元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

DAIROKU:AYAKASHIMORI「比良」ネタバレ

〜DAIROKU:AYAKASHIMORI〜
●比良/ヒラ(cv小林裕介さん)
面倒なことが嫌いで回りに興味がない引きこもり天狗。
誕生日:1月19日(年齢2500歳ぐらい)
身長:180.0 cm
最近の悩み:羽団扇を新調したくても材料がないこと。

f:id:pinkve:20200808150801p:plain
※「DAIROKU:AYAKASHIMORI」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人の比良さんのネタバレ感想はこちら←

→恋愛エンドはこちら←
→友情エンドはこちら←
→悲恋エンドはこちら←



〜ダイロク、比良ルートネタバレ〜
(恋愛エンド)
アマツナの統の比良は、とてま強いくせに動かない引きこもりの天狗。極度のめんどくさがりで片腕の高尾に全てを任せきりだった。
そのため主人公とも関わることは余りなかったが、弱いのに頑張りすぎる主人公が倒れるのを見た比良は暇なとき稽古をつけてくれると言い出した。天狗に稽古をつけてもらうと言うのはとても実力が上がり素晴らしいものらしい。
それからちょこちょこ面倒を見てくれるようになった比良に懐く主人公は、友達になりたいと思ったが、比良は「妖と人間は家族にはなれない」と拒絶した。
そんな頃、特殊庁のお偉いさんである金田管理部長がサクラタニの見学をしにきた。更に金田の息子が人魚が見たいと言うため見せてやって欲しいと頼まれた。人魚の肉は不老不死になると思われ狙う人間が多かったが、実際人魚を食べると死ぬか妖化しないのが真実。それを鵜呑みにして近づこうとしているかもしれないため不安だったが、上からの命令で断ることが出来ない。
金田の息子の案内役に主人公が選ばれたため、心配した比良は「玉鈴の釧」をくれた。鈴がついているそれを鳴らせば必ず助けに行くと言ってくれ、主人公は嬉しさでドキドキした。
そして金田の息子を案内した当日、やはり嫌な予感は当たり、息子は人魚と主人公に危害を加えた。鈴のおかげで間一髪比良が助けてくれたが比良は怒りがおさまらず息子を殺そうとしてしまう。主人公が咄嗟に息子を庇ったため殺さずに済んだが、比良は怒って主人公を避けるようになった。
主人公は比良の事が好きだと自覚し、仲直りをしようとした。しかし高尾から「同じ時を生きる覚悟があるのか?」と問われてしまう。比良が欲しているのはそう言う存在だからだ。
その後、屏風覗きの証言と監視カメラのおかげで金田とその息子が人魚の肉を売っていたバイヤーであることがわかり、比良が起こした騒動はお咎めなしになり、自分の気持ちに結論を出した主人公は改めて比良に会いに行った。
主人公は、転化する覚悟はないとハッキリ言った。けど、始まる前から終わりを考えたくないと、好きだから一緒に幸せになりたいと、二人で答えを見つけようと伝えた。
するとその気持ちを受け入れた比良は「一生を俺に捧げろ」と言い引き寄せ、キスをした。覚悟をした比良は初めて心から微笑み「諦めてた未来をくれてありがとう」と言った。
エンドロール後は、付き合ってからストレートになった比良と過ごし幸せを感じていた。
前に欲しがったマニキュアを覚えてくれていた比良は主人公の手に塗ってくれる。一本だけでもドキドキするのにあと9本もあるのかと、恥ずかしさとときめきにドキドキするのだった。


(友情エンド)
人魚の件で避けられ、一緒の時を過ごせないからと拒絶されてしまう。しかし諦めない主人公は毎日でも通ってみせると、仲直りして友になるためならば頑張ると決意した。


(悲恋エンド)
金田の息子に怪我をさせた処分として、比良は数百年に渡り封印されることが決定する。しかし主人公は比良に生きて欲しいからと比良を現世に逃すことにした。比良は望んでいないと拒絶するが主人公は「好きだから生きて」と言い、覚悟した比良は釧は返さなくていいと言って去っていった。
エンドロール後は、比良を逃した罪で犯罪者の収容施設に入っている主人公。
しかし釧を鳴らすと懐かしい羽の音が聞こえた気がした。



↓比良の感想ネタバレ有り↓



〜ダイロク、比良さんの感想ネタバレ有り〜
実は一番最初に見た目がタイプだなと思ってた比良さん。しかし共通ルートではニートなひきこもりみたいな感じでめっちゃ無視されるので感じが悪いなと思ったんだけど、進めていったらむしろ優しいことに気づきまた印象が良くなり、なんだか上がったり下がったり忙しかったです(笑)
が、本当に最終的にめっちゃ良かった!
興味がないようで割とよく見ていてくれて、そして気も回せるし優しい。ダラダラして倒れてるところにしつこくつけ回すのも私は嫌いじゃないので、ダメ男みたいなのを構うのもむしろいい感じ。蹴られようがビクともしないのがまた強固で素敵だし(笑)
そしてそんな誰にも興味ないような雰囲気出しといて主人公の危機には即反応してめっちゃ怒っててめっちゃ強いのもかっこよすぎ!!特別感ある扱いってのもいいし、何より本気で強い妖なのが素敵すぎますよね。金田のクソ息子から守るシーンは本当かっこよすぎて感動して泣けました(;_;)
あとは見た目もめっちゃいいです。寒色系カラーのロン毛すごいカッコいいし、距離感がとても近いのでドキドキするしね!イケメンなのでその距離感を上手く出せる感じも良い。
しかし家族が欲しく、人間になりたかった比良さん。最後は主人公ははっきりと転化するとは言わなかったのがまたリアルで切ないけど、妖達とのラブだとそこの展開がどうなるかはでかいですよね〜。同じ時間を過ごせるよう、ちゃんと望む姿の妖になれる方法とかあればいいのにな。
あとは高尾が素敵だと思ってたんだけど最後の方は比良さんの母さんかな?ってくらい過保護でちょっと邪魔でした(笑)まさか比良取られてさみしいんじゃ(笑)
そんな感じで色気もあって大人な雰囲気もある比良さん、めっちゃ良かったです!素敵でしたー!!