元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

DIABOLIK LOVERS LOST EDEN「月浪シン」ネタバレ

ディアボリックラヴァーズ ロストエデン〜
●月浪 シン(cv森久保祥太郎さん)
始祖としてのプライドを高くもっており、他の血を持つヴァンパイアたちを見下している。
美しい血を好み、ナルシズムな発言も多い。
普段は言葉も丁寧だが、キレると暴力的な言葉遣いになる。

f:id:pinkve:20200424233821j:plain
※「DIABOLIK LOVERS LOST EDEN」バナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社及びRejet株式会社に帰属します。


→管理人のシン君のネタバレ感想はこちら←


ディアボリックラヴァーズロストエデン、シンルートネタバレ〜
(ヴァンパイアエンド)
シンを愛する主人公はシンとカルラと共に万魔殿で暮らしていた。
カールハインツが死に、力は息子のスバルに受け継がれていたが、力をうまくコントロールできず魔界は荒れ、魔族達はカルラ達始祖と手を組みたがっているようで、万魔殿には引っ切り無しに死者が来ている。
カルラはそれを断り続けていたが、シンは今のうちに魔界を始祖の元に取り返したいと思っていた。カルラに感染しているエンデツァイトは日に日に侵食しているため、手遅れにならないうちにと考えていたのだ。
その気持ちを受け取ったカルラはついに決心し、カルラとシンと、そして主人公の3人で魔界を取り戻そうと約束した。
主人公もシンを愛しているため二人の力になりたいと心から思っていたが、なんとそんな時にカルラが吐いた血がシンにかかってしまう。もしかしたらエンデツァイトがうつってしまったかもしれないと思うシンは、主人公にまでうつってしまうことに焦った。それからわざと主人公を突き放したため、二人はすれ違い始める。
そこに急にカールハインツの隠し子であったというキノというヴァンパイアが現れた。キノは教会と手を組み魔界を支配しようとしていたため始祖にも協定を望んできたが今はそれどころではなく決裂。
シンはエンデツァイトを探るためレイジに調査を頼むと、エンデツァイトにかかると発病から一ヶ月で痣ができはじめるということが分かる。まだ痣が出来ていないうちに主人公を遠ざける決意をするシンはルキ達に頼んで主人公をエデンに連れてってもらうことにした。理由を知らずに突き放される主人公はショックで悲しくて離れたくないとシンに縋るが、シンの意志は固かった。それほどまでに主人公の事が大切で、そして優しかったのだ。
しかしシンがビボラに拐われてしまい、そこでシンの母クローネが魔王ブライの臣下であるヴォルフの王子と恋仲であった話を聞いてしまう。そして気づく、エンデツァイトの兆候が出ないのはもしかしたら自分はヴォルフの子だから?自分は始祖ではなかった?
その疑惑に混乱するシンは「俺は誇り高き始祖だ!!」と不安に嘆いた。
その後シンは上手くビボラからは逃げ主人公と再会出来たが、シンはもしかしたら父の子ではないかもしれないという話をした。そして自分が始祖でないとなれば主人公との子を残しても始祖は残せない。だからこそ身を引いてカルラの子を産ませなければならないのだ。しかしそうするべきと思っても主人公を愛しているシンはどうしても離れられないと抱きしめた。
そんな頃、シンがまだビボラに囚われていると思い一人ビボラの城へ行ってしまう。誇り高き始祖であるカルラは弟のシンのため、ビボラに頭を下げたのだ。あの時のように。
シンと主人公もカルラを追うと、カルラの命はもう消えかかっていた。そしてシンに「次の王になれ」と告げたが、そこに現れたキノが真の出生の秘密をカルラに話したのだった。
しかしカルラはシンを抱きしめた。始祖であっても始祖でなくても母上の子で私の弟だと告げるカルラは「貴様はとっくに私を超えた。私よりも気高く強い始祖王となれ」と告げ、消えていった。
悲しみに慟哭するシンはその怒りのまま巨大な力でキノを瞬殺。そして主人公と二人でヴォルフの王に会いに行くことにした。そこで会った父かもしれないエーベルトはシンの母のことを確かに愛してはいたが健全な関係だったことを話し、シンはまごう事なき始祖の子であると教えてくれたが、愛した女性の子であることは変わらないためいつでも頼ってきて欲しいと言ってくれたのだった。
その後、魔界は衰退していったがスバルの頑張りでヴァンパイアは生き残っている。
そして開かれた魔界の会合でシンは「エンデツァイトにかからない自分と彼女とで新たな始祖を築き上げる」と話し皆はシンを認め拍手をくれたのだった。
会場を出た二人は夜空に輝く月を見上げた。亡き兄を想い、これからは二人で始祖としての未来を切り開いていくと誓うのだった。




↓シンくんの感想ネタバレ有り↓



〜ディアラバロストエデン、シンの感想ネタバレ有り〜
ダークフェイトから参戦した月浪家次男のシンくん。その時もすっごいハマって大好きでしたがエンディングが切なく終わったので今回は良いエンドだといいな〜と思ってたら前よりはかなり報われていたので良かったです!
てことでシンくんルートなんだけど今回はなんと臭いとかマズイとか言われないことにびっくり(笑)始祖からすると主人公の血はまずいって言ってたけどそれはアヤトたちが吸ったせいでしたからね?もうそれは浄化のおかげで完全に抜けたのかな?臭がられるのは女子として辛いので良かったです(笑)
だがしかし、今回のシン君ルートでもまたカルラさんはエンデツァイトになってました。更に前回と同じく死んでしまいました。生きてるエンドがよかったな(ToT)
更にシンくんが実は始祖じゃないという疑惑まで生まれて大変でしたが普通に始祖でしたね(笑)だよね、絶対そうだと思ってた(笑)
なのでなんかバタバタしたけど結局は元通りみたいな内容は薄いルートなんですが、個人的にシン君が凄い好きなので全然気にならなかったです。だってシンくんは相変わらず大人で優しくて甘くて主人公のことをいつも大切に思ってくれますしね!そういうところが素敵!
後は主人公がベッドの上で「シン君の可愛がり方は激しいから‥」とか言ってた言葉を二度見した(笑)想像しちゃったよおおお!!(笑)
可愛がってくれて、夜には激しいセクシーなシン君が本当に好きです!森久保さんの声もめちゃくちゃ合ってる!!これからも始祖王として二人で仲良く幸せに暮らしてください!!