元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

忍び、恋うつつ「大ハーレムルート」ネタバレ

〜忍び、恋うつつ for Nintendo Switch
●花吹雪恋絵巻、大ハーレムエンドネタバレ

f:id:pinkve:20201125145645j:plain


→管理人のネタバレ感想はこちら←



〜忍び恋うつつ、ルートネタバレ〜
(大ハーレム、ハッピーエンド)
相棒を選ばずに一人で中間試験に臨む決意をした主人公。しかしそれに心を打たれた仲間たちが順番に相棒になり訓練をしてくれることとなった。
由利のおかげで忍びとして強くなり、咲助のおかげでメロメロの術が愛する人との口付けで封印されることがわかり、蔵人の調べで副理事長が怪しいこともわかり、穴山の力で主人公の血でメロメロの術が一時的に防げることがわかった。
そして最後に我来也と組んだ時についに副理事長が正体を現し、彼が黒幕の徳川残党で首領の徳川貴家だということがわかる。我来也も貴家に操られていたが裏切り、主人公の仲間となって戦い、全員と勇士隊で貴家を捕まえることに成功。我来也もこれからは仲間になることになり、無事事件は解決した。
エンドロール後は、中間試験に無事合格した主人公は修練院に通い続けることが出来るようになった。しかも特訓のおかげで真田に迫られても幻術も出なくなったが、まだ特別な一人が出来ていないため完全に封印はできない。
みんなはそれぞれ特別な一人になりたくて主人公に迫るものの、これからもみんなでずっと一緒にいようと微笑むのだった。

(大ハーレム、ノーマルエンド)
中間試験に合格したものの、まだメロメロの術は治らず全員に一気に術をかけてしまった。迫り来るイケメンの彼らにドキドキしすぎる主人公は山籠りをすると逃げることに。しかし逃すはずはないとみんなは追ってくるのだった。



↓大ハーレムの感想ネタバレ有り↓



〜忍恋、大ハーレムルートの感想ネタバレ有り〜
PSP版をプレイした時は多分このルート無かったんですよね。vitaに移植になって追加になったと思われるので、今回私がやったswitch版でもちゃんとありましたが「大」がつくほどのハーレムってどんなんや!?と期待したもののそこまで大でもなかったです(笑)
まずはね、本編を録ってから時間が経ってるからなのか、キャラの演技のトーンを忘れてる中の方がおりまして、凄い声色が違う(笑)まぁ私がその中の人を好きだから聞き分けられちゃうのがわるいのかもしれませんけども。
そして更に全員のキャラの個別ルートをサラッと全て詰め込んでる内容になるので、間違ってこっちからクリアした人は個別のルートがつまらなくなるよ!そこ注意したほうがいいと思うけど、switchだともう最初からこのルート選べるので怖いですね(^◇^;)
まぁちょいネタで、咲助がお父さんの前でメロメロ状態になっちゃったり、真田先生が相変わらず贔屓すぎる立ち位置だったり、全員スチルは豪華なので良かったです。個人的にはハピエンよりもノマエンの最後の雰囲気の方が好きでしたが!やっぱメロメロの術は最高ってことで!