元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

DIABOLIK LOVERS GRAND EDITION for Nintendo Switch「逆巻 アヤト」ネタバレ

●逆巻 アヤト(cv緑川光さん)
逆巻家三つ子のひとりであり、六兄弟の中で自分が一番偉くて強いと思っている。
常に上から目線の俺様ドS。悪戯好きないじめっ子。
スポーツは得意だが勉強は嫌いで、授業中はほとんど寝ているためにいつも赤点スレスレ。

f:id:pinkve:20200127203530p:plain
※「DIABOLIK LOVERS GRAND EDITION for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびRejet株式会社に帰属します。


ディアラバ、エンド1へ↓
ディアラバ、エンド2へ↓


→管理人ののネタバレ感想はこちら←


ディアボリックラヴァーズ、アヤトルートネタバレ〜
f:id:pinkve:20200127203445j:plain
(※「DIABOLIK LOVERS GRAND EDITION for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびRejet株式会社に帰属します。)
(ディアボリックラヴァーズ、エンド1)
逆巻家の三つ子の一人のアヤト。主人公を「チチナシ」と呼ぶオレ様系ヴァンパイアで、主人公の血を気に入ると「オレの物」と言われお気に入りのオモチャにされてしまった。
そんなアヤトに無理矢理吸血される日々が続くと満月の夜に狂気が増えると言い唇を噛まれてキスをされた。それはアヤトにとってはただの食事でキスなんかではないことを感じると喪失感を感じた。
しかし嫉妬深いアヤトは主人公がカナトに血を吸われそうになると嫉妬し、アヤトに処女を奪われてしまった。純血を失うと血の味が変わると言われ血を吸い続けるアヤトだったが、主人公は血が足りなくて貧血に倒れた。
するとそんな主人公を心配してか禁血をするアヤトに愛しさを感じ始める。
しかし純血を失ってから主人公の血の味が「あの女」と同じになったと言った。その味は極上でアヤトは気に入ったため主人公は嬉しかった。これでアヤトは自分を手放さないだろうから。それほどに吸血されることと、エクスタシーの快感にハマり、そしてアヤトを好きになっていた。
「あの女」とはアヤトの母であるコーデリアだったが、なんと主人公の心臓はコーデリアの心臓が移植されていたものであったため血の味が同じだった。コーデリアは昔アヤトが自らの手で殺したのだが、コーデリアの愛人であった叔父のリヒターが瀕死のコーデリアから心臓を抜き出し幼かった主人公に移植したらしい。
コーデリアは魔王の娘であったため力があった。だから主人公も闇と交わり覚醒し、その血を吸っていたアヤトは力をつけ、父であるカールハインツを殺しヴァンパイアの長となった。
そして二人は結婚することに。
結婚式当日、主役だというのに二人は式を抜け出し抱きしめあった。ドレス姿の主人公を珍しく綺麗だと褒めるアヤトを、愛していると思う。アヤトはドレス姿の主人公に牙を立て、主人公はその痛みを感じれば感じるほどアヤトを感じられて嬉しかった。
「生贄として一生そばに、メチャクチャにしてやるよ」
その愛の言葉を受け、幸せを感じた。
アフターストーリーは、アヤトにバースデーサプライズをしようとして勘違いされ喧嘩になる二人。アヤトが結婚指輪のかわりに薬指に噛み跡をつけてくれていたが喧嘩して口を聞かなかったため消えかけ、それが嫌で自ら薬指を噛んだ主人公。それを見てアヤトとも仲直りし、手作りのケーキを食べてくれ、一生大切にしてやるよと言ってくれた。

(ディアボリックラヴァーズ、エンド2)
コーデリアの心臓を狙ってきたリヒターを殺したアヤト。そして更に主人公を狙うカナトやライトや兄弟たちを皆殺しにした。
このまま王になると言う血塗れのアヤトは「愛シテル」と呪いの言葉を囁く。拒否するならば殺すと言うその呪いは、主人公の心まで壊し人形になるしかなかった。


↓アヤトの感想ネタバレ有り↓



〜ディアラバ、アヤトの感想ネタバレ有り〜
2年前くらいにプレイした時も攻略したアヤトですが、その時はそこまで盛り上がらなかったけど改めて攻略したら甘えん坊だし可愛いなと思えました。しかもダミヘとかセリフも中々のセクシーなのが多いので緑川さんボイスでの色気セリフの数々は中々素敵でした!と、無印は基本短いので感想もとくになく短いね(笑)これはどうしようもないー!!続編沢山あるから楽しみー!!