元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

DIABOLIK LOVERS LOST EDEN「逆巻スバル」ネタバレ

ディアボリックラヴァーズ ロストエデン〜
●逆巻 スバル(cv近藤隆さん)
逆巻家の末っ子。破壊的衝動のカタマリで、何かあるとすぐに手が出る暴愛系ドS。
黙って我が道を行く一匹狼タイプの不良で、他の兄弟が自分に構うのが鬱陶しいお年頃。
ひとりでいることが好きで、大抵自分の部屋(棺おけ)に引き篭もっている。

f:id:pinkve:20200429164948j:plain
※「DIABOLIK LOVERS LOST EDEN」バナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社及びRejet株式会社に帰属します。


→管理人のスバル君のネタバレ感想はこちら←


ディアボリックラヴァーズロストエデン、スバルルートネタバレ〜
(ヴァンパイアエンド)
カールハインツが亡くなる前、無理矢理力を受け継がされたのはスバルだった。
いらない力を継承され、更に大きすぎる力は制御できず苛立ちは増すスバル。しかも母のクリスタはカールハインツから愛をもらえないまま最近死んだ。
突然現れたキノというヴァンパイアがカールハインツの隠し子であり捨てられたという話を聞けば、キノとクリスタが同じような境遇にあった事で余計にショックを受けた。
嫌いな男から受け継いだ力を誰かに押し付けたくて、けれどどうにも出来ないのがまたカールハインツに押さえつけられているようでイラつく。そんなスバルを見たライトは「それなら上手く使いこなしてカールハインツに勝てばいい」とアドバイスしてくれたため少しずつ自分のこれからを考え始めていた。
そんな頃、カールハインツがいなくなったせいで荒廃しているエデンがビボラに襲われるという事件が起きた。エデンは今ルキ達無神兄弟が管理してくれているのだが、心配になったスバルは兄弟達を連れ魔界に向かう。すると魔界は今、末っ子であるスバルが力を受け継いだ事に納得できないビボラが誰かと手を組んでスバルを潰そうとしていることがわかった。
向き合おうとしているスバルに胸が打たれる兄弟達は勿論、無神兄弟もスバルに力を貸してくれた。皆と話し合い、ビボラの臣下に下らないため他の種族と手を組むことにした。アードラーとヴォルフはスバル達に良い返事をしてくれたため、残りの魔界の住人である始祖の月浪兄弟に会いに万魔殿へに行くことになった。
しかしカルラに「力を貸してほしい」と頼むとカルラは王の言葉しか受け入れないと拒否した。スバルにはまだカールハインツのような威厳が無いと、よって貴様には命運を託せないと言われてしまう。王として認めてくれないカルラに認めてもらうため、一同は万魔殿に留まり、スバルは力をコントロールする練習をすることになった。
すると一生懸命努力するスバルに兄弟達と主人公は力を貸した。すると皆の支えにより力をコントロール出来るようになり、カルラにそれを見せるとついに認め力を貸してくれると約束してくれた。自分の力のおかげで認められたのに、スバルは主人公に「お前が支えてくれたおかげだ、ありがとう」と言った。そんな優しくて強くて素直なスバルが、やはり好きだと思って胸が暖かくなる。
仲間になった月浪兄弟をエデンに連れて行くと、エデンでは変な呻き声が聞こえた。カルラがその音を聞くと「父王がカールハインツの泣き声だと言っていた」と言う。父王もその声を聞いたらしく、そしてその声が聞こえるようになったあとカールハインツは妻子と離れ一人で籠るようになった話を聞いた。
そして更にクリスタの使用人がクリスタの宝物だったと言う写真をスバルに渡した。その写真にはカールハインツとクリスタとスバルの親子3人がとても幸せそうに笑っている姿が写っていた。カールハインツの愛おしそうな表情に偽りはなくて、動揺するスバル。
もしかして父は、何か理由があって母と離れたのかもしれない。徐々にスバルの心に何かが引っかかるようになった。
しかしそこに、教会がビボラとキノと手を組みアードラーとヴォルフを殲滅させた。教会ではなんと主人公の父であるセイジがトップになっており、ヴァンパイアを全滅させようとしていた。ずっと主人公を探していたと言うセイジはキノを使って主人公を攫い、自分のもとで守ろうとした。しかしそれを見ていたキノは、憎しみを覚えていた。スバルも主人公もとても愛されていることが、憎い。自分は捨てられて愛をもらえなかったのに、愛される二人はずるい。だから二人に絶望を与えたい。
ついにビボラがエデンに攻め込み戦争になるとキノは主人公をそこに連れて行き、主人公を盾にしてスバルに攻撃を仕掛けた。スバルは主人公を助けようと必死になると、そこで何故かクリスタの声が聞こえた。隙が出たキノをスバルは一瞬で殺したが、今度はセイジがスバルに銃を向け娘を返せと言った。
スバルはその光景を見て思った、主人公を愛しているが、家族が離れる辛さも知っていることを。だからその銃で撃たれてもいいと思ってしまう。しかし主人公はやめてほしいと、スバルは大切な人だと庇った。更にビボラ達を一掃した兄弟達もスバルを囲み守ると、セイジは部が悪いと思い諦めた。
またみんなに助けられたと感謝するスバルだったが、それはスバルが愛されている証拠だと思う。感謝できる素直なスバルだからこそ皆大好きなのだ。
それからしばらくし、セイジとも和解し、主人公とスバルはエデンで暮らしていた。相変わらずエデンは崩壊していたが、二人は幸せだった。
エデンの崩壊を止めるためには王である存在が心を殺さなければならない。だからカールハインツはクリスタ達を遠ざけていた。しかしスバルには愛してくれる兄弟達や、月浪兄弟や無神兄弟という仲間がいて、何より主人公がいる。スバルだからこそ、新しいエデンをきっと作っていける。
世界樹の木の下でスバルは「俺らはずっと一緒だぜ」と言ってキスをしてくれた。永遠にそばにいると違う主人公は微笑んでキスを返した。





↓スバル君の感想ネタバレ有り↓



〜ディアラバロストエデン、逆巻スバルの感想ネタバレ有り〜
無印からずっと追い続けてるスバル君、今回も間違いなく最高のスバル君でした!
シチュエーションパートでは甘くて可愛くてニヤニヤが止まらないシチュが多く、正直言って「ぎゃあああ」と叫ばずにはいられないほど可愛かったです(笑)私的に一番ときめいたのが、主人公があげた小物入れが壊れちゃって一生懸命直してるスバル君の話。古くなって壊れたから気にしなくていいと伝えると、スバル君はお前からもらったものはなんでも宝物だからと言って直してくれます。それだけでも可愛すぎるのに主人公が「直してくれて嬉しい」と言うと赤面するスバル君は「可愛いこと言ってんじゃねーよ!//」と言うわけですが、お前が一番可愛いのや<●><●>(笑)
ほんっと可愛い〜(ToT)古くなってもずっと使っててくれたからこそ壊れちゃったのがわかるし可愛い〜(ToT)本当大好き愛してる!!(ToT)(笑)
そんな興奮状態のままプレイしましたけど、メインストーリーも甘さはありつつも切ない場面も。クリスタママとカールパパが本当はちゃんと自分を愛してくれていたと分かるまでここまでかかりましたからね。わかってよかった!
しかもスバル君のルートはみんなが優しい。逆巻兄弟だけじゃなく、無神兄弟と、なんと始祖兄弟まで!!これは驚き!みんながスバル君の味方で仲間になって、そして誰からも愛されているスバル君。公式はスバル君を贔屓してると思う(笑)
カールもね〜実はクリスタを一番愛してたと噂じゃないですか。だからなのかスバル君のことめっちゃ可愛いと思ってるっぽいし、顔がまずカールとスバル君が瓜二つとか言われてるしめっちゃ贔屓しとると思う(笑)
けれどそういうのも中々スバル君は気づけなかったけど、ようやく大人になってきて色々きづけたね。スバル君は怒って乱暴みたいに言われてるけどなんやかんやいつも一番素直だしいつだって周りに感謝できてる偉い子なんだよー!!!!だから愛されてるんだよねー!!私も愛してる!!!(笑)
後は何故か主人公の父のセイジが急に手の甲にチューとかしてきてキモかったけど(笑)、セイジとも和解とかする珍しいルートでした。みんなが幸せで明るい未来でいられるスバル君の暖かいルート、素敵でしたー!!