元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

女王蜂の王房〜輝夜編〜「虚」ネタバレ

〜女王蜂の王房−輝夜編−〜(R18)
●虚/ウツロ(cvいちごみるくさん)
蟲飼いの虚と言えば、巣で知らぬ者など誰もいない。
卑屈な笑いを浮かべて、様々な蟲を連れ歩いているため、たいていの者からは相手にされていない。
優しい言葉をかけてくれた輝夜に心酔している。

f:id:pinkve:20201026115158j:plain
※「女王蜂の王房〜輝夜編〜」のバナーに使用されている画像の著作権は、PURE WOOLに帰属します。


→管理人の虚のネタバレ感想はこちら←

→ベストエンドはこちら←
→バッドエンド1はこちら←
→バッドエンド2はこちら←
→バッドエンド3はこちら←



〜女王蜂の王房、ルートネタバレ〜
(ベストエンド〜地獄の果ての王冠〜)
下界で密かに生きていた主人公は、協力者である皇樹と共にコロニーへ戻ろうとしていた。皇樹は何故か主人公を女王にしようと企んでおり、その計画に協力者が必要だと連れてきたのが蟲飼いの虚だった。
蟲飼いで門番である虚は蜂から卑しいと言われ嫌われていた。しかし分け隔てなく優しい主人公に心酔しており、下僕にしてほしいと跪いた。
そんな虚を下僕にすると、主人公を愛するあまりなんでもすることが恐ろしかった。主人公のためならヒトも蜂も殺すし、自身の心はないのかと思った。しかも実力があるのにおどおどし、自分を卑しいと罵る姿にイライラしてしまい、虚の前だと自分が制御できなくて虚を罵ることに快感を感じワガママにもなっていくようだった。
そして計画を実行するためコロニーに戻った一同だったが、主人公は皇樹の計画とは違い、本当はめのうを助けたいと思っていた。自分は陰で生き、めのうを女王にするために現女王を暗殺した。そのせいで計画が崩れたことに怒り狂った皇樹がおとなしくするはずがなく腹を立てまた主人公に暴力を振るい暴れ狂った。それを見た虚は切れ、なんと蟲の力を使って皇樹を殺してしまった。
虚は主人公を抱きしめ、一生守ると言ってくれた。
それから二人は下界の荒屋で暮らし始めた。怪我した主人公を献身的に世話する虚との生活は穏やかで幸せを感じたが、なんとそこにめのうが現れたのだ。しかもなんとそれは殺したはずの女王がめのうに乗り移った姿だった。実は女王は主人公を愛していたためずっと一緒にいるためにめのうを殺して乗り移る日を元から計画していたのだという。めのうのためにこんなことをしたのに、めのうはいなくなってしまった、それを目の当たりにした主人公は切れ、発狂し、するとなんとその怒りが主人公の体を女王蜂に変化させた。
そう、新たな女王の誕生の瞬間だった。
めのうに乗り移った元女王はこれではもう存在の意味がなかった。元女王は誇りを持ち、自害した。
そして女王としてコロニーに戻ろうとする二人。しかし虚は主人公が女王になったことにより不安になっていた。実は昔主人公が幼い頃、2人は会っていた。虚はその頃も虐められており、怪我をして倒れていた。そこに現れたのが主人公でボロボロになった虚を見て薬草を取ってきてくれたのだ。何気ない優しさに助けられた虚は心打たれ、それからずっと主人公を愛していた。
しかし自分は卑しい蟲飼い。だからこれでは主人公とは釣り合わない。
主人公はそんな虚に言った。人間の世界では薬師は尊敬され重宝されている、生まれが違うだけであなたは本当は素晴らしい人、あなたがいてくれて良かった。
その言葉と共に手を握ると、虚は涙を流した。
そしてコロニーに戻り女王になったことを発表すると蜂達は新たな未来に喜んだ。
夜、女王様の椅子に座る主人公は、夫して選んだ虚との初めての交合のため寄り添っていた。主人公を崇めている虚はいくじがなく中々触ることができなかったが、そんな虚さえも愛おしく感じた。虚は「卑しい虚めがあなた様を独り占めしたい」と言い、その言葉は確かに主人公を熱くした。
私はただ一匹、この雄を求めていたのだ。
数年後、愛する我が子を抱く主人公。その側には相変わらずオドオドしている夫の虚がいた。虚は以前と変わらず「美しい、愛している」といつも伝えてくれて、そんな夫と口づけを交わせば、この先の未来はもっともっと幸せになるのだと感じた。


(バッドエンド1 〜全員死刑〜)
皇樹が主人公に暴力をふるい、キレた虚が暴走するところから分岐。
しかしおかしくなり主人公のことすら分からなくなってしまい、皇樹も主人公も蟲に喰われて死んでしまった。


(バッドエンド2〜母殺しの罪〜)
2人で荒屋で暮らしている所から分岐。
めのうに乗り移った女王に殺されてしまう主人公。息絶え絶えに、虚は泣いてくれるだろうかと思いながら息を引き取った。


(バッドエンド3〜沈む幸福〜)
主人公が女王に変化したところから分岐。
母が自害してしまった事で精神が壊れてしまった主人公。自分は女王ではなく王女だと言い虚のことも忘れ母もめのうもいないことも信じない。
幸せな記憶の中だけで、生きていくのだった。



↓虚の感想ネタバレ有り↓



〜女王蜂の王房、虚の感想ネタバレ有り〜
何を隠そうMの男が好きな私(初っ端から何)笑
そんな私がこのドMの変態蟲飼い男のことを気にならないはずがなく、正直言ってこの人の攻略をしたいからこの輝夜編を楽しみにしていたところはありました。
そんな感じでやってみたけれども、どんな変態が見れるのかワクワクしてやってみたけれども、なんか最終的にめっちゃ感動して泣けたんだけど(笑)
予想外すぎる<●><●>(笑)
いや最初は本当変態っぽくてですね、主人公の椅子になったり絨毯になったりと理不尽に叩かれ蹴られて最高でしたよ。まさにドMって感じで下僕すぎて最高!主人公が気が強くて命令しまくるのもいいし。ただ、どもりがひどすぎる〜!そして声デカくてうるせえ(^◇^;)ドMって割と声小さいイメージなのに虚は興奮しすぎてバカになるので耳キーンって感じです(笑)まぁ可愛いけど。
なのでそんな感じからのご奉仕エロみたいなのたくさんあるのかと思いきやそうでもなく、むしろ主人公が虚は卑しくないと、蟲飼いは素晴らしい仕事だと、人間の世界では薬師が重宝され尊敬されているから生まれている場所が違うだけであなたは素晴らしい人だと言ったのがメチャクチャ感動的で心に響きました。そしてそのまま初めての営みで虚が自らついに主人公を独り占めしたいって言ったのはむしろ感動的でエロシーンなのに全くエロくなくて幸せ感が凄かった!まぁ声うるさいからエロさがないってのもあるが(笑)
そしてそこからの幸せすぎるエンディング。めっちゃくちゃ清々しくてこの残虐なソフトの世界観と違いすぎて驚き(笑)むしろ達成感もあったし幸せだしもうこれが一番の本当のエンドでもいいんじゃないかなと思ったくらいでしたわ!
けどカッコ良くは見えないのはなぜ(笑)黙ってれば見た目はめっちゃイケメンなのにね!でも誰よりも幸せにしてくれるのは間違い無いと思う!
それと虚ルートでは色々な皇樹への仕返しがとても良い(笑)皇樹の部屋で下痢漏らしたやつメチャクチャ笑えたんですが(笑)いつも虐められているのでスカッとしました(笑)更になんとこのルートだと皇樹、虚に殺されたし(笑)ちょっとうけてしまったわ(笑)
皇樹も好きなんですけどね!ちょっとこのルートだと更に暴力凄いので辛み。
あ、あと虚のバッドエンドは全然物足りなかったです。虚が暴走して無理矢理やられるとかあれば良かったのにな〜エロが全然無くて残念!
でもハピエンが良かったので全体的には良かったと思いましたー!!