元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

女王蜂の王房〜めのう編〜「貴峰丸」ネタバレ

〜女王蜂の王房−めのう編−〜(R18)
●貴峰丸/タカネマル(cv沖野靖広さん)
めのうの教育係。寡黙で実直だが、女王の死期が近づいてから、ゾッとするような冷たい一面をたびたび見せるようになる。
右目は別のコロニーとの抗争の最中失ったらしい。

f:id:pinkve:20201021151204j:plain
※「女王蜂の王房〜めのう編〜」のバナーに使用されている画像の著作権は、PURE WOOLに帰属します。


→管理人の貴峰丸のネタバレ感想はこちら←

→ベストエンドはこちら←
→バッドエンド1はこちら←
→バッドエンド2はこちら←
→バッドエンド3はこちら←
→バッドエンド4はこちら←



〜女王蜂の王房、貴峰丸ルートネタバレ〜
(ベストエンド〜今、心からの親愛を込めて〜)
主人公の側近である貴峰丸は幼い頃からずっと側におり、無表情で無口だけど色々と教えてくれた頼れる存在だった。
そんな貴峰丸達と幸せに暮らしていたものの、死んだと思われていた輝夜が生きており女王の座を狙いコロニーへとやってきたことから事態は変わる。輝夜が女王を暗殺し、それを主人公のせいにし、主人公は蟲を飲まされ尋問されたりまでした。
貴峰丸が助けてくれて二人は下界に逃げたものの、次期女王になる器なのに蟲の拷問くらいで根を上げた主人公を怒鳴る貴峰丸は厳しく主人公を罰し、ややのように尻を出させて平手で打った。けれど発情期を迎えている主人公はその折檻にすら悦びを得る。
以前は言葉は厳しくとも必ず肩を抱いて優しくしてくれた貴峰丸だったが、近ごろこうやって厳しくなり、そして心が遠く感じた。
下界に逃げ、貴峰丸の隠れ家である洞窟に隠れることになったが、貴峰丸は勝手な行動で一人でどこかに行ったり、説明してくれなかったり、中々帰ってきてくれなかったりととても不安になった。更に貴峰丸が隠れて皇樹に会っていたのも見てしまったし、女王のペンダントを何故か貴峰丸が持っておりそれをうっとりと見つめている表情を見てショックを受けた。嫉妬し、貴峰丸に当たるが、発情していると勘違いされ鎮めるために愛撫をしてくれたが、決して最後までは抱いてはくれない。しかも愛撫をされると主人公の股に女王の刻印が現れた。驚くものの、貴峰丸は何故か気にするなと話を逸らした。
そんな日々が続くとなんとそこに輝夜が現れた。女王は実はまだ生きてるといい、そして貴峰丸と離れろと言った。意味がわからない主人公に輝夜は真実を話す。
実は貴峰丸は他の巣で生まれた雄だった。過去に自分の巣の王女と共に主人公達の国を襲ったが失敗し、女王様の情けだけで生きている雄だった。その証拠としてあのペンダントは貴峰丸の王女の物。だから貴峰丸は従っているふりをしつついつか復讐をしようとしているのだと輝夜は話した。
しかしその話を聞いても主人公は貴峰丸を嫌いになれなかった。そう、主人公はもう貴峰丸を愛していた。
だから離れないと言ったが、貴峰丸は蜂の兵を殺した罪で捕まり投獄され、主人公も共に巣へ戻り、牢屋の貴峰丸の世話する日々が始まる。貴峰丸への恋心が募ると、何故か自分の頭の中に自分じゃない誰かの声が響くようになった。
そして貴峰丸は主人公の恋心を利用し、牢屋を開けさせ主人公を優しく抱いた。夢見心地に寝てしまう主人公を置いて貴峰丸はそのまま脱獄してしまう。
まだ生きているかもしれない元王女を探しに行った貴峰丸だったが、女王はすでに元王女を連れ他の陣営へと移っており、また貴峰丸も捕まってしまった。
一つのテントの中に拘束される貴峰丸だったが諦めきれない主人公がそこに助けに行くと、貴峰丸は呆れたのか諦めたのか、主人公に真実を話してくれた。
実は主人公の股に刻印を打ったのは貴峰丸であること、女王と同じ刻印は相手の意思を伝達するものであり響いていた声は女王のものだったこと、そして主人公はなんと女王の娘ではなく女王のクローンであること。
そう、主人公は蜂ではなくただの作り物のクローン。今の女王の体が朽ち果てた時に乗り移るただの器だった。
貴峰丸は過去に元王女が捕まった時、元王女は女王に足を切られ雄に犯され、殺されたくなければ貴峰丸にコマになれと言い契約として女王に右目をもぎ取られていた。王女を盾にされ主人公をクローンとして育てており、輝夜を幼い頃に下界に落としたのも貴峰丸であり、そして輝夜もまたそれを知って主人公を助けようとしてここに戻ってきていたのだった。
ようやく全てがわかった主人公だったが、主人公は諦めなかった。クローンであったとしても私の方が、私の心の方が、この国に相応しい、そう言って戦って見せると決意した。そんな立派な主人公を見た貴峰丸は自分の気持ちにようやく気づき、主人公を愛しているのだと言って本当に優しく抱いてくれた。
その後、主人公は貴峰丸に「王女と共に逃げて」と言ったが主人公を愛した今、王女を助けても主人公のそばを離れないと決意。しかし探し出した王女はすでにミイラ化し死んでいた。女王が若さを保つため正気を吸って殺したのだ。
覚悟を決めた主人公は女王を殺した。
そして貴峰丸の右目に一度だけ時間を移動できる力が宿り、二人は過去へと飛んだ。
過去の貴峰丸に会った主人公は、復讐をやめて王女を助けてと伝え、そしてまた二人は現実へ戻った。あの過去が変わればきっと現実も変わるはずだが、その現実はとても素晴らしいものへと変わっていた。
無事で元気で優しい輝夜はそばにいい、主人公は女王になっていた。元王女は貴峰丸が助けたものの自害して死んでおり、貴峰丸はちゃんと先に主人公を選んで夫となっていた。
元王女の墓石の前で二人は寄り添い愛していると誓った。
美しく幸せなこの王房で、幸せが続くことに微笑みながら。


(バッドエンド1〜素晴らしき蜂の世界〜)
貴峰丸が死んでしまい絶望した主人公は母が死んだタイミングで女王になった。しかし母に体を乗っ取られ、邪魔な輝夜も殺してしまう。高笑いする主人公はもはや女王そのもので、この国は「私とお母様のもの」そう思った。


(バッドエンド2〜家畜の絶望〜)
貴峰丸に犯され精神が崩壊してしまった主人公は口も聞けなくなり犬となった。牢屋に閉じ込められ貴峰丸の熱いアレをもらえるのをただ待つだけの日々だった。


(バッドエンド3〜殺される喜び〜)
貴峰丸からクローンの真実を聞き、愛していると伝えあったが、このままではどうにもできず、それならば女王に乗っ取られる前に殺してやると言われた。解放してやると言った貴峰丸に首を絞められ、愛する彼に殺されるなら幸せだと思った。


(バッドエンド4〜私はこの国の女王さま〜)
真実を聞き、貴峰丸を愛し、女王を殺して自分が女王になった。しかし日に日に何故か前の女王に似てくる主人公。
輝夜も貴峰丸もそんな主人公を怪しみつつも、二人は相変わらず主人公に良くしてくれている。
それは当たり前よね、だってそう、私は再び女王になったのだから。



↓貴峰丸の感想ネタバレ有り↓



〜女王蜂の王房、貴峰丸の感想ネタバレ有り〜
まず思ったのがイケメンってこと。そう、もうほんっと顔が良い。めーっちゃ顔が良くてガタイも良くて身長も高くてほんっと見た目が好き<●><●>
そんな貴峰丸ですが最初は凄く感じが悪いんですよね。主人公が小さい頃からずっと一緒にいたっていう教育係だというのになんか冷たいし愛情を感じないし。更にはいきなり折檻としてケツ叩いてきたときは吹き出しました(笑)しかもそれで濡れる主人公。変態や(笑)
しかしそれだけじゃなくてね、貴峰丸はすぐどっか行っちゃうんですよね。何も言わないし、聞くとすぐ「お前には関係ない」って突っぱねるし。なのにたまに焦らしてエロいことしてきたり、優しくしたり、なんかもうこの人も情緒不安定なんじゃ?と思ってたらなんと彼は女王様に人質とられて逃げられなかったっていうね!女王様の言うこと聞かないと王女さまが殺されちゃうから仕方なく主人公の世話係とかしてたからなんかいつも冷たかったのよね。しかもなんと主人公は女王様の生写しですからね(Σ○Д○;)これは酷い。殺したいほど憎い相手に生き写しである主人公を愛すると認めるのは中々大変だったのではないかと思います。
そんな切ない中、それでも主人公の言葉に胸打たれる貴峰丸が主人公への気持ちにはっきり気付いて優しく抱いてくれるシーンはかなり良かったです!!しかも王女さまが死んでるって知らないうちに主人公を選んでくれたし、過去に行ってもちゃんと新しい未来でも主人公の夫になってたしね!!
その流れからのハピエンは凄い良かったー!!幸せな未来しか見えないよね!!
しかしこのルートだと主人公の存在と女王様の真相が分かるわけでね。なんと主人公は女王様のクローン。作られた存在っていう!これは驚きー!!色々わかるルートなのでとてもスッキリしますし貴峰丸が凄い良い男なのでとてもいいんですが、その分エロシーン少ない気もします。貴峰丸の中の人とても演技上手いのでもっと喘ぎ声聞きたかったです<●><●>(笑)
あとバッドはそんなに酷いやつはなかったですね。何故か輝夜を殺すスチルだけあって、その顔が酷くて何故このスチルとは思ったけども(笑)
とにかく貴峰丸かっこよかったです!!眼帯も良い!!抱いてほしい<●><●>(笑)