元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

金色のコルダ3~Another Sky~横浜天音「如月 響也」

●如月 響也/キサラギ キョウヤ(cv福山潤さん)
主人公の幼馴染で同い年の二年生。主人公と共に幼い頃からヴァイオリンを弾き、主人公にいつも何かしら巻き込まれている苦労人。何かと世話を焼いてくれる。星奏の如月律は兄。
※エンドは二種ありますが、管理人が一つしか見ていないのでネタバレは珠玉のみです。



~ネタバレ~
(共通恋愛ルート)
主人公に巻き込まれ、横浜天音学園に一緒に転入することになった響也。幼い頃からずっと一緒でお互いのことをなんでもわかってる二人は、横浜天音でもベッタリだった。
何かと気が効く響也は、横浜天音に慣れない主人公にいつも味方してくれたし、励ましてくれたりと、心強い存在だった。
しかしそんな時、アレクセイ・ジューコフに呼び出された響也は魔法で「音楽の力」を壊されてしまった。そのためうまくヴァイオリンが弾けなくなり冥加がが与えた機会にも結果を残せず、横浜天音を退学させられてしまった。
一方主人公のヴァイオリンは冥加に認められ、そのままアンサンブルメンバーに選ばれる。他のメンバーである天宮、七海、氷渡と徐々に仲良くなって横浜天音にいるのも慣れてくるが、響也がそばにいないのがどこか物足りなくて変だった。
響也は兄の律の勧めで星奏学院に入ることになり、オケ部に入り、ヴァイオリンを続けることになった。上手くいかない事に不安になるものの、横浜に残る事になったことで主人公と響也は度々会うことができた為、お互い励ましあって寂しさは少し紛れた。
ずっとそばにいるのが当たり前だと思っていた二人。主人公は響也にいつも甘えてばかりだし、そばにいると安心するし、二人きりになったって気にしないで眠ったりもする。そんな幸せそうな主人公の寝顔を見た響也は、男として見られていないことに複雑な気持ちを感じ始めていた。

↓続く↓

(珠玉恋愛エンド)
星奏でやり直す決意をした響也だったが腕のいい兄のそばにいることは、やはり容易ではなかった。逆に主人公の方はなんだかんだと横浜天音に慣れ、後輩の七海にアドバイスしたり、演奏だって腕が上がった。そういう姿を見ると、レベルの差を感じ響也は落ち込んだ。
久しぶりに二人でサイクリングをして遊ぼうとなった時も、主人公はニアに化粧をしてもらって可愛くて響也はそんな姿を見たらドキドキして嬉しくなって二人は楽しくデートをしたのだが、途中で偶然楽器店から出てきた天宮と七海と氷渡に会い、3人は主人公を囲み室内楽部の楽譜についての相談をし始めた。少し後ろで一人、距離を感じる響也は3人に囲まれて微笑む主人公を見ると胸がざわついて、一人で帰ってしまった。
それからも響也は主人公と3人の姿が忘れられず練習に力が入らなかった。今まで感じたことないイライラと、天才である兄のそばにいることに、自分の力の限界を感じ、投げ出したくなった。
そんな日々が続き迎えたセミファイナルだったが、なんと星奏の演奏が一曲終わった後律が腕を抑えて倒れてしまった。実は律は去年腕を怪我しており、無理して戦っていたのだ。絶対である兄の怪我に動揺する響也だったが、律は二曲目は響也が1stヴァイオリンでいけと言った。自信がない響也は不安になるが主人公も戦っていたことを思い出し決意する。
覚悟し、気迫迫る集中力を発揮し、音楽の力を手に入れた響也はなんと失ったはずのマエストロフィールドを自らまた手に入れ、素晴らしい演奏をしたのだった。会場が響也の演奏に大きな拍手をし、星奏はセミファイナルで勝利を収めた。
その一件から完全に自信を取り戻した響也の腕はめきめきと上達した。星奏の中でも有名になり、次期部長は響也に決まりだとも噂された。たくさんの人に囲まれてもてはやされる響也を見た主人公はなんだか距離を感じてしまう。しかしそのことに気づいた響也は、以前は自分がそう思っていたことを話してくれる。お互い同じことを思い、いいライバルである2人。だからこそこれからも同じ道を行こうと、響也は言ってくれたのだった。
そんな頃、主人公の腕も上がった今、あることを思い出す。それは天音学園に入ったばかりのこと、響也と部屋で2人窓から観覧車を見て乗りたいと話したけれどその時ちょうどテレビに映った王崎信武が難曲である「シベリウス」を弾いていて、あれを弾けるくらいにならなきゃ遊んでもいられないかと諦めたことだった。
今ならばシベリウスも弾けるかもしれない。そう思った主人公はシベリウスを練習し、響也に電話で報告する。驚き褒めてくれた響也と電話を終えたあと主人公の足は自然と観覧車に向かっていた。
観覧車の場所までつくとやっぱりそこには響也が居た。あの時の約束を忘れていないと言う響也は一緒に乗ろうと誘ってくれる。
徐々に上に上がる観覧車の中2人きり、綺麗な夜景を眺めていると響也は昔の話をした。それは幼い頃に主人公と響也と律の3人で観覧車に乗ったら主人公が怖がって降りたいと騒いだこと。しかしその時律が主人公の手を握り安心させてあげていたこと。その時の響也は律に敵わなくて悔しかったこと。そう話して、響也は主人公の手を握る。あの時は敵わなかったけど今なら先に行けると思うという響也は、主人公にそのままキスをした。ずっと同じままではいられない、変わることを恐れていては先には進めないと言う響也は、キスの返事はまだいいと言った。
そして迎えたファイナル戦、主人公は音楽の力を取り戻しマエストロフィールドを出現させる。そんな主人公の音色を聴いた響也は、懐かしい音を取り戻した事に胸打たれていた。
祝賀会が終わると主人公と響也は2人になり、響也は想いを話してくれる。隣にいるのが当たり前すぎて一生伝えることはないと思っていた想いだけど、先に進みたいから「好きだ」と言って恋人になってほしいと言ってくれる。主人公も同じ気持ちだと話せば喜ぶ響也は「こんな緊張するのは一生に一回でいいから、一生側にいて」と言ってくれたのだった。
エンドロール後は、ヴァイオリンを一緒に弾く二人。
隣にいるからこそ言葉にできなかった気持ち、だけどずっと昔から想っているのは変わらない、そしてそれはこれからもずっと、大好きだよ。

(ドルチェスペシャル内容)
お弁当のお礼に星奏の名物であるひょうたん池に夜に連れて行ってくれる。その池の中にはハートの石があり、そこに登って池を見たときに映った相手が初恋の相手の顔だという伝説がある。主人公と響也も並んで試してみるが見えるのは当たり前にお互いの顔。けれど主人公は初恋は響也だから当たってると言う。そして響也も勿論自分もお前だから当たってると言って照れるのだった。

管理人の感想ネタバレ有り