元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

軍靴をはいた猫「真相ルート」ネタバレ

●真相ルート、ネタバレ
※五人クリアでルートオープン。エンドは二種。
f:id:pinkve:20191219114731j:plain
※「軍靴をはいた猫」のバナーに使用されている画像の著作権は、株式会社プロトタイプおよびPrimulaに帰属します。


→管理人ののネタバレ感想はこちら←


〜軍靴をはいた猫、真相ルートネタバレ〜
f:id:pinkve:20191219114747j:plain
※「軍靴をはいた猫」のバナーに使用されている画像の著作権は、株式会社プロトタイプおよびPrimulaに帰属します。
(エンド1)
父暗殺の疑いで宣戦布告をしてきた帝国に引いてもらうため、一颯に帝国へ行ってもらうことに。戦争を避けるため一颯は快く受けてくれて、キティたちと一颯は和国から去った。
その後、シェドのような死体が見つかり暗殺犯だということで事件は幕を閉じ、一ヶ月半が過ぎた。葬式が行われ喪に伏しているためコタロウと結婚ができない主人公はまだ王にはなっていなかった。
二ヶ月が経つと王になるため学ぶ日々の主人公は一颯の事が気になっていた。しかも一颯の声が聞こえたような気もした。
四ヶ月半が過ぎた頃、なんとインクが帝国船でまたやってきた。しかもティガーという大きな猫に一颯が拐われ、オッドアイの白猫を連れてこなければ一颯は返さないと脅されたという。帝国の強い猫でも誰も歯が立たなかったティガーに対し、一颯を取り返す術はもう唯一のオッドアイの白猫である主人公しかない。
もちろんユズ達に反対されたが主人公は一人勝手に城を抜け出し帝国船に乗った。しかしやっぱり主人公の性格を知っているユズとくーにゃんはすでに帝国船に乗っており、3人で帝国へ向かうこととなった。出発すると更にコタロウまでもが帝国船に乗っていることまでわかり、一同は帝国へ。
帝国に着くと一颯奪還のため力を合わせて無事に一颯を取り返す事ができた。更に死んでいなかったシェドも捕まえる事ができて、一件落着したと思われたが、一颯と主人公はティガーのまやかしで呼ばれまた拐われてしまったのだ。
ティガー、主人公、一颯。その3人が揃った時ついにティガーが本当のことを話し始めた。
この世界は、一颯の世界の未来だという事。そしてこの世界を作ったのは神谷一颯、そう一颯だったということ。
研究者だった一颯は遺伝子操作の研究に成功。絶滅していた剣歯虎を蘇らせティガーの名付け、飼っていた猫のシロと共に一颯は二匹に遺伝子操作をし、二匹は人間のようにしゃべられる脳を持った。しかしティガーだけは元から禁忌であった存在であるため不老不死になってしまい、シロは先に死に、長い間ティガーは生きた。
更に神が禁忌を犯した人間に怒り天変地異で罰を与えた。人間は絶滅したが残された動物達は繁殖をし、少しの知識があるままにこうやって生き延びていた。
ティガーはもう疲れていた。永く永遠を一人生きるのを。だから一颯という存在が現れるのを待ち、殺して自分の存在も決して欲しいと思っていた。
そこに現れたのは軍猫様だった。軍猫様は神様が軍猫様の体を借りて話していたのだが、一颯に今の話を聞いてこの世界を残すのか、消すのか、選択しろと言った。残さなければ今出会った主人公達を皆消すこと。しかし残せば人間の未来は無くなる。
どちらを選択するのが正しいのか、一颯は悩み、そして決断した。
この世界を、残すと。
一颯の意志でティガーに死を望むとティガーは消えた。わけがわからない主人公を抱きしめる一颯は「自分のわがままで姫様達を無かったことには出来ない。俺を守ってくれてありがとう」と言って消えた。
その後、和国に戻った主人公たち。主人公はコタロウと結婚し、王になった。
一颯と出会ったあの場所でふと、一颯に会いたいと願った。ニンゲンは試練を与え願いを叶えてくれるというが、もうそれを望まない。和国を平和にするという願いは、自分たちで叶えなければならないのだから。

(エンド2)
上の流れと同じで、最後に主人公達の世界を残さない選択をする。
エンドロール後、記憶がない一颯は何故か道路に寝っ転がっていた。そういえばトラックにひかれそうになっていた猫を助けたのだったと思いだす。
無事だった猫を抱き上げるとオッドアイの美人な白猫だった。首輪をしてない猫に「野良猫ならうちの子になりなさい」と微笑むと「にゃーん」と返事をした。そんな可愛い猫に言った、
「そうだな、お前の名前は‥」
暖かい日差しが、一颯と白猫を照らしていた。


↓真相ルートの感想ネタバレ有り↓



〜軍靴をはいた猫、真相ルートの感想ネタバレ有り〜
イブキ様が現れたこの世界の真相はどうなのかなと凄く気になったのですが、なんか他キャラをやってく段階でなんとなく真相はわかってましたよね〜そしてやっぱり未来の日本だったよね〜!だと思ったよね〜!
でもこの世界を作ってしまったのがイブキだというのは予想してなかったので上手く繋がっててよかったです。まぁこの世界を残すとしても残さないとしてもまた微妙ですよねー!!残さないエンドで助けた白猫のやつはちょっと泣けましたけど(;_;)
でもあんな感じのイブキが将来すごい人になるって、想像出来ませんよね(笑)そして結局神様は軍猫様だったわけ?なんなわけ?真相と言いつつ謎が残る、それに尽きる(笑)