元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

遙かなる時空の中で7「真田幸村」ネタバレ

遙かなる時空の中で7〜
真田幸村/サナダユキムラ(cv寺島拓篤さん)
強きをくじき弱きを助ける、心優しい青年武将。
家族や友人との絆を大切にしており、戦乱の中でも家族との 穏やかな暮らしを心ではいつも願っている。 温和な性格だが、戦場では果断で勇猛果敢。子供の頃は人質として各地を転々としていた。
迷い込んだ現代で、怨霊に襲われている主人公を助ける。

f:id:pinkve:20200622112647j:plain
※「遙かなる時空の中で7」のバナーに使用されている画像の著作権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。


→管理人の幸村さんのネタバレ感想はこちら←


遙かなる時空の中で7、真田幸村ルートネタバレ〜
怨霊に襲われている主人公を助けてくれた心優しき武士の真田幸村は、神子である主人公の八葉に選ばれた。
真面目で優しく強い幸村は、誠実で真っ直ぐで主人公の心を明るく照らしてくれる存在になった。
過去に人質であった期間が長い彼は、戦をなくし家族と平和に暮らしたいという想いがあり、そんな彼の想いが叶えばいいのにと願わずにはいられない。
何年生きれるのか分からないこの乱世で、生きる希望を忘れて欲しくなくて、主人公は幸村が前に美しいと言ったネモフィラの花の種をプレゼントした。
信忠の怨霊を封印し辛く絶望しても神子だからと弱音を吐けない主人公に、闇夜に隠れて泣かせてくれる幸村。嘘偽りなくストレートに賛辞をくれる幸村。誰よりも友や家族を大切にする幸村。その全てに、惹かれた。
そして関ヶ原の戦いで三成が敗れたのち、15年前に徳川攻めで死んでしまった弟の楽丸の墓前に二人でネモフィラの種を植えた。今ならきっと花咲く明日を信じられると言う幸村は吹っ切れたように笑った。
しかし主人公は神子の力を使うと徐々に弱っていく。その原因はなんと、主人公は神子ではなく、龍神自身だったからだった。本当は龍神であり今は人の形で過ごしているが、力を使えば使うほどそのうち龍神の姿になってしまうということだった。しかしカピタンが国を奪うために怨霊を使っていることを知り、止めるために覚悟をした。主人公の覚悟に決心した幸村は「全て終わったら妻になってほしい」と「愛している」と告白をしてくれ、人でなくなったとしても必ず幸せになろう、家族になって一生共にいよう、と約束してくれた。すると二人の間に時のかけらが現れた。
そしてついにカピタンと対峙するが、なんと心柱に黒龍が閉じ込められていた。仲間達と力を合わせカピタンを倒すことができたものの、心柱が崩れ始め、このままでは国が崩壊してしまうと予感する。主人公が龍神になり力を解放させれば助かるが、龍神になれば神域へ向かわなければならない。
二人は離れなければならない。
しかし幸村は龍神になった主人公の背に乗り、自身のやるべきことを終え必ず会いに行くと言い、あの時の時のかけらを渡してくれた。
龍神になった主人公は国を救い、そして神域へと旅立っていった。
その後、戦乱の時は流れた。時は大坂の陣
幸村はそこで最期を迎えた。ようやく自分のやるべきことは終わった、息絶える中、空に手を伸ばす。すると空に龍神が現れた。
幸村は沢山のネモフィラが咲いた花畑で目を覚ました。しかし誰もいない。龍神になってしまった主人公は記憶を失っているから。だから幸村は呼んだ、かつての人の姿だった大切な妻の名を。
すると空から主人公が降ってくる。
永遠の時空の中からあなたを探してた。
その言葉と共に二人は抱きしめ合い、口づけを交わした。やっと結ばれた二人は永遠の時の中で家族になれたのだ。
ーーそして楽丸の墓前には、あの花が咲いていた。



↓真田幸村の感想ネタバレ有り↓



〜はるなな、幸村さんの感想ネタバレ有り〜
待ちに待った大好きな遙かシリーズの最新作、発売日当日に張り切ってやった私が最初に選んだのはこの真田幸村さん。だって一番メインっぽい立ち位置にいて、パッケージでもでかでかと書いてあるんだもの。なので張り切ってやったわけだが‥‥
一番先にやるんじゃなかった(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
これは本当に一番先にやるべきじゃなかったね!?!?感動して泣いて泣いてやばくて、そして辛いし切ないし、え?死んだの?えー!!神子は龍神だったし、最後ネモフィラの神域だったけどこれって生きてて欲しいんだけどーーー(ToT)
あと今回のエンディングはいつもの「残るエンド」と「共に行くエンド」というのが無くて驚き!現代バージョンもあればな(;_;)
しかし、幸村さん本人はほんっとすっごく素敵な人で大好きでした!凄い素敵!本当恋しました!!!
最初の頃の幸村さんのイメージは真っ直ぐで眩しくて強くてかっこいいって感じだったので、純粋なキャラなのかな?って思ってたらまさかの元ヤン(笑)これ結構最初の方で分かるんだけど口調が歌舞伎者になった時の幸村さんのギャップにめっちゃ惹かれました。かっこよすぎ!
そして更に純粋どころか凄い大人。女に慣れてるのかもしれないけど、幸村さんの顔が汚れてる時拭いてあげても動じないし、いつも支えてくれたり近くてもドーンと構えてる感が「あ、遊んでましたね」と思わせる(笑)予想外!
更に信忠兄さんを封印した時弱音吐けない神子のために闇夜で隠して泣かせてくれる幸村さん、めちゃくちゃかっこよくてやばかったです。
その後も押し倒しスチルみたいなのもあったけど別にやましいこともなく進むけども、できれば死ぬ前にやましいこともして欲しかったけどね!(ーー;)じゃないと辛いよ!
大坂の陣での最期の龍神の雨は本当にめっちゃ泣けてやばかったですが(;_;)けどそれならせめて、生きてるまま戦国を捨てて現代で平和に生きる二人とかもあってもよかったのになー!!でも幸村さんの生き様と覚悟があるから彼自身がそれは許さないんだろうね(ToT)辛い!!
てな感じでめっちゃかっこよかった幸村さん。どうか神域で永遠の時空を幸せになってください(ToT)本当に感動しました!!すごく好きです!!!