元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

遙かなる時空の中で7「宮本武蔵」ネタバレ

遙かなる時空の中で7〜
宮本武蔵/ミヤモトムサシ(cv阿部敦さん)
黒田長政の近習を務める礼儀正しい少年。「日の本一の剣豪」を夢見て努力しているが、 まだ試合に勝てずにいる。 裏表がなく常に前向きな、明るく気持ちのいい性格。
神子である主人公に、まっすぐ敬意と憧れを向けてくれる。

f:id:pinkve:20200628184502j:plain
※「遙かなる時空の中で7」のバナーに使用されている画像の著作権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。


→管理人の武蔵君のネタバレ感想はこちら←



遙かなる時空の中で7、宮本武蔵ルートネタバレ〜
八葉に選ばれた宮本武蔵は、明るく元気で真っ直ぐな少年のような武士。長政に憧れ、剣豪になるため努力を怠らなかったが、主人公の世界の宮本武蔵と違って強くは無かった。
そんな武蔵は、初めて剣を持った大和との勝負に負けたり、宗矩には「なんのために剣を振るうのか考えてみろ」と言われてしまったり、努力が中々実らずやきもきしていた。
けれど、炎が怖い主人公が神子だから弱音吐けないと我慢している時にすぐに気づいてくれる武蔵は本当に心から優しかった。弱さを認めていいと「震えれば支える、歩けなければおんぶする、だから安心して姫様は強い方です」という言葉にどれだけ救われたかわからなかった。
そしてついに武蔵は四条河原で名の知らない強い剣豪に師匠になってもらうことになり、毎日修行を始めた。心が足りないと怒られても頑張り続け、焦って疲れて倒れたりもしたが、日本一の父を超えた剣士になるのだと目標を立てた瞬間、武蔵の心は晴れ、剣に迷いがなくなった。
そんな彼を主人公はさりげなく支え、二人の絆も強くなっていった。
しかし富士山で五経の乱れを正し、とりあえず平和になると、武蔵は皆と別れ武者修行の旅に出ることになったのだった。
そして数ヶ月が経った。
岐阜城に留まる主人公たちの耳に、京で怨霊が出たという話が聞こえてきた。また穢れによる乱れで龍穴が開いたため、主人公達はその龍穴を使って京にワープしようとしたのだが、なんと出た先は滝修行をしている武蔵の所だった。久しぶりに会った武蔵は一瞬武蔵だとわからないくらいに逞しく、凛々しく変貌していた。大人っぽくなった武蔵になんだか胸が音を立てる。
そんな武蔵も加わり汚れの原因を探す一同だったが、道中、武蔵の父が武蔵に対して剣の才能はないと見限っている話を聞いたり、それでも父に憧れて確実に強くなっている武蔵を誇りに思えたり、炎の怨霊にすくんだ時も逞しくなった体で守ってくれて頼りになったりと、主人公は武蔵にどんどん惹かれた。
しかし、なんと武蔵の師匠が実は死んだはずの足利義輝公だということがわかり、平島が呼び出した怨霊であることもわかった。足利義輝は今まで記憶がなかったため武蔵の師匠をしていたが、織田に恨みがある足利は主人公を見ると記憶が蘇り周りが見えなくなり襲いかかってきた。武蔵は主人公を守るため落ちていた剣を拾い二刀流で戦った。
結局逃げられてしまい、その後すぐに関ヶ原の戦いが始まった。
そして戦乱の中、平島が足利や怨霊を使い戦を乱し始める。八葉達は皆今は敵同士になっていたにもかかわらず、武蔵のために駆けつけ、道を切り開いてくれた。
そして武蔵と主人公が向かったのは足利のいる場所。決着をつけようと剣を向ける武蔵は、ついに勝ち、師を超えた。すると足利は正気を取り戻し消えていこうとしていた。武蔵は最後に「あなたが師で良かった、そして大好きな姫の笑顔を守り日の本一の剣豪となります」と言った。すると足利は武蔵の頭を撫で微笑んで消えていった‥。
その後、平島を倒し怨霊を封じると汚れが晴れていった。その景色は、太平の世の始まりの予感に見えた。
そして戦が終わると武蔵は今度はちゃんと主人公に向かって「好きです」と告白をしてくれたが、そのまま返事を聞かず旅に出ると去ってしまう。小さくなっていく背中を見つめる主人公の足は、動いていた。
エンドロール後は、武蔵を追いかけ抱きつく主人公。これから一緒に生きてと伝え、抱き合って微笑みあった。



↓武蔵君の感想ネタバレ有り↓



〜はるなな、武蔵君の感想ネタバレ有り〜
7人目の攻略となりました武蔵君。最初の印象は明るくて元気で年下っぽいキャラだなーと思ってたんですが、最終的に成長がすごくて素敵でした!ストーリーは一番良かったってくらいメインヒーロー感あって最高でしたし!!
そんな武蔵君、最初はまっすぐで頑張り屋さんでとっても努力家なのに、何故か負けてばかりという剣士なんですよね。そして強くなるために師匠を見つけて頑張るわけですが、ここで「心足りないから弱い」って言われるんですが、正直私は武蔵君に心足りなかったら誰が足りんのーーー<●><●>と思った(笑)だってあれだけ頑張ってるのに!?嘘でしょ!?(ToT)(笑)
まぁそれはなんか目指してるとこが曖昧だかららしいってことになり、それを支える神子の話が出てくるわけで、これが泣ける!!!(ToT)神子がずっと励ましてくれた回想で武蔵君が恋心を感じるわけだけど、その回想がジーンとして泣けて、その関係って凄いいいなって思えました(ToT)
あと泣けたのはね!炎系の怨霊が襲ってきた時神子が怖くて動けなくなるんですよね。トラウマがあるからね。その時に武蔵君が言った言葉が「震えれば支える、歩けなければおんぶする、だから安心してください、姫様は強い方です」って言ってくれるんですよね。
ああああああ(ToT)
めっちゃ怖くて、でも神子だからしっかりしろって言われてる立場で、大丈夫って振舞わなきゃない時に手を握って安心させてくれてその言葉をくれる、本当に優しくて頼りになって泣けました。その後も邸が火事になったシーンでもお姫様抱っこで守ってくれて本当に頼りになるよね!
だが、彼もまた火の属性を持つ(笑)
まぁそれは言ったらあかんけども!!!!(笑)
あと武蔵君といえば個別ルートに入った瞬間の見た目の変化!あれも良い!!ギャップに弱い私はかなりポイント高かったです。男らしく着物の袖ももいだみたいだし(笑)
あと武蔵君の「むむ!」が可愛くて好きだし、ムカデに強かったり、結構博識だったり、絵が上手いのも素敵!ストーリーの流れが少年漫画みたいな感じで、最後なんか八葉が「お前たちは先に行け!!」みたいなのが連続して続くのがマジ少年ジャ◯プみたいで良かった!!(笑)
その時久々に出てきた歌舞伎者口調の幸村さんにときめいたり、師匠に「遙か空より見ていてください」って台詞もタイトルに合わせて素敵でしたし、泣ける爽やかなエンディングも良かったです!本当にメインってくらい素敵なストーリーでした!すごく楽しめました!