元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレ感想を載せています。

剣が君 for S

【剣が君 for S】
プレイ:350本目:2022,4,24〜

〜あらすじ〜
【for V】
一六三三年
妖怪を滅する力を持つ伝説の刀、「天下五剣」を授かる「剣取り」こそが武士道(真の侍)と賞賛される時代。
各地では、剣取り御前試合が開催され、強い者が次々と名乗りを挙げていった。
幕府は、御前試合として「剣取り御前試合」を開催。
御前試合で一番になった侍には、官や称号、望むがままの褒美が与えられ、そして「天下五剣」
鬼丸国綱(おにまるくにつな)
童子切(どうじぎり)
大典太(おおてんた)
三日月宗近みかづきむねちか)
数珠丸(じゅずまる)
を授けられるのであった。
時は早春。
今年も江戸城で剣取り御前試合が開催される季節となり、全国から名声や富を求める若者達が江戸に集まっていた。

【百夜綴り】
寛永十年。
駿府城で徳川忠長が自刃したことから、すべては始まった。
江戸に暮らす料理茶屋の娘は、ある日、偽の姫として、花嫁行列を演じることとなる。
駿府城までの東海道の旅。
困難を乗り越えていく中、護衛たちとの間にも絆が芽生えていく。
しかし、花嫁行列の裏には
もうひとつの思惑が隠されていた。
天下五剣が一振り
「数珠丸(じゅずまる)」の密かに運ぶこと。
知らずそれを手助けした一行は、無事に江戸に戻った後も不思議な縁で結ばれることになる。
天下五剣を授かる江戸城御前試合を前に活気づく江戸の町。
今から語るのは、そこで彼らが再び相まみえることから始まる、数多の物語。
そして、彼らが生きてきた証である、語られざる物語。
夜ごと語って、綴りましょう。誰もが忘れるその前に――
(公式サイトより)

剣が君

※「剣が君 for S」のバナーに使用されている画像の著作権は、Rejet株式会社に帰属します。


〜攻略キャラ〜
九十九丸 -(cv小野友樹さん)
螢 -(cvKENNさん)
黒羽実彰 -(cv前野智昭さん)
縁 -(cv置鮎龍太郎さん)
鷺原左京 -(cv保志総一朗さん)
鈴懸 -(cv逢坂良太さん)


〜各キャラネタバレ感想〜
※攻略中


〜全体の感想〜
※攻略中