元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

DIABOLIK LOVERS LOST EDEN「逆巻シュウ」ネタバレ

ディアボリックラヴァーズ ロストエデン〜
●逆巻 シュウ(cv鳥海浩輔さん)
逆巻家長男で、いつもダルそうな無気力系ドS。
頭はいいのだが勉強や学校に対してもやる気がなく一年留年しているため、一歳下のレイジと同じ高三。
外界の音が鬱陶しいのか、大抵唯一の趣味である音楽を聴いている。

f:id:pinkve:20200426102647j:plain
※「DIABOLIK LOVERS LOST EDEN」バナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社及びRejet株式会社に帰属します。


→管理人のシュウのネタバレ感想はこちら←


ディアボリックラヴァーズロストエデン、シュウルートネタバレ〜
(ヴァンパイアエンド)
カールハインツが亡くなり、長男のシュウは力を受け継いだが、その巨大な力を制御できず戸惑いながら下界で過ごしていた。
しかしそれでもこの力を手に入れてしまった以上、自分だけの問題では無いと自覚し、ルキ達にも力を貸して欲しいと頭を下げたりし、兄弟達や無神達の信頼は得ていた。
ビボラとの話し合いで一度魔界に行くことになったシュウと主人公だったが、そこに急に現れたキノというヴァンパイアに拐われてしまった。キノはカールハインツの隠し子であり、シュウの力が欲しいため二人を監禁する。
ビボラは話し合いに来なかったシュウの態度に怒り、逆巻家に宣戦布告をしてきた。シュウと主人公に何かあったと気づいたユーマは、シュウが変わろうとしているからこそ力になりたいと思い、ビボラに訳を話しに行くが勘違いされ捕まってしまった。
一方、シュウと主人公はどうにか逃げてきたものの、ユーマが捕まったことによりビボラから「この男を使者と認めるなら戦争をする、認めないなら処刑する」と宣告されてしまった。ユーマとヴァンパイア全てを天秤にかけるという事態になったが、ユーマは自分のせいでヴァンパイアになってしまった「エドガー」であるため後悔と助けたい気持ちが勝り、ユーマを助けることを決意した。
しかしそんな頃、エデンの崩壊が進む。シュウが主人公に愛を感じれば感じるほど、エデンは不気味な音を立てた。そしてこの原因は、王が心を持てば持つほどエデンが崩壊するというものだった。王になるにはカールハインツのように感情を全て捨てるしか無いのだ。
しかもキノがユーマを操りビボラのツヴァイクを殺したため事態はさらに悪化し、シュウはキノを止めるためローティゲンベルグへと行くことに。「帰ってきたら可愛がってやる」と抱きしめてくれるシュウの言葉は別れを感じて不安になった。
シュウは、父に駒として動かされていた自分とキノを重ねて不憫に思っていた。同じ運命を背負う兄であるキノを差し違えてでも止めなければならないと。
結局心配したレイジと主人公もシュウを追ってローティゲンベルグへ訪れると、キノはユーマを人質にして「力をよこせ」とシュウに詰め寄っていた。しかしシュウは「この力はお前には無理だ、皆オヤジの思惑に踊らされてるだけだ、そんなことのためにお前を殺したく無い、兄弟なんだから」と告げたがキノは怒りユーマを刺そうとした。
その瞬間、なんとレイジがユーマを庇い刺されてしまう。瀕死のレイジは「借りは返した」と微笑んで、死んでしまったのだ。その姿を見たシュウは怒り狂い暴走しキノを一瞬で瞬殺した。更に怒りは収まらずどんどん力が溢れ出しもう何も考えられなくなり世界が崩壊のために震撼する。主人公はシュウに駆け寄り必死に声をかけた。「あきらめていいんですか」と。するとハッとするシュウから力が収まり始め、もう後悔したく無いと言って涙を流し、主人公がそっと抱きしめると世界に静寂が戻ったのだったが、なんとレイジはギリギリのところで生きていたため、シュウは更に涙を流したのだった。
その後、世界樹の下にキノを埋葬し、ビボラにも事のあらましを話し和解してもらえることに。エデンの崩壊は回復しなかったが、なんと不気味な音は消えた。
世界樹の下でシュウは言う。「お前がそばにいてくれて良かった」と。一日でも長くこの世界を保ちたい、何気なくこうやってお前と過ごす日々が幸せだからこれからもずっとそばにいて。
主人公が勿論と答えれば「褒美をやらなきゃな」とキスをしてくれるシュウをこの先も支えたいと心から思った。




↓シュウの感想ネタバレ有り↓



〜ディアラバロストエデン、シュウの感想ネタバレ有り〜
さて、今までも色んなシュウのエンディングを見てきましたが今回のロストエデンはどうなってんのかなーと思ったら今回は長男として王になった話でしたね。
今までのシュウはダル男でやる気なくてなんでもほったらかしが多かったのですが、今回は先にカールから力をもらった状態から始まったからかなんとシュウが割と大人な感じで始まりました。ダークフェイトではまだテキトーが残ってたけど今回はちゃんと書状とかも読むし、対応の何もかももやってて凄くしっかりしてて、更にそのおかげかレイジとの連携も凄くよく出来てましたよね〜仲良くなってて良かった!
まぁ相変わらずシチュエーションパートはダル男感をまだ出してましたけどね。ヴァンパイアは飯食わなくても生きれるとか、飯食うのめんどくさいから食わせろってくだりは何度やればいいのかなと思いました(笑)
けど相変わらず中の人の演技が上手いし、ダミーヘッドのターンは本当やばい!!シュウはエロい!!(笑)私的に一番ギャってなったのは口移しの飴の話で「生ぬるい飴」って表現がエロ過ぎて過呼吸になりました(馬鹿)笑
そんな相変わらずセクシーなシュウなんだけど、今回はシチュエーションパート以外はそんなに基本主人公に構ってくれなかったのでそこはなんか物足りなかったかも。最後に暴走止めた時にお前がいたおかげで大丈夫だった〜ってなるけど本当にそう思ってる!?(笑)なんか今までそんなに存在価値なかったけど止められて良かったよホンマ(笑)もうちょっと頼ってほしいとか話して欲しいって主人公はいつも思ってるのに今回本当になんも話してくれないし頼ってくれなかったのでよく分かんなかったです(笑)
でも立派になったシュウは本当かっこよくて素敵でした!気持ちを殺さなきゃエデンを保てないかもって時は切なかったけど頑張って愛とエデンを保ってほしいと思います(;_;)