元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

ブラザーズ「春日昴」ネタバレ

ブラザーズ〜恋するお兄さま&もっと恋するお兄さま〜
●春日昴/カスガスバル(cv谷山紀章さん)
三男、21歳、179センチ。鈴音と同じ大学の芸術学部に通う3年生。
極度の人見知りで、他人に心を開かないけれど、本当は甘えたがり。夜はひとりで寝ることができず、誰かのベッドに潜り込むのがくせだったりする。
いまは年上のジュエリーデザイナーの女性にペットとして飼われているので、家には気が向いたときにしか帰ってこない。
天才的ピアニストで、これまでに数々の賞を受賞。だが、昨年手をケガしてからは、人前でピアノを弾くことができない。
公園で拾ったカメレオンの「ベリー」を、いつも肩に乗せている。

f:id:pinkve:20200707101359j:plain



→管理人の昴先輩のネタバレ感想はこちら←


〜ブラザーズ恋するお兄さま&もっと恋するお兄さま、春日昴ルートネタバレ〜
三男の昴は主人公と同じ大学の三年生。無口で何にも興味がなさそうで無気力だったがピアノがとても上手いと有名だった。
しかし過去に手の怪我をし、完治したはずなのに、それ以来先生と家族以外の前でピアノを弾けなくなってしまった。
そしてやはり主人公はまだピアノを聴いたことがなかった。家族と認められていないことを突きつけられているようで、どうにか認めて欲しくて昴にしつこく付き纏うと、なんと無理矢理キスされてしまう。俺はこういう男だという昴に平手打ちをしてしまった。
昴はいつも夜な夜な女の人のもとへ行っていると兄弟達が言っていたが、そうやって自分にもキスしても微かに聞こえるピアノの音が寂しそうで気になって仕方ない。
そして結局昴のそばにいてしまう。そんな主人公の健気さに惹かれたのか、昴も徐々に心を開き始め、ピアノを教えてくれるようになった。
そしてついに妹だと認めてくれた昴は、主人公にピアノを聴かせてくれた。その曲は母が教えてくれた一番好きな曲だといい、とても明るくて素敵だった。
そしてついに両親の結婚式が行われ、一ヶ月が過ぎた。
あれから主人公と昴の関係は良くなったものの、父親の再婚自体には余り良い感情を抱いていない昴は、余計に家に帰ってこなくなった。
しかもピアノのコンクールに出場と選ばれ、同級生にやっかまれる事件が起きる。
そしてついに、何故ピアノを人前で弾けなくなったかの訳を教えてくれた。
実は昔、ピアノの練習に夢中で病気の母を見殺しにしたと噂され、喧嘩になって怪我をしてしまって以来人前で弾けなくなっていた。そのことを後悔し、いっそ手が動かなく慣れば良かったのにと嘆く昴だったが、主人公は「私はお兄ちゃんの音が好き」と手を握り励ますと少しずつ自信を取り戻していった。本当はピアニストになりたい昴は、このコンクールに優勝すれば海外留学出来るのだと話し、優勝を目指して二人で頑張ることにした。
そんな昴を支えたい主人公は、彼を好きになったと自覚した。
そしてある日、父が主人公に昴と父の不仲の理由を話した。
祖父の会社が失敗し、借金返済で走る父は忙しく家に帰れず妻の美咲が体調を崩しても手をかけてやれなかった。そして美咲の体調が悪化し、そばにいた昴が助けを求め父に電話をしたが中々帰れずなんとそのまま脳出血で死亡してしまった。その時そばにいたのは昴だけで、幼い昴は一人救急車を呼んだという。
その事から父を恨んでいた昴。
その話をした後偶然に蔵の棚が倒れ昴を庇った父が怪我をしてしまった。大事には至らなかったものの、庇うほど本当に昴を愛していることを感じ、そして父がずっと大切に持っていた母の指輪を昴に渡したことにより、二人は少し和解できた気がした。
そしてコンクール本番、昴は優勝した。
主人公は昴に好きだと告白をし、昴も「愛してる」と返してくれてそのまま抱いてくれた。もう他の女の元にも行かないと約束をしてくれて、二人はその後海外へ留学した。
ドイツで暮らし始めた二人。一軒家を借りて二人で住んでいる。ピアノを弾く昴の横で今日も幸せに微笑み、永遠に一緒にいようと約束をするのだった。



↓昴先輩の感想ネタバレ有り↓



〜ブラザーズ恋するお兄さま&もっと恋するお兄さま、昴先輩の感想ネタバレ有り〜
3人目にクリアした昴先輩。最初の印象は、肩のカメレオンなんなの?でした(笑)
それマジ気にならない?(笑)
なのにそのカメレオンは名前がベリーでイチゴしか食べないっていう設定しか無く、基本なんのためにいたのかよく分からないキャラだった(笑)
あとはやたら声がセクシーなので気怠い感じがとても色気あるし、真顔でもエロい雰囲気なのもいいし、寝ぼけてる感じの声の演技とかはかなり良かったです。
それとね!他キャラよりもかなりストーリーが凝ってるルートでした!お父さんとの確執や、その原因や、なんでお母さんが死んだのかも全部わかるルートだったのでとても真相っぽかったです。最初そっけなくても徐々に微笑んでくれるようになったりするのも良いし、他人には聞かせられないピアノを弾いてくれたときは心開いてくれた感じに泣きそうになりましたしね!感動!
ただ、大人のシーンはちょっと唐突(^◇^;)しかも神聖なピアノの椅子で!?(笑)燕尾服も汚れちゃうし、とても気になるね(^◇^;)
それならむしろバドエンの大人シーンはよかったです。無理矢理っていうより彼は経験豊富で上手いっぽいので、主人公が腰砕けになる感じでね。嫌がってないから良い。
そいえばそうなると、主人公って最初からかなり昴のこと好きでしたよね!高校の時から気になってたみたいだし、初恋の相手っぽくて良かったと思います!最後はなんかはかない感じだったし、昴先輩に似合ってました!