元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

Collar×Malice for Nintendo Switch「岡崎契」ネタバレ

〜Collar×Malice for Nintendo Switch
●岡崎 契/オカザキ ケイ(cv梶裕貴さん)
26歳。 神出鬼没な警備部警護課――SP。
おっとりとした性格で、言動もマイペースかつ天然気味。
自然と人の懐に入ってしまうような独特な空気を持つ。特技はいつでもどこでも寝ること。

f:id:pinkve:20200616134350j:plain
※「Collar×Malice for Nintendo Switch」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。


→管理人の岡崎さんのネタバレ感想はこちら←

→本編ハッピーエンドネタバレ←
→続編ハッピーエンドネタバレ←


〜カラーマリス、岡崎契ルートネタバレ〜
(本編ハッピーエンド)
X-Day事件に巻き込まれ、首に付けられてしまった首輪の謎を解くべく、柳達と共に捜査をすることになった主人公だったが、誰も担当していない11月の事件を担当したいと思う主人公は一人行動を始める。
すると、柳達を何故か警護しているSPである岡崎が主人公に接近してくるようになった。
なんらかの理由で柳達を探っているであろう岡崎に対し不信感と疑いを向けるが、当の本人はいつものほほんとしており、おっとりとマイペースでどんどん主人公との距離を近くしていく。彼は人の懐に入るのを得意としているようで、いつの間にか懐柔されてしまった主人公は、優しさに好意すら覚えた。
何故か自分のことを「守る」と言って側にくる岡崎に嫌な気持ちはしないが、柳から「SPという仕事は特殊。もし仕事で自分の護らなきゃない人物と家族が目の前にいてどちらも危険にあった場合迷いなく守るべき対象を必ず護る、心を捨てる仕事。」と言われ、あまり彼に絆されてはいけないと忠告を受けた。
既に岡崎の独特の雰囲気を「優しさ」だと思いこんでいる主人公はそれでも彼のことを信用したいと思っていたが、事件は起きる。以前ストーカーをされ、その相手がX-day事件により殺害され、容疑者として疑われている菅原理香と話をした際謝って首輪を菅原に見られてしまった。その時近くにいた岡崎にもそれが見られてしまい、見られた瞬間迷いなく岡崎は主人公に銃を向けた。その瞬間に気づいた、彼はやっぱりSPなのだと。
とりあえずその場は撃たれずに済み岡崎は去ってしまったが、その後も暫く主人公の目の前には現れなかった。避けられていると感じ、岡崎に嘘をついていたことで傷つけてしまったと思う主人公だったが、また目の前に現れた岡崎は何故か喜んでいた。そして彼は言う、やっと理想の人を見つけたと。
ずっと命をかけて護れる人を探していたと言う岡崎。恐ろしい状況でも負けずに強く立ち向かう主人公こそが理想だと思い、これからは命に代えても主人公を守ると約束した。
主人公は彼に好意があるため嬉しかったが、彼が自分を必要としているわけではなく「守る対象」として必要としていることを薄々感じ、悲しくなった。そしてそばにいるうちに気づく、彼は誰かを守りたいんじゃなく、誰かを守って死にたいことに。
岡崎は二年前アドニスのテロにより命が狙われていた要人の警護にあたっていた。しかし内部で裏切りがあり、そのせいでテロを許してしまう。パニックになる岡崎だったが、その時の仲間が「冷静になれ」と怒鳴ってくれる。その言葉でようやく自分を取り戻すものの、気づくのが遅く崩れた天井が自分の上に落ちて来ようとしていた。あぶない、という声が聞こえ岡崎は仲間に背中を押された。そしてその仲間は岡崎を助けた代わりに、崩れ落ちた瓦礫の下敷きになり死んでしまった。そのことがあってから、岡崎はずっと死にたかった。いや、死ぬことに意味が欲しかった。価値のない自分なんかを助けて死んでいった仲間のようになりたくなかった。
そんな彼の本心に触れた主人公は、彼の頬を叩いた。もう岡崎の事を本当に好きになっている主人公は、自分のために死なれても嬉しくない、私を好きなら一生かけて生きて護ってと言った。頑固な岡崎に気持ちを伝え続けるとついに、岡崎は君と生きたいと言ってくれた。
無事恋人同士になった二人だったが、主人公が一人の時に首輪から声が聞こえ、岡崎を殺されたくなかったら一人でアジトに来いと言われてしまう。
二人で生きると約束したのに約束を破らなきゃないと悲しむ主人公だったが、愛する岡崎を失いたくなくて嘘をついて一人でアジトに行こうとするが岡崎にはそんなことお見通しで、後をつけてきて、一緒に行くと言ってくれた。
アジトには三条がいた。彼はボスに岡崎を始末しろと命令されていたが、岡崎を気に入ったといい勝負を挑んできた。拳銃の早打ち対決で、自分が負けたら主人公の首輪を外してくれると言った。そして見事岡崎は早打ちに勝ち、首輪は外されるものの、三条はもう悔いはないと、自分はここで死ぬとアジトに仕掛けた爆弾を爆発させる。逃げる主人公と岡崎の前に三國れいという男が現れる。彼はアドニスの幹部であるようで、主人公を憎んでいた。数人の仲間をつれ、主人公と岡崎を殺そうとしてくるが、主人公達も銃で立ち向かい、彼らを倒す。しかし三國は最後の力を振り絞り岡崎に拳銃を向けた。それに気づいた主人公は咄嗟に岡崎を庇い撃たれてしまった。もう助からないと思った主人公は岡崎に大好きだと伝える。
その後一命を取り留めた主人公。アドニスのアジトも警察により撃破、完全に全ては捕らえられなかったものの、三國を捕まえたことにより全ての事件は落ち着き、このまま新宿隔離処置も解除されるのも時間の問題となる。
入院している主人公に、岡崎は怒っていた。自分のために無茶をしたことと、主人公を護れなかった自分に怒っていた。けどこの先もずっと、一生そばにいると約束をしてくれ、病院のベットでキスをして終わる。

(続編ハッピーエンド)


岡崎契ネタバレ※お友達のサイトへジャンプします。



↓岡崎さんの感想ネタバレ有り↓



〜カラマリ、岡崎さんの感想ネタバレ有り〜
まずは本編の感想を。
勿論前回vita版でもクリアした岡崎さんなんですが、当時はそこまで刺さらなかった私。なのに今回めっちゃやばかった!超好きになりましたあああ(ToT)
まず最初の登場から可愛い癒し系なのが良いじゃないですか。主人公を猫さんと呼び、ゆったりした話し方で、見た目も凄くイケメンで。しかもボーッとした穏やか系なのに凄く強いSPってのがまた最高。ギャップってやばい。後はぼやっとしてるくせに強引なのもまた良いし、守ってくれる安心感もあり、手繋いだときにギュッとしたらギュッと仕返してくれるってやつ「ぎゃあああ!!」となるほど良かった(笑)
こんなにイメージよかったっけってくらい本当によすぎる人なんですが、まぁここからが色々と変化してくるわけですよね。
途中からなんか優しさが本物なのか、それとも欺くためのものなのかが不安になり、更に「私」を守るでは無く「理想」を守るという彼の願いを知るとモヤモヤしてくるわけですよね。
そこらへんの岡崎さんはまだ好きという事に気付いてないので甘えさせてくれるけど下心を感じなくてとても辛い私。期待させすぎてくるのに絶対そういう意味じゃ無いのをひしひし感じ、胸が痛くなります。
だがしかし、その後の死にたがり発言にさすがの私もイラッとしまして(笑)、このままじゃ岡崎さんを好きになれないかもと思って、かーらーの、主人公のビンタの説教!!
これは泣けたんだよおおおおお(ToT)
主人公のセリフがほんっと私胸に響きまして、岡崎さんがついに思い直し、そしてそれからの彼の気持ちの変化が凄く良くて更に泣けていくシーンが続き、本当どんどん岡崎さんを好きになりました(ToT)
最終的には彼が死にたいなんて思ってた人と思えないくらい生に執着してる感じがとても良くて、病院でのキスシーンでまた泣きました(;_;)本当に凄く良かった‥岡崎さん素敵すぎる‥推しが変わるくらい好きになってしまったかもしれぬ(笑)
あと首輪ついたままでのベッドシーンやばくないですか!?!?<●><●>(笑)あれゼロに聞かれてんだよね!?ぎゃー!!(笑)そういうとこも好きっ!(笑)