元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

忍び、恋うつつ「霧隠忠人」ネタバレ

〜忍び、恋うつつ for Nintendo Switch
●霧隠忠人/キリガクレタダヒト(cv江口拓也さん)
霧隠蔵人の弟で大のお兄ちゃん子。
素直で天然な性格で、蔵人が甘やかしたため、より世間知らずに育つ。
すぐに騙され、様々な悪い人に付いて行ってしまう。

f:id:pinkve:20201204214031j:plain
※「忍び、恋うつつ for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人の忠人のネタバレ感想はこちら←

→雪月花恋絵巻エンドはこちら←
→甘蜜花絵巻エンドはこちら←



〜忍び恋うつつ、霧隠忠人ルートネタバレ〜
(雪月花恋絵巻、ハッピーエンド)
蔵人の弟でもあり修練院一年生である霧隠れ忠人。彼をパートナーに選べば素直な彼はとても喜んでくれたが、なんと彼は全く忍術が使えなかった。
しかし体術は得意であるため二人は一緒に練習することになり、共にいるようになると忠人がとても優しく純粋だと気づき、更に頑張り努力するところに惹かれた。
しかしそんな忠人を心配する兄の蔵人は、忠人を過保護にするあまり「俺のいうことを聞いていればいい」といつも忠人に言っていた。忠人は兄ばかりに世話をかけるのが悪いと思っており、兄に認められるよう一人前になろうと努力をしていたが、やはり兄は大切だからこそ忠人を閉じ込めてしまう。しかし主人公はそんな忠人を認め応援してくれた。忠人は自分を肯定してくれるそれがとても嬉しかった。
しかし忠人の奉公先に徳川残党がおり、主人公を危険な目に晒してしまう。勇士隊のおかげで助かったものの、霧隠本家の忍びが忠人を「霧隠一族の恥」と罵った。不甲斐なさと悔しさで忠人は強くなりたいと思い、ついに蔵人に反抗し、山籠りをして修行をすることにした。蔵人は反省し修行を手伝ってくれて、主人公と忠人と3人での修行が始まると徐々に忠人も霧雨の術を使えるようになった。
順調に思えたが、主人公と二人で練習している時に忠人の術が暴走してしまい主人公に怪我をさせてしまった。忠人は責任を感じわざと「先輩のことが嫌いになったからもう一緒に練習はしない」と突き放し、いなくなってしまった。
それから忠人は一人、本家に認められるために修行をし、主人公もまた彼が嘘をついていると信じ一人修行をし、ついに御前試合の日になった。
主人公は一人御前試合に臨んだが、なんと謎の忍が相手の生徒に化けて襲ってきたのだ。危険に晒される中、そこにようやく忠人が助けに来てくれて主人公を守るためについに霧雨の術を発動。術は完璧に完成し、忍を倒すことが出来、本家も忠人を認めてくれた。
忠人は主人公に「また相棒になって」と言って仲直りし、そのまま御前試合で優勝を果たした。
忠人は主人公を抱きしめ「大好き」と告白。もう離れないと約束し二人が口付けをすると桃色の霧が白い霧になって消えていた。
エンドロール後は、どんどん大胆になる忠人。
毎日ラブラブで術にかかってなくても「大好き、ぼくの姫君」と言って口付けてくれるのだった。


(雪月花恋絵巻、ノーマルエンド)
御前試合に二人で優勝したものの、勇士隊には主人公しか入れないと言われてしまった。
しかし実はそれは主人公を狙う忍がまだいるため忠人は秘密裏に前線部隊に配属が決定されていたのだ。主人公を守るため嘘をついて居なくなった忠人を待って一年が経った時、主人公を見てるのが辛くなった蔵人がプロポーズしてくれて終わる。


(甘蜜花絵巻エンド)
卒業後勇士隊に入った主人公。忠人は一つ下なためまだ修練院で学んでいるため勇士隊の合間に忠人の鍛錬に付き合って居たが、疲れて倒れ、なんとメロメロの術が再発してしまった。
忠人は前より男らしく大人になっていたが、それでもやはり年下と思って頼れない主人公。けれど忠人が卒業課題で組んだ相棒の女の子と仲良くしているのを見たら嫉妬し、その本音を話し頼ったら絆が増え、頼ることの大切さを知った。
しかしなんとその相棒の女の子が徳川残党の甲賀忍であり、主人公が危険な目に遭ってしまう。徳川の血を引いているのに普通に暮らしている忠人が憎い女の子は二人に火を放ったが二人の術の合わせ技で火は鎮火。忠人は女の子に「徳川を恨んではいない、名にとらわれず自分自身に向き合う」と伝えるとその大きな背中に主人公は感動して居た。
そして忠人の卒業式。なんとみんなの前で「ずっと追いかけて居た憧れの存在だったけど、一生隣でいてほしい」とプロポーズしてくれ、二人は祝言をあげることに。
みんなの協力もあって二人は薬草園で祝言を挙げた。
その後忠人も勇士隊へ入り、二人で暮らす家から行ってきますの口付けをして二人で出てゆく。今日から共に幸せを分かち合い、共に歩けるのだと微笑んで。




↓忠人の感想ネタバレ有り↓



〜忍恋、忠人の感想ネタバレ有り〜
まずは雪月花の感想です。
忠人は花吹雪の時からすでに登場していたキャラなのである程度はキャラ設定が分かっていて可愛いなと思ってたんですが、本人ルートやったら可愛いどころか子供っぽすぎてややビビる(Σ○Д○;)
すぐ騙されるし、ぶりっ子っぽいし、幼児みたいだし、主人公はお母さんみたいな気持ちになってるし(笑)
なのでこれなんかショタ系狙いなのかな?と思いながらやってたら、メロメロ時はむしろ一番押しが強くて危険な雰囲気でしたね。他キャラよりグイグイくるしキスしてこようとしまくるし、主人公は足蹴ってました(笑)それウケた(笑)
更になんか霧隠本家に狙われた時主人公守るために嘘つくんだけど、その時嫌いとか言われてちょっとムカついたんだけど(笑)、それ以上に蔵人兄さんの嫉妬がやばくてだな<●><●>好きな女を弟に取られるかもっていう焦りの蔵人、良すぎません?正直ワシは蔵人の方に行きたくて大変でした<●><●>(笑)
なのでノマエンは謎エンドだったけど個人的には良い(笑)
ハピエンはね、他キャラと違ってちゃんと二人で御前試合に優勝したのは凄くいいなーとは思いましたが付き合った瞬間に下の名前で呼んでくる忠人が図々しいなとも思いました(笑)そしてそんなに図々しいのに何故かキススチルが無い!何故!?
そんな感じで驚きの連続だったが、見た目はイケメンなので成長に期待ですね!(何様や)笑
そしてお次は甘蜜花絵巻の感想。
雪月花で成長を期待した忠人でしたが、確かにこちらではかなり成長。しかし相変わらず可愛い系が抜けない(^◇^;)こんな赤ちゃんみたいな雰囲気の人と夫婦とかどうなのと思うけど、年下好きな人はやはり萌えるのかな?
ルート的には主人公が「女子生徒七」に嫉妬するのはよかった。つか女子生徒七って名前‥(笑)でもその女子生徒七凄かったよ!徳川残党としてやり場のない思いとかすごい伝わったし、何より忠人に対して役立たず、半端者、バカ、落ちぶれてる‥口悪すぎて草生える(笑)物凄い罵倒されてて忠人可哀想とか思ったけど、それに対して名にとらわれないって言い切った忠人はかっこよかったです!
更にね、卒業式のプロポーズすごい良くて私感動して涙出ました!でも卒業式を見る蔵人と主人公が父と母みたいで笑えた(笑)
あとはね、やっぱり宇喜多先輩の世話をしてる忠人がうけるんですが、宇喜多先輩が蔵人を兄ちゃんと呼ぶのが最高でした(笑)拾ってくるな、返してこいとか言ってるのも最高(笑)
祝言のスチルでは幸せな二人の後ろに蔵人が写ってたのは若干怖いものの、幸せ満載で良かったですね!ただもう少しエロは欲しかったが!!(笑)