元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

LoverPretend「瀬名由稀人」ネタバレ

〜LoverPretend(ラバープリテンド)〜
●瀬名由稀人/セナユキト(cv鈴木達央さん)
24歳、185センチ。
女性に大人気のファッションモデル。
言動は軽く、どんなに仕事が忙しくてもマネージャーに怒られても、プライベートを充実させるタイプ。
しかし仕事に穴を空けるようなことは決してないストイックな一面も。
仕事相手に迫られて困っていたところ、「すでに恋人がいる」と嘘をついて主人公を紹介してしまう。

f:id:pinkve:20210427200101p:plain
※「LoverPretend(ラバープリテンド)」のバナーに使用されている画像の著作権は、デザインファクトリー株式会社および、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人の由稀人さんのネタバレ感想はこちら←

→ハッピーエンドはこちら←
→グッドエンドはこちら←


〜LoverPretend(ラバープリテンド)、ルートネタバレ〜
(ハッピーエンド〜最高のラブレター〜)
自分の兄である可能性がある一人の由稀人は、超人気イケメンモデル。しかしチャラ男で軽く遊び人という噂の持ち主で、更に父親も同様に女癖が悪いと噂だった。
しかし合宿で距離が近くなると由稀人が意外にも努力家であることが分かる。本当の由稀人は仕事を愛しており大切にしていたため、あえて人から求められたイメージでいるためにチャラ男を演じているようだった。
合宿が終わった頃、由稀人は「綺羅梨」というグラドルにしつこくアプローチされていた。あまりのしつこさにちょうどそばにいた主人公の肩を抱き「この子と付き合っている」と言って嘘をついた由稀人。そのせいで綺羅梨が諦めるまで恋人のフリをすることになり、ちょうど怪我で休んでいたマネージャーの代わりに主人公が由稀人のマネージャー仕事をすることになった。
由稀人の仕事を手伝うとあまりの忙しさに目が回った。それはもうあんなに遊んでると噂されていたのに遊ぶ暇なんて無いほどに。仕事に真摯な由稀人は、本当はとっても真面目な人。そんか彼を応援したいと思ったし、ときめき始めてしまうが、数馬に「もしかしたら兄かもしれないんだぞ」と釘を刺されてしまい、すっかり舞い上がって忘れていたことに気づく。
しかし恋心は加速し、綺羅梨にまで指摘されてしまった。
辛くてついに主人公は由稀人本人に兄かもしれない話をした。私の恋は永遠に叶わないと涙を流すと由稀人は「それは絶対に違う今は言えないけど必ず証拠見せるから」と言って「泣かないで、せっかく両思いになったんだから」と言ってキスをしてくれた。
ずっとチャラ男を演じてモデルとして生きていた由稀人だったが実は本当は俳優になりたいという夢があった。それを知っている主人公は応援し背中を押したが、事務所はモデルとしてかなり人気がある由稀人を俳優にしたくはない。だから今度のダブル主演のオーディションでもし合格すれば事務所も俳優として推すと言ってくれたため、由稀人はますます頑張ることに。更に綺羅梨にも頭を下げ、自分には背中を押してくれる大切な人がいると完全に振り、綺羅梨も二人の絆を目の当たりにして身を引いてくれた。
そしてオーディションの日、スポンサーはみな不真面目なイメージの由稀人を落とす気持ちでいたが、なんと由稀人は髪を真っ黒に染め、自分が本当は求められた姿じゃなくてありのままの自分で勝負をしたいと、俳優になりたいと、その気持ちを込めた迫真の涙の演技をし、その凄さに全員は圧倒され拍手を送り、なんと合格したのだった。
エンドロール後は、主演映画が成功し更に忙しくなった由稀人。主人公の執筆も波に乗り、久々に会えた日になんと由稀人は父親が主人公の父ではない事の証拠として秘密を話してくれた。なんと父はゲイであり今はゲイバーのママをしていた。由稀人の母とは契約結婚で由稀人を身篭り、更に女癖が悪いと言う噂は俳優として恋の演技のためにわざと色んな女の人を口説いていたため噂になってしまったのだと言う。
だから二人が兄妹ではないと証明され、主人公は改めて今挑戦しようとしているコンクールの話をした。それは受賞するとドラマ化し主演も指名できるもの。だからそれで由稀人を指名して二人の合作を作りたいのだと告げた。
まだまだ新人の一歩を踏み出した二人だけど、きっと未来に幸せが待っていると信じて。


(グッドエンド〜2人の夢〜)
日本最大ファッションイベントJGCの大トリに指名された由稀人。それはモデルとして名誉であったが、映画の時期とかぶってしまうため映画は諦めることに。
けれど俳優になることは諦めない、いつか必ず叶えるからと主人公を抱きしめる由稀人。彼の悔しさを知ってるけど応援するのは変わらないから、いつかデビューは主人公が描いた脚本でしようと約束し、二人は夢に向かって走って行った。




↓由稀人の感想ネタバレ有り↓



〜ラバプリ、由稀人さんの感想ネタバレ有り〜
最初の印象は数馬と声が似てて声だけじゃ判別できないと言う印象でした(なにそれ)笑
そんな由稀人さん、めっちゃ言葉遣いがチャラくて、キャラ設定もチャラくて、でもなんか真面目かも〜みたいな王道のチャラ男設定なのかなと思ったらまさに本当にそうでした(笑)そう、このソフトは王道が大好き(笑)
そんな彼は定番のチャラ男ならではの流れで、しつこく言い寄られているキラリちゃんをどうにかするため主人公はめんどくさいことに巻き込まれるわけで、正直これマジめんどくせーと思ったんだけどね、なんかキラリちゃん思ったよりめっちゃいい子でビックリ(Σ○Д○;)確かにしつこくはあるんだけどさ、由稀人を好きになった理由もちゃんとしてるし、仕事にはストイックだし、何より由稀人のことを「瀬名さん」って呼ぶの好感度高い!しっかりしてるよね!しかも可愛いし!
それをずっと見てたワシ、なんで由稀人はキラリじゃなく主人公選んだんだろーみたいな(笑)
まぁ由稀人曰く、未来を応援してくれる背中押してくれる人だから主人公が必要って言ってて、同じ場所を目指してるなら間違いなくキラリ選んでたーって言ってたけど、え、それって微妙じゃね?<●><●>(笑)応援の仕方の違い?<●><●>(笑)
そんな不安を抱えたものの、グラスホッパーのカクテル言葉とか素敵だし、実は真面目で頑張り屋でめっちゃかっこいいし、仕事にも一生懸命だし、優しいし、由稀人自体はマジでめちゃくちゃ素敵な人!再オーディションの演技の時はもうめっちゃ感動して私も泣いちゃいましたしね(;_;)応援したいし支えたいよね!
だからね、ほんっと由稀人は見た目も中身もめちゃくちゃかっこよかったです!すごい好き!だからこそ何故あの主人公!?とは思うが!(笑)
あと、黒髪に染めたのもかっこええええええ(ToT)何してもイケメンじゃん!!ベロチュースチルもやべーー!!
中の人の演技も最高に良かったです!抱いて!(笑)