元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

オズマフィア「ロビン・フッド」ネタバレ

OZMAFIA!!-vivace-(オズマフィア!!-ヴィヴァーチェ-)〜
ロビン・フッド(cv藤波聡さん)
シャーウッド診療所を営む街で唯一の医者。ミステリアスな風貌に似合わず素朴で地味な性格。
所属しているファミリーや身分を問わず、平等に治療する。診療所に常駐しているため、街中で出会うことは滅多にない。

f:id:pinkve:20201011203914j:plain


→管理人のロビン先生のネタバレ感想はこちら←

→エンディング1はこちら←
→エンディング2はこちら←



〜オズマフィア、ロビンフッドルートネタバレ〜
(エンド〜Andantino〜)
シャーウッド診療所にいるロビンフッドは、仮面とローブを被って素顔を隠している医者。しかし何も記憶がない主人公はそれがマスクだとは気付かず、本物の顔だと思っていた。
オズファミリーに保護された主人公は自由にしていいと言われたがアテが無いため診療所に顔を出すようになった。特にいい顔も悪い顔もしないロビンフッドのことを「カラス先生」と呼び懐き始めると、彼は実は奥さんがいて既婚者であることがわかった。
そんなある日、診療所に美しい男性がいた。しかしその横にカラス先生の仮面が置いてあり、主人公はカラス先生の生首と勘違いして失神してしまう。しかしそんなわけはなく、その美しい男性は仮面を外したロビンフッドだったのだ。その美しい顔は直視できないほど整っていたためなぜ隠すのかわからなかったが、本人は人にあまり会いたく無いのだと、根暗なことを言っていた。
それから主人公の前だけではよく仮面を外すようになったロビンフッドだったが、主人公はもっと彼と仲良くなりたくて妻の話を掘り下げた。するとロビンフッドの機嫌は悪くなり、プライベートを踏みにじるなと冷たく言われ気まずくなってしまった。
しかし素直な主人公が謝れば「君にならいつか妻にも会わせたい」と切なく微笑んでくれて、その笑顔に胸が痛くなる。そしてもっと近づきたいと思った主人公は流星群祭の日に「カラス先生」ではなく「ロビン先生」と呼び方を変えたいと願い、受け入れてもらえた。
その後、いつまでもオズファミリーで居候しているわけにもいかず自立することになった主人公は診療所で助手として働くことになった。ロビンフッドと共にいることが多くなれば自然と絆は増えるし意識もし、妻のことが羨ましいと思うようになった。けれどロビンフッドは主人公と妻が似ているだなんていうから余計に胸が痛くなったし、なんと「君は私に恋をしてるだろう」とストレートに図星をつかれ焦ってしまったが、ロビンフッドはハッキリと「何も変わらない」と言われてしまった。
そんな頃、一人で診療所の留守番をしていると奥に秘密部屋があることに気づき、そこに入ってしまった。するとそこには近未来的な大きなカプセルがあり、その中に女の人が寝ているのか、死んでいるのか、横たわって入っていた。それはなんと、ロビンフッドの妻だった。
帰ってきたロビンフッドはそれを見たことに激怒したが、バレてしまった以上本当のことを話し始める。
実は妻は結婚式の日に抗争の流れ弾が腹に当たり大怪我をした。一命を取り留めたものの、眠ったまま目を覚さなかった。妻の目を覚ましたくてずっと研究をしているロビンフッドだったが、ようやく開発できた技術は一度だけ目覚めさせることが出来るが数分で死んでしまうという技術のみ。だから目を覚ましてやりたくてもすぐに死んでしまうリスクでまだそれを実行できていなかった。
カプセルの前で絶望的に話すロビンフッドを見て、主人公は「一緒に治す方法を探そう」と励ますしか無かった。
しかし街にハーメルンが戻ってきた情報が流れるとロビンフッドは主人公を騙してオズファミリーから銃を盗んだ。実は妻を撃ったのはハーメルンだったのだが、なんとハーメルンロビンフッドの親友だった。そんな男を許せるはずがないロビンフッドは復讐のため銃を盗みハーメルンを倒しに行こうとしたが、主人公やカラミア達がロビンフッドを説得し、そしてハーメルンも捕まり投獄された。
悲しみにうずくまるロビンフッドに主人公は手を差し伸べた。ロビンフッドは「あの日そうやって手を差し伸べてくれる人を求めてた」と言って泣いた。
数日後、診療所にいた二人に妻の声が聞こえた。開けてほしいという声を聞きついに二人はカプセルを開けると妻は目を覚ましており、目を開けてなくてもずっと心は生きていたことを話し、ずっとロビンを見ていたと言った。そしてもういいのだと「幸せになって、自分の幸せを生きて」と告げ、妻は死んでいった。
その後、妻を埋葬したロビンフッドは妻への愛も一緒に埋めると言った。その言葉に期待する主人公にロビンフッドはそっとキスをし、微笑んだ。
エンドロール後は、一緒に住むようになった二人。
相変わらず性格の悪いロビンフッドに振り回されるものの、その笑顔は本物で、もう二度とあの仮面をつけることはなかった。


(エンド〜Fermate〜)
銃を盗んだところから分岐。
ロビンフッドは復讐のためハーメルンを撃った。しかしハーメルンは支配者層であるためもちろん死なない。そう、わかっているのだ、そんなことは。妻は優しくて笑顔の素敵な人だったけど、非支配者層であったことも何もかも、わかっていることなのだ。
自分も支配者層であるロビンフッドももちろん死なないし歳は取らないけど、それでも愛した妻の一生を共に生きたかっただけだったーー。
ロビンフッドは投獄され、カプセルに入れられていた妻はロビンがいないういに埋葬され葬式が行われた。主人公は牢屋へ行き、葬式が行われたことを報告し、そしてずっと帰りを待っていると告げた。
エンドロール後は、診療所で一人働いている主人公。
あのあと何人も新しい医者がきたが皆続かず、今日も新しい医者が来るのを待っていた。するとそこに現れたのは、ロビンフッドだった。
街のみんなから、他の医者はダメだと泣きつかれたロビンは戻ることになったのだと言い、主人公に「本当に待ってたんだ」と悪態をついた。けれど主人公はそんな彼に「おかえりなさい、大好きです」と微笑んだのだった。



↓ロビンフッドの感想ネタバレ有り↓



〜オズマフィア、ロビン先生の感想ネタバレ有り〜
見た目からして怪しい雰囲気のロビン先生でしたが、まず彼のルートは恋愛ルートなのかなんなのかわからないままのスタートでした。
結果、ちゃんと恋愛対象としての攻略キャラではありましたが中々そこにいたるまでが重かったです(ToT)
最初はね、あの見えない顔は絶対イケメンってオチなんだろうなーと思ってたらやはり予想通りのイケメン。主人公は見惚れるほどキラキラしているらしいですしね!かなりのイケメンね!
しかしな、ずっと思ってたけど性格悪い予感しかしない。しかしそれは性格が悪いというか捻くれているというか卑屈というか。なんかとっつきにくいなーと思ってたけどそれは全て妻のことがあったからだっていうね(ToT)これは中々すごかったね〜(ToT)
そして妻はもう死んでるのかなって思ってたんだけどまさか生きてるとはね!急な未来の機械みたいなカプセル出てきた時はビビったワイ(笑)そして怖い!
そんで持ってこんな状態なのに恋するとか、主人公の方に気持ちが向くとか、果たしてそんなことあんの!?と思ったらちゃんと最後はラブラブになれてよかった。途中、主人公を騙して抱いてきたのはちょっとむかついたけどね!
まぁでもその前に主人公も中々相変わらず強いなって思いましたけども(笑)ロビン先生から散々嫌味言われてんのによく行くなとか、妻のこと聞かれたくなさそうなのに根掘り葉掘り聞きまくるとか、更に他の人に聞いて歩くとか(笑)相変わらずぶっ飛んでる〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎(笑)
あと関係ないけどワインのスチルのロビン先生のワインの持ち方おかしすぎて吹きました(笑)
とか言いつつ、Fermateの方のエンドの結婚式の記憶のやつ悲しすぎてやばかったです(Σ○Д○;)アメイジンググレースの歌がやばい!!めっちゃ泣けた(ToT)
という感じでこれからは幸せになってほしいロビン先生。私だと多分喧嘩になるくらい性格合わないと思うけど(笑)、主人公と仲良く暮らしてほしいですね!!