元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

スチームプリズン「ユネ・セキエイ」ネタバレ

〜スチームプリズン〜
●ユネ・セキエイ(cv高瀬泰幸さん)
【キャラクターテーマ:希望】 年齢??? / 身長160㎝神に愛された存在『神官』として上界で崇められている青年。神々しく近づくことも恐れがたい雰囲気を出すこともあれば、子供のように無邪気に笑ったりと掴めない性格。
f:id:pinkve:20210629131845j:plain
※「スチームプリズン」のバナーに使用されている画像の著作権は、HuneXに帰属します。


→管理人のユネ様のネタバレ感想はこちら←

→ベストエンドはこちら←
→ノーマルエンド1はこちら←
→ノーマルエンド2はこちら←
→バッドエンド1はこちら←
→バッドエンド2はこちら←
→バッドエンド3はこちら←



〜スチームプリズン、ユネ・セキエイルートネタバレ〜
(ベストエンド〜私の時間〜)
両親殺しの罪で下界に落とされる事になった主人公だったが、誤解を解くことすら許されないまま下界に行く事に納得出来ず足掻いていた。すると何故か主人公は下界に落とされず、とある人の元へ連れて行かれる。
その人こそが、あの聖人と呼ばれ不老不死のユネ・セキエイだった。
ユネはなんと主人公を下界に行かせない代わりに自分の付き人として働けと言った。主人公からすれば両親を殺した犯人を見つける絶好のチャンスであり、願っても無い申し出だったのだが、罪人を付き人にするのはおかしいこと。だからこそユネは主人公を付き人にする理由があった。それはユネの願い「自分を殺してほしい」ということにあった。
ユネは不老不死。そのため死なない。だから両親を殺すなど残虐非道な罪を抱える主人公なら自分を殺せるのではないかと思ったからだ。ユネが何故死にたいのかまでは分からなかったが、主人公は一ヶ月以内にユネを殺さなければ、主人公の事を殺すと言われてしまった。
もちろん主人公は殺人などしていないし、ユネを殺す事だって出来ない。けれど一ヶ月の間にどうにか解決する方法を探そうと、付き人になることにした。
しかし付き人になってすぐにわかる。ユネは不老不死である以上に、誰も傷すらつけられない存在であることが。世界に愛されていると言われているユネ、そんなユネに悪意を持つ貧民が毒を盛った花をユネに渡そうとしたところ、なんとユネが受け取る前に花は枯れた。更にその男が直接的にユネに刃物を向け走ってきたが、その瞬間勝手に窓ガラスが割れ粉々になりその男を串刺しにして殺した。
そう、ユネは世界から守られていたのだ。
その事実を知り誰にも殺せないのだと気付くと、だからこそお前に殺してほしいのだと言うユネ。大人びていて、けれど子供のように悪戯な事を言ったり、そして人間らしく沢山ご飯を食べるユネ。思い描いていた聖人のイメージとは違っていて、主人公は彼をもっと知りたいと思っていた。
そんな日々を過ごしていると、ユネは突然下界に行くのでついてこいと言い出した。それは聖人としての奉公のようなもので下界に落とされた保護地区への訪問だった。驚く主人公だったがあっという間に話は進み、二人は保護地区へ行くことになる。ユネは聖人であるためHOUNDSにも丁重に扱われ、保護地区に住む者たちも手を合わせ泣きながらユネを崇めた。更になんと保護地区でフィンと再会することになる。警察官は二人一組で形成されるため、片方が罪を犯した場合もう片方はHOUNDSに勤めなければならないというしきたりがあったためフィンはHOUNDSのメンバーとなっていた。自分のせいでHOUNDSになってしまったフィンに申し訳なくて何度も謝ったが、フィンは前と変わらぬ優しい笑顔で「あなたが無事ならいいんです」と言ってくれた。
ユネのおかげで大切な人との再会をしたが、ユネは保護地区を抜け、本当の下界と呼ばれる場所へ行くと言った。保護地区の壁の外にあるそこは思っていた場所とは違い、賑やかで栄えていた街並みがあった。そしてそこは、大洪水で生き延びた人々が作り上げた街であり、なんとユネの故郷だった。
ユネはそんな故郷にアルセンクライム・フェリエという存在を探しにきていた。しかしアルセンクライムはとっくの昔に死んでおり、その末裔であるウルリク・フェリエに会うことができた。そしてユネはウルリクに「アルセンクライムが持っていた鍵が欲しい」と言ったがウルリクはそんなものは知らないと言った。
そのことからユネはついに、自分の過去を話し始めるのだった。
ユネは道端に捨てられた子供だったが、ケイシャ・フェリエという機械技術者に拾われ、育てられた。ケイシャは有名な鉱石の研究者でアルセンクライムという息子がいた。アルセンクライムは機械技術の方に長けていたが、ユネは鉱石の研究に興味を出し、ケイシャと共に沢山の研究に没頭した。しかしケイシャとユネが登っていた山が毒に侵されていることを知らず、ケイシャは死んでしまい、更にユネも心臓の病気になってしまい生きていられる日はもうほとんど残されていない状態になった。
そんな時アルセンクライムが神の鉱石と呼ばれる「セキエイ」を見つけた。アルセンクライムはそれを売ってユネの病気を治す費用に充てると言ったが幻のセキエイを見たユネは、どうせ死ぬ命だからセキエイの研究をさせて欲しいと言った。それからユネは毎日大切にセキエイを扱い、その神秘の謎の研究に没頭する。するとある日夢の中でセキエイがユネに話しかけてきたのだ。自分は意思がある鉱石だと。そして自分たちをこんなにも愛してくれるユネに死んでほしくないから自分を使って生きて欲しいと言った。セキエイは自ら脈打つ石であったため、心臓の代わりとして働けると言うのだ。だから心臓にセキエイを移植すれば死ぬことはないと言う。ただ、命を操作するには代償がいるという。
その代償がなんなのかわかんなかったが、ユネは生きたいと望みアルセンクライムと共に心臓にセキエイを移植する方法をあみだし、無事成功する。しかしそれからセキエイの声は聞こえなくなり、更に年は取らず、死ぬこともない、不老不死という聖人ユネの誕生となった。
そんな事を話してくれたユネは、もう疲れたのだと言った。みんなみんな自分を置いて死ぬ。軽く400年を越える時を過ごし、もうこんな孤独には耐えられなくて、だから殺してほしいと望んでいたのだ。
だからアルセンクライムが心臓を移植した際、最後に鍵をかけたのを覚えており、その鍵があれば心臓を止められるかもしれないと思った。しかしウルリクやエルトクリードは鍵のことは分からず、結局ユネと主人公は上界に戻ることになった。
上界に戻る前、ユネは言う。残念だったけど、今までここまでついてきてくれた人は誰もいなかったから、ついてきてくれた主人公のことは他の人より好きだと言った。だからまだ主人公を失いたくないとも。
そんなこともあり、ユネは主人公のことを考えることが多くなった。今まで自分に人として向き合ってくれた人など何百年もいなくて、なのに心配して悲しんだり喜んで笑ってくれる主人公を想うと胸が温かくなる‥そう思ったのに、主人公を想った瞬間ユネの胸は激しい痛みを襲い、あまりの痛さに倒れてしまう。何百年も感じたことのなかった痛みに驚くが、ついに死ねる方法を見つけたのだと思った。そう、ユネが生きる代償は不老不死では無かった。ユネが人から愛されることも愛することも触れることもできないのが、代償だったのだ。
400年ぶりにセキエイがユネに語りかける。神の鉱石であるセキエイはユネを愛していたのだ。だからこそユネに自分以外を愛することを許さないという呪いをかけ、生きながらえさせた。
しかし死にたいユネは主人公に、恋人になってほしいと言った。そしてそれから二人は恋人という設定で共に過ごすことになるのだが、ユネは擬似でやっていたのに、主人公が死を恐れずにユネの頬に触れ、温もりをくれる優しさに本当に惹かれてしまっていた。そして主人公もまた、ユネを大切に想っていた。
主人公を喜ばせたくて、両親殺しの事件をもう一度見直してほしいとウォーナー・エヴァンスに申し入れたユネだったが、なんと両親を殺した犯人はウォーナーの息子であるフィッツジェラルドであったため、二人に嵌められたユネは愛という大罪を犯した罪として下界に落とされてしまった。
下界に落とされることも死も恐れてはいなかったユネだったがただ一つ心残りは主人公のことだけ。主人公を愛していた、だからこそ自分がこうなった今無事でいるのかが分からなくて涙が出た。何百年も流していなかった涙を、流したのだった。
下界の保護地区に着くと、セキエイに見放されたユネにセキエイからの保護はなく、保護地区の住民に石を投げられ暴行を受ければ傷つき痛みを感じた。大洪水の時自分だけ逃げてしまったという罪悪感があるユネは、その痛みを耐え続けた。更にHOUNDS内に連れられ、医師のグリッサードに監禁され拘束されてしまった。人造人間の研究をしているグリッサードは前からユネの不老不死に興味があり、格好の餌食だと実験を行なった。セキエイの保護が無くなってもまだ不死が消えたわけではないのでユネはずっと痛みに耐え続けていた。
しかしそこになんとフィッツジェラルドにより下界に落とされた主人公と、ウルリクが力を合わせてユネを助けにきたのだった。更にフィンが現れグリッサードを殺し主人公たちを逃がしてくれたが、フィンはその後ザクセンと交戦し、死んでしまう。
その後無事に逃げられた主人公とユネはウルリクの秘密の場所に来ていた。そこはフェリエ家に代々伝わる秘密の場所だった。そしてウルリクは更に代々伝わる開かない箱をユネに渡す。その箱はユネがアルセンクライムにプレゼントした懐かしい箱だった。
暗証番号を押し開くユネの目の前に現れたのはなんと、心臓の鍵だったのだ。アルセンクライムはずっとユネの不死について心配しており、ずっと先にユネがこれを欲しがった時に渡せるようにと守ってきてくれたのだった。
これでやっと人に戻れるユネは、鍵を回す。そしてずっとしたかったこと、主人公を抱きしめることができたのだ。
この先エルトクリードが二人の面倒を見てくれるといい、ユネはずっと昔にしたかったオモチャ屋さんになるという夢を語った。やっと人になれ、夢を語れるようになったのだと言うユネは清々しい顔をしており、この先この心臓がいつ止まるかわからないけど、愛しているからずっとそばにいてほしいと、主人公の頬にキスをするのだった。


(ノーマルエンド〜残り香〜)
ユネのおかげで主人公の両親殺しの犯人がわかり、無罪となった。このままずっと一緒にいられると思ったのにユネの不老不死の力がなくなってしまう。主人公は最後まで寄り添う決意をし、そして徐々に弱っていくユネを支え、キスをして最期を看取った。
聖人の死に上界は一時混乱したが、主人公はユネに助けてもらった命を人のために使おうと、父の跡を継ぎ政治家に。
忙しく走り回る中、たまにふとユネの好きだったチョコレートの匂いがし、まだ忘れられないあの人を想うのだった。


(ノーマルエンド〜また、会おうね〜)
↑残り香のルートでユネを生かすためにお別れを選んだ主人公。
付き人の人を任を解いてもらい、主人公は剣の道場を開き、独身を貫いて生きた。
愛する主人公と共に生きたかったけれど叶わぬならと、この世の人のために尽くすことで、主人公への愛になると信じたユネは政界を洗い直し世はより良いものとなっていく。
そして数十年が経ち、主人公は寿命で息を引き取った。まだ温もりが残る動かない主人公にお別れをしに来たユネは手を握り涙を流す。
お前が生かしてくれた命で人々を守っていくと、いつかきっとそっちへ行くから、また会おうと微笑んで。


(バッドエンド〜待ち焦がれた結末〜)
ベストルートでグリッサードに拘束されたところから分岐。
薬を打たれ死なせないように拘束されたまま生かされているユネを見つけたウルリクが機械を壊してくれて、ユネはついに死ぬことができた。


(バッドエンド〜罰〜)
恋人になってと言われたが、法に反すると拒否するとユネに刺されてしまって死んだ主人公。
好きになりかけていた主人公が死んだことで胸が痛むものの、結局ユネは死ねず「実験に付き合ってくれてありがとう」と告げてまたいつもの長い生が始まった。


(バッドエンド〜果たされた約束〜)
下界に行きアルセンクライムに合わせて欲しいとウルリクに頼むところから分岐。
ユネだという証拠を見せろと言われユネは主人公に自分を殺せない証明をしろと、約束を今果たせと言った。
そして約束通りユネに剣を向けたがやはり殺すことはできず自分の腹に飛んできた剣で刺されて死んでしまった。
あっけない終わりだが、約束を果たしてくれてありがとうとユネは静かに主人公の瞼を閉じた。




↓ユネ様の感想ネタバレ有り↓



〜スチプリ、ユネ様の感想ネタバレ有り〜
前回ももちろんプレイしたユネ様ですが、相変わらず見た目がめっちゃ可愛いのに落ち着いている口調の雰囲気が厳かな感じで素敵でした。
そんなユネ様、忘れていたけどそう!触れない人でしたね!なんと不老不死どころか危害を加えることも出来ないので触った人が死んでしまう!これは本当に怖いですよね〜間違ってぶつかったら体木っ端微塵やで(笑)
そんなユネ様は死にたいのに死ねなくて、主人公に殺してほしいと頼むんだけど、殺すのではなく恋をすることで死ぬことができるかもと気づくわけでね、この「死ぬための恋」ってめちゃくちゃ切ないなって胸痛くなったんですが、それ以上に主人公が傷つくかもしれないのに迷いなくユネ様の頬に触れた時はめっちゃ感動して泣けました(;_;)何百年も感じなかった温もりに胸が痛くなるのは嬉しさの痛みだよね(;_;)
しかしその後、セキエイの保護がなくなってからの保護地区の人たちのリンチ酷すぎません!?あんなにボコす!?(Σ○Д○;)ユネ様悪くないじゃん!更にそこからあの変態のグリッサードの餌食に…そこですぐエンドロールだからめっちゃ不安しかなかったよね(笑)
しかし主人公、刺されたのに割とピンピンしてましたね(笑)よく生きてたなってくらい端折られてたけども(笑)
あとはノマエンの残り香〜の方はなんとフィンが主人公の秘書に!ノマエン系はちゃんとフィンも上界に戻ってるからいいよね!だってハウンズ体験してからの上界パターンは他にないからね…彼は闇を抱えて生きていくのか、はたまた忘れて生きていくのか…政治家になった主人公と結ばれればいいけどね!
あとバドエンの罰のやつ、あのアッサリ感酷いよ!(笑)まぁ不老不死で今まで沢山の人の死を見てきたから仕方ないと思うけど!
という感じで、ハピエンでは玩具屋さんを営むということになって、この先は平和に長く生きていければいいですよね!頼りになるエルトクリードさんの金に散々甘えて生きていこっ!(笑)