元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

忍び、恋うつつ「真田幸影」ネタバレ

〜忍び、恋うつつ for Nintendo Switch
●真田幸影/サナダユキカゲ(cv鳥海浩輔さん)
物腰が柔らかく、生徒からの評判がいい真田高等修練院の教師。
ふだんは穏やかで頼れる存在だが、
主人公との間に隠れた繋がりがあるらしい。

f:id:pinkve:20201123161531j:plain
※「忍び、恋うつつ for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人の真田先生のネタバレ感想はこちら←

→花吹雪恋絵巻エンドはこちら←
→甘蜜花絵巻エンドはこちら←



〜忍び恋うつつ、真田幸影ルートネタバレ〜
(花吹雪恋絵巻、ハッピーエンド)
担任の先生である真田幸影は凄腕の忍者。そのためこの修練院に異例で入ってきた主人公に、覚悟はあるのかを試したいと言ってきた。課題を出し、それをクリアできたら鍛錬と試験組の相棒をしてあげると言われた。
主人公の努力と、忍者になりたいという強い気持ちに気づいた真田は合格を出し認めてくれたが、今度はクラスの女子にいじめられ授業にならないため真田は主人公だけの特別授業をしてくれることになった。
二人で共にいることが多くなると優しくて大人で頼りになる真田に惹かれた。主人公が忍者になりたい理由が幼い頃に助けてくれた忍者に憧れていることだと話すと、真田もまた守る人がいると教えてくれたりもした。
しかし真田と穴山が、主人公が幻術使いだから守っているという話をしているのを聞いてしまった。自分に優しいのは特別なわけじゃなく、幻術使いという血が特別なのだと改めて気づき悲しくなった。
恋にうつつを抜かし気もそぞろだったせいか、真田に化けた徳川残党に気付けず血を盗られてしまった主人公。真田は、主人公が自分じゃない偽物を見破れなかったことに怒り、そこからそっけなくなるようになった。
真田の態度に寂しさを感じれば、本当に恋をしたのだと気づくものの、真田から「その気持ちは錯覚だ」と牽制されてしまった。優しいのに冷たくて、冷たいのに優しくする真田の態度が辛かった。
そんな中、中間試験が始まると、なんと主人公の血のせいで禁術が施され、修練院の生徒や教師が操られてしまう。助けたくば一人で試験会場に来いと言われた主人公が会場を目指せばなんとそこには黒幕である副理事長がいた。彼こそが徳川残党首領、徳川貴家だったのだ。
実は主人公が幼い頃に親を殺すように命じたのも貴家であり、あの時本来主人公は拐われるはずだったらしい。
親の仇である貴家を倒すため主人公はボロボロになりながら立ち向かうと、そこに真田が助けに来てくれて、真田家の秘術を使い勝利した。更に実は真田は真田勇士隊の組頭であり、真田家当主であり、理事長であることも暴露。何重にも驚く主人公に「大丈夫?」と手を差し伸べてくれる姿は、あの時助けてくれた忍者の面影があった…。
そして落ち着いた頃、中間試験の結果として真田から甲を貰った主人公はこれからも生徒として通えることに。
更に真田は百年前の霧姫の話を教えてくれた。
禁術であるメロメロの術を使えた霧姫は真田幸村と愛し合っていたが、徳川に攫われ徳川軍が禁術を使い関ヶ原で豊富に勝利した。しかし諦められなかった幸村は霧姫を助けることに成功したが、霧姫はその時無理矢理に徳川に孕まされておりお腹には子供がいたため一人行方をくらました。しかし幸村は霧姫の力がこれ以上使われることを回避するため真田家は代々影から霧姫の子孫を守ることにした。しかし近づけば存在がばれまた戦に使われてしまうため近づかず幸せを見守るだけ。
真田も勿論それと同じで主人公が小さい時からずっと見守っていた。たった一人の姫と、主君を守るためだけに生きていた。
しかし主人公が修練院に現れ惹かれ、義務だけではなく一人の男として好きになってしまった。主君を放っておいてでも守りたいほどに。
近づけば危険になると思い何度も距離をおこうとしたが無理だった、だから真田は言った「もう逃さない」と。
一番そばで君を守ると言ってキスをしてくれた真田。すると桃色の霧は白くなり、術は消えていた。
エンドロール後は、主人公が卒業し勇士隊に入隊し半年が経った頃のお話。
一人前になった主人公に、もう我慢しなくていいかと尋ねる真田は「一生俺に愛させて」と囁いて全てを奪うのだった。


(花吹雪恋絵巻、ノーマルエンド)
中間試験後、甲をとり無事生徒となった主人公。真田は「これからもずっと君の幸せを願っているよ、教師として」と微笑んだ。


(甘蜜花絵巻エンド)
三年生になった主人公。相変わらず真田とは両想いだったが力の不十分さに引け目を感じ、真田の負担になってると自信がない主人公。迷惑をかけていると不安が積もるとなんとメロメロの術が再発してしまった。けれど本心を聞いた真田が共に解決法探そうと励ましてくれ、二人の絆は深くなった。
そして迎えた卒業式、真田は皆の前で主人公は恋人だと言ってくれた。さらにこれから真田の屋敷で結婚前提に一緒に暮らそうとプロポーズもしてくれた。
主人公は勇士隊の警らに入隊し、真田は教師を辞め理事長と組頭に徹することに。一緒に暮らし始めると優しくて包容力のある真田に癒されたが、自分も真田に恩返ししたいのに何も求めてくれないことが不安だった。
そんな時、古参の家臣たちが真田と主人公の結婚に反対しだした。幻術を使うのを恐れ、真田に災いをもたらす者と言われてしまう。怒った真田はそれならば術を封印すると宣言し、咲助達の力を借りて伝統の巻物を集め封印法を見つけ出した。
二人の合わせ術で封印が出来ると知ると、裏工作をし真田を陥れようとしている家臣を誘き寄せ、遠呂智の術と幻術を合わせた「霞河智の術」を使い彼らの心は清らかになった。更に幻術も封印され一件落着。
そして祝言の日、皆に祝福され、これからは生徒と先生ではなく夫婦として協力していこうと誓い合った。
数年後、二人の間には男女の双子が生まれていた。優しい夫と子供達に囲まれ家族になった。
真田は、愛する家族のためこれからも守り生き抜くとキスをしてくれるのだった。



↓真田先生の感想ネタバレ有り↓



〜忍恋、真田先生の感想ネタバレ有り〜
まずは花吹雪の感想です。
もちろん移植前も攻略済みの真田先生ですが、当時ほんっとめちゃくちゃ真田先生のことが好きで相当ハマったので今回どうかなと思ってやったらやはり思った通り素敵でしたが、ダントツでは無かった<●><●>(笑)なぜ?
なんか、由利君とか穴山先輩とかと同じくらい良かったかな!3人ともすごくときめいたので!
しかし真田先生はやはりボイスが良きなのでね〜あの穏やかな口調からの焦り口調や怒り口調や甘い台詞はほんっとやばくてニヤニヤはダントツでしたね。めっちゃニヤけた。
あとね、PSPでは攻略制限があり、最後にしか攻略出来なかったのにswitch版では最初からできました!それに驚き!
あと忘れていたけど割と他ルートでは主人公に手を貸さない感じが意外と厳しいなと思ったんですが、本人ルートだと必ずいつの間にか背後にいて他の男らに牽制して本音がダダ漏れなのがメチャクチャよかったです(笑)かわええ(笑)
あとはやっぱずるいですよね!運命だしね!最後の手を差し出すスチルはかっこよすぎてやっぱりギャーとなりましたよ。運命だと思う!ノマエンも他は悲しいのばかりなのに真田先生は優しくて優遇されてるなと思いました!
そして甘蜜花絵巻の感想。
これぞ本命、これぞ真髄って感じでした。最後も他と違って子供が生まれてたりするので、やはり王道の運命ポジションだなと思いますし、祝言の話でも主人公が「あなたにたくさんの幸せを与えたい」って言った時に真田先生と同じくらいワシも泣けた(笑)
なのでめっちゃ幸せルートだったが、エロが足りん<●><●>(笑)
真田先生との新婚生活もっとエロいの想像してたのになんか家族っていいなみたいな落ち着きでお爺ちゃんみたいだよー!!!(笑)今までの欲をもっとぶつけて!!(笑)まぁ子供出来るの早いからそこら辺カットされてるだけかもしれんが(笑)
あとはこのルートだと咲助とかの仲間達が優しくて楽しかったです。いつも真田先生に背後を取られて虐められてた彼らですが、ここぞとばかりに反撃してるのも笑える(笑)
ご褒美絵巻でも真田先生が昔から主人公をストーカーしていたの話を延々と暴露するのも最高に笑えました(笑)
全てにおいて運命で、そして組頭服めちゃくちゃかっこいい真田先生。やはり素敵すぎました!中の人の演技も最高ー!!!