元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

明治活劇 ハイカラ流星組「守田楓花」ネタバレ

〜明治活劇 ハイカラ流星組 -成敗しませう、世直し稼業 -〜
●守田 楓花/モリタ フウカ(cv井口祐一さん)
15歳、165センチ。
人気の歌舞伎役者であり主人公の友人。とても人気があり頼りになる。

f:id:pinkve:20210120195857j:plain
※「明治活劇 ハイカラ流星組 -成敗しませう、世直し稼業 -」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人の楓花ちゃんのネタバレ感想はこちら←

→歓喜エンドはこちら←
→紲エンドはこちら←



〜明治活劇ハイカラ流星組、守田楓花ルートネタバレ〜
(歓喜エンド)
優花の双子である楓花は、主人公が唯一の友である有名歌舞伎役者。稽古が嫌でよく主人公の元に逃げてきたりしているものの、その腕はたしかで人気者。
そんな楓花は主人公にとっても癒しであり親友だったが、なんと実は楓花の性別が男であることを知る。しかし本人すらもそれは知らない事実だった。ずっと他と遮断され徹底的に隠されて育てられた楓花は男と女の違いすら分からなかったからだ。
そんな衝撃の事実を知り、受け止められない楓花だったが、振り向きざまに間違って主人公と口付けをしてしまったことにより徐々に男としての意識が芽生え始めた。
更に新生ハイカラ流星組を立ち上げた際も、主人公の力になりたい上に実は自分の父が殺されたかもしれないということで犯人を知るために自らも流星組の仲間になるといった。
実は小さい時に男に悪戯されて以来男が苦手になった楓花は自分が男ということを受け入れられなかったが、自分が男なら大好きな主人公と結婚できるしずっと一緒にいられると気付くと、男になりたいと言い出して暴走し、なんと自身の舞台で男であることを発表してしまう。客が静まり返り呆然とする中、主人公だけは立ち上がり「楓花は楓花だ」と言って立派な舞台に拍手をすると、周りも確かにと納得し拍手を送ってくれたため、完全にとは行かずとも楓花はようやく男として強くなれた気がした。
その後も夜会で男装をする楓花はとてもかっこよくて女性からも人気となり歌舞伎はこれからもうまくいくようだった。
しかしそんな時楓花の祖母であり楓花を閉じ込めた張本人が主人公に接触してきた。実は祖母の「野中きよ」は本当の祖母ではなく、楓花の父の母の妹であった。そして楓花を一生女型でいさせるため結婚はさせないが恋心を知るために主人公に擬似の恋を教えて欲しいと言ってきた。しかも主人公には他の男を好きになってもいいし、結婚してもいいと、けど楓花に恋は教えても楓花には本気になるなと言い出した。
その勝手な言い分に怒った主人公はきよに啖呵を切り、勝手に流星組できよについて調べ始めた。しかし何も言わずに勝手に行動する主人公に不満な楓花は怒り身投げをしようと騒ぎを起こし、それを止めた主人公が謝って落ちて骨折してしまう。後悔した楓花は反省し、それからしばらく主人公の看病を献身的に行ったことにより、また二人の絆は増えた。
しかしその後、主人公だけが楓花の出征の秘密を知る。
実は楓花の父の妻は男を二人産んだが死産してしまったため妻はショックで死に、そのあとあてがわれたのが芸者の「白川マツ」だったが芸者であることにより結婚を反対された上に生まれた子供が「飛鳥」という女だったため、マツと飛鳥はそのまま「妾」という扱いで守田家の離れで暮らしていた。さらにその後謎の女である「スズ江」をあてがわれスズ江は楓花と優花を産んだため、男を産んだということで襲名させられたが、それは結局楓花達の方が妾の子であるという事実。本来はマツ達が離れではなくこの家にいられるはずだったのに楓花達はめかけとその子供と彼女達を蔑んでいたのだ。
そして父は何故か毒で何者かによって殺されたのだが、それは実はマツの仕業であり、更にスズ江は実は父ではなく五世木の子を妊娠して、父の借金を肩代わりするため五世木が父にスズ江をあてがったため、なんと楓花達の本当の父親は五世木であることがわかった。
主人公はそれを知り、楓花には五世木のことを話せなかったが、ちょうど五世木の裏金のことが発覚し流星組が五世木を脅したため彼は政界から身を引くこととなったため有耶無耶になった。
これでとりあえずの真相は解決したものの、マツがなんと恨みから楓花に毒を飲ませようとし、止めようとした主人公に対し「楓花に飲ませたくないならお前が飲め」と言ったため覚悟をして毒を飲む。
辛い体を引きずり楓花に会いに行くと何も知らない楓花は通し稽古が終わったら主人公と主人公の母と自分の3人で暮らそうと、そして結婚しようと言って約束して抱きしめてくれたが、主人公はそのまま倒れてしまった。
エンドロール後は、三日後。
ようやく目覚めた主人公はどうにか無事だったが面倒を見るため優花と楓花がちりめん長屋に引っ越してきていた。
そして時がすぎ楓花は徐々に男らしくなり声も太くなった。学生になり勉学に励んでおり、今日も主人公と手を繋いで好きとたくさん伝えてくれたが最近主人公に触れるとドキドキしていやらしい気持ちになるという。
そんな今までにない感情もまた男になった証拠なのだと二人は共に成長しようと微笑みあった。


(紲エンド)
エンドロール後から分岐。
楓花はマツ達と母を家から追い出し、いずれは祖母も追い出すと言った。
一年後、二人はまだ流星組をしていた。五世木を成敗することに成功し、今まで貯め込んだだ彼の金を貧しい人にばら撒いた。
夜の街で楓花は「お父さん、お疲れ様」とつぶやいた。楓花が知らないはずのその言葉に思わず振り返るが、何もなかったように笑った。



↓楓花ちゃんの感想ネタバレ有り↓



〜ハイカラ、楓花の感想ネタバレ有り〜
見た目が女の子だし、声もメッチャ可愛い女の子ボイスだし、まず男なのか女なのかそこが一番気になった楓花ちゃん。その謎を解くべく攻略したわけですが、なんと自分でも分かってなかったっていう(笑)こういう展開だったのかー!!
私の予想では隠していたのかなと思ってたけど本人すら自分が男であることを知らされずに生きてきたって中々凄いことですよね?そして絶対いずれは分かることなのにそうしていたお婆さま酷すぎんだろ(Σ○Д○;)そして急に男とか言われて本人も周りもそりゃわけわからんよな。
ということで本人は色々情緒不安定になっているのか凄い浮き沈みが激しいルートでした。最初は美人だし優しいし頼りになるし迫ってくるからエロいし最高だったのに、あれだけ主人公大好きで絶対味方でいてねって言ってたのに急に「あなたはいらないの」とか言ってきた時はマジイラッとしました( ;´Д`)言い方が酷すぎる!!!更に卑屈になって身投げして、それを庇った主人公が重症になり、それではっとしてやっぱりごめんね許してって言ってくる楓花ちゃんにはポカーンでしたが、それはそのまま終われば良かったのに今度は自分の父親殺したのが主人公の父かもってなった時もいきなりキレられて突き放されて馬鹿じゃねーのみたいなこと言われたのに優花も誰もいなくなったらやばいと思ったのか急にしおらしく謝ってくるっていう‥(^◇^;)主人公は怪我をしたり、仕事クビになったり、怒鳴られたり、いらないと言われたり、馬鹿と言われたり、最終的に毒飲まされたり‥満身創痍すぎる‥(笑)それなのに許して〜って毎回なんなんや‥主人公が精神崩壊した時はそりゃそうよねって思ったわ(笑)
しかしその後はまぁどうにか上手くいって、何よりエンディングではめっちゃ男らしくかっこよくなった楓花‥あれはずるいだろおおおエロいしさあああ<●><●>(笑)アレで全てチャラになる感じずるいよ!けど絶対また喧嘩になる未来が予想できるが‥(笑)
あと、紲エンドは五世木をちゃんと成敗するエンドだったのでこれはむしろ一番いいエンドじゃ?とは思った。
けどさ、やっぱ楓花って五世木の息子なんだよね!?(Σ○Д○;)これは予想外だったよー!!!そしたらむしろさ、おめーの父親が主人公の父親殺してんじゃん!(笑)あの時バカとか言ってきたやつ、逆やんけ!!!(笑)
と、色々問題あるルートでしたが何よりすごいのは中の人の演技ね。これはほんっと凄い(Σ○Д○;)徐々に声変わりで変えてくところとか、最終的な男声とか凄すぎる!あとスチルもね、女の子の姿の楓花だけどちゃんと手とか大きかったりするし細かいなと思う。こういうところでとても感動しました!