元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

遙かなる時空の中で7「天野五月」ネタバレ

遙かなる時空の中で7〜
●天野五月/アマノサツキ(cv鈴村健一さん)
現代での高校3年生で、主人公とは家族として一緒に育った。 兄らしく面倒見がよく、星の一族としての能力も高いが、どこか抜けていて頼りない。 星の一族であることは、わけあって主人公には隠していた。
霊障で大学受験に失敗した為、次の春から浪人生。

f:id:pinkve:20200629122857j:plain
※「遙かなる時空の中で7」のバナーに使用されている画像の著作権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。


→管理人の五月兄さんのネタバレ感想はこちら←




遙かなる時空の中で7、天野五月ルートネタバレ〜
戦国の世で、龍神の神子に選ばれた主人公は、実は元から戦国の世に暮らしていた織田の姫だった。そのため八葉に選ばれた兄の五月は実の兄ではないことがわかり、そして本当は星の一族であり主人公を護る役目があった。
更に五月には双子の三鶴という兄がいたのだが、なんと主人公がこの世界に来た時に入れ替わりで戦国の世に連れて行かれてしまい、行方不明になっていた。
絶対に三鶴が生きていると信じている五月は怨霊を倒しながら三鶴を探していた。
五月が語る三鶴はとても頭が良く頼りになったらしい。そのため主人公に「八葉に選ばれたのが俺でごめん」とよく言っていた。自分を卑下する癖がある五月は優秀な方の兄が主人公のそばに残っていればもっと力になれたのにと思っていたのだ。しかし主人公にとって兄は五月一人。ずっと小さい時から守ってくれた兄は、他では代わりにならないのだ。
その事に気づき、徐々に変わる五月は、八葉に選ばれたことを頑張ってみようと思い始め、主人公のために強くなろうと決意する。
そして忠信の怨霊を封印し、悲しみに暮れた主人公のことも優しく慰めてくれる五月は、後ろから抱きしめてくれて「これからは兄ではなくただの五月として支えたい」と言ってくれたのだった。
血の繋がりのない兄が、男に変わった瞬間だった。
そして富士山で龍脈を正し、ようやく平和が訪れる。一同は一度解散し、主人公と五月達は岐阜城へと留まった。
それから半年が過ぎた。
主人公は不思議な龍の夢を見るようになり、やたらと喉が乾くようになった。それに合わせてなのかまた至る所に怨霊が出始める。
佐和山城に小さな白い龍がいる事を知り会いに行く事にすると、なんと池の中の小さな龍が少年の姿になり主人公を「あねさま」と呼んだ。その言葉に五月は何かに気づいたようで、これからはなるべく力を使うなと注意してきた。
それからしばらくして、五月は毎日一人で何やら調べ物をし始める。しかも主人公に力をつかわせないためにと監禁までしてきた。けれど主人公は夢の中で怨霊を封じる夢を見ると、なんと現実の世界の外の怨霊が浄化された。閉じ込めても力を使わせない事が不可能だと分かった五月はなんと主人公を龍穴から令和の世に連れて行き、龍穴に結界を張って閉じ込めたのだ。
何も言わずに去ってしまった五月が何故ここまでするのか意味がわからない主人公はどうにか戦国へ行こうと探ると、なんと体が浮いて空を飛び、時空を越える事ができた。
戦国の世に辿り着くと閉じ込められた日から半月以上経っており、五月は織田の軍配者になっていた。突然現れた主人公にギョッとする五月だったがもう観念し、それならばと「必ず一度だけ助けてくれるお守り」をくれた。
そして関ヶ原の戦いが始まる。
戦地には沢山の怨霊が現れ、結局主人公は力を使わなければなくなる。そして沢山浄化の力を使い続けるとなんと主人公の姿が白龍になったのだ。
そう、五月だけは気付いていた。主人公の本当の姿が白龍であることを。
人の姿は仮初の姿であった主人公はどんどん記憶がなくなっていく。そして空へと登っていく。
しかし五月は諦めなかった。それから今まで調べたすべてを使い、竹生島で白龍を呼び戻す魔法を唱えた。何かに呼ばれている気がする白龍は空へと姿を現す。五月は白龍に向かって叫んだ「戻っておいで、七緒」と、かつての人の名を呼んで。すると主人公の手の中にあの時のお守りを感じ、体は人の姿に戻り、五月の胸に飛び込んだ。
ようやく戻ってこれた主人公だったがまだ怨霊は出ているため封印しなければならない。力を使えばまた龍になってしまうかもしれない怖さがあったが、五月は「お前の名を何度も呼ぶよ」と言い術で作った指輪を小指にはめて、呼び戻す約束をしてくれたのだった。
そして戦地に戻った主人公達が出会ったのは石田三成。そして彼はなんと、三鶴だった。しかし三成は捕縛されてしまい大津城に拘束されてしまったのだが、なんと主人公が龍の姿になり五月を乗せ三成を助けに行った。三成も共に背中に乗り、そのまま三人は時空を超え令和の時代へ。
三成を安全な令和に残し、また人の姿に戻った主人公と五月は小さな白龍を助けるために戦国へと飛ぶ。そしてなんと小さな白龍に平島が呪詛をかけようとしていたため戦い、小さな白龍を守る事ができた。
そして安全な竹生島に小さな白龍を離してやるとなんと姿はみるみる大きくなって立派な白龍に変わったのだ。そしてこの姿になったから代替えが出来ると言い、主人公に「その姿のあなたを誰より思う者の側で生きて」と言ってくれた。
主人公を見つめる五月は「好きだよ、一人の女の子として恋人として共にいて」と言ってくれて、二人は令和へと帰る事になった。
八葉の皆に見送られる二人は光に包まれ、この世界の人々が幸せであるようにと祈りながら時空を越えた。
エンドロール後は、元の世界。しばらくは三成も一緒に暮らしていたが、いつの間にか消えていた。多分主人公の背に乗った時にウロコを取っており、それでまた戦国に戻ったと思われた。
二人は大学生になり毎日平和にデートをしながら暮らしている。あの日々が嘘のように思えるほど平和な世界だったが、家の写真たてには三成と三人で撮った写真があり、きっとまたいつか会えるだろうと想いを馳せて噛み締めた。



↓五月の感想ネタバレ有り↓



〜はるなな、五月兄さんの感想ネタバレ有り〜
最後の攻略となりました五月兄さん。最初の印象はめっちゃ胡散臭いなと思いました(笑)だってなんか隠してる感ハンパないしー!!
しかし彼のルートはとっても良かった(ToT)感動したし、泣けたし、最後も令和に戻るという普通の幸せのエンドで凄く良かったです。
もとより「兄さん」というポジションが大好きな私なので彼を胡散臭いと思いつつも贔屓目で見てるところはあったかもですが、五月兄さんの正体は星の一族であり、そして神子とは血が繋がってないっていう設定がありつつも、ずっと兄としてみてきた存在をどう男としてみるのかが気になってたが、存外アッサリ男を感じていた神子(笑)急に五月兄さんが「これからは兄ではなくただの一人の男として支えたい」とか急に言ってくるけど、神子も急に意識して、すんなりと最後は「恋人として!」って言い合ってましたな。その切り替えの早さ、良し!!!(笑)
しかし五月兄さん、最初は天然っぽいし穏やかでゆるそうだったのに、徐々に強く男らしく頼れる感じになるのも良かったです!神子が龍神になっちゃった時も呼び出すために必死になって竹生島で名前を呼んでくれたシーンはめっちゃ泣けました(ToT)
そうそう、それね!龍神!神子はなんと龍神だったんだけど、まぁそれは他ルートで知ってた私だがチビ龍ちゃんが「あねさま!」とか言ってきた時点でもう震えますよね(笑)あ、察し的な(笑)兄さんもすぐ察したから神子を監禁したりしてさ、「兄×監禁」とか凄い王道の良いシチュやんけと興奮したり(笑)、タニヤタウダカダイバナに吹き出したり(笑)いや、真面目なシーンなんだけど急に何回も言い出すから耐えられなかった(笑)
とまぁ、ふざけるのはそれくらいにして、色々と選択肢も重要なのが多いルートでドキドキしましたよね!真相ルート的な呼び方をしても良いような素敵なルートでしたし、龍神の代替えが出来たのも凄く良かった!兄さん達の元に戻れて、そしてみんなとも祝福されながらのお別れだから素敵でした!あ、あと三成さんもね、やはり彼が三鶴だったかーって感じだったけど、ちゃんと思いが通じて良かったですね!
という感じでとても楽しく、そして泣けた素敵なルートでした!五月兄さんもかなり上位で好きです!最高でしたー!!