元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

オランピアソワレ「玄葉」ネタバレ

オランピアソワレ〜
●玄葉/クロバ(cv杉田智和さん)
中立組織「コトワリ」の副所長。
免疫研究に力を注いでいる医学博士だが、主人公を見るとからかわずにいられない性格。
空気を読むことに長け、場を明るくするみんなの兄的存在であるも、内心では色層という階級制度には強い反発を覚えている。

f:id:pinkve:20200507212850p:plain
※「オランピアソワレ」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人の玄葉のネタバレ感想はこちら←


オランピアソワレ、玄葉ルートネタバレ〜
コトワリの副所長で免疫研究専門の医学博士である玄葉は、明るくフランクで軽い感じの男。色層は黒であり、黒は化色、無色よりも下の最下層であり黄泉育ちであった。
黄泉には医者がいないため子供のために定期的に無料で診察を行なっている玄葉はとても優しい人で、子供に向ける笑顔も素敵だったが、黒という自分を貶める口調が度々あるのが気になった。
その理由はすぐにわかることとなる。外に出て気づいたのだ、玄葉以外に黒なんて人が全然いないことに。最下層である黒は差別され、黒になるくらいなら死を選ぶ人がいるほどなのだ。しかし剥という病気には二つの治療薬があった。一つは「非時丹」というもので、治癒率は五割。もう一つは「非時丹・涅」というもので治癒率は九割だったが、これは黒の血で作られているものであり、使えば色が黒になってしまうものだった。そのため助かるとしても黒になるくらいなら死ぬという人が多いため、涅は使われることがあまり無く、剥が治らず死んでいく。命を誰より大切にする玄葉は新しい薬を作るために寝る暇も惜しんで研究をしていたのだった。
そんな志の強い玄葉に惹かれるオランピアは彼に協力をしたい気持ちから月詠に泉の死に水を提供してもらったりと、彼の研究のために色々と動いた。
玄葉はお礼にとデートに誘ってくれたりした。大人な玄葉はおしゃれなカフェに連れて行ってくれたり、さりげなく唇についたソースをぬぐってくれたり、額にキスをしてくれたりした。海に誘われた時も焼けた褐色の逞しい肌と触れ合い、ときめきが抑えられなくてついにキスもした。完全に彼に恋をしてしまっていたオランピアだったが、そこに天真医療院の叉梗が現れ、玄葉がオランピアに近づいたのは白の研究のためだと、黄泉の子達を診察しているのも研究のためであると告げた。信じたくないオランピアだったが玄葉は否定することはなく、耐えられなくなったオランピアは涙を流し逃げた。
気まずくなってしまった二人。しかもそんな時に前々からオランピアを狙っていた薙草が「玄葉がオランピアに暴行を働いたと告発する」と言ってきた。しかし自分のものになるならそれはしないと脅され、玄葉を愛するオランピアは薙草に無理矢理体を奪われそうになるが、なんとその瞬間薙草が血を吐き剥を発症したのだった。
そのおかげで間一髪助かり、そこに導藦がオランピアと玄葉を呼び出した。実は玄葉は元は黄だった。幼い頃剥を発症し涅を使ったため黒になったが、彼は前の黄の長である葉金の息子だった。そのため導藦は薙草が今死にそうだから今のうちにわざと殺してオランピアを娶り、黄の後継になれと言ったのだ。でないと薙草が助かってしまえばこの状況ではオランピアは薙草の妻になってしまう。
しかしオランピアと玄葉は、薙草を助けることを選んだ。いくら憎い相手だとしても見捨てることはできないと、オランピアはなんと自らの血を使って研究をして欲しいと玄葉に頼んだのだ。更に死に水ではダメだったため、天女島に生き水を取りにいくことになった。実はあの渦潮は邪悪な心の者を飲み込むため、心に自信があるなら行けるという話だったのだ。
オランピアと玄葉は見事渦潮を避け生き水を持って帰ることに成功し、そしてなんと特効薬を完成させたのだ。
ようやく落ち着いた二人。オランピアは白の秘密を玄葉に話す。それは魂の半身に出会い愛し愛されると髪がその人の色に変わることを。玄葉はオランピアの前に跪き、ついに愛してると言ってくれた。そのまま結ばれるとオランピアの髪は真っ黒に染まり、美しく輝いた。
髪は時間が経つと白く戻り、そして薙草も薬のおかげで黒になることもなく剥が治った。玄葉は特効薬の功績を称えられ医療院へ戻ることに。
しかし薙草がオランピアを手に入れられなかったことを逆恨みし、なんとナイフでオランピアに襲いかかってきた。玄葉はすぐに助けに来てくれて薙草を殴り「傷つけるのは許さない、二度と俺の嫁に近づくな」と言ったのだった。
エンドロール後は、半月後。
薙草は流刑になり、玄葉は新薬の報償金がもらえたが断り、その代わり黄泉に診療所を作った。
新しい薬の名は「白妙」。オランピアに捧げる名。
玄葉は折り紙で折った魚をプレゼントしてくれて、結婚するまでこれを持っててと言った。可愛らしい魚に喜ぶオランピアは玄葉に抱きつくと、何度も愛してると言ってくれるから、夜まで待てないと微笑むのだった。




↓玄葉の感想ネタバレ有り↓



〜オラソワ、玄葉の感想ネタバレ有り〜
二周目に攻略した玄葉さんですが、このソフトが発売する前から一番気になってたキャラでした。というかこの人のためにこのソフトを買おうと思ってた!!見た目も設定も中の方もドストライク。絶対タイプだろうなと思いながら攻略したら、やっぱりタイプだったわー!!!きゃー!!(≧▽≦)/
てことで始めた玄葉さんは、最初からとてもフランクで優しくて好印象でした。共通のルートでもさり気なく助けてくれる事が多く、とても大人な感じがまた頼りになるし!
個人のルートに入ったら入ったで初っ端からのハンカチ落としの話が素敵。そしてそれを試すオランピアが可愛い!可愛すぎる!
そんな大人な玄葉に惑わされつつ、徐々に近しくなってきてのデートは更にやばかったですね?さすが大人のエスコートって感じでお洒落なカフェに連れてったり、大切な男は誰かと聞いてきたり。しかし中々これはズルいよね〜わかってるくせにさ〜言わないで言わせようとするズルい男!!(笑)そしてそんなズルい男にめっちゃときめく俺!!!!(笑)
かっこよすぎるよおおお(ToT)(笑)
元々私、褐色肌と黒髪が好きでして、更に白衣も好きなのにさ?なんか急に泳ぎ始めて半裸になったらめっちゃいい体してるしさ?(笑)色黒のいい体とかやばすぎて何度も凝視したしさ?(笑)更に実はついてる泣き黒子とか、子供に優しいお医者さんの時の笑顔とか、不意に香ってくる例の眠り薬の香水的ないい匂いとか、大事な男が俺だったらいいなとは思ってるよとか‥好きにならないわけないだろおおおお(ToT)(笑)
という感じでもう中盤までは息ができない感じにときめきました(笑)
が!!後半は中々お医者さんらしく現実的に剥と薬の話の展開に。そのために急に二人で天女島行くとか言い出した時はビビったが。今まで危なすぎて行けないと言ってたのに、唯一の白の生き残りのオランピア連れてく!?!?死んだらどうする!?!?度胸にびびったわ(笑)
あとは私薙草好きだったのにこのルートの薙草はクソ(Σ○Д○;)無理矢理押し倒されたやつ、アレあっぶな!!!ほんっとわずかな差でやられるとこだったじゃん(Σ○Д○;)しかもなんか押し倒してから薙草の話長すぎてめんどくさいなこいつと思ったし!!(笑)おかげで助かりましたが(^_^;)
まぁそんなクソのおかげで無事結ばれたけども、あいつに押し倒されたベッドで初めての行為なのちょっと意外でしたね。あと髪が真っ黒になったとき玄葉が本気で不安になるの気持ちわかりすぎて可哀想だったね。初めての時は営みの途中で萎えそうよね(笑)不安に押しつぶされそうで(笑)戻るとわかってからは元気になると思うけど!!良かった良かった!!(笑)
しかし結婚式とかはエンディングにないのねー!結婚して赤ちゃん何色だったかも見たかったな。
あ、あと私最初玄葉は黒じゃなくて黄色だと思ってたんですよ。なんかシャツ黄色いし(笑)でもそれ当たってたのね!?!?私凄くない!?シャツだけで!!(笑)
という感じでほんっと素敵な玄葉さんでした!!結婚してほしいー!!!!