元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

DIABOLIK LOVERS LOST EDEN「キノ」ネタバレ

ディアボリックラヴァーズ ロストエデン〜
●キノ(cv前野智昭さん)
魔界の辺境で生まれた、カールハインツの落胤
ある目的のためヴァンパイアを滅ぼそうと画策している。
人に何かをしてもらうことを当然に思っている、天然わがまま王子。

f:id:pinkve:20200423082542j:plain
※「DIABOLIK LOVERS LOST EDEN」バナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社及びRejet株式会社に帰属します。


→管理人のキノのネタバレ感想はこちら←


ディアボリックラヴァーズロストエデン、キノルートネタバレ〜
(ヴァンパイアエンド)
カールハインツが亡くなり家督と力を受け継いだのはアヤトだった。新しいヴァンパイア一族の幕開けとなるはずだったが、そこに新たな存在であるキノというヴァンパイアが現れた。
キノはなんとカールハインツの隠し子であり、0番目の息子と言った。突然現れたキノは巨大な力を持っており、なんとリヒターを殺した。更に世界を壊すと言う目的があるキノは主人公とアヤトに攻撃し、二人をさらった。
連れて行かれた先はローティゲンベルグ。腐った無花果の匂いがするその土地は、魔族になりきれない忌まれし血を持つグール達の忌避地だった。そこにはキノ率いるグールで成り立つレジスタンスがおり、レジスタンスのリーダーとしてキノの友人であるユーリがいた。主人公はキノに血を吸われ、アヤトは地下牢に監禁された。
キノは生まれてすぐに何故かこの土地に捨てられた。そしてグール達と生きてきたが、グールは魔族に差別されているため魔族に復讐し、グール達の新しい居場所を作ることがキノ達の望みだった。
グールは魔力をもたないため強いキノは崇められていたが、グール達はキノを恐れているようにも見えた。キノは強い力で彼らを支配し、無理やり従わせているのだ。主人公はそんなキノを見て「独りよがりだ」と思う。無理やり従わせても意味はないのにそうすることしか出来ない可哀想な人なのだと思う。
キノは孤独だった。生まれてすぐにここに捨てられ、まだ力を持ってなかったヴァンパイアは周りのグール達の憂さ晴らしとなって殴る蹴るの暴行を受けた。しかしユーリの父がキノを拾い、ユーリも父もキノを家族のように育ててくれたため生きていられたのだ。そして急にキノの力が目覚めるとグール達への恨みから彼らを力で支配するようになった。ユーリはいけないことだと思いながらも、幼い頃から受けたキノの気持ちを考えると罪悪感から止めることができなかった。
だからこそ孤独だったキノは自分を「特別な存在」と思うことで自分を保つしか無かった。捨てられたのは自分に試練を与え強くなるためだったと思うしか無かった。そんな寂しいキノの間違いを正したいと主人公は思い始める。
キノはそんな真っ直ぐな主人公のことが徐々に気になり始めた。自分の言葉なんて誰も理解してくれないと思ってたのに背中を震わせれば抱きしめてくれるお節介な主人公のことを。
それが恋だと気づき始めれば、アヤトへの憎しみが増えた。カールハインツから愛され力を受け継ぎ、そして主人公と親しいアヤトが憎い。そのためキノはアヤトを教会に引き渡すと言い出した。やめてほしいとすがる主人公になんとキノは「アンタの事が好きになったからアンタが僕を好きになってくれるならアヤトを渡さない」と言ってきたのだ。
主人公も徐々にキノのことを想い始めていたため了承すると、キノは喜び主人公に夢中になった。主人公のことばかりになりグール達のことを疎かにし始めるとキノの傲慢さに呆れたユーリが出て行ってしまった。更にユーリがいたから従っていただけだというグール達も全員いなくなってしまい、キノはまた一人になった。素直になれないキノは誰もいらないと強がるが、主人公だけは「私はどこにも行かない、そばにいる」と手を握ったため少しずつキノの気持ちは変わり始める。
しかしユーリが教会を引き連れキノを殺しにきた。ユーリが完全に敵になってしまったからにはユーリを倒さなければならないと覚悟するものの、かつて自分を拾ってくれた唯一の親友であるユーリを倒すことはやはり出来なかったが、教会がリヒターの死体を操りなんとユーリが殺されてしまった。そしてそのままキノと主人公とアヤトは教会へと連れて行かれてしまったのだ。
そして教会は科学で魔族を番犬として従わせ、人間が支配する世界を作ろうとしていることがわかった。しかもなんとその司教は主人公の父セイジだったのだ。
逆巻兄弟達が助けに来てくれたものの、キノは十字架に張り付けにされ動けなくなっていた。主人公がどうにかキノを助けようとするとなんとセイジが主人公を殺そうとしてきた。それを見たキノは「やめろ!」と大きな力を発生させ手枷を壊し、セイジを吹き飛ばし、主人公を助けて抱きしめた。
主人公の無事を確かめたキノは「アンタが好きだ、生きてて良かった」と言ってくれた。
兄弟達のおかげで教会は撲滅。更になんとユーマがユーリを助けてくれていたためユーリは生きていた。キノとユーリはお互い謝り、和解できた。
キノは今までのことを反省し、ローティゲンベルグへ戻ると言った。また一人になってしまうと思った主人公は「好きだから一緒にいたい」と告げた。するとキノは喜び、約束の地を二人で探そうとキスをしてくれたのだった。
その後グール達にも謝罪をしたキノは心から皆に慕われるようになり、数年後ようやく新たなグールの土地を見つける事ができた。
グールの差別も減ってきており徐々に平和になってきている。
二人は新たな土地が見える丘で「ずっと一緒にいよう」とキスをして誓う。大好きなこの人と約束の地でずっと一緒にいようと希望を見つめるのだった。





↓キノの感想ネタバレ有り↓



〜ディアラバロストエデン、キノの感想ネタバレ有り〜
今作ロストエデンからの新キャラのキノ君。ディアラバの新キャラターンは皆ドSぶりを発揮するのが見せ所ですが、さすがに逆巻と無神と月浪を乗り越えたプレイヤーからするともう慣れてしまって少々飽きた感も。なので最初の乱暴とかも「ふーん」って顔で見る感じになっちゃうんだけど(笑)、キノ君は動画を撮ってイジメとかしてくるのでちょっと新鮮ではありました。イマドキですね!
そんなイマドキさを垣間見せるキノ君はアプリやったり動画観たりと本当にスマホを活用してて普通の男の子っぽいんだけど、スマホが得意なのは孤独でそればっかやってたっぽいっていう真実。泣ける(ToT)(笑)
そう、キノ君めっちゃ孤独な人でした。父さんに捨てられ、グールに殴られ、力を手に入れても心から慕ってもらえず。辛っ。なので中盤あたりから可哀想すぎてなんか不憫に。
しかしカールハインツの隠し子だったっていうのは分かったけど、何故捨てたんでしょうな?そして母は誰なの?そういうのが全くわからなかったけど、わかるルートとかあんのかな!?誰か教えてくれ!(ToT)
あとは中の人がダミヘのシーンもめっちゃ上手くてギャアアアアとなりました(笑)凄い良い!!!
ただアヤトがめっちゃ不憫だった‥だって最初から最後までずっといろんな牢屋に入れられてんだもん(笑)一体何して暇潰してたんだろ?(笑)だから何回も主人公がアヤトを助けようとするけど、その都度アヤトが優しいから余計可哀想に見えて私も早く助けてあげたかったよー(;_;)けどアヤトはキノをアニキとすぐに呼んだのがマジあざといやんけ〜〜キノはときめいたらしくその瞬間からアヤト好きになったっぽいし(笑)アヤトならぬアザトやんけ(やめれ)笑
そんな可愛いアヤトに早く会いたくなったので次はアヤトを攻略したいと思っております!!とにかくキノさんも良い感じで終わって良かったですー!!