元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

神々の悪戯 In Finite「ディオニュソス」ネタバレ

ディオニュソス・テュルソス(cv野島裕史さん)
ギリシャ神話の豊穣の神。楽しいことが好きでなにごとも平穏無事に過ごしたいと願うおおらかな性格。
いつも気だるげにしているが持ち前のコミュニケーション能力で付き合いはうまいし、見た目と口のうまさで女性から人気がある。
(エンド二種あり)

f:id:pinkve:20191011114634j:plain
※「神々の悪戯 In Finite」のバナーに使用されている画像の著作権は、株式会社ブロッコリーに帰属します。


管理人ののネタバレ感想はこちら


〜神々の悪戯インフィニット、ディオニュソスルートネタバレ〜
最初から優しいお兄さんのような存在で話しやすかったディオニュソス。だからすぐに打ち解けることは出来たのだが、何故か彼はやる気がなく授業に出てくれなかった。
全員が卒業の資格を得られなければいけないとゼウスから言われている主人公はディオニュソスをどうにか授業に参加させるため説得しようとすると、なんとディオニュソスは葡萄の木の世話が忙しく参加できないのが理由だった。主人公は世話を手伝うことにし、部活も同じ園芸部に入ることにすると、ついにディオニュソスは授業に参加してくれるようになった。
ディオニュソスと共にいることが増えるととても楽しかった。飄々としているが大人っぽくて優しくて色気があるディオニュソスに翻弄され、とある日は酔って部屋まで送ってくれたディオニュソスがそのまま主人公の部屋で寝てしまい、朝一緒にベッドの上で目覚めるという事件まで起きる。昨日の記憶がない主人公に対し艶っぽく見つめるディオニュソスにまた翻弄され、もはや主人公の頭はディオニュソスでいっぱいになり意識してしまうが、ディオニュソスは「深く考えずに気軽に遊んでよ」と言ったため、所詮は遊びなのかと傷ついた。
しかしそれでもディオニュソスの事が頭から離れない主人公だったが、ディオニュソスは女子に囲まれてもいつも通りで、自分のことなんて意識していないのかと落胆した。
そんな頃、ディオニュソスが実はゼウスの子である事が分かる。しかし母は人間であったため、何か悩みを抱えているようだった。ディオニュソスの事を好きになっている主人公は何か力になりたくてディオニュソスのそばに行くが、ディオニュソスは主人公を押し倒し無理矢理体を奪おうとした。主人公はディオニュソスの熱に流されそうになるがこのままではいけないと踏みとどまり抵抗したのだが、そのせいで興が削がれたのかディオニュソスは「遊びなら大歓迎、いつでも相手するよ」といわれ主人公は涙を流した。
それから気まずくなるものの、やはり恋を諦めたくない主人公は思い切ってディオニュソスに告白する。ディオニュソスは受け入れてくれて恋人になりそれから甘やかしてくれたものの、何か壁を感じて不安になった。
しかしディオニュソスが「自分は中途半端な存在」と言った言葉から本当の気持ちが見え始める。神と人との間に生まれ、生まれついての中途半端の自分は何をしても中途半端だったと、「生まれてくるべきではなかった」と自分を卑下するディオニュソスを見た主人公は、怒った。世界中の人が否定しても、私はあなたが必要、「愛している」そう言って涙を流した主人公にディオニュソスは心打たれた。
そしてついにディオニュソスは本音を話す。自分の母は種族の違いのせいで自分を生んだせいで死んだため、自分も主人公を愛したら母と同じ目に合わせるのではないかと思い主人公を悲しませたくなかった事。けれどここまで自分を想って泣いてくれた主人公の愛に応えたいディオニュソスは「君が求めてくれたように俺にも君が必要、君に愛されるために頑張るから、まだ愛してくれる?」と言う。主人公がディオニュソスの手を取ると本当の笑顔を見せてくれて、キスをしてくれ、ディオニュソスは涙を流した。
人を深く愛せるほどに自信がもてたディオニュソス。すると枷が外れ、本来の神の姿になった。喜ぶ2人だったが同時にそれは卒業を意味し、そしてお別れを意味した。残り少ない時間を2人は仲良く過ごすことにし、短くも幸せな時間を過ごした。

↓エンド二種↓

(エンド1〜重なり合う運命〜)
離れたくないディオニュソスは主人公に残って欲しいと頼んだが、主人公は自分の世界に戻る事を選択した。
ディオニュソスは、二度と会えなくても君が忘れたとしても永遠に愛していると言ってくれて、最後まで手を握っていてくれて、2人はお別れした。
そして自分の世界に戻った主人公は記憶をなくしていた。蔵で目覚めたが何故か手に温もりが残る違和感を感じながら日々は過ぎていった。
そんな日々が続き不意に街中でサックスを弾く男の人を見つけた。素敵な音色と吹いている人の素敵さに見惚れ、演奏が終わると拍手を送った。するとその男の人は主人公に握手を求めたため手を差し出す。すると握られた手の温もりを知っている気がし、そのまま男の人は主人公を引くと強く抱きしめた。
「ずっとずっと探してた。ようやく会えた」と言う男の人に驚くと男の人は一目惚れしたと言い名を名乗る。
「俺の名前はディオニュソス
その名前は信じられないくらいスッと馴染む名で、抱きしめられると安心した。「君のためなら全て捨てられる、俺には君が必要で、君には俺が必要だから付き合って」というディオニュソスについていけないと思いつつも、主人公の心は踊っており、ようやく自分の居場所が見つかったような気がしていた。

(エンド2〜久遠の契り〜)
ディオニュソスの神の世界に行くことを決意した主人公。するとディオニュソスはけじめをつけるためゼウスに頭を下げに行った。するとなにもかも分かっていたようなゼウスは父親の顔をして、主人公に「息子を頼む、幸せになれ」と言ってくれたのだった。
そしてギリシャ神話の世界へ旅立った2人は幸せな生活を過ごしている。
左手の薬指にアレキサンドライトの大きな指輪をくれたディオニュソスギリシャ神話の神殿で深いキスを何度もする。永遠の愛を誓うディオニュソスは「君を俺のものにするよ」と言って熱い口づけを重ね、主人公もまた火照る体で愛してると返した。
オリンポスの長い夜は始まったばかりだと、胸を熱くしたのだった‥。

↓ディオニュソスの感想ネタバレ有り↓



ディオニュソスの感想ネタバレ有り〜
無印をやった時からかなり気になってたディオニュソスさん。セクシーお兄さんで優しくて口がうまくてモテ男のイメージでしたが、実際攻略したらそのままでした!(笑)
普段からボディタッチとかも多くてドキドキするんですが、ベッドインイベントのスチルがイケメンすぎて妄想力が掻き立てられました(笑)かっこいい(ToT)!!
しかし豊穣の神だからか土いじりみたいなことをやってることが多くてなんか農家的な雰囲気は意外すぎたし、俺は汚れたくないのであんま心に響きませんでした(笑)
しかし人間界エンドはとてもグッときて泣けましたね〜(ToT)ディオニュソスさんが全てを捨てて来てくれたって、感動的すぎる(ToT)ギリシャ神話の世界エンドはなんかやたらエロかったんですが久々にリップ音ある乙女ゲームやったのでなんかドギマギしました(笑)赤面!!(笑)
イケメンで遊び人風で恋に真剣になれないっていう必ずいるポジションのキャラ、やっぱ王道でいいですよねー!!とてもかっこよかったです!!