元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

ピオフィオーレの晩鐘1926「ニコラ・フランチェスカ」ネタバレ

〜ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926-〜
●ニコラ・フランチェスカ(cv木村良平さん)
ファルツォーネファミリーのNO.2。
おおよそマフィアらしく見えない、人の良さそうな風貌の優男。
典型的なイタリア男で、女性慣れしている。
ダンテとは従兄弟同士。
息をするように嘘をつく。
Episodio1926 -BURLONE-では
老鼠の壊滅後、ヴィスコンティと連携を取りながら抗争で荒れた地区の統率などを進めていたが……。

f:id:pinkve:20210207221745p:plain
※「ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926-」のバナーに使用されている画像の著作権は、デザインファクトリー株式会社および、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人のニコラのネタバレ感想はこちら←

→BURLONEエンドはこちら←
→ALTERNATIVAエンドはこちら←



〜ピオフィオーレの晩鐘1926、ニコラルートネタバレ〜
(BURLONEハッピーエンド)
あれから一年、恋人になったニコラは相変わらず甘く優しく幸せな日々を送る主人公だったが、仕事が何やら忙しく中々会える時間が少なかった。
まだ教会で暮らしている主人公だったが、ある日そこに教国の聖職者であるテオという男が現れ主人公の事を「鍵の乙女」と言った。自分のことだが聞いたことのない響きに戸惑うと、テオは「ニコラに聞いてみろ」とだけ言って去っていった。
そんな頃、市警の横暴でファミリーの構成員が理不尽に捕まったり、家族が拉致され脅されると言う事件が起きる。それは州知事のエルネスト・デ・フェオが裏で手引きをしていたのだが、エルネストはそう、ニコラが殺したロベルトの父であったため、ファルツォーネへの私怨として市警が動かれていた。
更にダンテまでもが捕まってしまい、ニコラは頭を悩ますこととなるが、更にギルバートの屋敷が何者かに燃やされギル以外の構成員が全員死亡してしまった。
ニコラはギルを屋敷に保護することにしたが、これで更にニコラの負担は増えていく。けれどニコラはその全てを主人公には話さなかった。全て一人で抱えるニコラは、いつもと変わらない笑顔でとても優しかったが、自分を頼って欲しい主人公は辛い。
けれどニコラに秘密が多いのはある理由があった。過去にニコラの母はニコラをカポにしたがっていたが、本人は幼いながらもダンテこそが次代のカポに相応しいと思っており、それを母に説得して欲しいからシルヴィオに相談をした。しかしそのせいで母はシルヴィオに殺された。ダンテの未来の邪魔になるから。ニコラが話したことで、死んでしまったのだ。それ以来人に話すことが苦手になり、なんでも一人で背負い込むようになってしまった。
今回もダンテを釈放ため知事を暗殺することになったが、そんな汚い仕事を主人公に知られたくない。けれどファミリー伝に聞いてしまった主人公にニコラは嫌われたくないと弱音を吐いたが、主人公はもっと頼って欲しいと、ニコラを愛しているからと伝えることが出来た。
しかしそこであのテオがまた現れた。ニコラに対し、まだ主人公に本当の事を話してないのかと言った。悲しい顔をしたニコラの代わりにテオが告げたのは、主人公が「鍵の乙女」であり代々の墓守の一族の当主と結ばれる運命にある事だった。聖遺物はその二人が結ばれる事で封印が解けるため、必ず惹かれ合う仕組みになっていると言う。
だから、主人公のニコラへの想いは血のせいで勘違いで惹かれていると言った。そしてその血を引いたものでも間違った方を選んだと、本当はダンテと結ばれなければならなかったと、ニコラのせいで一族は終わったのだと告げられた。
実はニコラはこの話を知っており、一人悩んで、けれどどうしても主人公に本当の事を今まで告げられていなかった。だってこれを聞いたら主人公はダンテを好きになってしまうかもしれないから。
テオが去り二人になると、ニコラは「他の人と結ばれるのが正しいなんて思いたくない、血に背いても君を失いたくない」と言い強く抱きしめてくれる。主人公だってそれは同じ、決められた運命なんて知らない、私はこの人だから愛したのだから。
しかしダンテと主人公が結ばれなかったため教国の庇護が無くなってしまう。けれどなんとエミリオがダンテじゃなくても同じ血の流れるニコラでも封印が解けると言ったため、二人は封印を解いてみることにした。二人の血を捧げればなんと封印は解け、中には遺骸があった。ニコラはそれらを全て燃やしたが、そこに死んだと思われた楊が現れ交戦し、倒すことに成功すると、エミリオは「これからは使命に縛られることなく自由に生きるといい」と言ってくれた。
その後、墓守の一族としての使命を失ったファルツォーネはアメリカへと渡ることとなった。
エンドロール後は、なんと実は遺骨を燃やさずに持ち出していたと言うニコラ。これは教国から何かあったときの切り札のためだと笑った。相変わらずちゃっかりしていて頼りになるニコラに微笑み返す。
真っ青な青空の下の丘で、ニコラは指輪をくれた。左手の薬指にはめてくれて「結婚してくれますか?」と告げられれば喜びが込み上げながらも「はい」と答えてキスをした。
運命の悪戯の出会いだとしても、二人で勝ち取った未来はもう、運命だから。
誓いのようなキスを、明るい太陽が未来まで照らした。


(BURLONEバッドエンド)
結婚の約束をした二人は、ソフィアにも報告に行ったりと幸せの絶頂だった。
しかしなんと死んだはずの楊が生きており、オルロックとエミリオが殺され、屋敷を燃やされた復讐をするため楊を狙ったギルも死に、楊も相討ちになって死んだ。
更に使徒候補のヨハンが主人公を襲い、刺されて死んだ。ニコラは倒れゆく主人公に縋りつき「嫌だ、死ぬな、置いてかないで」と叫んだが「ニコラが無事で良かった」とつぶやいて息を引き取った。
その後、時間が経った。
ニコラは感情を無くし、ファルツォーネを立て直すべくロボットのようにがむしゃらに働いた。周りが心配する中、ニコラは一人、あげるはずだった指輪を握ると冷たくて、彼女の亡骸に触れた冷たさとおんなじだと思った。
「もうすぐそばにいくから待っててね」
ニコラの小さな呟きは空に消えてった。


(ALTERNATIVAエンド)
ファントムのと事件が解決し、ニコラとよく一緒にいるようになった主人公は、あれから外の世界にも興味を出し、よく図書館へと訪れていた。
今日もニコラは図書館の主人公に会いにいくが、一緒に並んで本を読んでいると主人公の首が船を漕ぎ出した。「ニコラのそばは安心するの」と言って眠った主人公が眠ってしまったからニコラは主人公の頭を誘導し、自分の肩で支えた。
穏やかな顔を見つめるニコラはいつまでも安心されては困るなと微笑んで「次はきっと意識させてあげるよ」と囁くのだった。




↓ニコラの感想ネタバレ有り↓



〜ピオフィ1926、ニコラの感想ネタバレ有り〜
前作でもセクシーでイケメンで優しくてエロいニコラでしたが、今回もまごうことなくエロかったです!(笑)
本編では色々あって中々結ばれなかったわけですが、今回は初っ端から恋人なのでめっちゃ甘いニコラが素敵すぎました。私的に好きなのがいつもこめかみにキスしてくれたりおでこにキスしてくれるとこ!あれめっちゃよくないですか?愛されてて可愛がられてる感じがして嬉しいよねー!
しかしそれと反してめっちゃ過去が重かったニコラ。お母さんの話は想像以上に重くてビックリ。けれどそこから彼があまり全てを話したがらない理由がわかるのでとても良い作りのストーリーだなぁと思いました。
しかしね、ニコラちょっと気遣いすぎだと思いません?子供の頃からそうだしさ、大人になった今もダンテのためにめっちゃ気遣って生きてるし、自然となんだろうけど誰のことでも幸せにしようとする感あるでしょ?みんなが傷つかないようにふざけてみたり、優しい言葉をかけたり、甘かったりとね!自分の大切な人たちには無限に大切にするのは本当に本当に素敵な人だなとは思うけど、出来過ぎだよ!マジでそこまで気遣わなくていいと思うんだ!もっと彼は我が儘になってもいいと思うし、一人で背負い込みすぎると思うわけ!疲れそうだよ〜もっと自分の幸せのためにも動いてほしいな(;_;)
結局いい人すぎますよね!
あとはね、彼のルートはなんか誰よりも辛いなと思いました。だって他キャラは知らないままの情報とかの例の墓守の一族と鍵の乙女の話ね。これはその二人が血によって惹かれるから好きって気持ちはただ血のせいなんだよーってテオに言われて悩むわけですよ。それがね、ダンテと主人公なら「私たちは運命で結ばれてるのねっ」てなるわけだが、間違った人を選んだと言われてものすごく辛いのよね。だからそこでニコラが「運命が正しいなんて思いたくない」って言うんだけど、それ!それいいよね!運命を感じるのではなく運命なんてクソ喰らえパターン!逆のパターンの愛っていうのは珍しい感じで凄く胸打たれました。雨の中のスチルはめっちゃ良かったしね(;_;)
あと、最後の方の楊とニコラのバトル戦はめっちゃ白熱してかっこよかったです!かっこいい!ただ、楊殺してすぐに主人公が「無事で良かった!」みたいに笑顔で走ってくるのは少しゾッとしたが(笑)陽ルートではあんなに楊を愛していたのに( ´◡` )(笑)そこに死体転がっとるのに目も暮れず走るとか、死に慣れすぎててやばみ(笑)
そしてバッドエンドなんだけど普通のバッド以外の中途バッドでもニコラルートは力入っててむしろそっちのエンドの方泣けました(;_;)ニコラが死んだ後指輪見つけてパカっと開けるシーンね、めっちゃ泣けたわ(ToT)
てな感じで色々気になって面白かったルートでした!
そしてオルタナの方の感想ですが、こちらは短いのでそんなに感想はないものの、優しく甘えさせてくれるニコラが素敵でした!あとはやっぱり途中のスチルの軍服にたばこのやつ!あれめちゃくちゃかっこよかったですね!しかし一番期待してた最後のスチル、主人公の首がおかしくない?(笑)長いしグキってなってそうだし痛そうだしそこが気になりすぎて良い雰囲気が少し台無しな気がした(^◇^;)ニコラは素敵でしたが!