元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

DIABOLIK LOVERS CHAOS LINEAGE「スバル」ネタバレ

〜DIABOLIK LOVERS CHAOS LINEAGE
●スバル(cv近藤隆さん)
ヴィオレの末っ子。
破壊的衝動のカタマリで、何かあるとすぐに手が出る暴愛系ドS。
黙って我が道を行く一匹狼タイプの不良で、他の兄弟が自分に構うのが鬱陶しいお年頃。ひとりでいることが好きで、大抵自分の部屋に引き篭もっている。


※「DIABOLIK LOVERS CHAOS LINEAGE」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびRejet株式会社に帰属します。


→管理人のスバル君のネタバレ感想はこちら←

→Euphoria ENDはこちら←
→Labyrinth ENDはこちら←


ディアボリックラヴァーズ ケイオスリネージュ、スバルルートネタバレ〜
(Euphoria END)
ヴィオレの屋敷に連れて行かれた主人公は牢に入れられ、監視役として末っ子のスバルに見張られることになった。常にイライラしているスバルに吸血されると、その痛みで主人公の記憶が蘇った。
自分は逆巻家に住んでいて、スバルとは恋人同士だった記憶が。
しかしスバルも、他の兄弟達も、皆記憶が改竄され他の兄弟達と暮らしても違和感を感じていなかった。そしてその旨をスバルに伝えても彼の記憶は戻らず冷たくされた。
しかし昔から根本的に優しいスバルは言い方はきついものの、他の兄弟達から守ってくれたりと徐々に主人公もヴィオレの屋敷に馴染んでいった。
そんな時オランジュが襲撃を仕掛けてきた。アヤトが投げた爆弾が主人公の方に飛んでくるとスバルは咄嗟に庇ってくれる。主人公を死なせたく無いという強い気持ちを感じると、昔も同じ事を思ったと気づく。そしてその想いでついにスバルの記憶が戻ったのだ。
アヤト達を無事に追い払い、記憶が戻ったスバルは「ごめん」と言って強く抱きしめ優しく吸血してくれた。久しぶりの愛するスバルを感じ、幸せに浸ったのだった。
しかしカルラが覇王になる兆候が無いことに痺れを切らし主人公を手元に置くと言い出した。そのため二人は屋敷から逃げ、一か八か兄弟の絆を信じスカーレットのレイジ達を頼るものの信じてもらえず結局二人はこの見知らぬ世界で二人だけになってしまう。誰にも信じてもらえず苦しむスバルに寄り添う主人公だったが、そこになんとソクラテスと名乗る声が聞こえた。ソクラテスはこの箱庭を作った張本人であり、この箱庭を壊す条件があると言った。それなんと、誰か一人が犠牲になること。人は誰でもいいが殺されるのではなく、自ら死ぬのが条件だと言った。
その言葉を聞いたスバルは覚悟した。主人公だけは助けたいという一心で、アズサに主人公を頼み、「この世界を壊す、愛してる、ごめんな」と言って消えてしまった。
そしてスバルは一人教会に向かい、死のうとした。しかしアズサを振り切り追いかけてきた主人公がそれを止め、それならば自分が死ぬと言った。どちらも譲らず言い合いになると周りに竜巻が現れ始め二人は飲まれていく。竜巻の中で言い争う二人は似たもの同士でなんだか笑えて、それならいっそ二人で死のうかと覚悟し、抱きしめあった。すると教会が急に崩れ始めた。
気を失い、目を覚ますと、なんとそこは元の世界のエデンだった。ソクラテスが現れ、これは真実の愛の実験だったため二人は合格したと告げた。そしてカールハインツが現れ合格したスバルに力を継承すると言ったがスバルは「いらねえよ、俺は俺の力でこいつと生きていく」と言ったためカールハインツは「祝福しよう」と言って消えた。
そして普通の日常に戻った二人。
いつもの学校、いつもの棺桶、そこで何気ない楽しい普通の毎日を過ごす。抱きしめてくれるスバルは「ずっと一緒にいよう、愛してる」とキスをして甘やかしてくれる。その何気ない幸せが一番の幸せだと気づくのだった。


(Labyrinth END)
スバルが教会へ行ったところから分岐。
主人公も、兄弟達も全員を助けたいと思う心優しいスバルは銀の短剣で自害した。
すると皆元の世界に戻ったが、スバルだけは死体で転がっていた。その姿に耐えられなくなった主人公はスバルが持っていた短剣を握り、そして共に一緒にいる事を選び、後を追ったのだった。




↓スバルくんの感想ネタバレ有り↓



〜ディアラバケイオス、スバルの感想ネタバレ有り〜
無印からずっと大好きなスバルくんですが、ケイオスも7周目なので若干飽きが<●><●>笑
そんなスタートをしたスバルくんはヴィオレの兄弟として箱庭にいるわけだけどここでもなんと末っ子。記憶がないから最初はイライラしてギャーギャー怒鳴って、でも監視役だから見張ってなきゃないって感じで「番犬ガウガウ」を思い浮かべてしもうた(笑)でもまぁこれは懐かしかったですよ!無印の感じの怒鳴りは最近無かったのでね。久々に思春期イライラのスバルくんに会えて愛しかったです。
しかし今回も相変わらずみんなに愛されてるスバルくんは健在!兄弟達に可愛がられてるし、素直に人に頼ることができるスバルくんはやっぱりいい子でした。スカーレットでは助けを求めても裏切られてしまったがね(笑)切ない。
あとはやたらスチルがイケメンなの多くてやっぱりスバルくんの顔は良いと再確認。いつもの可愛甘系が今回少ないから私的にショボンでしたけど、ストーリーはまぁよかったです。
あとね!何故かスバルくんだけ記憶戻っても全然チューしないのね!吸血は何度もしてるけどチューしてくれなくて悶々しました。最後の教会でしなきゃないストーリーだったからって理由だったみたいだけどさ!なのでそのシーンは中々ぐっと来て感動しましたけどね(;_;)平穏な毎日がやっぱりいいね(;_;)
それとバッドエンドの方なんだけどこっちはめっちゃ泣きました(ToT)死んじゃったスバルくんの声が聞こえるやつ、やばすぎ!!スバルくんがいない世界に生きてる意味なんかないって私も本当に共感できて泣けました(ToT)
そんな感じでバッドも良かったスバルくんルートでしたが、ヴィオレで料理を担当してるのが結構面白かったです。あの家、レイジママとルキママいないから崩壊してんのよね(笑)始祖王はなんもやらないのが当たり前だし、他は皆テキトーだし、末っ子頑張るしかないっていう(笑)うける!!
後はヴィオレではやたらアズサくんが都合よく使われるなと思いました(笑)どのルートでも「アズサくん助けて!」って感じでアズサくん良い子すぎるよおお(ToT)絶対カルラ兄さんに折檻されちゃうじゃん(ToT)頼りすぎたらあかん!!