元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

うたの☆プリンスさまっ♪Debut for Nintendo Switch「一十木音也」ネタバレ

うたの☆プリンスさまっ♪Debut for Nintendo Switch
●一十木音也(cv寺島拓篤さん)
明るい性格で天性のアイドル気質を持つムードメーカー。
母を亡くし、育ての母も亡くし、孤児院で育つものの天真爛漫に生きてきた。
Aクラスを卒業し、シャイニング事務所の正所属となりデビューを果たすため恋人である主人公と共に切磋琢磨するが…。

f:id:pinkve:20210729102317p:plain
※「うたの☆プリンスさまっ♪Debut for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、株式会社ブロッコリーに帰属します。


→管理人の音也のネタバレ感想はこちら←

→恋愛エンドはこちら←
→友情エンドはこちら←
→先輩エンドはこちら←




うたの☆プリンスさまっ♪Debut、一十木音也ルートネタバレ〜
(恋愛エンド〜Over the Rainbow〜)

※ただいま作成中です。

(友情エンド〜PullーOff Roulette〜)

(先輩エンド〜1オクターブの道標〜)



↓おとやんの感想ネタバレ有り↓



うたプリdebut、音也の感想ネタバレ有り〜
九年前くらいに発売した時にプレイをしてるので2回目のプレイとなりましたが、色々忘れているところがあって、前より感動したという印象でした。
音也ルートの始まりはいつもの仲間との屋上でのハーモニーなど音也っぽい青春の始まりでとても爽やかでよかったし、新たに参入した先輩の嶺ちゃんがとにかくインパクト強くてですね、タメ口で話し始める音也にドキドキするものの、全然オッケーって言ってくれる嶺ちゃんの懐のデカさにかっこよさを感じたりもしました。
そんな始まりから序盤はとてもラブラブな感じで、ボイスメッセージ付きの手作りストラップをプレゼントしてくれたりするところとかめっちゃ素敵だなって思いましたし、前より大人になっててどんどん成長して頼れて優しい彼氏のおとやんにときめきますし、甘いのとエロさもあってとても良かったんですが、急に来ました、落ち込みセンチメンタル<●><●>(笑)
そう、このdebutという作品の最大のみんなの試練、泣きのスチル搭載の苦しみ!!!
おとやんの泣きのテーマは育てのお母さんが死んだことをまだ受け入れられてないという事実と、明るく振る舞っていたのもお母さんのためだったからという話…。このストーリーね、めっちゃ泣けました(ToT)おとやんめちゃくちゃ可哀想だよおおおおお(ToT)お母さんに死んでほしくなくて向日葵を育てて、お母さんに元気になってほしくて向日葵みたいに太陽みたいになってお母さんを照らすって約束したんだって、その小さい時のおとやんを想像したらもう泣けて泣けて辛かった(ToT)
まぁそれでもシャイニーは乗り越えなければこの業界ではやっていけないって厳しくするわけだけどさ、乗り越えた時にシャイニーがずっと見てるって言って頭を撫でてくれたやつまた泣けました(;_;)しかしシャイニーはいつになったら言ってくれるんだろ…やっぱずっと内緒にするのかなぁ…そして相変わらずセシルはめっちゃ可愛がるのに音也に何故こんなに冷たいのぉ(ToT)(笑)いつか本当のこと言って抱きしめてあげてほしいなぁ…
と、後は友情エンドはやたらにクサイセリフを吐くトキヤが相変わらず貫禄ありすぎ何歳やねんって感じだし(笑)、先輩エンドもまたエロいトキヤボイスで囁くトキヤに甘えて飛びつく音也が可愛くてやばかったです(笑)嶺ちゃんの優しい先輩感も素敵だしね!
という感じで久々におとやんの「好きだよ」って甘いセリフ沢山聞けてニヤニヤしました!ありがたや!!