元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

蛇香のライラ〜Trap of MUSK〜「第三夜二重スパイルート」ネタバレ

●蛇香のライラ、第三夜二重スパイルート
※ライザール、ジェミル、共にエンド1をクリアするとオープンするルート。

f:id:pinkve:20191110140206j:plain
※「蛇香のライラ〜Trap of MUSK〜」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社および株式会社フロンティアワークスに帰属します。


→管理人ののネタバレ感想はこちら←


〜蛇香のライラ、第三夜二重スパイルートネタバレ〜
ジェミルルートでジェミルが店主に拐われ、ライザールの血を取れと言われるまで同じ。
ライザール、ジェミル、どちらにも抱かれてしまい、どちらも大切な存在となる主人公。
店主に拐われたジェミルを助けるためライザールとライザと主人公がカマルに赴くと、なんとジェミルの王族の血を飲んだ店主は不死になり何をしても殺せず傷が塞がってしまう状態になってしまった。
一旦引くことになった一同だったが、ライザールがルトであることを思い出した主人公にライザールは甘くなり、そして王族であることが分かったジェミルと二人、どちらかを選べと言われるがどちらも好きで選べなかった。
その後、店主を調べた一同はカマルの舞台の裏に怪しい部屋があることを突き止め、主人公とライザールとジェミルはそこに向かったのだがそこにいたのはブラックマンバの血の副作用で顔が蛇になってしまった店主様と、なんとアイーシャだった。
アイーシャこそ永遠の美を叶える薬学の著者であり、店主様に不老不死の薬を作る費用を出していた、マイルズ・F・キュテレイアだったのだ。
そして徐々に思い出す記憶。アイーシャは主人公が幼い頃からずっと歳をとっていなかったし、主人公は生まれてすぐに拐われアイーシャと店主に飼われ実験をされ、助けに来た父と母も二人に殺され、逃げ出した時助けてくれたルトの場所から連れ戻されていたことが分かる。
そしてそれはすべてアイーシャが若く美しいままいるための実験のため、町の少女達が拐われていたのも実験をして死んだら捨てるためだった。
そしてついに不老不死の薬の研究は成功を収める、最後に主人公の血を飲めば完成するのだ。そのためアイーシャは主人公から無理矢理血をとって口にしたのだが、なんとその瞬間ボロボロに年老いていく。意味がわからず発狂するアイーシャだったがその横で店主様が一言「もしかして君、恋をした?」と主人公に聞いた。不老不死の薬はテストステロンという興奮した男の血が必要なのだがそこに恋する気持ちが混ざるとフェニルエチルアミンという物質になるという。そしてそれは逆に老化を進めてしまうものなのだ。
殺してと叫ぶアイーシャは年老いた老婆になっていったが、それは今まで止めていた年齢が年相応の姿になったものだった。主人公はすがりつくアイーシャを見つめ、ナイフをもち、アイーシャを刺した。店主は資金提供者も死んだし研究もやめると言って蛇のように逃げていった。
そして主人公達は、カマルを燃やした。もうこんなことが繰り返されないように。
数ヶ月後、再びシャナーサでは世界次世代指導者会議が行われることになり、かつての王子達がまた集まった。そこでジェミルは王子であることを発表することになったのだが、ライザールとジェミルはどちらの婚約者として主人公を紹介するかで喧嘩していた。
子供みたいに喧嘩する二人をどちらも好きだと思う。まだまだ3人で一緒にいたいから主人公は両腕で二人の腕を組んで笑顔でみんなの前へと歩き出したのだった‥。



↓二重スパイルートの感想ネタバレ有り↓



〜蛇香のライラ、第三夜二重スパイルートの感想ネタバレ有り〜
第一夜と第二夜と二重スパイルートは見てきましたが、今回のこの二重スパイルートこそが真実の真実ルーーート!!!
黒幕がアイーシャ(Σ○Д○;)!!!!!!!!
んもおおおおこれはほんっとに本当に衝撃。まっっったく疑ってなかったアイーシャがマイルズだとはな‥店主様本人がマイルズだと思ってたわ(^◇^;)
そんな事実を知り、更に両親の話も改ざんとか凄過ぎた真相でしたが、これがわかってくると他のルートで店主様とマイルズが簡単に引き下がったのが怖過ぎますよね。第一夜辺り、平和だったな‥(遠い目)笑
しかしここまできて全てがわかって予想外に凝ってるソフトだから第一夜やっただけでやめる人多そうで怖いね〜!第一夜だけだと割とクソゲーかと思われがちになりそうだから諦めずに是非全部やってほしいと思う作品だったなぁと思う。これからやる人には絶対サイゴマデミロって私は言い続けたいと思うよ(笑)本当に楽しめた作品だったー!!!王子たちみんな大好き!!!