元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

金色のコルダ2ff「衛藤 桐也」

●衛藤 桐也/エトウ キリヤ(cv日野聡さん)
偶然出会った謎の少年。ヴァイオリンの腕がいいらしく、コンクールで何度も優勝している。海外に住んでいたことがあるせいかハッキリと物を言い、ボディタッチが多い。



~ネタバレ~
(恋愛通常エンド)
星奏学院で偶然出会った生意気な少年の衛藤。なんと彼は吉羅の親戚であった。
そんな衛藤は、とてもハッキリとした性格と物言いで、まだ未熟な主人公のヴァイオリンにもズバズバと文句を言ってきた。そんな衛藤に負けじと練習を重ねる主人公だったが、その意地が返って好感を抱くらしく、衛藤は軽くあしらいつつ大人に相手をしてくれた。
衛藤が弾くヴァイオリンはたしかに腕が良く、そんな彼から練習を教えてもらえるのはとても有意義であったし、主人公も益々上手くなった。しかし主人公のヴァイオリンを聞くたびに何故か衛藤は今までにない気持ちに揺らぎ始める。
海外にいて実力があり、何度もコンクールで優勝した衛藤。自分に自信があって誰にも負けないと思っていたが、なぜか主人公の演技は心に響く。決して上手いわけじゃないのに、まっすぐで優しくて胸が熱くなる。衛藤とつるむ友達たちも衛藤のヴァイオリンを上手いと褒めたが、主人公のヴァイオリンを聞くと惚れ惚れするように讃え、自分とは違うと痛感した。
自分は間違ってないと自信をつけるために日本のコンクールに出た衛藤はやはり文句なしの優勝だったが、それを感じて余計に苛立つ衛藤。自分のヴァイオリンは、胸に響かない。
八つ当たりのように主人公に「出会わなければよかった」と言い、優勝した賞状を投げ捨てていった衛藤。その賞状を見た時主人公と友達は驚いた。なんと衛藤は中学生だったのだ。
その後、反省した衛藤は主人公に会いに来てくれ、出会わなければよかったなんて嘘だと言ってくれた。自分にないものを認めることはとても辛いと、けれどこれを乗り越えて更に自分は上手くなれると思っているからと主人公に素直に「ありがとう」と伝える。そして付け足したように中学生だったことは別に隠してなかったけど、周りからは大人っぽく見られると言って笑い、二人は仲直り出来た。
そして最後のコンサート当日、聴きにきてくれた衛藤に励まされ無事成功させることができた。コンサートが終わるとツリーの前に呼び出され、コンサートの成功を祝ってくれる衛藤。とても感動したと、自分をこれほど変えることができるあんたに出会えたことが嬉しいと言ってくれる。そしてクリスマスプレゼントにブローチを送ってくれ、来年からはもっと縁ができると言う衛藤は星奏学院は余裕で合格圏内だと笑い、よろしく先輩と微笑んだ。
エンドロール後のスチルは主人公の手の甲にキスをし、好きになったと言ったらどうする?と問う衛藤。