元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

DIABOLIK LOVERS CHAOS LINEAGE「アヤト」ネタバレ

〜DIABOLIK LOVERS CHAOS LINEAGE
●アヤト(cv緑川光さん)
オランジュ
兄弟の中で自分が一番偉くて強いと思っている。常に上から目線のオレ様ドS。悪戯好きないじめっ子。
スポーツは得意だが勉強は嫌い。

f:id:pinkve:20200530000625p:plain
※「DIABOLIK LOVERS CHAOS LINEAGE」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびRejet株式会社に帰属します。


→管理人のアヤトのネタバレ感想はこちら←

→Euphoria ENDはこちら←
→Labyrinth ENDはこちら←




ディアボリックラヴァーズ ケイオスリネージュ、アヤトルートネタバレ〜
(Euphoria END)
オランジュの三男のアヤトは、いきなり「チチナシ」と呼んできて僕扱いをしてくる乱暴な男だったが、吸血されると主人公はその懐かしい感覚に記憶を取り戻した。
そう、自分とアヤトは逆巻家で恋人同士だったはず。しかし記憶を改竄されているのかアヤトは何も思い出さないし、出会った頃の乱暴なアヤトに戻ってしまっていた。
他の兄弟たちも何故か記憶が改竄され、本当の兄弟とは違う兄弟たちと家族になっていた。
ところが記憶がないはずのアヤトは以前と同じで1番にならなければならないという思いに苦しんでいた。それはコーデリアに言われていたあの呪い。そのせいで苛立つアヤトに吸い殺されそうになってしまい、怒った兄のルキはアヤトを地下牢に閉じ込めた。
牢で何かを思い出しそうになり苦しむアヤトに主人公は「いつだって貴方は私の一番大切な人」と告げると急に苦しみだしたアヤトはなんと記憶を取り戻した。「思い出したぜ、オマエがオレの大事なモンだって」と言って抱きしめてくれるアヤトの久々の温もりに胸を熱くし、優しいキスに溺れ、吸血は蕩けそうなほど幸せに感じた。
その後、牢から出してもらったアヤトはこのおかしな世界から出るためカナトを連れて他の屋敷の偵察に出ることにした。ヴィオレのスバルとライトを捕まえ仲間にし、スカーレットのレイジとシュウにも会いに行くと記憶がない二人とバトルになったがランタンが倒れて火事になるとレイジとシュウも記憶を取り戻し、ついに逆巻兄弟全員が仲間になった。
しかし兄弟が仲間になると自分が頼りないことに感じるアヤト。みんなは記憶がなくなっても割と前と同じ態度だったが、自分だけはすっかり凶暴になっていたからそれが本来の自分なのかと情けなくて不安になる。けれど主人公が疲れて倒れれば優しくしてくれるアヤトは間違いなくアヤト本人であるから、主人公はどんなアヤトでも愛してると支えた。
その後、この場所が作られた箱庭のような場所であることがわかり、魔力の格である教会を壊せば出られるかもしれないと分かる。
アヤトは「オマエと生きていくため頑張るよ」と主人公に言ってくれて、すべてを背負う覚悟をし教会のガラスの床を破壊した。するとそこから真っ白な光が溢れ出し、箱庭は壊れた。
目を覚ますとそこは、カールハインツの城だった。そして目の前にいたのはソクラテスという存在。彼はカールハインツの友人であり、アダムにふさわしいかの実験をするため箱庭に全員を閉じ込めたと話した。
そして現れたカールハインツは実験を乗り越えたアヤトに力を渡すと言ったが、その瞬間なんとアヤトはカールハインツを殴った。そして「自分の運命は自分で決める」と言い主人公に対して「俺の覚悟わかっただろ?」とキスをした。永遠にそばにいろと微笑むアヤトを見たカールハインツは力を与えるのをやめ、もう少し見守ろうと決めたのだった。
その後、いつも通りの日常に戻った。
チチナシと呼ばれふざけあって、そして大好きと言ってキスをする。そんないつもの日常が大切だと気づいたのだ。


(Labyrinth END)
教会を壊し白い光に包まれるところから分岐。
アヤトと主人公は元の世界の公園で倒れていた。そこは間違いなく神無町だったが、なぜか人が一人もおらず二人は他の人を探し回った。
しかし何日も探しても誰一人おらず、弱っていく二人。主人公の方は特にもはや助からないくらいガリガリに痩せてしまうが、それでも「ずっと一緒にいたい」とアヤトに告げた。
主人公の願いを叶えるためアヤトは最後に主人公の血を吸い尽くして殺した。これで一生一緒だと涙を流した。




↓アヤトの感想ネタバレ有り↓



〜ディアラバケイオス、アヤトの感想ネタバレ有り〜
やっぱり1周目はこの人かなと思ってプレイしたアヤト。今回は記憶をなくして、シャッフル兄弟という設定ということで、どんな感じなのかなーと思ったけど、アヤトはやっぱりアヤトでした!(笑)
まずやっぱりかわえーーー!!!なんか今回の衣装なんなの〜リボンついてるんだけど〜めっちゃ可愛いよ〜(ToT)キャラの個人タイトルの絵も新しくなってて可愛い〜(ToT)しかもそれ可愛いだけじゃなくてイケメンでかっこいいー!
そう、相変わらずアヤトって顔が良い。ディアラバって立ち絵が遠いのと近いのあるんだけど、switchの大画面で近い立ち絵くるとイケメンすぎてニヤニヤが止まりません(笑)
けれど相変わらずおバカ感も健在でそれでもニヤニヤした私。初っ端から「殺し合いに頭の良さはかんけーねー!」って言ってたのうけて、いつもの「うるせー!うるせー!」でまたうけて、箱庭から出るためにどうするか相談してて「頭いい奴無しでどーにか出来んのかよ」ってセリフでまたうけた(笑)ついに頭悪いの認めてるやんけ(笑)
なので、途中でのアヤト、カナト、スバル、ライトの旅になった時は頭のいいやついないから収集つかなくてヤバくて楽しすぎました(笑)早くシュウ父さんとレイジ母さん呼んできて!!!!(笑)
けど記憶戻った後の抱きしめてくれるシーンは感動してジーンとした私。アヤト君に抱きしめられて、本当にほっとしたよね(ToT)
そんな感じでエンディングは普段に戻ってラブラブ〜っていう平凡なやつで素敵でしたし、バッドっぽいもう一つのエンドも切ないけどディアラバらしくてよかったです。アヤトはやっぱり可愛くて、そしてかっこよくて大好き!!一生懸命考えて守ってくれようとして真っ直ぐで素敵です!
あと余談だけどアヤトルートでシュウとレイジのベッタリ感が凄くてなんか悶々しました(笑)火事の時シュウが動けなくなってすぐにレイジに助けを求めて一言ですがる夫婦みたいな感じが萌え(笑)なんかいつもより二人のツーカー感増えてて嫉妬しちゃう(笑)
逆巻の兄弟たちはやっぱみんな一緒がいいなと感じたルートでしたよー!!みんな大好き!