元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

CLOCK ZERO〜終焉の一秒〜Devote〜

【CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Devote(クロックゼロ シュウエンノイチビョウ ディヴォート) 】
プレイ:273本目 :19,11,11〜19,11,22(31時間)

〜あらすじ〜
2010年、秋。
都内にある私立学校「秋霖学園(しゅうりんがくえん)」の初等部に通う、小学6年生の主人公は幼馴染の理一郎と共に比較的穏やかな学生生活を過ごしていたが、一時期から彼女は毎日のように不思議な夢を見るようになる。
――それは暗く陰鬱な、赤と青に彩られた黒い空が覆う荒廃した世界の夢だった。
そんなある日、主人公と理一郎は新任教師・神賀旭に呼び出される。同じく教室に呼び出されたのは、他のクラスで問題児と噂される生徒や下級生を含め、計6名。そこで先生が告げたのは「問題児である君たちに、課題を与えます」という言葉だった。
即席の仲間達と共に、先生に与えられた「課題」をこなさなければならないことになったメンバー。四苦八苦しながらも充実した学校生活を送る裏で、徐々に【現実】を侵食していく謎の数々。そして、それらに翻弄される主人公の前に現れたのは、【夢の世界】で会ったはずの人物だった。
どこか見覚えのある面影の「彼」との出会いによって、運命の歯車は廻りだす――。

f:id:pinkve:20191111162407j:plain
※「CLOCK ZERO〜終焉の一秒〜Devote」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。


〜攻略キャラ〜
・海棠鷹斗(cv浪川大輔さん)
・加納理一郎(cv前野智昭さん)
・英円(cv鳥海浩輔さん)
・西園寺寅之助(cv杉山紀彰さん)
・時田終夜(cv石田彰さん)
・英央(cv須藤翔さん)


〜各キャラネタバレ&各キャラ感想〜
・海棠鷹斗ネタバレ
・加納理一郎ネタバレ
・英円ネタバレ
・西園寺寅之助ネタバレ
・英央ネタバレ
・バッドエンドネタバレ


〜感想〜
五年前にPSP版をプレイしましたが、ハードがSwitchになったのでロードが早くなってとても快適というのが印象に残りました。
こちらのゲームは完全な作業ゲーではないんですが、前半の子供パートがやや作業感ありまして、そこのターンが結構長いのでロードの早さは重要。そしてその子供パートのワイワイ感が馴染めるか馴染めないかで個人の感想も変わるかなと思います。
ストーリー的にはミステリーもあったり、壮大で深かったりするし、甘い部分も多いので面白かったですがこれも内容的に好き嫌いが分かれるかなぁと思います。ネタバレになるので余り言えませんが!
イラストはとても綺麗でスチルも大画面でも劣らずに美しかったですし、クリア後のボーナスにもスチルがあったり特典の豊富さも良かったです。Switch版では「中学生編」という特典も唯一入っていたのですがそれも個人的に凄く楽しめました!
後は子供時代と大人時代で声優さんが同じなので、声優さんたちのショタボイスが聞けるのもラッキーポイントです(笑)
という感じでプレイヤーによって好き嫌いは分かれるかもしれませんが凝ったストーリーが好きな方とかにはオススメだと思います!

↓管理人の個人的好きキャラランキング↓
鷹斗>央>円&理一郎>トラ
全然タイプじゃないと思ってた二人がトップになったので驚きでした〜!

↓vita版クロックゼロはこちら↓
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ ExTime - PS Vita
PSP版クロックゼロはこちら↓
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable(通常版)