元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

金色のコルダ3~Another Sky~神南「榊 大地」

●榊 大地/サカキ ダイチ(cv内田夕夜さん)
星奏学院オーケストラ部副部長で普通科の三年生。楽器はヴィオラ
軽口でナンパな為誰にでも優しいが頼りになる。なんでも出来るように見えて実は努力家。




~ネタバレ~
(共通恋愛ルート)
神南高校に転入し、管弦楽部に入部することになると部長の東金に連れられライバル校である星奏学院へ行くことになった。その時迷子になってしまった主人公を助けてくれたのが榊大地だった。
大地は女の子にとても優しくスマート。しかしそれはどの女の子にも同じで、軽口で軽薄。それは星奏では有名らしかった。
しかし主人公はそんな大地の話も真摯に受け止めており、大地が神戸でコソコソなにかを嗅ぎ回っているのを秘密にしてほしいと言われちゃんと秘密を守っていたし、大地がくれた難しい楽曲である「パッサカリア」という曲をいつか一緒に合奏しようと言われた時もちゃんとマスターして大地に報告した。大地はパッサカリアのことも軽く調子よく言っていたのだが、それをちゃんと「約束」と言ってマスターしてくれた主人公に胸が打たれ、初めて本気でときめいていた。

↓エンド二種↓

(珠玉恋愛エンド)
主人公の事を信頼し始めた大地は神戸でコソコソしていた理由を話してくれる。
実は去年の律の左手の怪我の真相がわからない事、そして怪我をしたのが去年学生コンクールが行われた神南大学であること、だから真相を知るために神南大学に潜入したいという話だった。律のために必死になる大地に共感した主人公はその計画に協力することにし、土岐から制服を借りて、大地が神南高校生のふりをし、二人は神南大学に忍び込むことができた。
そしてそこでその事故の時に近くにいたという警備員から話を聞くことができると、なんと律が怪我をした時に星奏学院オケ部の部員である「碓氷穂乃香」が近くにいた事を知った。実は大地は元から碓氷を疑っており、その警備員の言葉を聞いて疑いはさらに深まった。
ようやく証拠が揃い始め、それは主人公の協力があったからこそだと大地は主人公に感謝した。そしてお礼にとカフェでスイーツを沢山ご馳走してくれるデートをした。前から大地は碓氷を疑っていたことも話してくれたが、主人公は碓氷と大地が仲良いことにヤキモチを妬いていたから良かったと話すと大地は頬を染めて喜んだ。更にニアにデートを見られ、星奏で二人が噂になってると聞く。あの大地が神南のヴァイオリニストにご執心だ、と。しかしそれを認める大地と、喜ぶ主人公に、ニアもからかいがいがないと呆れるのだった。
しかしそんな二人の捜査が律にバレてしまい、昔のことを蒸し返すな、もうやめろ、と釘を刺されてしまった。大地は、やっていたことは余計なことだったのかと落ち込むが主人公は寄り添い大地の頬に触れて慰めたのだが、その話を碓氷に聞かれており、主人公は碓氷の罠にハマり屋上に呼び出され、襲われそうになってしまう。危険に気づいた大地が助けに来てくれたため主人公は無事だったが、そこで碓氷は真相を話し始めた。
去年のあの日、碓氷は神南大学に律の応援のため訪れていた。しかしそこで律が留学をすると言う話を聞いてしまった。律が星奏を優勝に導くといつも言っていたのに自分たちを置いていって外国に行ってしまう、そう思った碓氷は絶望し、いつのまにか階段にいる律の背中を押してしまったとだと言った。律を愛し、律がいたからオケ部での未来を見ていた碓氷。そんな彼女が律の腕をダメにしたのだった。
そして碓氷は大地に、あなたがそこにいたら同じことをしていたはずだと言う。「オケ部部長の律」に憧れていた大地も留学を聞いたら絶対にショックを受け裏切られたと感じるからだと。その言葉に大地は思わずなにも言えなくなるが、主人公は「それでも大地が好きだ」と碓氷に言った。その言葉で碓氷は「自分だって、あなたみたいに彼を信じて愛してたかった」と泣いていた。
その後、碓氷は律に本当の事を書いた手紙を残し、星奏を辞めた。碓氷にとって律のそばにいられないことは本当に辛い選択だっただろう。しかし律は碓氷が犯人だと気付いており、彼女を責めても腕は治らない、憎しみの音楽は愛せないのだと言った。そして留学も断るつもりだったことも話してくれたのだった。
全ての真相が分かり、ようやく落ち着いた二人。大地は碓氷と紙一重であった自分を信じてくれた主人公に感謝の気持ちと、大切なパートナーだったと話してくれる。夏が終わってもこの関係を無くしたくないから神戸に会いに行くといい、恋心があればいつでもいけるからと、君が好きだよと言ってくれたのだった。
そして真のファイナル戦。アンコールになると大地は主人公を想ってあの曲を弾く。そう、それはパッサカリア
そして森の広場で、夏の間はパートナーで相棒として一緒にいたけどこの先も一緒にいたいと、愛している、恋人になってほしいと言ってくれたのだった。
エンドロール後は、夜景を見ている二人。
憎しみに囚われていた自分だったけど、今度は君に囚われている。そんな君に忠誠を誓うよ、世界の誰より愛してる、そう言って見つめてくれるのだった。

(逆注目恋愛エンド)
哀愁漂う曲ばかりを弾く主人公を見ると、儚げで守ってあげたいという気持ちが生まれた大地。
単身で神戸にやってきたことでホームシックになって寂しさを感じている事に気付くと、主人公を励まそうといろいろなところに連れ出してくれた。
今までの軽い女の子と違ってガードの固い主人公に、大地の気持ちは加速する。美しくて儚くて、高嶺の花だと夢中になった。
野外コンサートのデートに連れてってくれた時も二人は素敵な演奏に幸せな気分になったが突然の夕立で雨宿りをすることになってしまった。しかし雷が鳴ると主人公は怯えて大地に思わず抱きついた。小さく怯える主人公にときめいた大地はドキドキし、雷のせいでドキドキしてるんじゃない君にドキドキしてると言い、俺がいるから大丈夫だよと抱きしめて守ってくれた。
そんな日々が続くと、大地と主人公は朝練習を約束した日が来た。しかしその日も朝から土砂降りになってしまい大地は急遽中止にしようとメールをしたが、嫌な予感がして雨の中練習室に走った。すると案の定主人公はもう来ており、ヴァイオリンのためなら雨の中でも約束は守る主人公の姿勢に胸を打たれつつも、そのヴァイオリンに向ける情熱を少しでも自分に向けてくれるのならいいのにと熱い想いを口にした。
そして迎えた真のファイナル戦のあと、二人は森の広場で会っていた。
大地は、君を神戸に帰したくない、俺の彼女になってほしいと、彼氏として会いに行きたいと言ってくれたのだった。
エンドロール後は、主人公の頬に手を添えて見つめる大地が、ドライな俺に恋の魔法をかけたチャーミングな魔法使い。ずっと魔法をかけ続けて、愛しているから、と微笑んでくれる。

(ドルチェスペシャル内容)
お弁当のお礼に温室に連れて行ってくれる。天井に飾られている綺麗な花の花びらが主人公の頭につくのをとってくれて、花の妖精のようだと言ってくれる。