元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

金色のコルダ3~Another Sky~「あらすじ」

金色のコルダ3~Another Sky~feat.神南/至誠館/天音学園「あらすじ」
19,4,9~19,5,7

『神南高校』
至誠館高校』
『横浜天音学園』
『函館天音学園』


○あらすじ○
『神南高校』
幼い頃から数々のヴァイオリンコンテストで賞を獲っていた主人公だったが、大きくなると共に伸び悩み始めていた。幼馴染の律が高みを目指して故郷を出てからもう2年。律との実力の差は、目に余るほどになっていた。
しかし諦めきれない主人公に、ヴァイオリンを教えてくれている先生から転入を勧められる。そこは先生の母校である神戸の神南高校。名の通ったセレブが通うその高校にはヴァイオリンの腕で有名な人たちが所属する管弦楽部があるのだという。
先生が見せてくれた音楽雑誌に載っていた写真には、華々しく自信に満ち溢れた男の子達が写っていた。そんな彼らに魅入られ、主人公は神南高校に足を踏み入れることを決意したのだった‥。

~攻略キャラ~
・東金千秋(cv谷山紀章さん)ネタバレ
・土岐蓬生(cv石川英郎さん)ネタバレ
・芹沢睦(cv細谷佳正さん)ネタバレ
・如月律(cv小西克幸さん)ネタバレ
・榊大地(cv内田夕夜さん)ネタバレ


至誠館高校』
幼い頃はヴァイオリンを弾くのが楽しかった主人公。しかしいつからか苦しくなって、音色からも光が失われた。幼い頃コンクールで沢山とっていた賞も今じゃ、もう手が届かない。
そんな主人公を見た祖父は新しい生活をしてみてはどうかと提案する。ちょうど海外に仕事に行っていた母が帰国し、仙台で仕事をすることになったということもあり、二人で仙台で暮らしてみてはどうかという話だった。
気が乗らないまま取り敢えず仙台に遊びにきた主人公だったが、青葉城跡に立ち寄った時綺麗なトロンボーンの音を聞き、心が揺さぶられた。蒼い空に響き渡るその音を奏でていたのは長身で明るい同い年くらいの男の子。一緒に演奏しようと言われヴァイオリンを奏でれば、凄く楽しかった。
この近くの至誠館高校に通うという男の子はそこで吹奏楽部に入っていると言う。部活の練習の時間だと慌てて走っていく彼の背中を見つめながら、至誠館高校ならもしかして、と、主人公の目に希望が宿っていた‥。

~攻略キャラ~
・八木沢雪広(cv伊藤健太郎さん)ネタバレ
・火積司郎(cv森田成一さん)ネタバレ
・水嶋新(cv岸尾だいすけさん)ネタバレ
・水嶋悠人(cv水橋かおりさん)未攻略
・長嶺雅紀(cv保村真さん)ネタバレ


『横浜天音学園』
幼馴染の律がヴァイオリンの腕を磨くために横浜へ行ってから二年半が経った。幼い頃はコンクールで賞をとっていた主人公だったが、今は平凡で幼馴染の響也と地元の高校で何も変わらずに暮らしている。そろそろ進路を聞かれ始める頃、このままでいいのか‥そう悩み始める主人公の元に「横浜天音学園」への入学パンフレットが送られてきた。そこには主人公と響也に是非我が校へ入ってほしいという理事長からの招待の内容が書いてあった。
律との腕の差がどんどん離れいっている今、もう一度あの栄光を手にするため、響也と共に横浜天音学園の扉を叩くのだった‥。

~攻略キャラ~
・冥加玲士(cv日野聡さん)ネタバレ
・天宮静(cv宮野真守さん)ネタバレ
・七海宗介(cv増田ゆきさん)未攻略
・氷渡貴史(cv三浦祥朗さん)ネタバレ
・如月響也(cv福山潤さん)ネタバレ


『函館天音学園』
目が覚めるとバスの中にいた主人公。何故ここにいるのか、自分はなんなのか、名前以外の記憶がない。そして持っていたのはヴァイオリンのみ。
隣に座っていたニアという少女から、このバスは「函館天音学園」という場所に向かっていると聞く。そしてわけがわからないまま函館天音学園に転入することになった主人公は、ニアの他にソラとトーノという学生達と共にブラボーポイントを貯めなくてはならないことになり、横浜にある姉妹校「横浜天音学園」へ向かうことになるのだった。
妖精と人間の狭間の世界で、記憶は取り戻せるのか‥。

~攻略キャラ~
・ソラ(cvKENNさん)※お友達のサイトへジャンプします。
・トーノ(cv前野智昭さん)ネタバレ
・ニア(cv佐藤朱さん)攻略不可


協力サイト:感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ「金色のコルダ3〜Another Sky〜神南/至誠館/天音学園」


管理人の個人的な感想ネタバレありまくり