元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

ひめひびAnother Princess Days〜White or Black〜「紙袋中人」ネタバレ

【ひめひびAnother Princess Days〜White or Black〜】
●紙袋 中人/カミブクロ ナカヒト(cv赤羽根健治さん)

f:id:pinkve:20210326155912p:plain
※「ひめひびAnother Princess Days〜White or Black〜」のバナーに使用されている画像の著作権は、株式会社拓洋興業に帰属します。


→管理人の紙袋さんのネタバレ感想はこちら←

→WhiteLilyエンドはこちら←
→Pureエンドはこちら←
→Scandalエンドはこちら←
→BlackLilyエンドはこちら←



〜ひめひびAWB、紙袋中人ルートネタバレ〜
(WhiteLilyエンド)
常に頭から紙袋を被った謎の男の、紙袋中人。皇会ではポーンとしてキングのSPかつ秘書をしているが、殆ど執事のようなもの。強くてなんでも出来、紙袋を被るのは元いた荒城家の独自の武術を極めるための技法であり、中人の他に紙袋を被ったメンバーは6人いるらしい。
千晴は、そんな中人を主人公の専属従者にしてくれた。
金にしか興味ない中人は従者としても完璧だったし、共学化のためのヴァレンタインフェスティバルで肝試しをやることになった時も主人公と中人の二人でやれと言われた時もすんなり命令を聞いた。しかし共にいればなんでもしてくれる中人に情が湧くが、主人公の側にいるのは金が発生するからだと言われれば切なくなった。
そんな時、秘密の花園で中人に会うと、こんなことが前にもあったことを思い出し、もしかしてあの時に見た綺麗な顔の青年は中人だったのではないかと思い、紙袋をとって欲しいと頼んだ。するとやはりその顔はあの時あった青年と同じ。会ったことを言わなかった中人は別に隠していたわけでもなく金が発生するわけではないから黙っていただけだったが、主人公からすれば新鮮さにときめきを隠せない。
そして、主人公はそばにいる中人にどんどん惹かれ、恋をしてしまった。
するとある日中人が「俺に惚れてますよね?」と言ってきた。しかしプリンセスとポーンでは釣り合わないと釘を刺されてしまう。そして感情を捨てるなら今まで通り側にいるが、無理なら解雇してくださいと言われてしまった。
何故そこまで釣り合わないと思うのか、それには彼の過去に理由があった。
中人が幼い頃母親はコロコロ男を変えて色んな男を家に連れてきたが、そのせいで中人は男達によく殴られていた。しかしある日連れてきた男はまともで、しかも皇四翼の一人である浜ヶ谷だった。その男なら母を任せられると思い、思い切って家を出た幼い中人だったが、そこで荒城に拾われ、今度はそこでしごかれるはめに。力こそ全ての荒城家は厳しく、お金は裏切らない、痛みも感じない、そんなふうに徹底的に仕込まれ黒い仕事もなんでやらされた。
だから中人は自分はもう普通じゃないと言う。
そんな中人を見て主人公は胸が痛み、共にいるチャンスが欲しいと願うと中人は「罰を与えてご主人様」と言ったから主人公は「罰は私とずっと一緒にいること」と伝えた。すると中人は「君に出会わなければただの金の亡者でいられたのに残念だ、俺を選んだことを後悔させてやる」と微笑み「俺も君が好きですプリンセス」と抱きしめてくれた。
そしてヴァレフェス当日。二人は成功させ、共学化は進むこととなり、主人公もここに居られることになった。
中人に「近いうちに母に会ってほしい」と言われ赤面すると抱きしめられ「この先のずっとを予約させて」と言ってくれたから主人公も「あなたを幸せにして見せます」と言って抱きしめ返すのだった。


(Pureエンド)
ヴァレフェスは微妙な結果となり主人公は出ていくことに。
すると中人は「俺の本当の名は及木歩(およびきあゆむ)」と教えてくれ、「王子でもなく、紙でもなく、俺自身で迎えに行く」と言ってキスをしてくれ、必ず再会しようと約束をした。


(Scandalエンド)
中人を失いたくない主人公は「今後私のお願いを全て聞きなさい」とコインを落として命令をした。
しかし中人の父親が浜ヶ谷だと艶真にバレ、フェスは中止にされ、主人公は寮に閉じ込められてしまった。
その後、主人公は24時間監視カメラで監視され、会いに来れるのは決められた時間の中人だけ。
閉じ込められ自由がない主人公だけど、それでも中人と一緒にいたかった。悲しい過去を持つ中人を一人にしたくないと思ってたのに心を一人にしてしまった罪を抱え、主人公はずっとここにいる。


(BlackLilyエンド)
中人に抱きついたのをパパラッチされてしまい学園はスキャンダルで大変なことに。
主人公は監禁され、長い間そこにいると頭がおかしくなりそうだったが、世話役として預けられた中人が紛らわすために恋人ごっこをしようと提案。
すると主人公は元気になった。本心に嘘を乗せて触れ合うだけで罪悪感と幸福感が生まれる。
私は幸せになるんだ。




↓紙袋さんの感想ネタバレ有り↓



〜ひめひびAWB、紙袋さんの感想ネタバレ有り〜
紙袋をかぶっている攻略キャラというものすごいインパクトでやってきたこの人。相変わらず拓洋さんはぶっ飛んでるなーと思い、そしてわくわくしてたんですが中々中身も凄かったです!
ただ、共通ルートでもう顔が出ちゃうのでね、そこはもうちょい引っ張ってほしかったなーとは思いました。もったいないよ!
まぁそれはいいとしてあの紙袋だけで表情を再現するのは凄かったですね〜中の人の演技が上手いから余計に合ってたんですけど、くしゃくしゃになったりパンパンになったり面白い(笑)
そしてそんな見た目のくせにね!?何故かめっちゃときめくのはなんなのぉ!?雨の日に手を引っ張ってもらうスチル、相手覆面よ!?なのにめちゃくちゃかっこいいのよ!おかしいだろ!(笑)多分それはね、なんでもこなす執事タイプからのスパダリ感がそうさせている気がする。そして急な敬語からのタメ口の破壊力はやばすぎる。めっちゃときめいたし!
けど、金を払えばどうにもなる関係とか言ってくるのがウケました(笑)私なら皇さんの金を使って紙袋さんといいことしますねー(ゲス!)笑
けどそんな賑やかでワイワイ楽しく笑えるのも前半だけと言う。打って変わって後半の重さにびっくり。結構抱えてるものとか過去は重かったので幸せになってほしいと思う!
なかなか靡いてくれない紙袋さんのために石油王になろうとした主人公が愛しいルートでした!(笑)