元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

白と黒のアリス「ミネット」ネタバレ

〜白と黒のアリス for Nintendo Switch
●ミネット(cv木村良平さん)
自称・魔法使いの青年。
美形だが、いつもふらふらとしており、その言動は誰にも読めない。
親衛隊長のジャックは幼なじみ。

f:id:pinkve:20210913231953p:plain
※「白と黒のアリス for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人のミネットのネタバレ感想はこちら←

→黒ハッピーエンドはこちら←
→白ハッピーエンドはこちら←
→黒バッドエンド&白バッドエンドはこちら←
→FD黒エンドはこちら←
→FD白エンドはこちら←
→FDアナザーエンドはこちら←




〜白と黒のアリス for Nintendo Switch、ミネットルートネタバレ〜
(黒ハッピーエンド)
主人公が黒の世界へ無理矢理連れて来られ、更に毎日しかめっ面のレインと対面し、やることと言ったらおかしな裁判と貴族の堅苦しい謁見のみ。そんな病んでしまいそうな生活を強いられていたが、そこに唯一明るさをもたらしてくれるのがミネットであった。
神出鬼没のミネットは城に侵入しては主人公に優しく楽しく話しかけてくれた。堅苦しいレインを前にしても、息抜きが必要だとお茶に誘ったり、外に連れ出して露天で指輪を買ってくれたりもした。そんなミネットのお陰で主人公の心は穏やかになり、笑顔になり、とても救われていた。
しかしミネットは気まぐれなのか、一緒に外出中にも関わらず急に主人公を置いて帰ってしまったりと、謎の行動もあった。それでも次に会った時には全く悪びれないミネットに絆され、それでもいいかと思わせるような魅力があった。
しかも主人公がレインにも黒の世界にも嫌気がさしていることを知り、ミネットは主人公を連れ出し町のパレードを見せてくれた。キラキラ輝くパレードは新しい女王の誕生を祝うものであり、皆女王への感謝の気持ちで心穏やかに楽しく過ごしていた。それを見た主人公はこんなにもみんなに必要とされているということや自分は一人なんかじゃ無いという事が分かり、とても心が落ち着き女王になることに前向きに思えるようになった。
ミネットは、いつもそうやって安らぎをくれる。
彼を信頼し、好きになり始める主人公だったが、そんな時になんとミネットは主人公を攫ってしまう。
ミネットの住まいにはミネットの飼い主である公爵夫人がいた。彼女は何もないミネットを拾い、沢山のものを与えてくれ飼ってくれた存在だった。しかしその代わりに若返りの薬を作る事が条件であり、ミネットに「契約」の魔法をかけていた。その魔法は公爵夫人が命ずれば、ミネットの首にイバラ模様が現れ、ミネットを苦しめるものだった。
そして今度は主人公の「アリス」の力を利用し効果の高い若返りの薬を作らせようと、ミネットに主人公を攫わせ、主人公にしびれ薬を飲ませ自由を奪い、毎日主人公から血を抜き薬を作ることにしたのだ。
単純に主人公を気に入ってるミネットは毎日主人公と一緒に居られるなら嬉しいと思い、自由の効かない人形のような主人公を可愛がり甲斐甲斐しく世話をし、薬を使った。しかしミネットは気づいた、しゃべりもしない笑わない主人公と一緒にいても何か足りないことに。前はあんなに楽しかったのに、なんでこんなにそばにいるのに楽しくないのかがわからない、何故なのかがピンとこない猫のミネットをただ見ているしかない主人公は何故わからないのかを言葉にして教えてあげたいのに口が動かず涙を流した。するとミネットはその涙を見て胸が苦しくなった。
大好きだから笑って欲しいのに、なんで泣くんだろう。
ようやく自分の間違いに気づいたミネットは、公爵夫人に痛めつけられる覚悟で主人公を逃すことにしたが、口を聞けるようになった主人公はミネットが大切だから一緒に逃げようと城へ連れていくことにした。
レインたちに怒られるものの、主人公とミネットの絆の深さに諦め、更にミネットが前女王の病んでしまったアリスの力をおさえる薬を作ると言い出し、ミネットはそのまま城のお抱えの研究者として仕えることになった。
やっと落ち着き、主人公とミネットは愛を語る事が出来、二人はお互いの気持ちを確かめ合う。愛を知らなかったミネットが初めて本当に好きになった主人公、とても好きで好きで離れたくないと、1秒でもいいから自分より長生きして欲しいという言葉とともにキスをくれる。主人公もまた、そんなミネットを愛していると言った。
しかし幸せは束の間、ミネットがいなくなり若返りの薬が効れ、美しさを保てなくなった公爵夫人の仕返しが始まる。ミネットへの契約の魔法を使い苦しめるが、主人公が自分の「アリス」の血をミネットに飲ませると力がみなぎりとりあえずは契約の魔法を鎮めることができた。しかし根本である契約そのものは消す事が出来ない。
力が及ばずイライラする公爵夫人は他の平民に魔法をかけ、女王とミネットを襲うように仕向けた。公爵夫人本人もミネットが残していた薬を使いレインに化け、城の中へ侵入するものの、すぐにレインではないと気づいた主人公が問い詰め、そしてミネットが魔法で公爵夫人に対抗すると、その姿は本来の年齢である老婆の公爵夫人の姿へと戻り、たくさんの力を使った公爵夫人は弱り、ミネットや人々にかけた契約の魔法は消えたのだった。
そしてその騒動に紛れて黒の世界へ戻ってきたルナが、ミネットの薬をあてにし、これからは自分がまた女王に戻るから主人公は白の世界へ戻っていいと言い出した。
ルナの提案を聞いたものの、ミネットと離れたくない主人公は黒の世界へ残りたいと言った。その言葉に心から喜ぶミネットはルナたちがいるのも気にせずに主人公を抱き締めキスをした。
半年後、ミネットの薬は完成しルナは元どおり女王になった。
そして主人公はというものの、ミネットの提案で高校を卒業するまでは白の世界へ戻ることになっていた。そして卒業式、ミネットは白の世界へ主人公を迎えに行く。目を瞑って欲しいと言ったミネットは、初めてミネットが買ってくれたあの指輪を主人公の薬指に嵌め、これから一生そばにいて欲しいと甘える。早く主人公を黒の世界に連れて行きたくて、ジャックの部屋に主人公へのプレゼントを沢山用意してたミネット。けれど愛に少し臆病なミネット。そんな彼とずっと一緒にいたいと桜の木の下で抱き合ってキスをして終わる。


(白ハッピーエンド)
ルナが戻り、ワガママを言ってはいけないと白の世界へ戻ると宣言した主人公。半年後にミネットは薬を無事に作り上げ、主人公は普通の生活へと戻っていった。
しかし白の世界へ戻っても寂しさは募るばかり。ミネットに会いたくて会いたくてただ呆然とする毎日の中、なんとミネットが白の世界へ現れた。驚き喜ぶ主人公を抱き上げ、新しい魔法を見せてあげると空を飛ぶミネット。なんと彼は主人公に会うために沢山の魔法を覚え、城の専属魔法使いになったのだ。そうなれば鏡を行き来することを許されるので、主人公のために必死に頑張ったという。これでこれからもまた一緒にいられると二人は喜んだ。


(黒バッドエンド)
ミネットが「アリス」の暴走を止める薬を作ると言いルナが戻ったものの、結局薬は効かずルナは暴走し民を大勢死刑にし、更にスノウとレインを殺してしまい、ショックでそのまま目覚めなくなってしまった。
何も知らない主人公はルナの代わりに女王となるが結局世界のバランスは良くならず重圧に耐えられなくなり、不憫に思ったミネットは主人公に自分の血を飲ませた。
夢中でミネットの首筋に噛み付く主人公はもう、何も考えることはできないまま快楽に溺れてまた繰り返していく。

(白バッドエンド)
ミネットの薬のおかげでルナの「アリス」の暴走が落ち着き、女王として戻ってくることに。結果、主人公は白の世界で普通の生活に戻れることに。
みんなとお別れし、前までの平凡な毎日に戻れたが、何かぽっかりと足りない。そう、大好きなあの人がいないから。
けどこれが「最善」の結末だから、私は最善のためにこれからも一人で生きていく。


(FD黒エンド)
再び黒の世界へと戻った主人公はルナと共に二人の女王として新たな人生を歩み始めた。だからこれからはずっとミネットと一緒にいられる、そう思ったのに宮廷魔法使いになったミネットはとても優秀で誰にでも頼られ忙しく、二人で会える時間はほとんどない。寂しい主人公だったが好きな人が人々に頼られるのは誇らしいことだと寂しさを隠す。
しかしそれをミネットは勘違いし、白の世界に未練があるのではないかと思い、主人公が見ていた本の白の世界に似た星空を魔法で再現することにした。その魔法はとても難しい魔法で時間が掛かったが、完成したそれを見た主人公やルナたちは感動した。
そしてその魔法を見せたミネットは、寂しい時はこうやってまた白の世界と繋がっている証明をするからどうか帰らないでと言った。更に置いていかないでと言うミネットを見た主人公は、自分はそんな人間ではないと、本当は全てを捨てでもミネットと一緒にいたくて、ミネットの全てが欲しくてここに来たと、人々に頼られるミネットを見て寂しいと思う醜い心がある自分は欲張りなんだと泣いた。
本音を話した二人はもっとお互いを知る時間が必要だと思う。これからはずっと長い時間を一緒にいられるのだからもう我慢せずに寂しいことは伝え合おうと話し、ミネットは花束と共に指輪をプレゼントしてくれた。その指輪は二つあり、お互いの薬指にはめ、一生共にいようと誓い合う。
愛しているとキスをして、永遠の愛の誓いをした。


(FD白エンド)
白の世界に戻った主人公と会うため宮廷魔法使いになったミネット。二人は離れていても心が繋がっていると信じ、たまの逢瀬を楽しんでいたものの、必ずくるお別れに寂しさは募っていく。
好きな人と離れたままでいいのか?ジャックの言葉にハッとしたミネットはスノウのアドバイスを聞き魔法使いの大きな仕事を終わらせて長くそばにいられるように仕事を増やした。そのため会えない日々が増えてしまい、主人公とカノンが付き合っている噂を聞いて誤解したミネットは傷ついてしまった。
本当はミネットの誕生日祝いのプレゼントを選ぶのをカノンに手伝ってもらっていたため誤解を生んだのだが、プレゼントはサプライズで渡したくて本当のことを言えず、ミネットに誤解されたまま完全に会えなくなってしまった。
すれ違いの日々は間違っている、そう思った主人公はカノンに頼みなんと黒の世界へと赴きミネットに会いに行った。
やっと会えたミネットに抱きついて泣いて謝る主人公は心が繋がっているなんて間違いだと言った。好きだからこそずっとそばにいたいのが当たり前なんだと。それはミネットも同じ気持ちで、そしてそのために今頑張っていると抱きしめてくれた。
そして主人公は前にミネットが欲しいと言っていたお揃いのティーカップを誕生日プレゼントだと言って渡した。好きな子からの初めてのプレゼントにとても喜ぶミネットとキスをして、そのティーカップに紅茶を入れる未来に馳せた。


(FDアナザーハッピーエンド)
鏡が割れ、虚の世界の出現で黒の世界の均衡が崩れ、原因を調べてるうちに虚の世界へと迷い込んでしまった主人公とミネットとカルミア
カルミアのおかげで出れたものの、そこは黒の世界ではなくて白の世界へと繋がっていた。
鏡が割れている為戻れない一同は、即席の鏡を作ることにし、ミネットのおかげで通信ができる鏡が完成した。
それを使いルナ達と連絡を取り、カルミアの力と女王達の力を合わせて割れた鏡を直すことに成功し、一同は元の世界へ。
鏡がもう一枚あり、過去にカルミアが封印したこともわかり、その後カルミアはもう一枚の鏡の封印をとき、また平和な世界が戻った。
小さい子供でもやっぱりとても凄い魔法使いであるカルミアを見てもっと力をつけなければと思うミネットだったが、優しくて頼りになるミネットがくれた「幸せ」の魔法は何よりも強力で解けない魔法なんだと、主人公は微笑んだ。

(FDアナザーバッドエンド)
主人公がジョーカーに殺され怒り狂ったミネットがジョーカーを殺そうとすると、カルミアに反撃されミネットも死んでしまった。
ジョーカーと過去に何かあったカルミアは彼女に力を貸し、夕方を消すらしい。
そんな二人の会話が聞こえる中、瀕死の主人公の手に温かい何かが触れる。それはミネットの手で、彼は最後の力で少しでも主人公の苦しみを取る魔法をかけていた。
もうなにも見えなくなる中、やっぱり彼は最高の魔法使いなんだなと微笑んだ。




↓ミネットの感想ネタバレ有り↓



〜ろろアリ、ミネットの感想ネタバレ有り〜
まずは本編の感想。
前回移植前のもプレイして、その時も凄いかっこよくてハマったので内容は結構覚えてました。が、それでもやっぱりミネットかっこいいなーと思いましたね!だってあの見た目ね!高身長セクシーイケメンで真っピンクなのでめっちゃ目をひきますよね。
そして声ね、安定の木村さんボイスめっちゃ良いんだけど、やはり彼が出てくるとこのキャラなんか胡散臭いなと、怪しいなと、そう思っちゃうよね(笑)と、いうか私はもう過去にプレイしてるから彼がどういう人なのか分かってるから端からそう思うのかもしれないけども!
しかしだね、最初は感情無かったとしても黒の世界では彼がほんっっっと癒し!だって側にはいつもあの嫌味のムカつくレインがいるわけですよ( ´◡` )心細いのにすっげー冷たいし真顔だし命令してくるし、そんな時に優しくしてくれるミネットの存在はマジで有難かったですよ。
てかね、その時レインに「陰気な顔をなんとかしろ」って言われたけど特大ブーメラン投げたかったよね<●><●>(笑)まぁその時もミネットが鏡見ろって言ってくれてマジ嬉しかったけども(笑)
そして序盤のミネットとのデートね、露店の指輪を欲しがっているのをすぐ見つけてプレゼントしてくれたり、スマートだったり、甘やかしも上手かったりと本当に素敵で誰しも惚れちゃうよ!と思ってたけど、急に帰るからね(笑)これは理由あるけど知らない時は本当自由すぎて超マイペースすぎてアリスの世界観ナンバーワンだなと思った(笑)
で、その後の公爵夫人登場のターンね、公爵夫人めっちゃ美人で見た目は好きだけど最後のシワシワお婆ちゃんの姿も見たかったなー!これは前から思ってたよ!どんなババアになったんやろ(笑)
公爵夫人に捕まった後、動けない人形の生活とか本気拷問だよなと思ったけど、そのあと心が通じ合った後はめっちゃ甘くてミネットが赤面したりするのも凄い可愛いし良かった。
リップ音も天才すぎるし<●><●>ギャー!(笑)
ただね、公爵夫人に飼われてた時の話でね、ミネットが幸せだったのは嘘ではないと思うわけよね。だって愛日梨に出会わなければ、恋をしなければ、その生活は別に嫌では無かったというかそれ以上を知らなかったんだと思うわけですよ。地獄な環境で生きてきた人だし薬さえ作ってればお金も家も生活もなんでもくれただろうし、むしろ公爵だから余裕ある感じだし可愛がって貰ってて、それ以上の幸せを知らなかったらやっぱ幸せだったわけよね。だから人の幸せの定義というか、感覚は本当人によって違うとは思いますね。
で、それを得ての黒ハッピーは桜の木の下のスチルが素敵すぎましたね!!スーツ姿のミネットかっこいいし、指輪の流れがめっちゃロマンチックで感動(;_;)
しかし白ハッピーはその後がわからない感じなのでFDに続くのが楽しみな作りでしたね!
あと黒バッドはルナが可哀想だったな(;_;)白バッドは短すぎるし(笑)
そいえば公爵夫人がレインに化けてる時のレインの女口調が爆笑でした(笑)あのレインが!?みないなのでニヤニヤ止まらん(笑)
そしてFDの感想。
まずは黒アフターですが立派になったミネット凄く頼れる感じになって魅力がアップしましたね!!優しいし甘いしエロいし!しかしそれに対して卑屈な主人公、どうした?(笑)なんかFDの愛日梨はどこにいても割と嫌な性格になっててウケる!(笑)それを最終的に暴露するからいっそ清々しいけどさ(笑)でももっと素直で純粋なふわふわ系だったはずなのに擦れちまったな(笑)
そして白アフターだけど、結局こっちでも本編と同じでその後がわからん!!二人は結局一緒にいられるようになったのかね?なんか切ないよね。しかもミネットが白の世界に中々来れなくなるからカノンよこしたのにカノンと仲良くしたら怒られたし(笑)しかしこのルートのミネットの髪下ろしスタイルめっちゃかっこいいー!!!そして会いに来てくれた時の「おまたせ」って言って手を広げたっていう表現めちゃくちゃいいですよね?自然とおいでのスタイル出来る高身長の男最高だよ!見た目も声もピカイチなんで飛び込みたいナンバーワンですよね!!ただ肩の猫生きてたの衝撃(笑)
そしてアナザーですがこっちもまたミネットが大人感あって甘々で頼れて素敵すぎるー!!!ミネットほんとFD全部素敵ですよね。で、このルートだとカルミアとの言い合いみたいなバトルも可愛いし、カルミアの大きな力を見ても負けないぞって感じで成長し続けようとするミネットかっこいい!魔法で助けてくれたりするのも凄い頼れるし!
あと私めっちゃ好きだったのが「出会う前の十七年分の君へ、愛してる」ってセリフ!!これめちゃくちゃ良くないですか?すっごい愛が伝わって大事にしてくれてる感が本当に素敵だったよー!!
ということでミネット全部終了。最初の感じからのFDの成長とか幸せの定義とか愛とか色々と良い流れでした!ミネットと恋人になれたら幸せだよね〜!そしてリップ音も凄かった<●><●>ありがたや(笑)