくちゃかっこいいですよ!!ギャップが凄すぎる!!剣を振って負かした後の、風が凪いだ、音が消えた、っていう表現が凄く合ってて鳥肌もんですね。
そしてね、主人公がどんどん自分の存在に自信がなくなるわけですよ。自分は女王として必要とされてなくて、白の世界にいればそれこそ誰も自分を女王と呼んでくれなくてそれがとても胸が痛いんだけど唯一ジャックは女王として見てくれて自分には価値があると思わせてくれるので凄い救われるんですよね。そして逆に黒の世界では価値がないと言われているテイルエンドのジャックが白の世界では人気者になるという逆の展開が凄いと思うし、それでもそんなことより主人公のために生きるのが幸せだというジャックの言葉に泣けます(;_;)
それから二人の恋が進んでくのはとても良くて、お弁当作りとか笑えたし可愛かったけど、悔しくてもずっと泣かなかった主人公が、ジャックが愛日梨に微笑んでる姿を見て初めて泣いたのがめちゃくちゃ泣けた(;_;)良い!
なのに今度は二人の出会いの話!!!これがまた泣けんだよおおおおおお(ToT)ルナはさ、強気に見えていつでも人を救ってるじゃん!?そういうとこほんとに素敵だと思う!!
そして強気なのに甘えるのがとても上手いのでね、唯一の自分の居場所がジャックの胸の中というベッドスチルとか凄い良いですよね。
ジャックは世界中が敵になって一人だけは絶対に味方でいてくれる安心感が本当にかっこいい!高身長なのでよくルナが胸に飛び込む表現多くて、抱きしめてくれる安心感とときめき最高です!
あとはやっぱキスシーンが多いんだけどジャックって普段オドオドしてるくせにスイッチ入ると結構強引な雄感あるのがまたいいですよね。エロい<●><●>(笑)中の人も演技上手いしね!!
そして黒ハッピーはなんと他の階級制度を無くすという素敵な展開!更にジャックの隠れた能力が使えるようになるという素敵なエンドでした。その最後のキスシーンも良かったけど、そこでルナが「吸血で特別じゃなくなるけど、彼の特別になる」って言うんだけどその表現めっちゃいいよね!!!世界の特別じゃなくても、好きな人の特別になれる幸せ掴めて良かったと思う。
白ハッピーは大袈裟なジャックの変わらなさが良いし、指輪の忠誠スチルめっちゃ良かった!そばにいる約束が欲しいってこっちが思うことをしてくれるから最高です!
黒バッドはあれはあれで私好きですね!血だらけで狂った力で制す、まさにアリスって感じ。しかも主人公が狂おうが何しようがジャックはやっぱりずっとそばにいるのがいいですね。大人の乙女ゲームでならメインのストになれるレベルで良き!(笑)しかしあの後どうなったのかね?
白バッドもまた凄いね!こっちも大人のゲームみてぇだった!(笑)でも愛が深いジャックだからこそ合ってるねー!普段おとなしいくせに「私がいないとダメなようにしてあげます」ってセリフ」エロすぎるな(笑)
そいえばジャックって一人称「私」なのもいいですよねー!かっこいいよー!!
そしてここからはFDの感想。
まずは黒アフターですが、相変わらずミネットがいい仕事をしにきます(笑)邪魔者ミネットのおかげで嫉妬をしたりすれ違ったり、そしてラブラブに戻るわけだけどさ、その時にルナが気兼ねない感じが羨ましいと言うわけだけどそれ羨ましいかな!?自分にだけオドオドして赤面して騎士でいてくれるのがジャックの良さじゃん!と思ったわけだけどまぁ好きすぎるから全部欲しくなるのは確かにわかる!
なのでこのルートは本当にわがまま女王感が凄い出てて、まさにジャックのルートって感じで良いなと思いましたね!何回もキスしてくれるジャックも良いし、一生懸命幸せにしたいと思ってやってくれるジャック愛しいし!あとこのルートで恋愛相談乗ってくれたレイン優しくてマジびびった(笑)天変地異か(笑)
そして白アフターですが、こちらもまたミネットが良い仕事をしてたな(笑)つかどこでもでてくるなこの人(笑)使いやすいナンバーワン猫ちゃん(笑)しかしこのルートは胸が痛くてやばいね〜嫉妬で怒るジャックの勢いと、追いかけても逃げていくシーンで悲しくて泣けたわ(;_;)
しかし生殺しは辛いよ!安心を裏切るってセリフがエロくて良いが!あと同棲してなんでもしてくれる彼氏最高ですね〜!「様」呼びも全然いいよ!早く結ばれたいね!!!(笑)
そして最後がアナザールートですが、ついに出てきたジャックの父のエース。こいつまじムカつくわ〜ジャック可哀想すぎる(;_;)しかしそこでルナが怒った時にルナ様がいるから耐えられるって言ったジャックの言葉があの出会いにつながって泣けましたよね。
そしてこのルートではいつもに増して全てお見通しでいてくれるジャックが凄い安心感あるよね。ルナが弱音を吐き易いのよ、縋ってすぐ抱きつくのが良い!幸せが大きいから失うのが怖いっていうセリフが凄くあってるんですよね〜!
そしてそのあたりで出てくる股内腿の吸血スチル。やっばぁ<●><●>(笑)スチルエロすぎるしそのあと我慢できないジャックやばあああ!!!!エロおおお!!!(笑)かなり興奮ポイントでしたが、ジャックがルナとカルミアの二人を抱き抱えて走るシーンもかっこよすぎて興奮しました。力持ち!!
そして最後の瑠唯に挑んだ時の戦いのシーンめちゃくちゃかっこいいですよね…ボロボロなのにルナの元へ行こうとする時にあの穏やかなジャックがナインに「放せ!」とか「くそ!」とか言うのがトッキメキ(ToT)かっこよい!!!!もう本当かっこいいポイント多すぎで最高でした!
あとアナザーのバッドすごすぎる(Σ○Д○;)このゲームの中で一番凄いスチルじゃなかった?死体だらけの血だらけ!これは壮絶だわ!アリスの世界観あって、白雪姫とかけてるのがまた良かったです!てか後ろで死んでるのナインか?(笑)
と、言う感じで全て終わりましたがジャックはやっぱりめちゃくちゃ好きです!!!興津さんボイスもほんっとーーによいキャスティングすぎてありがたすぎました!!永遠に好き!!