元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

DAIROKU:AYAKASHIMORI「悪虂王」ネタバレ

〜DAIROKU:AYAKASHIMORI〜
●悪虂王/アクロオウ(cv鈴木達央さん)
仲間思いで礼儀正しく、秩序を重んじるマカツヒのおとーさんでありおかーさん。
誕生日:12月17日(年齢1266歳)
身長:185.0 cm 
最近の悩み:名前負け。

f:id:pinkve:20200809091048p:plain
※「DAIROKU:AYAKASHIMORI」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人の悪虂王さんのネタバレ感想はこちら←

→恋愛エンドはこちら←
→友情エンドはこちら←
→悲恋エンドはこちら←



〜ダイロク、悪虂王ルートネタバレ〜
(恋愛エンド)
マカツヒの補佐である鬼の悪虂王は、その怖い顔のイメージと違って常識人でいい人。主人公にも最初から優しく接してくれたが、どことなく壁があった。
しかし関わりが多くなればその優しさに惹かれ、機械いじりが好きと言う可愛い面や、大人の魅力にドキドキした。そして、昔の悪夢を見てうなされている所を見てしまうと、余計に彼が気になって仕方なくなった。
そんな頃、瀬見から「都内で殺人事件が起きており、容疑者は人ではなく悪鬼」という話を聞いた。酒呑や茨木は元悪鬼であることもあり心配したが、なんと玻閏の命令で現世にお買い物に行った際玻閏が人を驚かせてしまい騒ぎになってしまう。その場は悪虂王がおさめたものの、そのせいで第一特別対策室の人間が「悪鬼を操っているのは悪虂王」と言いがかりをつけてきた。
そして第一が悪虂王を無理矢理封印しようとして襲ってきたため、怒った悪虂王はなんと悪鬼の姿になり暴走してしまった。主人公が体を張って悪虂王を守ろうとすると冷静な悪虂王に戻り、そしてそこは常盤が丸く収めた。
悪虂王は昔、人間だった。女子供にも容赦ない朝廷に反逆する「まつろわぬ民」というメンバーのリーダーだった悪虂王。しかし悪虂王の友人が騙されミスを犯し、仲間が沢山殺され、その友人も罪を感じて自害してしまい、悪虂王の恨みは膨れ上がり鬼になってしまい、大量の人を殺した悪鬼となった。
主人公はその過去を聞き、悪虂王にもう悲しい思いをして欲しくないと思った。彼を好きになったから。
そして第一が「主人公が悪虂王の仲間だから告発する」と言った時悪虂王はまた怒ったが、主人公はもう悪虂王を悪鬼にはさせないと、私が守ると言って抱きしめた。心打たれた悪虂王は主人公を信じようと思い、抱きしめ返した。
その後、季尭のおかげで第一の佐久間という男が自分のミスを隠すため第六と悪虂王に罪を着せようと鬼の仕業にしていることがわかり、更に悪虂王が持っていた猫の根付けを証拠にしようとしていたがなんとその根付けが付喪神になったため証拠すらも消えて一件落着した。
ようやく安心した一同だったが、なんと皆の前で悪虂王は主人公に対し「貴女が好きだから信じようと思った。嫌われるのが怖くて悪鬼の話が出来なかったのも何もかも、貴女を愛したから」と告白してくれた。主人公は「私も好き!」と返すと悪虂王は優しく抱きしめてくれる。その優しさに包まれながら、彼となら同じ永遠を生きてもいいとすら思った。
エンドロール後は、三ヶ月後。
悪虂王は隠居し、少しずつ立派になるみんなを見守っている。相変わらずバタバタはしているけど。
仕事が休みな主人公を独り占めすると言って抱きしめ、甘い言葉でキスをする。もうあの夢は見ない。二人でいればずっと幸せなのだと噛み締めた。


(友情エンド)
第一が悪虂王を封印しようとしたが、信じ合っている第六の仲間たちのおかげで助かり一件落着。
その後、みんなでマカツヒで酒盛りしてゲームをして無事を喜んだ。みんなが盛り上がるそばで瀬見は悪虂王に問いかけた。「人のそばにいるのはこいつのおかげか?」と。
悪虂王は、酔い潰れて寝ている主人公の頭を撫でて幸せそうに微笑んだ。


(悲恋エンド)
悪鬼になってしまった悪虂王。佐久間が陰陽師を呼び悪虂王を討伐すると言い出したため主人公はそれならばと悪虂王を封印することにした。過去を聞いても今の悪虂王が好きだと伝え、自らの手で悪虂王を氷漬けにし封印したのだった。
そして3年が経った。
氷の封印が解けるのは何百年もかかるらしいが主人公は諦めずに毎日悪虂王の元に通った。
絶対解いてみせると言って悪虂王にキスをし、また明日とその場を去ると、遠くで氷が割れた音がした。




↓悪虂王の感想ネタバレ有り↓



〜ダイロク、悪虂王の感想ネタバレ有り〜
プレイする前から一番見た目がかっこいいと思ってた悪虂王さん。プレイしてみたらやはりかっこよすぎてやばいし、そしてハピエンあめえええええ!!!ヤブァアアア!!!!<●><●>ギャアアア!!!(ToT)(笑)
もう糖尿病になって死ぬんじゃないかなってくらい甘くて本当ヤバかったです、ありがたや(ToT)
そんな悪虂王さんなんですが、ほんっと顔が良くて、しかも鬼なのに敬語でスマートで世話焼きの良い人。中の人の声もめっちゃあってて最高なんですけど、なんか主人公は最初「顔が怖い」って言っててうけたんですけど(笑)まぁ確かに鬼なんて見たことないし、ツノ生えてるから怖かったりするのかね?こちらとしてはむしろイケメンすぎて眩しかったくらいですけども!!(笑)
あ、あと褐色肌ってのもポイント高い!かっこよい!そのくせメールを頑張って練習して平仮名だったりするのも可愛いし、猫の根付くれたやつとかも可愛い。その猫が付喪神になって悪虂王さんに甘えてるときに主人公が「猫になりたい」とか心の声で言ってたけど同意しかない!!!(ToT)笑
そして何より告白のシーンね!ストレートな言葉の数々と、好きになった理由の一つ一つと、歳を取って姿が変わったとしても想いが変わらないって言葉にめちゃくちゃ感動して泣けました(;_;)ここまで愛が深くて素敵すぎる!主人公も悪虂王と同じ永遠の命を生きてもいいかもとか言ってたのも驚き!わかる、わかるよ!私も悪虂王さんとなら永遠に生きたい!!!(ToT)(笑)
そして友情エンドとか悲恋エンドも見ましたが、悲恋エンドはあれは最後氷割れたよね!?戻ってきてくれたという希望を持っていいのかな?そうであってほしい〜(ToT)
あとはマカツヒのテーマ曲かっこいいのもいいし、玻閏さんと酒呑と茨木のトリオも面白くて最高でした!マカツヒ行きたい!ゲームも出来るし!(笑)