元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

猛獣使いと王子様〜Flower&Snow〜「ルシア」ネタバレ

●ルシア(cv下野紘さん)
ファザーン王国の第3王子。魔女の呪いでアヒルに姿を変えられてしまう。
頭の回転が速く、口喧嘩で相手をやりこめるのが得意。運動神経はあまりよくないため、実戦になると一目散に逃げる。
面倒臭がりで、何かとひねくれた言動が多い。
太りやすい体質なので、常にダイエットを心がけている。

f:id:pinkve:20200124210104j:plain
※「猛獣使いと王子様〜Flower &Snow〜」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。


本編ハッピーエンドへ↓
FDハッピーエンドへ↓


→管理人ののネタバレ感想はこちら←


〜猛獣使いと王子様、ルシアルートネタバレ〜
f:id:pinkve:20200124210124j:plain
(※「猛獣使いと王子様〜Flower&Snow〜」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。)
(本編ハッピーエンド)
主人公が助けたルシアは呪いでアヒルにされたファザーン王国の第三王子。いつも兄弟達からはいじられる役でめんどくさがりだが、口が達者で常識人でもあった。
実はルシアの母シャルロッテはカトライア法王の娘であったため法王はルシアのおじいさんだった。そのためクルト殿下が従兄弟であり、ルシアも幼いころよくローゼレット城に来て遊んでいたらしい。
そんなルシアと一緒にいることが多くなると何故か何かを思い出しそうになる主人公。ハッキリと思い出せないがようやくそれが分かる事件が起きる。
主人公が猛獣使いの練習をしたいと思っていることがわかるルシアは協力したいと思っていたが、自分は動物になれてもただのアヒル。いつも完璧な兄達は動物になってもライオンやオオカミなんて獰猛なものに変身出来るのに自分は動物になってもやっぱりこんなもの。大きな猛獣で練習をさせてあげたいルシアは主人公のためになんとイノシシを捕まえに森へと入った。しかしそのせいでボロボロになって怪我してしまいクルトや主人公に心配をかけてしまった。
なんでこんな無茶するのと主人公が問い詰めるとルシアはなんと「昔約束したからだろ」と言った。そう、なんとルシアと主人公は昔ローゼレット城で何度も会っていたのだ。
幼い頃主人公は猛獣使いの練習をしていたが上手くいかず、それをいつも励ましてくれたのが幼いころのルシアだった。その時ルシアは主人公の父のヴァイオリンに憧れたため大きくなったら二人で大道芸人になって世界中を旅しようと約束していたのだ。
主人公がその少年とルシアが同一人物だと気づかなかった理由はルシアが子供の頃太っていたから。スマートになった今のルシアでは到底気付けなかった。
ようやく思い出した主人公は、ずっと約束を覚えていてくれて叶えようとしていてくれたルシアに感動し、嬉しくて思わず抱きついたのだった。
しかし感動は束の間、ルシア達に呪いをかけた魔女のゲルダが主人公にも呪いをかけたのだ。その呪いは時間をかけて必ず主人公の命を奪うという呪いだったが、なんとゲルダは呪いをかけることができても解くことができない未熟者だった。
最後の魔女の弟子であるゲルダは、呪いは最後の魔女にしか解けないと言った。ルナール皇帝に最後の魔女を拐われ、返して欲しければマティアス達を殺せと命じられたため呪いをかけたが、結局最後の魔女を返してもらえず、それならば主人公にも呪いをかけてゲルダ達に協力をせざるを得ない状況を作ってきたのだ。
仕方なくゲルダ達に協力することになった一同だったが、なんとルナールがカトライアに攻めてきたためマティアスとアルフレートはカトライアでルナールを迎え撃つこととなり、それ以外のルシアと主人公達は最後の魔女奪還のためルナールへ向かうことになった。
ルナールへ向かう途中野宿をすることになるとルシアは火の番をして一人外にいた。そばに行くと主人公の呪いの進行を心配してくれる優しいルシア。そんなルシアのそばにいると安心できてもっとそばにいたくなる。呪いは怖くて不安だけど、ルシアがいるから怖くない。
もっとルシアの近くに行きたくてそっと寄り添うとルシアは抱き寄せてくれて「お前がいなくちゃダメなんだ、来年絶対二人で舞台に立とう」と呪いに打ち勝つ約束をしてくれる。そんなルシアの笑顔が嬉しくて、ルシアの胸に頬を寄せた。
その後無事ルナール城に潜入した一同だったがなんとルナール皇帝は殺されていた。マティアスの従者であるベルントが実は裏切っておりルナール皇帝を殺したのだがなんとルシア達兄弟が罪をなすりつけられお尋ね者になっていた。
ベルントが裏切っていたことをゲルダの魔法道具の鏡でマティアスに伝えることはできたが、このままではみんな捕まるのも時間の問題。ルシアは主人公を逃すために覚悟し一人囮になろうとした。逃げろというルシアに主人公は嫌だと、行かないでとしがみついたがルシアはなんと主人公にキスをして「市場で再会した時運命だと思った、なぜ自分はライオンじゃなくてアヒルなんだと思った、けど一緒にいてやっぱり前よりもっと好きになった」と伝えてくれてそのままルナール兵の前に飛び出てしまった。
このままではルシアが危ない、そう思った時なんとクルトが現れ助けてくれた。危機一髪クルトのおかげで逃げることができた主人公とルシアだったが偶然逃げた部屋がなんと主人公の両親が閉じ込められていたであろう暗号が残された部屋だった。もう両親は逃げたあとだったみたいだが残された暗号の内容で最後の魔女の中にいる竜が炎を使えることや、主人公の笛でその竜を制御できることが分かった。
鏡からの通信でカトライア法王までもが殺されたことがわかり、クルトとルシアは心を痛めたが「爺ちゃんの意思を継ぎたい」と言ったクルトと「助かってまた聖堂に落書きしよう」と涙を浮かべてカトライアへ戻ることを決意した。
更にマティアスからの通信で第五王子のディルクがベルントと手を組んで竜の力を奪いザルディーネを灰にすると言ったことを伝えてきた。主人公の呪いは進行しておりもはや命は少ないかもしれないという予感がしたが、竜を止めるためザルディーネへと走る。
ザルディーネへたどり着くと大きな竜の出現で街はパニックになっていたが、主人公とルシアは力を合わせて竜の前へ。ベルントがルシアに剣を向けたが強い意志で主人公を守り、主人公は笛を力一杯吹いて竜の力を封じ込めた。
竜はディルクの姿に戻り倒れ、ベルントも捕まえることができたが、主人公は呪いのせいで倒れてしまう。駆け寄ったルシアが「死ぬな!」と叫んだが主人公は最後にルシアに「大好き」と言って意識を失った。
しかし主人公は生きていた。目が覚めるとカトライア城の客室に居た。あのあとゲルダが最後の魔女を救出し薬を主人公に飲ませたため助かったのだ。しかし戦った怪我は大きかったためルシアはずっとつきっきりで看病してくれていた。
そしてルシアは主人公に、主人公の母からの手紙を渡した。そこには二人の関係を応援するという内容が書いてあり、一年後の大会を目指す気持ちが更に増えた気がした。
そして三国は平和に。マティアスも戴冠式を終えファザーン王となったため、マティアスとアルフレートとエリクは国へ帰ることに。しかしルシアはしばらく新しく法王となったクルトの手伝いをするためカトライアに残ることになった。
マティアス達を見送り、二人きりになると抱きしめてくれるルシア。不意にキスをくれたルシアに大好きと伝えて見つめ合う。幸せだと言ってくれるルシアの胸に抱かれ、主人公もまた幸せだと思ったのだった。
そして一年後、無事大会で優勝した二人は有名になっていた。今度はファザーンにも披露しに行こうと約束しながら、ルシアは「お前は俺の誇りだ」と微笑んでくれる。
世界中を一緒に旅して、ずっと一緒にいよう。そう約束する二人の演奏と猛獣使いの芸は、今日も青空の下で輝いていた。

(FDハッピーエンド)
竜を倒し平和になったカトライア。あれからルシアはクルトの手伝いで相当忙しくしており会える時間は少なかったが相変わらずラブラブで過ごしていた。ただ、主人公の父のフランツだけは二人の仲をまだ認めてはいなかったが。
さぼってばかりのクルトのせいで忙しいルシアだったが、ようやくクルトが観念したため主人公とルシアは一度ファザーンへ行くことにした。ファザーンはカトライアと違って寒々しい国だったが、迎えてくれたぽっちゃりなルシアのお母さんのシャルロッテは優しかったし、久しぶりに二人きりで甘く過ごせる時間は楽しかった。
更に今ファザーンでは聖誕祭が行われており二人はデートをすることに。一日中楽しく過ごして最後にはルシアがとってくれたという宿に泊まって心も体も愛を確かめ合うことができ、幸せだった。しかしルシアはヴァイオリンの腕がまだまだでフランツに認めてもらえてないことを考え、もう一度ザルディーネ学園に戻って腕を磨きたいことを話してくれた。離れ離れになってしまうが主人公の夢のために頑張ってくれるルシアを応援したくて主人公は嬉しくてルシアに抱きついたのだった。
そして半年がたった。
ついに大会が開かれるためルシアはカトライアへ来てくれることになったのだが、なんと不運なことにルシアの馬車が賊に襲われルシアが行方不明になってしまった。心配して不安にしていた主人公だったがなんとルシアは襲われた時間違って金の粉を被ってしまいアヒルになってしまい、逃げ回ってボロボロになり、主人公の家にどうにかたどり着いた。無事を喜んだ主人公だったが大会は六日後。アヒルになった時金の粉を全て使ってしまったため人間に戻るための粉をゲルダに頼むため鏡で通信したが、なんとゲルダは今遠くにいるため早くても十日はかかると言われてしまった。
ルシアはショックを受け部屋に引きこもり泣いた。主人公の夢のため、頑張って頑張ってあと一歩で夢は叶うのに、情けなくて悲しくて、どうしていつも俺はこうなのかと泣いた。
すっかり落ち込んでしまったルシアだったがなんとクルトとクラウスが「金の粉を作ればいい」と言った。相変わらず優秀なクラウスが薬の研究をし、どんな素材でもとってきてくれるクルトと力を合わせ、なんと金の粉を作ることに成功。それはもう大会の前日になってしまったが、元気を取り戻したルシアは主人公と一晩特訓をして大会に出ることを決意した。
そして本番。舞台裏で夢の一歩を踏み出す二人。緊張する主人公にキスをしてくれるルシアは「お前の夢のためにここまできたけど、今は自分の夢でもあるから」と言って大丈夫と手を握ってくれる。
そして二人は、優勝したのだった。
その夜、主人公の家でお祝いパーティーをすることになると、フランツは感動して泣いたという話をしたりして盛り上がった。母は二人の芸を見て感動したものの、主人公は猛獣使いではなく笛の使命もあることを忘れないでほしいと語った。
ルシアは夜の散歩に行こうと誘ってくれて二人は外に出る。星空を眺めながら手を繋ぎルシアは言う。この星と同じように沢山の人が生きてるこの世界で使命があることを含めて、全てを含めて、ずっと一緒にいたい、と。ずっと守ってくれると約束してくれるルシアに「愛してる」と伝えるとルシアも「世界で一番お前だけを愛してるぜ」と言ってくれて寄り添いながら二人はいつまでも星空を見上げ続けていた。
エンドロール後は、数年後ファザーンを訪れている二人。
有名になった二人の演奏を聞きに沢山の国民が集まったがそこに偶然きていた主人公の両親が対抗心を出し、なんと演奏に乱入。スペシャルな親子共演に盛り上がりルシアはフランツを「お父さん」と呼ぶがまだ認めていないフランツは相変わらず喧嘩を始める。しかしその横で母は主人公にこっそりと「お父さんは早く孫の顔を見たいと言っていたわよ」と耳打ちした。
素敵な演奏と動物達の舞い、その幸せな家族共演はのちに語り継がれるほどの素晴らしいものとなったのだった。


↓ルシアの感想ネタバレ有り↓



〜猛獣使いと王子様、ルシアの感想ネタバレ有り〜
五年前にプレイしたときは攻略してなかったルシア。見た目とかいじられキャラとかでタイプじゃなさそうと思ってやってなかったんですが、今回やったらすんごく良かった(Σ○Д○;)
これ予想外!本当良かった!思わぬ刺客でときめきまくりました!!(Σ○Д○;)
まずね、昔会ってた設定はずりぃよ!(笑)やっぱ乙女ゲームでよくあるこの設定はさ〜運命感じちゃうよねええええ!!更に猛獣使いになるために頑張ってた主人公を励ましてくれてた男の子な上にね、主人公との約束を守る為にずっと頑張ってたとかさ!?かっこよすぎる!!
一途な性格ってのも良かったんだけど、それどころか主人公のためにバイオリンをずっと努力していたというのも好感持てるし、お前のためならなんでも頑張れるって言ってくれたルシアは本当かっこよかった。そして少しひねくれてるというか、兄さん達が完璧すぎることで若干クールな性格になったみたいなんだけど、そのおかげか割と常識人なのでツッコミとか的確だし、主人公が無茶やっても割と動じないところが好きです。他キャラと違って主人公から抱きつくの多いんだけどそれでも大人な対応な感じが良いし、色んなとこでかっこつけようとしてくれるルシアがかっこいい。好きな女の子の前ではかっこよくしたいと頑張る姿が本当かっこよかったです!
後は「俺のことなんだと思ってんの?」っていう下野さんの言い方が良すぎでギャッてなった(笑)かっこいい!!ドキドキ系ときめき系シーン結構多かったよー!!
あとは他ルートとかでいつも兄弟達からデブキャラ扱いされてるのが不思議だったんですよね。見た目細いのに!だから過去にぽっちゃりだったと聞いてようやく納得!しかも主人公に好かれる為にダイエット頑張ってたっぽいのもまた良い。最後も二人で旅をするっていうのも素敵だよねー!!!ルシアといるととても幸せになれそうなので本当に素敵でした!
そしてFDですが、本編では最後に大会で優勝した話が載ってたけど、そのちょっと前のお話になってましたね。主人公のためだけにここまできたって言っていたルシアは本当に主人公を想ってるんだなぁーと思うし、ルシアルートは笑えるのが多いので楽しいです。
しかしやはりルシアって落ち着いてますよね。がっついてないので一夜を共にするシーンもすごい自然で驚き。兄さんたちより落ち着いてるね!!(笑)だがしかし、落ち着いてるけどルシアも初めてだよね?それなのに落ち着いてるのは何故!?本編で「ファーストキスはお前とって決めてたから」って言ってたし、キスも大事にしてるくらいだからそっちもとっといてるよね?そう信じたい(笑)王族だからそっちはたしなんでるかもしれないけどルシアは違うと信じたい!!!(笑)
しかしそんなルシアをクリアするとね〜他ルートの時本当切なくなっちゃいます。主人公のためだけに生きてたのに他の兄弟と結婚する主人公‥(笑)泣ける‥(笑)なのでルシアは幸せになって欲しいよー!!!大好きです!!