元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

DAIROKU:AYAKASHIMORI「湫」ネタバレ

〜DAIROKU:AYAKASHIMORI〜
●湫/シュウ(cv逢坂良太さん)
我が道を行く蛇の妖。
誕生日:7月24日(年齢2300歳ぐらい)
身長:177.0 cm 
最近の悩み:大蛇に頭が上がらないこと。

f:id:pinkve:20200809222802p:plain
※「DAIROKU:AYAKASHIMORI」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人の湫のネタバレ感想はこちら←

→恋愛エンドはこちら←
→友情エンドはこちら←
→悲恋エンドはこちら←



〜ダイロク、湫ルートネタバレ〜
(恋愛エンド)
ミツチの統である湫は蛇の妖。常に大蛇がそばにおり、滅多に会えない存在だったが何故か主人公は奇跡的に何度も会えた。
顔は美少年だが口を開くと生意気な湫。しかし文句を言いながらも助けてくれるところがあり、主人公が疲労で倒れた時も他の妖から攻撃されないようにとずっと守ってくれる優しさがあった。
そんな頃、イベントを前にしてミツチが何かを企んでいるという情報が入り、一番湫に会っている主人公がミツチを捜査することになった。主人公自身も湫は本当は優しい妖だと知っていたし、企みなど嘘だったと暴きたいこともあり、湫に接近した。
すると二人はどんどん仲良くなり、主人公も安心した。ミツチは危険なんかないと。
湫は偉くなることを目標にしており、全ての妖の上に立つのはミツチだと言ったり、他の統と一緒にするなとよく言った。しかし人間の双子の子供が神隠しにあいサクラタニに迷い込んだ時、湫はその子供の双子を一緒に探したりととても優しくしていた。それを見た主人公は「権力だけがかっこよさじゃないんだよ」と、子供に優しくできる湫はすでにかっこいいのだと伝えた。
湫の求める強さやかっこよさに、疑問が生まれ始める瞬間だった。
しかし安心したのも束の間、なんと大蛇と湫を筆頭に実はミツチはサクラタニの征服を計画していた。主人公は人質にされ脅され、第六や他の統も集まり湫達を捕まえようとした。劣勢と感じた大蛇はなんと、湫と自分は実は八岐大蛇の生まれ変わりだと話した。二人で一人であるため、二人が融合すれば八岐大蛇の力が得られるから融合しようと言った。しかし湫はそれを拒んだ。力を持てば主人公が危険な目にあうと思ったから。主人公が優しい方がかっこいいと教えてくれたから。
征服はやめると言った湫に大蛇は従ったものの、ミツチの蛇達は納得せず暴動になってしまったが、みんなの力で抑えることができた。
その後、常盤達に頭を下げた湫。今後サクラタニの秩序を乱さないと約束し、一件落着したのだった。
そして半月後。
実は二人は八岐大蛇というのは大蛇のウソだった。須佐之男命が八岐大蛇を退治するのを偶然見ていた人間が湫で、その時巻き込まれて死に、転生するときに大蛇と融合し、また分かて二人になったのだった。真実を知った湫はただの人間だったからもう偉そうにするのはやめると言った。
そしてけじめをつける湫は主人公に「大好き、番になって」と告白をしてくれた。喜ぶ主人公を見ていた白月や悪虂王に冷やかされるものの、噂になったおかげで湫に友達も増え、幸せな未来が待っていたのだった。
エンドロール後は、デートのために色々考えて瀬見にアドバイスを聞きに行く湫。そんな優しい湫が大好きだと思う。
藤桜の前でデートをし、湫は「大好き、大切にする」と言ってキスをして微笑んだ。


(友情エンド)
ミツチがサクラタニを征服すると計画したものの、湫がなかなか実行しないため痺れを切らしたミツチの蛇たち。しかしそこで湫は、主人公が友達だから友のためにそれはやめると宣言した。真実を話してくれた湫は改めて主人公に「これからも友として仲良くして」と言ってくれたのだった。
エンドロール後は、イベントを一緒に見る二人。湫はこの日主人公に告白しようと決意していたが全然気づいてもらえず、諦めずにいつか告白すると意気込むのだった。


(悲恋エンド)
大蛇と融合した湫。しかしそのせいで大蛇の存在は消えてしまった。力を得たが大蛇がいなくなったショックで湫は魂が抜けたようになってしまった。
主人公は湫に寄り添い続けると誓うが、湫は「あんたは消えたりしないよな?」と縋り続けるようになり壊れてしまい、あの明るかった湫の姿はもうどこにもなかった。



↓湫の感想ネタバレ有り↓



〜ダイロク、湫の感想ネタバレ有り〜
4人目に攻略しましたが、基本的に他ルートでは謎すぎたのでどんな人なのか全く分からずにスタート。共通ルートではツンデレの予感がしたんだけど、実際はそこまでツンが酷いわけでもなくむしろ素直で可愛かったです!
蛇の妖であるミツチの彼ら、なんか蛇って時点で陰険そうというか、しつこそうというか、じめっとしてるイメージあったんだけど湫は全然そんなことなくて寧ろワンコみたいな人だったけど実は元が普通の人間だったからそんな感じなのね。しかも純粋な人間だったらしいのでまさにピッタリでしたよね。普通の少年って感じだからそのまま妖になった感じだものね!スネ◯プ先生みたいな蛇感無かったね!(それ違う世界)笑
ただその元が人間てヤツ、最初は青龍だったり八岐大蛇だったり人間だったり結局なんなのって思ったけんど(笑)
大蛇さんとの関係もね〜最初は「世間知らずの野生児が大蛇に操られてる」ってイメージだったんだけど、大蛇さんが本当に湫を愛してる感が凄くあって、むしろこのストーリー最後の方まで湫と大蛇さんの二人のお話にしか見えませんでした(笑)主人公と湫のラブ話になったのはなんてったって最終章でしたからね(笑)
でもそっからはめっちゃ可愛いラブで良かった!!素直で可愛い湫が一生懸命主人公を楽しませたくて、幸せにしたくて、優しくしたいっていうのがめちゃくちゃ伝わるし、みんなにも冷やかされてるのが可愛すぎるし、めちゃくちゃお似合いで良かったと思いました!
ま、そう言いながら私は大蛇さんがめちゃくちゃタイプで死にそうだったけどね<●><●>(笑)
なんなのよあの色気あってかっこいい見た目は‥そして低音日野ボイス‥「〜しましょうね」って台詞の破壊力はヤバすぎて五回くらい死んだ(笑)結婚して!!!(ToT)(笑)