元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

金色のコルダ4「冥加 玲士」

●冥加 玲士/ミョウガ レイジ(cv日野聡さん)
横浜天音学園高校三年、ヴァイオリニスト。
室内楽部の部長。高校生でありながら、学園を実質的に支配している。
主人公を宿敵と定め、憎悪を燃やしていたはずだが……。







~ネタバレ~
(告白されるエンド)
星奏に来ることになったきっかけである冥加。全ての始まりに関わっているとも言ってもいい存在であったが、夏のコンクールで決着がついて以来会ったことはなかった。
ニアに週末合奏団のチケットを送りつけてやれと言われ、冥加に送ると一応来てくれたが「もう貴様の事は過去のこととして清算した」と言われてしまう。
しかしそんな頃、星奏学院と横浜天音学園での合同コンサートの話が来た。律は横浜天音と合奏が出来るならいい経験になると喜んでいたが、冥加がその話を受け入れるとは思えなかった。偶然に会った七海にその話を相談すると七海は横浜天音学園に連れて行ってくれたのだが、そこに居た冥加が奏でていた「ツィガーヌ」の音に感動し、合同コンサートをやりたいという気持ちが更に増える。しかし冥加はここには来るなと、俺の前に姿を現わすなと、俺を変えようとするなと、強く拒絶した。
翌日、主人公はどうしても冥加のツィガーヌの音が頭から離れず早朝からヴァイオリンを構えて一心不乱にツィガーヌを弾いた。ニアにうるさいと言われ、更にあの男とのことはもう過去のことだと、側にいればお互いが運命を狂わされる存在だから断ち切ったほうが身のためだと言われてしまった。
しかし合同コンサートを諦めきれない主人公は星奏と横浜天音が演奏するのにピッタリな「セビリアの理髪師」の曲を手に入れ、外で弾いた。すると偶然通りかかった冥加がいたため、この曲ならどうかと声をかけた。苛立つ冥加だったが、そんなに弾きたいなら今合わせてやるといい共にセビリアの理髪師を弾くものの、冥加はわざとテンポを変えて「ついて来られるか」と意地悪をし、主人公は必死についていこうとする。曲が終わるとホッとする主人公に冥加は何故か喜んで満足そうに帰っていったが、なんとその夜星奏に横浜天音から合同コンサートを了承した返事が来て、更に冥加が週末合奏団に参加してくれるという話も来たのだった。
合同コンサートは成功し、冥加は週末合奏団のメンバーとして関わることが多くなった。しかしそのことで冥加の秘書である御影は冥加に意見する。ただでさえ忙しい身で、合奏団に入るメリットはあるのかと。なんだかんだとまだ高校生である冥加に、自身を過信しすぎだと忠告した。
しかしそれでも冥加は主人公との関わりを断ち切れなかった。ツィガーヌを弾きたがっていた主人公のため作曲者のことを学ぶためだと美術館に連れて行きアドバイスしたり、冥加が出演するメンデルスゾーンのコンサートに招待してくれたりした。冷たい態度は変わらなかったが、これが音楽で生きる世界なのだと、主人公に身をもって教えてくれたのだ。そして、音楽で生きるということは別世界が日常になること、それでもヴァイオリニストとして生きる覚悟があるかと問い、主人公は覚悟があると答えると冥加は満足したように微笑んだ。
そして冥加はメンコンのコンマスとドイツ語で会話する。主人公は何を言っているのか分からなかったが、コンマスが主人公のことを冥加に問うと冥加は才能があるヴァイオリニストだと紹介し、すでに自分は彼女のヴァイオリンに支配されきっている、出会ったのが運の尽きだと話していたのだった。
数日後、主人公の前に御影が現れた。そしてこの間のコンマスが開くセミナーに是非主人公に参加してほしいと言っていたという話をした。それはヴァイオリニストとして生きるなら必ず有利になる話だったが、そのことで御影は主人公に苦言した。冥加が、ジルベスターコンサートに出るために年末の国際コンクールの話を断っていたという話をしながら。冥加と主人公が一緒にいることで主人公は特ばかりをする、けれど逆に冥加はデメリットしかない、そう言ったのだ。
御影は冥加本人にも「可愛いわね、あなたのクリスティーネは」と冥加をオペラ座の怪人ファントムに見立てて嫌味を言った。主人公を一流のヴァイオリニストにするために力を貸してやっているように見えるからだ。しかし冥加は、もはや主人公と離れる気はないようだった。
しかし数日後、冥加に話しかけられた主人公だったが御影の言葉が気になって冥加に冷たくしてしまう。更に冥加が横浜天音の大学を作るために買収しようとしている学校の卒業生であるおじいさんに話しかけられ、学校に昔からある像だけはどうにか残してほしいと頼まれていたが冷たくあしらってるのを見て余計な口を出してしまうと、二人はギクシャクしてしまった。
数日後、アンサンブル練習で顔を合わせることになるとやはりお互いギクシャクして会話ができないでいたが、演奏を始め、ヴァイオリンを弾いているうちに音を重ねることに夢中になる2人は、お互いを高めるかのように「まだまだ」「次だ」と満足する音色を極めるために我を忘れて息を切らして演奏し続けた。ようやく満足できる音を奏でた時2人は肩で息をしながら満足そうに微笑み合うと、もうギクシャクした空気は無くなっていた。誰になんと言われたとしても、もう2人は一緒に演奏することをやめるのは無理なのだと感じたのだった。
しかし冥加を大切な存在であると感じてきている最中、事件は起きた。冥加の側近が裏切り、主人公を攫って冥加を脅したのだ。天音の実権を握る冥加にとってこんなことは日常茶飯事であり普段なら無視するところだったが、主人公が人質になったことにより冥加はすぐに助けに来てくれた。人がいない埠頭で側近が「天音のマスターキーをよこせ」と冥加に言ったが、それを渡すと言うことは冥加の野望が奪われるもの。主人公は自分のことはいいからと、渡すなと言ったが、冥加はマスターキーを差し出した。しかしそれを受け取ろうとした側近にすかさず蹴りを入れた冥加は、あっという間に側近を倒し、海へとその身を蹴り落としたのだった。強く、そして落ち着いている冥加からはこんなことに慣れているのだということが感じられ主人公は胸を痛めるが、震える主人公が海辺で寒いのかと思った冥加は自らのコートを脱いで主人公に着せて包み込み「今回は俺の痛いところをつかれた」と、例えとして「俺のアキレスの踵」と主人公のことを示した。そして、マスターキーを渡そうとしたことを咎める主人公に対し「俺のファム・ファタル。お前に破滅させられるならそれは定めだったのだろう」と切なく言ったのだった。
そんなことがあってから、更に絆が強くなった2人。枝織もそれを感じているようで、兄さまは最近変わったと言った。少し子供っぽくなったと言った。自分を育てるために大人になるしかなかった兄さまがあなたのおかげで変わって嬉しいと微笑んだ。
そして主人公はアンサンブルの練習の後、冥加を誘った。それはかつて、週末合奏団を始めたばかりの頃に誘った時と同じセリフで。あの時は「貴様と馴れ合うつもりはない」とすぐに切り捨てられたのだが、この後の時間を共有するのは当たり前かの如く誘いをオーケーし、連れそってくれる。そして天音の冥加の理事長室に連れて行ってくれて、コーヒーを入れてくれたのだがその部屋の中に例の大学の模型があるのを見つけた。そしてその模型にはあの時卒業生のおじいさんが言っていた大鷹の銅像がちゃんとあったのだ。他人の願いを受け入れたことに驚く主人公だったが、冥加は心境の変化だと優しく微笑むから、心が温かくなった気がした。
そして迎えたジルベルターコンサート。大歓声に終わり、主人公は一人教会でツィガーヌを弾いていた。そこに、やはり現れた冥加は「美しいツィガーヌだ」と褒めてくれたのだ。そして想いを告げてくれる。
「貴様のヴァイオリンはいつも俺を惹きつけ、気付くといつも貴様のことを考えている。二度と関わらないと決めていたのはこうなるのを恐れていたから、関われば自分が自分じゃなくなって果てない欲を抑えられなくなるから。
お前に愛されたいと、心が欲しいと思ってしまうから。
一生涯、俺の心臓が鼓動を止める時がきても、愛している。」
エンドロール後は、主人公の手にキスをする冥加。
「お前は知らないのだろうな、お前という存在がどれほど俺の中を占めているか。この心臓も血も肉も心までも‥全てお前に侵されている。
お前は空気と同じもの、なければ呼吸すらままならない。お前の音が、お前の存在が消える時、俺もまた消滅する。神に感謝せねばなるまい、お前がいない世界に絶望することがないのだから。
お前への憎悪が凪いだ後に残ったのは同じだけの愛しさ、ただそれだけだ。
お前が愛しい、ただひたすらに。
どうか許していてくれ、お前を愛し続けることを。」

(告白成功するエンド)
↑ジルベスターコンサート後から分岐。
帰ろうとする冥加を追い、好きだと告白すると「‥それから?」と尋ねられたため更に想いを告げた。
「‥そうか、もう逃れようもないな。もっと聞かせてくれ、お前の口から俺を求める言葉を。
お前が追ってくるような気がしていたよ。それが俺に都合のいい夢でないのだから、困る。
俺は今日、この瞬間に命果てるべきかもしれないな。怖いくらいに、浮かれた気分だ。今の顔などとても見せられたものじゃない。
愛している。もう一度俺に愛を誓ってくれ、その唇で。」
エンドロール後は、冥加を胸に抱き寄せるスチル。
「好きだと言い愛していると返す、まるで当たり前の恋人同士のように。今、こうして触れていてもなお信じがたい。お前に支配され続けてあれほど解放を望んでいたのに、もうこの手を離したくない。
目が覚めるたびにこんな幸福な瞬間はすべて夢だったのではとさえ思う。それでも俺の過去も未来もお前につながっている。お前の手が俺を繋ぎとめようと望んでいるなら、なおさら。
俺の不滅の恋人、我が運命の女神、どうか気まぐれをおこさないでくれ。たとえお前がもう解き放たれたいと望もうと俺は逃してやれそうもないのだから。
愛している、もしも俺の想いに応えてくれるのならもう一度言ってくれないか俺を想っていると。」

(告白失敗)
「お前は今、ステージの魔力に流されているだけだ。お前が俺を愛するはずはない。俺は、お前を求めてなどいない。お前の音楽さえあれば、それでいい。帰るといい、お前のいるべき場所へ。
‥俺がお前を帰したくなくなる前に。」

(慰め告白)
※本命天宮バージョン。
天宮に振られ声が枯れるまで泣き、帰ろうとすると入り口に冥加がたたずんでいた。
「気は済んだか?ひどい顔だ、天宮を本気で愛したお前の負けだ、あいつはお前のものにはならないさ。俺で妥協したらどうだ?お前のその泣き顔を見て幻滅しない男などそうはいないぞ。俺を愛せなくともいい、ただ、お前を愛することを、お前の心がいつか動けばと祈ることだけ許してくれ。」

(彼からの想いイベント内容)
1、コンサート後冥加と一緒に帰る事になるが、ファンから貰った大量の花束を抱えながらモタモタする主人公に呆れて花束を持ってくれる。そのまま菩提樹寮まで荷物持ちをしてくれ、寮の中で二人きりになる。花を活け終わった主人公に冥加は「ここに貴様と一緒にいるなど去年の俺に言ったら絶対に信じないだろうし発狂しかねんな」と悪態をつくが、急に見つめ主人公の髪に触れた。まっすぐ見つめる冥加に驚く主人公だったが冥加は髪に花びらが付いていたからとっただけだと言って帰ってしまう。そこに現れたニアに「髪ばかり触ってどうした?」と突っ込まれ「花びらがついた」と言うとカサブランカのような大きな花びらがつくのは有り得ないと言われ、冥加が嘘をついていたことを知った。
2、御影の言葉でギクシャクしてしまう二人。
3、↑そのイベントの後、アンサンブル練習をすると音を重ねることに夢中になってギクシャクしていたことなど忘れるくらい共に音を奏でることがやめられないのだと、もはや離れられない存在なのだと気付いた。
4、2人練習に冥加を誘ったが忙しい。天音に来るならば少しは時間が出来ると言われ赴くと、通されたのは天音の屋上にある温室だった。
5、↑温室で練習するとシュトゥルムの音色の美しさに聞き惚れる主人公。その事を伝えるとシュトゥルムは父親の遺品だという話を聞かせてくれた。冥加が幼い頃父が弾いていたシュトゥルムを触りたくて何度もせがんだことがあったが、今となっては自分のものになるのはもっと先でも良かったなと切なく笑う。しかしこのヴァイオリンの一番良い音を聴けるのは弾き手である自分だけだと言った。聴いている側と、帰ってくる音は違うからだと。その話を聞けばやっぱり弾いてみたくなるのが主人公。冥加にせがむと、気まぐれにとあっさり貸してくれた。主人公が冥加の演奏を真似して弾いてみるがやはり同じ音は出ず文句を言うと「貴様の肩に乗せて俺が弾かない限り同じ音は出せないさ」と言われ主人公の目が光る。一つ許すとキリがないなと呆れる冥加だったが「仰せのままにいたしましょう」とわざとらしい口調で答え、主人公の後ろに回ってシュトゥルムを弾いてくれたのだ。その音色はとても優しくて美しくて、至極の時間だった。一曲弾き終わり感動する主人公だったが、お遊びはここまでだと言う冥加。そして「温室の扉を閉ざし、帰る道を塞ぎたくなる前に帰れ」と言い「冗談だ」と微笑んだ。

(彼への想いイベント内容)
1、夜中の番組でオニギリ茶漬けというものの紹介をしており、無性に食べたくなった主人公。コンビニのオニギリにお茶をかけて食べるものだったためコンビニに走るとなんと冥加と鉢合わせしてしまう。仕事の途中で軽食を取るためコンビニに来たという冥加はこんな夜中にうろつくなと小言を言ったあと、何を買おうか迷っている様子だったのでオニギリ茶漬けを勧めた。それが何かわからない冥加にニヤリとする主人公に、挑戦を受けるという冥加はオニギリを買って2人で近くの公園で食べることになった。主人公がオニギリ茶漬けを作ってあげると、そんな簡単なのかと馬鹿にするものの味は美味しく、温かいと言う冥加。こういうものは初めて食べたが一手間かけただけでも人の作った料理になるのだと、悪くないと、料理の温かみを知った。そして食事のお礼にとツィガーヌのピアノ伴奏についてある本をくれた。
2、冥加とギクシャク中だったのに忘れて冥加に似合いそうな手袋を買ってプレゼントしようとする主人公。渡そうとしたところでギクシャクしていたことと、御影の苦言を思い出し手袋を隠そうとするが渡そうとしていたのがバレバレで奪われてしまう。更に手袋のお礼に何か欲しいものをやるから言えといわれるが、困ってその場から逃げ出した。
3、冥加の姿を見てまた声をかけたくなってしまう主人公。声をかけるのを我慢しようと不審な態度になり、冥加にも徐々に怪しまれる。困った冥加は日本ではまだ出回ってないCDで主人公を釣ろうとするが、主人公はどうしようもなくなってまた逃げ出してしまった。偶然2人を見ていた天宮が「きっと嫌われたんだよ、何か避けられることでもしたのかい?」と冥加に尋ねた。冥加は「あるかと言われればありすぎるな」と答えると「なら仕方ないね、ちょうどいいじゃないか、だって君も彼女が嫌いだろう?」と言われ、冥加は黙ってしまった。
4、↑その後アンサンブル練習の後冥加に「解釈について相談があるから今から時間があるか?」と誘われる主人公。今なら天音で練習ついでに珈琲も入れてやるが、と言われ魅力的な誘いに心踊る主人公だったが、やはり御影の言葉が気になってまた逃げようとする。いい加減苛立ってくる冥加は主人公のヴァイオリンケースを奪って強制的についてこいと言ったため渋々ついていくことになった。しかし天音の練習室についてからも落ち着かず帰りたがる主人公。しびれを切らした冥加は「やけに避けるが何か理由があるのか」と問い詰めた。しかし冥加を想って本当のことを言えない主人公が黙ってしまうと、冥加から表情は消え「ついに飽きたんだろう?」と言う。物珍しさにつけ回してみたものの興味が失せたんだろうと、俺に興味がないことなど七年前から知っていたのに、その気まぐれに振り回された俺も相当な愚か者だなと、そう言って練習室から去ろうとする。その言葉に、主人公はキレた。なんと、去ろうとする冥加を壁に追い詰め逆壁ドンで逃げられないようにすると、今まで溜まっていた気持ちの全てが口からどんどん溢れ出す。本当は一緒にいたいけど我慢していたこと、御影に忠告されたこと、自分は与えられてばかりで冥加に何も与えられなくて悔しいこと、負担になりたくないこと、そして対等でいたいこと。その全てを吐き出せば冥加は驚いた顔を見せた後微笑み「なんだ、そんなことだったのか」と言った。そして「俺の時間など全部くれてやっても構わない、俺の何もかもどうせすでにその手の中だ」と言ったのだ。何故か喜ぶ冥加は更に微笑み、まさかお前に壁際に追い詰められる日が来ようとはなと言ったため主人公はハッとして退けようとするが冥加は「いいさ、お望みならこのまま語り明かそうか」と優しく笑うのだった。
5、雪が沢山降った朝、神南の東金達や至誠館の八木沢達と天音の天宮、七海達と菩提樹寮のみんなで雪合戦をやることに。公園でまさに今から始めるという時ちょうど天音に向かう冥加が通り過ぎようとして声をかけられる。子供のようなことをやっている一同に顔をしかめ、主人公が雪合戦に誘うがやるわけがない冥加。しかしその時響也が投げた雪玉が冥加にクリーンヒットし、火がついた冥加も参戦し雪合戦は大いに盛り上がった。子供のようにはしゃぎ冥加もなんだかんだ一番率先して楽しんでいたようだった。

(クリスマスイベント内容)
冥加とクリスマスを過ごそうと思い、ケーキや料理を持って家に押しかける主人公。しかし主人公の顔を見ると顔をしかめ、扉を閉めようとするのですかさず足を挟んで阻止し、無理矢理部屋に上がった。しかし、チェスの勝負に勝ったら一緒に過ごしてやると言われ、勝負することに。一向に勝てずに疲れてくるが途中で冥加が珈琲を入れに席を立った時、キングとクイーンを冥加と自分に見立てて人形遊びをしているのを冥加に見られて「駒をままごとにつかうな」と怒られる。

(昼食スペシャルイベント内容)
菩提樹寮でオムライスを作って冥加に食べさせると、あれこれ文句を言っていた冥加だったが一口食べると余りの旨さに絶句し、無言で黙々と食べ続けた。感想を催促すると「毎日作れとでも言ったらどうする」と睨んでくるが「悪く無い味だ」と言ってくれた。

(誕生日プレゼント)
二人の思い出である金の弦に似ているモチーフが描いてあるペアのマグカップをプレゼントすると、もう一つは持ってろと言われてお揃いのカップを持つことになる。


管理人の感想ネタバレ有り