元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

忍び、恋うつつ「猿飛咲助」ネタバレ

〜忍び、恋うつつ for Nintendo Switch
●猿飛咲助/サルトビサスケ(cv寺島拓篤さん)
歌舞伎役者の名家の御曹司だが、忍者の道を志す。
忍術は得意だが、勉強は苦手なため読み間違いや言い間違いをよくしてしまう。

f:id:pinkve:20201029225059j:plain
※「忍び、恋うつつ for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人の咲助のネタバレ感想はこちら←

→花吹雪恋絵巻エンドはこちら←
→甘蜜花絵巻エンドはこちら←



〜忍び恋うつつ、猿飛咲助ルートネタバレ〜
(花吹雪恋絵巻ベストエンド)
試験組のパートナーに咲助を選んだ主人公。しかしメロメロの術を使う主人公が一緒にいるのは迷惑だとハッキリ言われ拒絶されてしまった。
しかも咲助は人気歌舞伎役者であるため学園でも女の子に人気があったため、追っかけの女の子達から虐められてしまう。しかしそれでも夢のために負けずに頑張っている主人公を見た咲助は胸打たれ、さらに虐められていた事も知ると謝ってくれた。
心が強い主人公に惹かれ始めた咲助は、主人公が忍術が上手くいかなく落ち込んでいる時も「最初は誰でも出来ない、お前が努力をしているのを知ってる、一緒に頑張ろう」と言って励まして認めてくれたりもした。
二人の距離が近くなると、咲助は家に代々伝わる歌舞伎の舞である「霧姫の舞」を踊って見せてくれた。その美しさにドキドキし、いつもと違ってカッコよくて見惚れたりもした。鍛錬で甘いセリフをくれるのも本当の気持ちならいいのにと切なくなったりもした。
そんな頃主人公の血が盗まれ、その血で作られた薬で生徒たちが禁術で操られてしまう。霧姫が実は幻術使いだとわかると二人は咲助の父に近術について聞きに行くが、修道院が危険だと思った父は教えてやる代わりに修道院を辞めて今すぐ家を継げと言った。二人は喧嘩になってしまうが、本当は父親は咲助を心配してるだけで、素直じゃなかったため二人は似てた。そのため主人公が二人の間に入り和解し、忍者も歌舞伎もどっちも好きで辞めたくないと父に本心を話す事もでき、父は認め、禁術が血を使って人を意のままに操れる術だという事も教えてくれた。
そしてそのあとすぐに果たし状が届く。犯人から中間試験で待ち受けるという内容だった。二人は中間試験当日今まで培った技で最後の場所までたどり着くがなんとそこには副理事長がおり、そして彼こそが黒幕で首領の「德川貴家」であることが分かった。貴家は主人公に対し「幻術使いの女は愛されない、道具になるしかない」と言ったがそれを聞いた咲助は「俺は禁術に操られない、俺はこいつ自身を愛している」と堂々と言ってくれて、二人は力を合わせて戦い、無事貴家を倒した。
そこに真田勇士隊が現れ副理事を連行し、そして二人には卒業後に勇士隊に来て欲しいと素敵な勧誘までくれた。
そして無事二人は甲の成績をもらえ、主人公はこのまま修練院に通えることに。咲助は改めて「一生俺のものになってくれ、お前が好きだ」と告白してくれ、心から喜ぶ主人公は「私も好き」と答え二人がキスをすると、なんと桃色の霧が消えた。そう、幻術は好きな人と心を通わせると封印されるのだ。
これでもう他の男がメロメロにならなくて済むと言った咲助は「メロメロは俺だけでいい」ともう一度キスをくれたのだった。
エンドロール後は、歌舞伎も忍者も続けることになった咲助は復帰公演として霧姫の舞を踊ることに。そして主人公を後ろから抱きしめ、一生そばにいてほしいとプロポーズしてくれるのだった。

(花吹雪恋絵巻、ノーマルエンド)
エンドロール後、咲助は歌舞伎の道一本で行くため修練院を辞めることに。
お前を好きだけど、きっともう会えない、それでもずっと想ってる。そう残して去っていった。


(甘蜜花絵巻エンド)
卒業を間近に控えた主人公と咲助。二人に与えられた卒業課題は、猿飛家の固有忍術取得と、旋風術を取得することだった。
猿飛家の固有忍術は舞で代々伝われていた灼熱の術だった。二人は無事取得し、卒業、そして勇士隊へと無事入隊し、二人とも警ら部隊で活躍することとなる。
勇士隊に入って半年が経ち、二人は北の里の兵糧庫の事件を解決し、豪雨で山が荒れ里が危険にさらされると卒業課題で取得した術を使い里を守ることもできた。
その日、里の秘湯に入り、咲助はそこで「夫婦になってほしい」とプロポーズをしてくれた。
ようやく咲助と夫婦になれる、そう思ったのに咲助は勝手に移動願いを出して一人で何やら隠し事をしているようだった。何も話してくれない事が辛かったものの、実は咲助は祝言を挙げるための条件として父から歌舞伎で一人前になれと言われていたためがむしゃらに訓練をしていた。しかし倒れてしまい本末転倒。全てを知った主人公は頼ってほしいと告げ、和解し、二人は支え合いながら襲名披露の舞の日を迎えた。
立派に舞った咲助だったが、父は忍者と歌舞伎を両立できるようになったら襲名すると言い、まずは二人の祝言をあげることとなった。
その後、二人は無事祝言を挙げた。将軍である秀虎からも手紙をもらったり、修練院時代の仲間たちにも祝福され、二人は誰よりも幸せそうに寄り添った。





↓咲助の感想ネタバレ有り↓



〜忍恋、咲助の感想ネタバレ有り〜
まずは花吹雪恋絵巻感想。
最初からツンデレな咲助はとにかく可愛い。本音がダダ漏れでアホな発言とかめっちゃ笑えて癒されました。しかしいじめに気づかないとか、すぐカッとなるとことか、素直じゃなさすぎるのはなんだかな〜と思ったりしましたけども、急な名前呼びとかはかなり破壊力あって良かった!
そして後半のすれ違いは中々胸が痛かった!そこからの中間試験の告白はかっこよくてよかったです!エンディングもまだ素直じゃないけど悶々してて可愛いしね!
そしてお次は甘蜜花絵巻の感想。
こちらはサクッと短いんですが結ばれた後なのでメチャクチャ甘くて良かったです。展開もご都合展開でどんどん進んでくけど、二人の術の掛け合わせとか素敵だったし、スチルも綺麗でとても良かった!相変わらずお父さんと喧嘩ばかりでうるさい親子なのは面白かったし、あとは何故かどんどん咲助がバカになるので可愛いです(笑)ひらがなしか書けないって不安でしかないが(笑)
最後の結婚式のスチルは咲助の衣装すごいカッコ良かったし、主人公の白無垢もめっちゃ綺麗で素敵でした。やはり咲助は顔がいいのでね、顔がいいって得だなと思います(笑)
ただ、ご褒美絵巻でのデートがカブトムシ捕りってあんた‥(笑)さすがにそりゃねーわと思ったけど、もうお母さんみたいな気持ちで見ようと諦めたよね(笑)でも結婚後の新婚のお話では、主人公がお弁当を作ってあげたらメチャクチャ喜んでうまいうまいと言って食べてくれるのは本当良い旦那さんだなと思いました!一つ一つ褒めてくれるって素敵ですよね!
そんな感じで笑わせてくれたり、幸せにしてくれる咲助ルート楽しかったです!