元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

Love☆Drops!〜みらくる同居物語〜「真柴奏」ネタバレ

〜Love☆Drops!〜みらくる同居物語〜R18
●真柴奏/マシバカナデ(cv小西克幸さん)
学園の3年生 身長183cm位
主人公の親友のお兄さんなのだが、今まで殆ど口をきいたことがない。身なりには気を使わず、いつもぼさぼさの髪で制服も着崩している。
常に怒った顔をしていて、人を近づけない雰囲気を身にまとう。話し掛ければ話すのだが、その口調は冷たくそっけない。主人公が魔物と同居していることを知り、興味を持って近づいてくるものの、そのぞんざいな態度は変わることはない。
一番話し掛けやすいのか、ユーゴを質問攻めに合わせる姿をみることがあるが、ユーゴのつかみ所のないぼーっとした性格に、イライラしてしまうようだ。

f:id:pinkve:20200824143218j:plain


→管理人の奏さんのネタバレ感想はこちら←

→ベストエンドはこちら←
→奏ルートでユーゴを選ぶエンドはこちら←

〜ラブドロップス、奏ルートネタバレ〜
(ベストエンド)
美琴のお兄さんである奏は一つ上の先輩。クールで無口でぶっきらぼうなイメージで、誰とも深く関わろうとしない人。
誰にも関わろうとしない寂しそうな瞳が気になってしつこく付き纏う主人公だったが、なにを思ったのか奏は「そんなに俺に興味があるなら付き合ってみるか?」と言われて恋人同士になった。
最初はさらっとした付き合いに不安になる主人公だったが、風邪をひいた時には看病してくれたり、指輪もプレゼントしてくれたりと、少しずつ優しい奏に惹かれた。しかし何かをずっと隠している様子があったし、主人公の事を可愛いとか出会えて良かったとかは言ってくれるのに「好きとは言えない」と言った。
その理由は、奏は美琴と血が繋がってなく、養子だということにあった。そしてそれだけではなく、なんと奏は実は人間ではなかったのだ。
なんと18歳になると存在が消えてしまう奏。18になった瞬間に赤子に戻ってしまい、永遠にまた生まれる存在で、今回もまた今の真柴奏という記憶は消えて赤子になるのだ。
もうすぐ18歳の誕生日を迎える奏は主人公を愛してしまったため辛い思いを抱えるが、二人は一緒にいられる時間を幸せにしたいと考えた。
しかし主人公はロイ達から「奏はルブランだ」と言われた。ルブランとはなんと自分が死んだことに気づかず生前の姿のまま彷徨う魔物であった。死んだことに気付いてないため、死んでいると教えればすぐに成仏して消えるのだという。
主人公は迷ったが、ずっと繰り返す生に苦しむ奏を解放してあげたくて、本当のことを奏でに告げた。すると奏は過去に武士として死んだことを思い出した。
ようやく取り戻した真実に微笑んだ奏は「愛してる」と言って最後に抱いてくれて消えた。
それから何ヶ月かが経った。
クリスマスの日、主人公は昔撮った写真を見つけた。そこには自分と知らない男性が写っている。誰だかわからないけれど大切な人のような気がし、それを抱きしめて街の中を歩けば道端で見たことがある人にぶつかった。
そう、この人の名はーーーーー‥。


(奏ルートのユーゴエンド)
奏がルブランであることを伝えられず、代わりにユーゴが伝えた。
帰ってきたユーゴはピストルを持って血塗れだった。主人公は何かを忘れている気がするけどなにも思い出せず、でも涙が出る。そしてユーゴに「ユーゴはいなくならないで」とすがりついて抱きしめた。



↓奏の感想ネタバレ有り↓



〜ラブドロ、奏の感想ネタバレ有り〜
最後に攻略した奏さん、とっても謎すぎるキャラでしたが、やはり人間ではなかった!!エンドは泣きました(;_;)
そんな奏さん、最初は凄いやな感じでね〜ムスッとしてるし、何より一日中海を見て無言で過ごすデートとかだったから拷問かと思った(笑)時間もったいな!!!(笑)
まぁそれは理由があったから後から納得したけども、普通の人だったら許すまじデートよね(笑)
しかし付き合ったら割といい感じでビックリしました。「付き合ってみるか?」っていう誘いも男らしくてかっこよくてドキッとしたし、ほっといてるようでちょこちょこ様子見てくれてるのもいいし、急にクラスに迎えに来てくれるのも中々良いですよね。
大人の展開も学校とか中々だし、主人公が自ら咥えるシチュも良かったです!
最後はね、本当切ないよね。やっぱりそれを選んでも忘れちゃったのね。でも最後の最後に来てくれたのはやっぱり奏さんなんだよね?名前がはっきり出てなかったから曖昧だったけど、そう願いたい!
逆エンドの終わり方もやっぱりな展開だったし、新しい奏さんと幸せになれるといいなー!かなり好きなキャラでした!