元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

白と黒のアリス「スノウ」ネタバレ

〜白と黒のアリス for Nintendo Switch
●スノウ(cv増田俊樹さん)
女王の側近で、黒うさぎ・レインの双子の兄。
物腰が柔らかく温和な性格で、いつも穏やかに微笑んでいるが、職務のためなら時に強引に事を運ぶことも。

f:id:pinkve:20210908114742p:plain
※「白と黒のアリス for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人のスノウのネタバレ感想はこちら←

→黒ハッピーエンドはこちら←
→白ハッピーエンドはこちら←
→黒バッドエンド&白バッドエンドはこちら←
→FD黒エンドはこちら←
→FD白エンドはこちら←
→FDアナザーエンドはこちら←




〜白と黒のアリス for Nintendo Switch、スノウルートネタバレ〜
(黒ハッピーエンド)
アリスの力が暴走しかけ、危険視された女王の主人公。裁判にかけた庭師が誰かに殺されてしまい、それは女王による身勝手な死刑と勘違いする国民からクーデターが起こり、やむなく白の世界へと逃げることになった。
幼い頃からずっと側近として尽くしてくれたスノウも共に白の世界へと行くことになり、不安な中も彼の優しさや献身的な態度に救われる主人公。
自分の代わりに妹が黒の世界で女王になることがわかり、動揺し、自分はもう女王に戻れないのではと不安になり荒れるが、それを宥めてくれる心の拠り所は信頼できるスノウだけだった。
幼い頃から立派な女王になるために厳しく育てられた主人公は、女王としての誇りを持っていた。凛々しく強く、だから誰にも弱さを見せたくはなかったが、小さい頃に弱音を吐かせてくれるのもスノウであり彼だけはいつも味方だった。そして身代わりの女王の件で惨めな思いをしていたが、それはスノウがレインに対する気持ちに似ていた。幼い頃からなんでも出来たレインは、弟なのに兄のスノウより剣の腕が優れた為、父親はいつもレインに期待しスノウのことは相手にもしてくれなかったのだ。
今までスノウがレインに対しそんな気持ちを抱いていたことを知らなかった主人公は、自分からしたらどちらも全く同じ性格の悪いウサギだとわざと悪態をつき、そんな主人公の言葉にスノウは救われ微笑んだ。
女王ではなくなり、早く女王に戻りたいと焦りつつも、白の世界は黒の世界と違ってとても優しかった。恐ろしいこともなく、高校で友達と楽しく過ごし、ミネットやカノンたちとふざけ合う放課後や、そして何よりいつもいるスノウの存在も心地良い。今まで背負って来た世界とは違って、主人公は年相応の楽しさと幸せを感じていたし、スノウとも側近以上に心が通わせている気がして、二人の関係も甘酸っぱいものであった。
しかしそれと同時に、こんな幸せな世界を過ごしていた妹があの世界で泣いているのがいたたまれなかった。性格のきついレインのそばで心細く不安にしている妹がチラつき、助けてあげたかった。
そんな時、黒の世界は更に荒れ、その原因は前女王が呪いをかけている為国は荒れているという噂が立っていた。このままでは本当に黒の世界は破滅を辿ってしまう‥そう思ったレインは、側近として代々受け継がれている命の通り、主人公を殺すことを決意する。
同じ側近であるスノウもそのことはわかっていたが、レインが襲って来た時スノウは主人公を守ってくれた。側近としてではなく、主人公本人の側についたスノウに対し、レインは冷酷にもスノウすらも殺すと言った。
しかし庭師を殺したのがスノウだということがわかった主人公はスノウが信じられなくなり、芋虫のアサギに騙され彼の手を取ってしまう。実際スノウが庭師を殺したのは主人公を狂わせない為であり、結局は全て主人公を思ったのことだったのだがパニックになっていた主人公はその想いに気づかなかった。
アサギに連れられ黒の世界へと行くが、結局アサギは主人公のアリスの血を利用しようとしていることが分かり、自分が浅はかだったと気づいた主人公。もう逃げられないと思った時なんとスノウが助けに来てくれた。
二人はどうにかアサギから逃げられたものの、主人公を助けたため反逆者となってしまったスノウ。このままでは二人は見つかれば死刑になってしまう。スノウを愛していることに気づいていた主人公は、自分が死ねば全て解決するのだと、殺してほしいとスノウに頼んだ。しかしスノウは初めて主人公に対し怒鳴ったのだ。あなたがいなければ生きている意味などないと、あなたを愛していると伝えてくれたのだ。
ようやく心が通じ合った二人は初めてキスをし抱き合った。
そしてこのまま二人はどちらの世界に行くかで迷ったが、結局妹のことや黒の世界のことに申し訳なくて、そして主人公は女王である誇りがあるからこそ、黒の世界にとどまることにした。スノウと二人、アリスの狂った血を治す方法を見つけることを決意し、白の世界の思い出に馳せると二人は美しかった夕焼けを思い出す。すると、女王に関しての古文書には朝の章と夜の章の間が抜け落ちていることを思い出し、そこにはかつてもしかしたら夕方の章があったのではないかという事を思いつく。以前カノンが昔は黒の世界に夕方があったことを言っており、昔の女王がスノウの祖先に夕方を消させる魔法を使わせたと言っていたのだ。
もしかして夕方を復活させればなくなった書物も復活するかもしれないと、主人公はスノウに血を飲ませ力を倍増させ魔法を使わせる。すると黒の世界に夕方が戻り、古文書にも夕方の章が現れ、そしてそこにアリスの血を狂わせない方法が記されてあった。なんとそれは双子の姉妹を同時に戴冠させることだった。
その後はレインや妹にその事を話し、結果主人公たちは二人の女王となることになった。
二人の女王が誕生すると黒の世界の淀んだ空気は瞬時になくなり、穏やかな空気が流れ、これで国は平和になった。
レインに一時は命を狙われた主人公とスノウだったが、レインを許しこれからも国のために補佐してほしいと言った。そしてレインはスノウが羨ましいといった。杓子定規でしか動けない自分と違って、スノウは父に期待されていたと。逆だと思っていたスノウは驚くが二人はお互いの欠けた部分をお互いに羨んでいた事を知り、兄弟の蟠りも消えた気がし、これからは共にうまく国を守っていけると確信した。
戴冠式も無事終わり、主人公とスノウは二人で森へ出かけた。かつて幼い頃に主人公が泣いていたシロツメクサの森。幼いころと同じようにシロツメクサのネックレスを作ってくれるスノウは、主人公にプロポーズをし、二人は幸せにキスを交わした。


(白ハッピーエンド)
国に追われ、二人は白の世界で生きることを決意した。お互いがいればもう他に何もいらないと思い鏡へと飛び込んだ。
そして年月は経った。
あれからレインは追ってくることもなく、スノウは大学院を卒業し、植物の研究者となり、研究所を立ち上げた。主人公も研究者となり彼の右腕として働き、二人は一緒に暮らしている。
今日もスノウが作った植物園に行けば、そこは相変わらず黒の世界に似ていると思う。そう、スノウは主人公のために黒の世界を作ってくれていたのだ。
植物たちに囲まれながらスノウは仕事も軌道に乗り財産も安定した今やっと言えると言い、結婚して欲しいと言ってくれた。ずっと待ってた主人公は迷いなく、喜んで抱き合った。


(黒バッドエンド)
呪いの女王と反逆者としてレインに殺された二人。黒の世界は平和になったが、森には夜な夜な浮かばれない二人の幽霊が現れると噂になる。
けどやっと二人は解放され、これからずっと二人きりでいられるのだと、その影は寄り添って微笑み合った。

(白バッドエンド)
スノウがレインに殺され、主人公は一人白の世界に取り残された。愛する者を失い、残ったのは憎しみと復讐心のみ。
その後、従順な僕となったアサギを使い黒の世界に噂を流し、アサギの仲間達にアリスの血を与え力をつけさせ自分を守らせた。スノウを殺したレイン達に復讐し、黒の世界を壊す野望のために生きている。
黒の世界には無い夕日を見つめ、その真っ赤な色と同じくらい復讐の炎は燃えていた。


(FD黒エンド)
主人公と愛日梨の2人が女王となり平和になったものの、新しい体制に側近のスノウは毎日忙しかった。中々2人の時間が取れず寂しさを募らせていればミネットが「永遠に一緒にいられるおまじない」というのを教えてくれた。それはなんと好きな人と1週間口をきかないというおまじない。素直な主人公はスノウとの幸せを掴むためそれを実行するが無視をされていると勘違いしたスノウはショックを受け、早く2人の時間を作らねばならないと更に忙しく仕事をし、結果逆に体調を崩して倒れてしまった。
心配した主人公はおまじないを途中でやめることになってもつきっきりで看病をし、スノウは久しぶりに主人公が優しくしてくれたことに喜んだ。
すっかり元気になった時、主人公が口をきかなかった理由を知ったスノウは怖い笑顔でミネットに罰を与えるのだった。
その後、話せないことがこんなに辛いことだと実感した2人はゆっくりと2人の時間を過ごす。おまじないより確実な、幸せなキスのおまじないをして。


(FD白エンド)
白の世界で生き、スノウに愛されこの世界で生きることが本当に幸せになった。そしてスノウからプロポーズされた主人公は、今まで自分のために沢山のことをしてくれたスノウを喜ばせたくて結婚式にサプライズを用意することにした。
それはなんと悲しい別れをした双子の片割れ、レインを結婚式に呼ぶこと。
鏡番のディーとダムに招待状を託し、結婚式当日なんとレインと愛日梨がお祝いに来てくれた。とても驚くスノウに少し気まずいレインが「久しぶり」と声をかけるとスノウは涙を流した。あんな別れ方をしたが許してくれるのかと言葉にすれば、もう昔のことだと言うレイン。そしてあの時のことを後悔してると言うレインとようやく和解ができた。
更になんと愛日梨が結婚祝いにと持ってきてくれたのは昔主人公が母親に欲しいと強請ったオルゴールだった。それを開くと流れた音楽は結婚行進曲。その音色はまさに亡き母親が2人の結婚を祝ってくれているようで主人公の瞳からは涙が溢れた。
お互いの双子の片割れに幸せを願われ、母の思い出ももらえた二人。美しいドレスに身を包んだ主人公をエスコートし式場に向かうスノウは、少し早めの誓いのキスをした。
女王と側近では無く、ただ一人を愛するためにこれからずっとそばにいると誓うのだった。


(FDアナザーハッピーエンド)
白の世界から来たという流唯と偶然知り合った主人公だったが、なんと彼の母は前女王で主人公の母の侍女をしていた「綴里」という女性だった。
流唯が幼い頃に綴里は何故か黒の世界に飛ばされ、しかし失踪したと思っていた流唯や流唯の父は母が急に失踪したことで辛い日々を送っていた。流唯がわがままを言った日に綴里がいなくなってしまったため、自分のせいで綴里が消えたと思い、父は自分を恨んでいるためそれからずっと冷たくされ家族とは言い難い関係を続けていた。
そんな辛い過去を持つ流唯だったが、なんと更に綴里が前女王に死刑にされていたことを知る。前女王のアリスが狂ってしまった時の話だったが、そんな理由があっても許せるものではなく、自分の家族をバラバラにしたアリスの血が憎く、流唯は復讐として黒の世界を支配しようとする。
流唯は先祖が黒の世界の住人だったためこちらに来て「鍵の力」という力を開花。それは全てを正しく戻す能力と、鍵を開けることが出来る能力と、魔力を分解する能力が備わっていた。
その力を使い流唯は城に乗り込み、スノウに毒の刃を向け動けなくし、主人公を羽交い締めにした。このまま俺のものにすると主人公を押さえつけるが、その時カルミアが大魔法を使いスノウの毒は消え、流唯の力が失われ、流唯を捕まえることに成功した。
その後、黒の世界は平和になり、流唯も白の世界へと戻すことになった。あっちに戻っても誰にも必要とされていないと無気力になる流唯に、スノウは鏡を使って白の世界を見せた。するとなんと父がボロボロになりながら流唯を探している姿が映った。更には流唯が小さい時にあげた肩たたき券を未だに持って大事にしていたことを知る。その姿を見た流唯は動揺し、ようやく人のような姿を見せた気がした。
そして白の世界へと一人戻った流唯は自分の家の前にいた。この扉を開ければ、今までずっと向き合って来なかった父との再会となる。震える手でそっと、ずっと開けたかった「鍵」を開けた。

(FDアナザーバッドエンド)
流唯に襲われた際、主人公が殺されてしまった。カルミアの魔法で流唯を倒せたが主人公はもう生き返らない。それを見たスノウは発狂しながらもうすでに動かない流唯に剣を刺し続けた。
その後、黒の世界は平和になったものの主人公がいないことを受け入れられないスノウはおなしくなり、主人公の部屋で、主人公のそばに行こうと決意し、自らに剣を刺した。





↓スノウの感想ネタバレ有り↓



〜ろろアリ、スノウの感想ネタバレ有り〜
まずは本編の感想。
もちろん移植前にも攻略していたスノウ、その時もめっちゃ素敵だなと思った記憶があるんですが今回もやっぱりめちゃくちゃ良かったよー!!!
最初はね、胡散臭いですよ。性悪ウサギ感があり、真っ白なのに中は真っ暗そうじゃないですか(笑)しかしね、すでに前に攻略している私からすると彼がどれだけルナを想ってるか知ってるのでね、その胡散臭さすら愛おしくて仕方ない!!!
そして黒ルートはね、みんなが優しくて世界が平和でいいですよね。笑えることも多いし、安心してときめきのイベントも起きるし。ルナのツンデレ感も好きなんだけどね、スノウが弟に対して劣等感があるって話した時に「どっちも同じ性悪ウサギ」って返したルナの優しさに私も泣ける(;_;)甘い言葉じゃなくて強気で吹き飛ばして、そしていつもと変わらない雰囲気で返すとこがね、ちゃんと人を見て優しくできる人だなと思う。ルナは本当いい子だよね!
そしてそれに合わせて幼い時から一緒のスノウが献身的で過保護で、ルナのことはなんでもお見通しなんだけどそれが嫌味なくすんなり自然なのがいいですよね。ルナがよく肩に頭乗せたり胸に額をつけるんだけど、それって自然にできるのはスノウが甘えさせるのが上手いからだよね〜自然と嫌味なく甘えられる存在なのが凄いよね〜安心感あるよ!
そう、彼はスパダリなんだよー!!!
袋持ってくれたり、手を繋いでくれたり、目が合えば微笑んでくれたり、何でもかんでもナチュラルなスパダリでスゴすぎる!完璧すぎる!
あと、添い寝スチルやばすぎません?何がいいってジャケット脱いでストライプのワイシャツで抱きしめ胸板顔埋め添い寝よ?ガッシリ抱きしめ感がさすがスノウと思った(笑)距離感が近いんじゃエロいんじゃ<●><●>(笑)その甘え感も本当いいよ〜〜〜!
それと私が好きだったのは夕日の甘酸っぱい苺キャンディーの話ね!あれ本当青春すぎて良い〜〜〜!!!
だからそこまでは本当ときめきの嵐だったんだけどちょいちょい出てくるレインな、マジお前邪魔なんやが(笑)ほんっとこのルートのレインはマジで殺意なんだけど(Σ○Д○;)本気で殺そうとしてくるしさ、嫌味ばっかだしさ、意地悪だしさ、お前なんか愛日梨に振られちまえ!!!!と何回思ったことか( ´◡` )(笑)こっぴどく振られろ!!(笑)
まぁ彼らの仕事だから仕方ないし、彼にも思うところはあったと思うけどさ、そんな殺そうとしてきた奴とこれから普通に話せねーよ( ´◡` )(笑)
まぁそれはいいとして、その後の吸血シーンとかほんっとエッロー<●><●>スノウのを吸うのも、スノウが吸うのも、どちらもエロくてありがたすぎたわ。吐息が上手いよ!!
そして黒エンドはなんとなずなたちが黒の世界に来てくれるやつめっちゃ泣けるし、最後のシロツメクサ花言葉と結婚の話と、上手くドードー鳥を結んだプロポーズが全て完璧すぎて幸せすぎて感動の嵐でした。最高だよ(ToT)
しかし白エンドは割と普通。結婚するの遅すぎていくつなんだと不安になった(笑)
黒バッドもありがちだったけど、白バッドは復讐のエンドでよかった!!!アサギが僕になってるのも良い!!あいつが跪くのいいよね!
そしてFDの感想。
まずは黒アフターですが初っ端からドードー鳥とぴょんの話再び(笑)まだ教えてなかったんかいとウケたけど、あの話の時焦るスノウ可愛いですよね!
そしてこのルートも相変わらずいい仕事をするミネットのおかげでめっちゃ胸痛展開ね!素直なルナが三回回ったりするのもめっちゃウケたんだけど、口聞いてもらえなくてショックで精神やられてぶっ倒れるスノウ愛しすぎか。そして看病されてめちゃくちゃ幸せそうでまた愛しい!だから興奮して押し倒してくるスノウはめっちゃよかったけど実際風邪引いてるの辛いよね(^◇^;)治ってからヤッてくれ(笑)
そして白アフターですが、こっちもまためちゃくちゃ良い!!!!まずメガネと白衣っていうスノウずるいし、家もでかくて綺麗だし、白の世界に馴染みまくりのスノウかっこよい!そしてちゃんと結婚のストーリーなのがまた良いし、ちゃんと幸せなのも良いし、レイン達を結婚式に呼んだやつ泣けたし、更にオルゴールの結婚行進曲流れた時ルナと一緒にマジ泣けた(ToT)あとは結婚式でなんとウェディングドレスが黒っていうね!そこはあえてなんだろうねー!
てことでスノウのアフターはどっちも幸せなので凄い良かったです。
そしてアナザーエンドですが、こちらも黒アフターのその後って感じでした。なので相変わらずこっちも嫉妬とか多くてめっちゃニヤニヤすることが多くてね、からかわれても「ラブラブです」と動じなかったり、子供のカルミアにガチで牽制するスノウが愛しすぎ!!
さらにこのルート、流唯がめっちゃ出るんだけど流唯とスノウのバトルめちゃくちゃ楽しかったですね(笑)どっちも性格悪いので嫌味とバトルめちゃくちゃ笑える(笑)しかも取り合われるってのは最高シチュよねー!!
あとは過去のヒゲペンの話は胸打たれて泣けたし、嫉妬しての膝の吸血スチルはやばい!エッロー!!!体勢もめっちゃ際どすぎてぎゃーとなったしスノウはディープキスもあるのでリップ音が凄い!!ありがてえ!!!(笑)
しかし後半は怒涛の流唯ストーリーでね、魔王感ボイスのまえぬはマジで最高〜!めっちゃ合ってるし、過去がつらくて結構泣けたし、ルナのおかげで色々救われた彼はやっぱルナを好きになってたんだろうなと思うよね。だから最後に父さんのとこに戻って幸せになったとは思うんだけど、ふとした時にルナのこと思い出して切なくなったりするのかなと思う。そしてむしろ忘れられなくてまた会いに来てくれないかな!?!?そう、私スノウもめっちゃ好きだが流唯もかなり好き!!!かっこいいよ!!!普段の仮面被った優男からのちょっと強引で執着してくる感じがスノウと近い感じでタイプ!!!黒の世界にまた住み着いてスノウとバトルしながら平和に暮らしてほしいね(笑)
それと、バッドエンドね、ノーマルバッドは流唯が王になるやつあれはエロくて中々良いですが、スノウのバッドエンドはえぐい…(ToT)スノウの叫びと、何度も流唯を刺すスチルは心抉れる感じで切なかった…(ToT)まさにアリスだなと思う感じのバドエン多くてやっぱいいですよね!!!
と、言う感じで全て終わりましたがスノウはやっぱり素敵!!!もう過保護というか、母だよね!!(笑)ルナがくれた物とかとっておくやつ、それ私が子供にもらったやつとっとくのと同じだから!!(笑)だからそれほどに愛が深いスノウ本当に大好きです〜!彼に愛されたら本当に幸せですね!最高!