元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

オズマフィア「ソウ」ネタバレ

OZMAFIA!!-vivace-(オズマフィア!!-ヴィヴァーチェ-)〜
●ソウ(cv井口祐一さん)
無法集団「ウォールフガング」のメンバーでシーザーの右腕。物騒なシーザーと比べて、穏やかで明るく、人懐っこい。
週末は街の中心部で屋台を出し、得意の料理を人々に振る舞っている。
※他キャラクター全員攻略後ルートオープン。

f:id:pinkve:20201019092743j:plain


→管理人のソウのネタバレ感想はこちら←

→エンディング1はこちら←
→エンディング2はこちら←



〜オズマフィア、ソウルートネタバレ〜
(エンド1〜Phantom〜)
オズファミリーに保護されしばらく経つと、ソウという優しい青年と出会った。
ソウは街で屋台を営んでおり、料理がうまくて優しくて明るく話しやすい青年だったが、彼はウォールフガングのシーザーの腹心であった。
しかしお店に通うようになると、シーザーから逃してくれたり、何もわからない主人公に優しくいろんなことを教えてくれたり、ソウといるととても楽しくて穏やかな気持ちになれた。
しかしある日ソウを探してスラムに行ってしまい危ない目に遭ってしまった。カラミアたちに助けてもらったものの、キリエに「ファミリーに加わるか、出ていくか選べ」と言われてしまった。
結局オズファミリーにくわわることをえらぶとか、他ファミリーであるソウと余り話せなくなってしまった。寂しくて悲しくて、この選択は本当に良かったのかと悩み始める。そしてそれはソウも同じで、二人はなんとこの街から逃げることを決意。ずっと二人だけで一緒にいようと言い、外に出てしまった。
外は自由で何にも囚われず楽しい日々だった。お花畑を見つけて花をプレゼントしてくれたり、何を目指すわけでもなくただ楽しく話して歩き回った。しかしなんとそんなところまでシーザーが追いかけてきたのだ。獲物を逃した罪だと言ったシーザーはソウを殺そうとしたが、立ち向かったソウがなんとか勝利。ようやく本当の自由が手に入った、そう思ったのに何故かソウの胸が痛くなり、もはやそれは尋常じゃ無い痛みとなった。このままでは逃げることすらままならず、結局二人はやむなく街へ戻りロビンのところへ行った。
ロビンに診察をしてもらったものの、なんとその日ソウは死んでしまった。遺体を確認しようとする主人公だったが、そこにはあの時の一輪の花が置いてあり、ロビンが言うにはその花を残して消えたという話だった。
エンドロール後は、次の年の流星群祭。
なんと急にソウが目の前に現れ、いつもそばにいたと言った。「君が好きだった、自由にしたかったけど君を自由にするということは俺自身を否定すること、ありがとう」そう言って消えた。
そして目を覚ます主人公。さっきのは夢だったのかと思うものの、手にはあの花が握られていた。


(エンド2〜Protection〜)
2人で逃げたところから分岐。
街を出ると何故か主人公の体が高熱になったまま治らなくなってしまった。街へ戻りロビンに診てもらったものの、熱は下がらないし目を覚さなくなってしまう。ソウは「俺が干渉したからだ」と呟き、自分の記憶を消せばきっと主人公は治ると言った。
ソウはまだ目を覚さない主人公のそばで「大好きだったよ、他の人と幸せになって」と呟き去った。
その後目を覚ました主人公は元気になったものの、何かを忘れている気がした。
エンドロール後は、いつものようにシーザーが狙ってくる日々で、街には優しい青年のソウがいる。ソウはいつも美味しい料理をくれて、優しく微笑んでくれる、ただそれだけの何気ない関係の毎日。
何かを忘れていたとしても、思い出せないけれど。



↓ソウの感想ネタバレ有り↓



〜オズマフィア、ソウの感想ネタバレ有り〜
全キャラ攻略後にオープンするソウルートなので、彼は一体どんな真相があるのかなってプレイしましたが結局彼自身のルートではそこまでよくわかりませんでした。
彼は普段から優しくて明るくていい人なので印象もよく、そしてこのルートではなんとついにこの街を出ることができるのですごくワクワクしましたが、匂わせるだけ匂わしてどういうこと?って感じで終わっちゃいましたね(^◇^;)
まぁそれもその後のエピローグとグランドフィナーレで色々わかるんですけどね(Σ○Д○;)これ私もう見てるので結構キツイ(Σ○Д○;)
しかしソウの中の人、すっごい可愛い声ですね!!一回女の子のフリの声した時もはや女の子としか思えないくらい可愛い声でビックリしました!