元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

白と黒のアリス「ジャック」ネタバレ

〜白と黒のアリス for Nintendo Switch
●ジャック(cv興津和幸さん)
城の親衛隊の隊長。
真面目で優しく、剣の扱いにも長けているが、ルナの前だと緊張して挙動不審になってしまう。
チェシャ猫のミネットは幼なじみ。

f:id:pinkve:20210914221022p:plain
※「白と黒のアリス for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人のジャックのネタバレ感想はこちら←

→黒ハッピーエンドはこちら←
→白ハッピーエンドはこちら←
→黒バッドエンド&白バッドエンドはこちら←
→FD黒エンドはこちら←
→FD白エンドはこちら←
→FDアナザーエンドはこちら←




〜白と黒のアリス for Nintendo Switchジャックルートネタバレ〜
(黒ハッピーエンド)
アリスの力を暴走させかけていた主人公は、スノウに連れられ白の世界へと旅立った。そこは殺伐とした黒の世界とは真逆で、とても平和で幸せな世界だった。
しかし生まれながらにして女王である主人公は自分が女王でなくなることに不安を募らせる。何のために生まれ、何になるために頑張ってきたのか、孤独に耐え、母のように立派になるのだと一人辛く女王を務めていたというのに。
なのに女王でなくなってしまった事に恐怖すら覚え、更にスノウとレインにより、自分には双子の妹がおり、その子が今代わりに黒の女王となっていることを告げられる。
もう自分は居場所がない、いらない存在、それを認めるのが怖くて消えてしまいそうになる中、唯一の安心できる場所を作ってくれる存在、それがジャックだった。
ジャックは女王親衛隊隊長であったが、今までトランプ兵の顔すら覚えてなかった主人公はジャックの事も知らなかったが、ジャックの方は女王の主人公を崇拝しており、その忠誠心は異常なほどであった。白の世界についてきたのも自ら志願したもので、こちらに来てからというもの主人公から少し離れたところでいつも主人公を見つめており、周りからは「守護霊」というあだ名までつけられた。
平和な白の世界で、守らなくてもいいのに自分をずっと守ってくれるジャック。不器用で、でもとても強くて、命をかけてまで自分を優先してくれるジャック。彼が呼んでくれる「女王様」という言葉だけが自分が女王として存在していいものと思わせてくれる唯一の言葉であった。
何度もまた不安に押しつぶされそうになっても、ジャックだけは変わらず主人公を助けてくれた。黒の世界にない夕日が怖くて、女王としてちゃんと出来なかった自分の罰のように見えた夕日の紅。それを見て涙がこみ上げた時もジャックは主人公の手を取り、跪いて、騎士として忠誠を誓い、自分だけは貴女が女王だと言い続けると言ってくれた。
その後もいつも大切に守ってくれたジャックに、どんどん心が惹かれる主人公。その気持ちが何なのかがわからないけど、とても暖かくて優しい気持ち。
しかしそんな時レインがジャックを黒の世界へと連れ戻すと言ってきた。代わりにナインという第一隊隊長のトランプ兵を置くと言う。ジャックがいなければ嫌だと怒鳴る主人公を尻目に、なんとジャックは素直に帰ってしまった。そんなジャックの姿に自分はもう女王だと思えなくなったんだと落ち込む主人公。
ジャックがいなくなった白の世界は、とてもつまらなかった。同じ道同じ場所同じ日々、あんなに楽しかったのはなんでだろう、そう、それは隣に大好きな人がいたから。そのことに気づいてしまった主人公は寂しくて悲しくて、そして恋しい日々を送った。
しかしその後、主人公のアリスの血のせいで狂ってしまったナインが主人公を襲ってくる事態が起きた。第三階級であるナインには血が強すぎたため、主人公の血の匂いで精神が保てなくなったのだ。もはや逃げられないと思った時、そこにジャックが現れ助けてくれた。正気に戻ったナインを見逃し、久々に会えた愛しい人を前に気持ちが溢れる主人公。そんなジャックに対し、自分はもう女王じゃないから仕えられないのかと思い切って聞くと心外だとばかりに一生貴女以外には仕えることはないとキッパリ宣言してくれた。ではなぜ黒の世界へ行っていたのか、その理由は主人公のために暴走してしまったアリスの血を治す方法を探すために禁忌である古書を盗むためだった。命の危険をおかしてまで主人公を想うのは何故なのか、その過去をポツポツと話し始めるジャック。
テイルエンドに生まれたジャックは親からも誰からも疎まれ必要とされていなかった。だからジャックは自分を認めて欲しくて幼い頃からボロボロになるまで訓練をしていた。雨が降ろうが槍が降ろうが朝から晩まで訓練する日々。いつかそれは白の兵士さえも倒すくらいの実力になったが、それでも誰も自分を認めてはくれなかった。誰一人そばに寄らず一人でまた訓練に明け暮れると、たまにとてつもなく意味が無い気がした。このままずっと繰り返していつになったら認めてもらえるのだろう、ボロボロになった手を見つめ、場所もわきまえず外の訓練場で倒れて空を見つめた。するとそこに少女が現れジャックに声をかけた。「急に倒れるからびっくりしたじゃない」と。自分より幼い少女は毎日毎日ジャックが鍛錬しているのをあそこから見てたと城を指差した。そして少女は問う、何故そんなに強くなろうとしているのかと。テイルエンドという意味を知らない少女は純粋に「テイルエンド」にではなく「ジャック」に問いていた。だからジャックは強くならないと誰も認めてくれないと答えた。すると少女はもうあなたは十分強いじゃないと、じゃあ私があなたを認めてあげると、ジャックの頭をよしよしと撫で「頑張ったわね」と言った。その瞬間ジャックは涙が溢れた。そう、自分は誰かに頑張ったと認めて欲しかったのだと。
そんなことがあったのなんてとっくに忘れていた主人公だったが、ジャックはその言葉があったから生きてこられたという。そしてその時出会った少女のために、その子を守るために生きようと誓ったのだ。
だからジャックはずっと、主人公を護ろうとしていた。
更に主人公の母である前女王が狂って主人公を殺そうとした時も実はジャックは主人公を助けていたことも思い出した。
生きる希望を救い、命を救ってくれた、二人は一人のようだった。
そしてジャックは女王じゃなくても貴女がなんだとしても貴女自身を愛していると誓ってくれたのだ。
やっと気持ちが伝わり喜ぶものの、レインはジャックと主人公を反逆罪で処罰すると殺しにかかってきた。レインにやられボロボロになるジャックに主人公は自分の血を与え回復させ、そしてこのままではだめだと二人の未来を決めることにする。
白の世界に残れば血の階級に脅かされることもなく暮らしていけると思いつつも、妹もまたアリスの血で狂ってしまう可能性があれば妹がかわいそうだという気持ちと、自分はやはり女王であるから国を守りたいという気持ちが強く、黒の世界へ戻ると言った主人公。なぜそんなに自分を犠牲にするのかと胸が苦しくなるジャックは「愛しています」と激しいキスをしてくれる。
そして二人は決意し、危険を顧みず黒の世界へ乗り込んだ。
やはりそこではお尋ね者として扱われる二人は追われるが、ボロボロになりながら主人公を護るジャックにまた血を与え、二人で支え合おうとするがやはりレインたちに囲まれ二人はピンチになる。しかしその時アリスの血を飲んだジャックに隠された能力が現れた。それは相手の力を全て無効にするという「弱体化の魔法」という潜在能力だった。その力でレインさえもジャックに敵わなくなり、そしてその力があればアリスの血の力すら抑えることができることがわかった。
その後、ジャックのおかげで血を抑えることが出来た主人公はまた女王に戻った。妹も白の世界へと戻っていった。そして主人公は女王として、血の階級制度の廃止を決めた。最初は大変なことばかりだが、誰もが笑って幸せである白の世界のように、黒の世界も幸せにしたいから。
エンドロール後は女王として奮闘する主人公が、部屋に戻った時ジャックの側でだけは女の子になれると彼に甘える。ずっとそばにいてほしいと頼むと我慢できなくなったジャックに押し倒され、キスを交わし幸せを噛み締めた。


(白ハッピーエンド)
このままでは二人とも殺されてしまうと、ジャックとの幸せを選んだ主人公は二人で白の世界で暮らそうと言った。
レインたちに、黒の世界には二度と行かないと宣言してからは平和なものだった。
普通の高校生活を送り、危険なことはない幸せな甘い二人の放課後。あげられなかったお弁当を作り、遊園地でデートもした。たまにふと未来が不安になり顔を曇らせるけどその時は必ずジャックが手を握ってくれる。
騎士じゃなくなった自分は主人公のために何を忠誠したらいいかわからないというジャックは、白の世界の方法で誓うと、主人公に指輪を捧げる。そして跪き左手の薬指に指輪をはめ、永遠にそばにいると誓ってくれた。


(黒バッドエンド)
「アリス」が完全に暴走してしまった主人公は溢れる力を振るい、ジャックと二人で全てを奪うため黒の世界へと舞い戻った。
アリスの血を飲んだジャックに敵うものはおらず邪魔をするトランプ兵も、レインも、スノウもみんな殺した。
「ああ、なんだこんなに簡単なことだったんだ。」
そう思うとかつて母が口ずさんだ歌が口から漏れて楽しかった。
そして最後に向かったのは玉座に座る妹の元。血だらけになった二人を見て怯える愛日梨は可哀想だから終わらせてあげる。大丈夫、一瞬で終わるから。主人公がそう言って笑えば、ジャックの剣が振り下ろされた。

(白バッドエンド)
黒の世界にまだ未練があり脅威になるためレインに殺されそうになった主人公。仕方なく白の世界で暮らすから見逃して欲しいと頼み、交換条件としてジャックが黒の世界へ戻された。
月に3度だけ白の世界に訪れることを許されたジャックを待つ日々は、空虚だった。やっぱり未練を断ち切れなくてジャックに「黒の世界へ戻りたい」と縋ると怒ったジャックに監禁されてしまった。
鎖に繋がれた主人公を抱きしめるジャックは、愛しているから生きて欲しいと言って口付けながら薬を飲ませた。その薬を飲めば素直になれるからと言われ、ジャックの激しいキスを受け入れれば何も考えられなくなった。
もうジャックさえいればいい、私の存在理由はここにしかないのだから。


(FD黒エンド)
ジャックの弱体化の能力で女王と返り咲いた主人公は新体制として血の階級を無くしたが、そのせいで主人公もジャックもとても忙しくなった。そのためろくに触れ合える時間が無いことに寂しさを募らせるが、そんな時ジャックが幼馴染のミネットの前では気兼ねない微笑みを見せているのが気になってしまう。自分はジャックの恋人なのに、自分には見せない笑顔が羨ましくてミネットに嫉妬したのだ。そのため喧嘩になってしまうが、ジャックは主人公と永遠に一緒にいるために「花火のジンクス」という噂話を聞き、苦労をして材料を集め、ミネットに協力してもらい花火を完成させた。
それを見せてもらった主人公は感動し、誰よりも主人公を幸せにしたいと思っているジャックの気持ちを再確認し、二人の気持ちはまた強くなった。
私だけのあなたでいて、同じことを思う二人は止まらない愛と止まらないキスに夢中になった。


(FD白エンド)
高校を無事卒業した二人は付属の大学へ進学。そしてそれを機会に同棲生活を始めた。
大好きなジャックとの新しい生活はとても楽しかったが一つだけ不満があった。それは一緒のベッドで寝てくれないこと。
主人公はジャックの胸で抱かれることが幸せだから共に眠りたいと思っており、拒むジャックの態度に不安になって心を痛める。一方ジャックは好きだからこそ共に寝ることでその先を求めてしまうことに歯止めが効かなくなるのが怖かった。純粋に育てられた女王の主人公は何も知らないから傷つけてしまうから。
そんなお互いのすれ違いの中、主人公が同じ大学の男にお茶に誘われたことでジャックが嫉妬して怒り、その強い想いから思わず押し倒してしまう。初めて見た優しくない男のジャックが怖くて泣いてしまうと、ジャックはハッとして謝り家出をしてしまった。
一晩一人で考えた主人公は思う、怖がる必要はなかったのだと。他のことを考えられないくらい自分を求めてくれたのが嬉しかったから。
だから主人公はジャックを探しに行き、見つかった場所で追いかけ、全ての熱を受け止めたいことを話した。傷つけたことを後悔していたジャックは本当に自分でいいのかと不安になるが、主人公はそこで「一緒にいなさい、命令よ」と告げた。
それは二人だけの合言葉。この世界にただ二人しかわからない、女王と騎士の約束だから。
まだ「ルナ様」と呼び続けるジャックはそう呼べる特別なのだ。
ようやく笑顔が戻った二人は手を繋いで帰っていく。それは鎖のように離れない絆だった。


(FDアナザーハッピーエンド)
鏡が割れたことや、虚の世界を調べているうちに虚の世界へ迷い白の世界へと行ってしまった主人公とジャックとカルミア
しかし白の世界に迷い込んでしまった黒の世界の住人を全て助けることに成功し、カルミアのおかげで黒の世界へと戻ることができた。
しかし黒の世界では前女王に処刑された侍女の息子である瑠唯が黒の世界を征服し王になるクーデターを起こす。前女王に処刑された遺族達を味方にし、市民たちにたくさんの支持を得た流唯の反乱は上手くいきそうになるが、ジャックはボロボロになりながらも主人公を守り、更に白の世界から助け出したあの人たちが「女王様は素晴らしい人だ!」と声を荒げてくれ、主人公は堂々と民衆の前でこの世界を良くするための気持ちを乗せて演説すると民たちは大きな拍手をくれた。
絶望した瑠唯が逃げようとしたものの、ジャックの手により倒され、世界に平和が戻った。
その後、カルミアのおかげで鏡と虚の世界も戻り、大怪我をしたジャックも完治し、お祝いに主人公がお菓子を手作りしてジャックにご馳走した。あまりの感動に死にそうになるジャックは相変わらず大袈裟だが、愛が溢れ止まらなくなり甘いキスをの返しをもらい、また愛しい日々が戻ってきたのだと彼の胸で満たされていた。


(FDアナザーバッドエンド)
瑠唯に主人公が殺されてしまい、怒号するジャックは瑠唯を滅多刺しにして殺した。
その後、主人公が死んでしまったことで狂ったジャックは強い人間の血を主人公に飲ませれば生きると言い、城の住人を殺して血を取り飲ませた。かつて主人公が読んでくれた絵本に見立てたガラスケースの中に寝かせ、レインやスノウ、愛日梨の血まで飲ませた。
けど、生き返らない。
もう城の人間は全部殺してしまったから次は街に出て人を殺そう。それがいなくなれば白の世界に行くのでもいい。
血だらけで死体がゴロゴロ転がる部屋でだんだん目が霞んでいくジャック。そういえば最近何も食べていなかった、だって彼女がいない世界では食欲すら湧かないのだから。
早く殺しにいかなくては、そう思いながらジャックの体も動かなくなった。




↓ジャックの感想ネタバレ有り↓



〜ろろアリ、ジャックの感想ネタバレ有り〜
まずは本編の感想。
移植前にももちろんプレイしたジャック。そう!!!!私の推し!!!!んもーーーめちゃくちゃ好きです!めっちゃ好き!数ある乙女ゲームを色々やったけどこの人はその中でも上位に好き!!
てことでそんなジャック、再プレイしてもやっぱり好きなのは変わらなくて最高でした!
まずもって何がいいって設定が良すぎません?騎士で、テイルエンドとして生まれたにも関わらずなんと女王親衛隊の隊長という強さ。騎士だからこそ跪いて忠誠してくれたり、「守る」という言葉と行動が本当にピッタリで、自分が守られることがこんなにも「女で良かった」と思えるくらい安心できる存在だと思うのよね。
そんなジャックのルートの流れですが、最初はオドオドしてるわけだけどすぐに西洋剣術の部長を負かすシーンがあるわけでね、あれホントにめちゃくちゃかっこいいですよ!!ギャップが凄すぎる!!剣を振って負かした後の、風が凪いだ、音が消えた、っていう表現が凄く合ってて鳥肌もんですね。
そしてね、主人公がどんどん自分の存在に自信がなくなるわけですよ。自分は女王として必要とされてなくて、白の世界にいればそれこそ誰も自分を女王と呼んでくれなくてそれがとても胸が痛いんだけど唯一ジャックは女王として見てくれて自分には価値があると思わせてくれるので凄い救われるんですよね。そして逆に黒の世界では価値がないと言われているテイルエンドのジャックが白の世界では人気者になるという逆の展開が凄いと思うし、それでもそんなことより主人公のために生きるのが幸せだというジャックの言葉に泣けます(;_;)
それから二人の恋が進んでくのはとても良くて、お弁当作りとか笑えたし可愛かったけど、悔しくてもずっと泣かなかった主人公が、ジャックが愛日梨に微笑んでる姿を見て初めて泣いたのがめちゃくちゃ泣けた(;_;)良い!
なのに今度は二人の出会いの話!!!これがまた泣けんだよおおおおおお(ToT)ルナはさ、強気に見えていつでも人を救ってるじゃん!?そういうとこほんとに素敵だと思う!!
そして強気なのに甘えるのがとても上手いのでね、唯一の自分の居場所がジャックの胸の中というベッドスチルとか凄い良いですよね。
ジャックは世界中が敵になって一人だけは絶対に味方でいてくれる安心感が本当にかっこいい!高身長なのでよくルナが胸に飛び込む表現多くて、抱きしめてくれる安心感とときめき最高です!
あとはやっぱキスシーンが多いんだけどジャックって普段オドオドしてるくせにスイッチ入ると結構強引な雄感あるのがまたいいですよね。エロい<●><●>(笑)中の人も演技上手いしね!!
そして黒ハッピーはなんと他の階級制度を無くすという素敵な展開!更にジャックの隠れた能力が使えるようになるという素敵なエンドでした。その最後のキスシーンも良かったけど、そこでルナが「吸血で特別じゃなくなるけど、彼の特別になる」って言うんだけどその表現めっちゃいいよね!!!世界の特別じゃなくても、好きな人の特別になれる幸せ掴めて良かったと思う。
白ハッピーは大袈裟なジャックの変わらなさが良いし、指輪の忠誠スチルめっちゃ良かった!そばにいる約束が欲しいってこっちが思うことをしてくれるから最高です!
黒バッドはあれはあれで私好きですね!血だらけで狂った力で制す、まさにアリスって感じ。しかも主人公が狂おうが何しようがジャックはやっぱりずっとそばにいるのがいいですね。大人の乙女ゲームでならメインのストになれるレベルで良き!(笑)しかしあの後どうなったのかね?
白バッドもまた凄いね!こっちも大人のゲームみてぇだった!(笑)でも愛が深いジャックだからこそ合ってるねー!普段おとなしいくせに「私がいないとダメなようにしてあげます」ってセリフ」エロすぎるな(笑)
そいえばジャックって一人称「私」なのもいいですよねー!かっこいいよー!!
そしてここからはFDの感想。
まずは黒アフターですが、相変わらずミネットがいい仕事をしにきます(笑)邪魔者ミネットのおかげで嫉妬をしたりすれ違ったり、そしてラブラブに戻るわけだけどさ、その時にルナが気兼ねない感じが羨ましいと言うわけだけどそれ羨ましいかな!?自分にだけオドオドして赤面して騎士でいてくれるのがジャックの良さじゃん!と思ったわけだけどまぁ好きすぎるから全部欲しくなるのは確かにわかる!
なのでこのルートは本当にわがまま女王感が凄い出てて、まさにジャックのルートって感じで良いなと思いましたね!何回もキスしてくれるジャックも良いし、一生懸命幸せにしたいと思ってやってくれるジャック愛しいし!あとこのルートで恋愛相談乗ってくれたレイン優しくてマジびびった(笑)天変地異か(笑)
そして白アフターですが、こちらもまたミネットが良い仕事をしてたな(笑)つかどこでもでてくるなこの人(笑)使いやすいナンバーワン猫ちゃん(笑)しかしこのルートは胸が痛くてやばいね〜嫉妬で怒るジャックの勢いと、追いかけても逃げていくシーンで悲しくて泣けたわ(;_;)
しかし生殺しは辛いよ!安心を裏切るってセリフがエロくて良いが!あと同棲してなんでもしてくれる彼氏最高ですね〜!「様」呼びも全然いいよ!早く結ばれたいね!!!(笑)
そして最後がアナザールートですが、ついに出てきたジャックの父のエース。こいつまじムカつくわ〜ジャック可哀想すぎる(;_;)しかしそこでルナが怒った時にルナ様がいるから耐えられるって言ったジャックの言葉があの出会いにつながって泣けましたよね。
そしてこのルートではいつもに増して全てお見通しでいてくれるジャックが凄い安心感あるよね。ルナが弱音を吐き易いのよ、縋ってすぐ抱きつくのが良い!幸せが大きいから失うのが怖いっていうセリフが凄くあってるんですよね〜!
そしてそのあたりで出てくる股内腿の吸血スチル。やっばぁ<●><●>(笑)スチルエロすぎるしそのあと我慢できないジャックやばあああ!!!!エロおおお!!!(笑)かなり興奮ポイントでしたが、ジャックがルナとカルミアの二人を抱き抱えて走るシーンもかっこよすぎて興奮しました。力持ち!!
そして最後の瑠唯に挑んだ時の戦いのシーンめちゃくちゃかっこいいですよね…ボロボロなのにルナの元へ行こうとする時にあの穏やかなジャックがナインに「放せ!」とか「くそ!」とか言うのがトッキメキ(ToT)かっこよい!!!!もう本当かっこいいポイント多すぎで最高でした!
あとアナザーのバッドすごすぎる(Σ○Д○;)このゲームの中で一番凄いスチルじゃなかった?死体だらけの血だらけ!これは壮絶だわ!アリスの世界観あって、白雪姫とかけてるのがまた良かったです!てか後ろで死んでるのナインか?(笑)
と、言う感じで全て終わりましたがジャックはやっぱりめちゃくちゃ好きです!!!興津さんボイスもほんっとーーによいキャスティングすぎてありがたすぎました!!永遠に好き!!