元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

DIABOLIK LOVERS CHAOS LINEAGE「シン」ネタバレ

〜DIABOLIK LOVERS CHAOS LINEAGE
●シン(cv森久保祥太郎さん)
オランジュの次男。
兄には崇拝の念を抱いているが、過激な弟達にはいつも手を焼かされているため、辟易としている。
美しい血を好み、ナルシズムな発言も多い。
普段は言葉も丁寧だが、キレると暴力的な言葉遣いになる。


※「DIABOLIK LOVERS CHAOS LINEAGE」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびRejet株式会社に帰属します。


→管理人のシンくんのネタバレ感想はこちら←

→Euphoria ENDはこちら←
→Labyrinth ENDはこちら←


ディアボリックラヴァーズ ケイオスリネージュ、シンルートネタバレ〜
(Euphoria END)
オランジュに拐われ、見張りとなったのは次男のシンだった。長兄のルキを慕うシンは気さくで割と常識人だったため話は通じたものの、人間を餌としてしか見てないのは他のヴァンパンア達と同じで「味見をしてやる」と吸血されてしまう。
しかしその感覚で記憶を取り戻した主人公は、この世界がおかしいと気づく。そして更にシンが誇り高きファーストブラッドであり、カルラの弟であり、自分の恋人であることを思い出した。しかしシン本人は何も思い出さず、あんなに慕っていたカルラの事さえ忘れていた。
周りのヴァンパンアも他の兄弟達とごちゃまぜになり暮らしており、誰もその異変に気づかない。しかもそんな時、ヴィオレのカルラ達の敵襲によりシンは捕まり投獄されてしまった。カルラはシンにヴィオレに寝返れと言ったがシンがそれを拒否したため、主人公は牢屋の前に立たされなんとシンが見ている前でカルラに吸血されてしまう。シンは「やめろ、そいつには手を出すな!」と大声を上げて助けようとしたが、カルラは無情にもシンに鞭を打つ。しかしその光景に記憶を思い出しかけたシンは苦しみ、そしてなんと狼の姿に変身した。
元よりシンは始祖であったため狼の姿に変身できることを主人公は知っていたが、記憶がないシンは戸惑う。しかしこのチャンスを逃すわけにはいかないと主人公を背に乗せ、二人は逃げ出した。
逃げた先の洞穴で人間の姿に戻ったシンだったが自分が何者であるのかわからなくてパニックになった。主人公はそんなシンに「私は忘れられたとしても誇り高いシン君を愛してる」と伝えた。するとなんとその言葉でついにシンは記憶を取り戻した。
抱きしめてくれるシンは「あんたが好きだよ」といつもの優しい声で言ってくれた。ようやく戻ってきてくれた本物のシンの腕の中で主人公は涙を流し、ホッとした。
その後、記憶のことは隠してオランジュに戻ることにした二人だったが、オランジュの末っ子として存在するキノだけは見たことがない存在だということに気づいた。するとなんとキノが自分も記憶が戻っているから手を組もうと誘ってきたのだ。
キノは普通に魔界で暮らしていたヴァンパンアだという話を聞き、何故かここに連れてこられたものの、すぐ記憶が蘇ったが様子を見ていたらしい。それで記憶が戻った雰囲気のシンに気付き声をかけてきたが、基本的に好き勝手をしているキノを信用できず不安になるシン。しかしここから出るためには協力するしかなく、シンとキノと主人公の3人で各屋敷を調べたりすることにした。
そしてシンの不安は的中するかのごとく、好き勝手に自由奔放なキノ。いろんな屋敷を荒らし、その都度尻拭いに走るシンと主人公は疲れ果てたものの、元から世話焼きな性格のシンに構われるのがキノは心地よいみたいで、更に逃げる途中でキノを守って怪我をしたシンに胸打たれていた。
今まで仲間というものを必要としてなかったキノだったが、協力することな仲間が良いものだと思い始めそれをシンに伝えると、シンは自分もそれを主人公と出会って学んだと言ってくれて、3人の絆は深まった気がした。
その後の調べてついに教会が怪しいと気づいた3人が教会に向かったが、なんとそこにはカルラが待ち伏せしていた。もうここで決着をつけるしかないと思ったシンは「兄さんの弟は俺だけだ!」と叫び記憶を取り戻そうとするものの、ボロボロにされとどめを刺されそうになってしまう。主人公はシンを守ろうと抱きつき、そしてなんとキノはリアル世界から持ってきたという魔封じのタリスマンを投げつけた。カルラが怯んだ隙に殴りつけたシンは「目を覚せ、誇り高きファーストブラッドだろ、全部なかったことにするな、戻ってきてくれ兄さん!」と叫ぶ。するとなんとカルラの記憶が戻り、シンは良かったと涙した。
その後なぜかキノは消えており、そして記憶が戻り力が戻ったカルラが教会を破壊すればこの作られた空間から出られると言ったため、シンは教会を破壊。すると光に包まれ、全員がいつのまにか現実世界のエデンに戻っていた。
そこであの世界を作ったというソクラテスに、アダムとイブの実験だったと言われたがカルラが「放っておけ」と一言言って終わったため、またカルラとシンと主人公は万魔殿へと戻ったのだった。
そして数日後、平和な万魔殿では前より自信がついたというシンと主人公がいた。平和で何気ない毎日で、シンは主人公を大広間に呼び出すと「踊っていただけますか?」と紳士に誘ってくれる。手を取りワルツを踊れば、少し大人びたシンがかっこよくて幸せを感じた。
もう絶対に離さないと約束してくれるシンと、ずっと踊り続けていた。



(Labyrinth END)
教会にカルラが待ち伏せしているところから分岐。
シンと主人公とキノは捕まってしまい、投獄された。カルラは他のヴァンパンアを全員殺し、血を吸うためだけに牢屋にやってくる。
キノもシンも徐々に狂い始め、動けない主人公に群がり血を吸い続けて終わる。





↓シンくんの感想ネタバレ有り↓



〜ディアラバケイオス、シンくんの感想ネタバレ有り〜
5周目に攻略したシンくん。ケイオスももはや慣れてきた感じですが、相変わらずオランジュは居心地良くて私好きです。
そしてオランジュなシンくんもまた、良い!あの服凄い似合ってるし、オランジュ共通ルートでの優男な雰囲気出してくるシンくんも素敵。
そんな記憶を失ったシンくんは昔のようになるわけだけど、シンくんって元から基本穏やかなのよね。だから気さくな話し方からたまにオラつくのが久々でときめきました。かっこいい!ただ、記憶ない時のセリフで「たいしたことない体」っていう台詞がうけた(笑)昔下着も色気なくて指摘された恥ずかしい記憶が蘇るよね(笑)シンくんって冷静(笑)
あとは記憶操作でルキを兄さんと慕うシンくん可愛いし、記憶戻るまではまず血を吸わないのがさすが!本当に兄さんの忠告守ってるし、何よりやっぱり常識人だし我慢強いし大人なのよね。だから記憶なくても結構平和に過ごせたし、むしろルキに掃除しろって言われてる兄弟達面白すぎた(笑)カナトが草むしりで癇癪起こしてるのマジうけたんですけど(笑)
更に記憶がないうちにカルラに連れ去られちゃう二人なんだけど、その時それでも必死に守ってくれようとする姿に愛を感じました。他キャラより愛が深い感じがあるよ!しかもカルラに向かっていくときに「俺は頭だけになっても食らいつく」って台詞めっちゃかっこよかった(ToT)さすが誇り高きファーストブラットオオオ(ToT)
そして記憶戻った後もやっぱり優しくて守ってくれて包容力のあるシンくんがとてもかっこよくて素敵でした!ハッピーエンドは兄さんとのこととかキノの切なさで泣けたし、最後のダンスもセレブ感あってめっちゃかっこよかったし!バッドはバッドでまぁこうなりますよねって感じでしたし(笑)
それとそう!キノね!シンくんのルートでめっちゃ出てくるキノなんですが、いや〜最初は本当胡散臭すぎて信用できないし、破茶滅茶すぎてビンタしたくなりました(笑)シンくんが最初の印象で「ヘラヘラしてて信用できない」って言ってたのがハマりすぎててうけたし(笑)
正解!(笑)
そのせいでシンくんは後半ツッコミ祭りになってましたからね(笑)大変そうだったけどめっちゃうけた(笑)しかしそのあとなんとキノを懐柔しちゃったシンくんには驚き。シンくんは猛獣使いですか?(笑)あのキノが素直になって仲間として認めはじめて逆に怖くなったんですけど(笑)最後まで私だけは彼を信用してなかったからね!!!(笑)
でもそれも気鬱でした。ちゃんと本当にシンくんを仲間と思ったみたいでキノがちょっと切なかったです。
という感じで、あんなヤバめの人まで仲良く出来ちゃうシンくんはやっぱり優しくてとてもいい人ですよね!更に大好きになりました(≧▽≦)/