元カレたちのストーリー

今までプレイした乙女ゲームのネタバレになります。

恋の花咲く百花園「青柳朔良」ネタバレ

●青柳 朔良/アオヤギ サクラ(cv美藤大樹さん)
主人公の同僚だが、大学を卒業しているので主人公より年齢も経験も先輩。
植物に対する愛が重く、植物のことしか興味がない。
実は主人公と同じで過去猫太から能力を譲渡されている人間。

f:id:pinkve:20200510141935p:plain
※「恋の花咲く百花園」のバナーに使用されている画像の著作権は、株式会社拓洋興業に帰属します。


→管理人の朔良のネタバレ感想はこちら←


〜恋の花咲く百花園、青柳朔良ルートネタバレ〜
百花園で働く同期で、四つ年上の朔良は厳しくて真面目で植物にしか興味がないような男の人。
そんな朔良は、実は11年前に猫太が主人公に向かって木から落ちてきた際に、主人公を助けようとして偶然に猫太の能力を譲渡された人物。しかし11年経っても中々朔良の能力が開花されなかったため、元より渡そうとしていた主人公にまた猫太が今能力を与えた。
他の人たちと違って最初から主人公の能力を知る朔良とは協力してうまくやれると思っていたが、何故か朔良は一匹狼な上に共同作業をしてくれない。彼には何やら他人を拒絶する理由があるようだった。
しかし朔良が数年前から「勿忘草」の声が消えなくなったという話から、勿忘草は必ず「私を忘れないで」と言っていたのが気になっているということを知る。植物を同じくらい愛している主人公は勿忘草のためを思って頑張って声を聞こうとし、その姿に心打たれた朔良は切ない顔で「君を守るよ」と言った。
そしてついに、主人公を信頼し始めた朔良は共に百花園を守るため協力しようと言うが、それを踏まえて一人になる理由を聞いて欲しいと語り出す。
父親が植物学者で、母親が華道家という家に生まれた朔良。兄は華道に進み、朔良は植物に興味があったから父親を慕っていたが、父と一緒に研究していた幻の花をみたいとせがみ、父はなんとそれを探している際事故で死んでしまった。父が死んだのは自分のせいだと責めた朔良は引きこもりになり、兄は優しくしてくれたが立派になっていく兄の邪魔をしたくないとも思っていた。だから兄に恥をかかせたくなくて親戚が集まる華道の集まりに一度だけ顔を出した朔良だったが、なんと朔良がその場で作った華道が素晴らしく親戚に評価されてしまった。その時兄が悲しそうな顔をしたのを見てショックを受けた朔良は、自分は人を不幸にする存在なんだと思った。
だから朔良は人を避けるようになったのだ。
この話をした朔良は「君を不幸にしたくない」と言ったが主人公は「一緒に百花園を守りたいから、一緒に頑張りましょう」と優しく微笑んだ。朔良はようやく心から微笑み、よろしく頼むと答えた。
しかし実は兄は朔良に家に戻ってきて欲しいと思っていた。朔良は心を決め、百花園で生花のイベントを行うことに。そしてそこで朔良が生けたのは「黄色いヒヤシンス」と「スターチスと勿忘草」だった。それらの花言葉は「貴方となら幸せ、真実の愛は変わらない」という意味。それを見た兄は弟が見つめる先にいる主人公を見て、弟の幸せはここにあるのだと気づき、応援すると微笑んでさっていった。
その後、なんとあの勿忘草が咲いたのだ。それを見た朔良は主人公のそばにいると幸せになると気づき、その気持ちに気づくと勿忘草の声がまた聞こえ始めた。
百花園の満開の桜の木の下に主人公を誘った朔良は「君を想っている」と告白をして抱きしめてくれて、主人公も「私も好きです」と答えたら桜が祝福するように美しく舞った。二人がキスをすると「おめでとう」と桜の木の声が聞こえ、幸せいっぱいの二人の心にリンクするかの如く、蕾だったコイハナは静かに桜色の勿忘草を咲かせていた。
エンドロール後は、付き合って素直になった朔良が王子様のように跪いてプロポーズしてくれたり、益々協力し合うようになり可愛がってくれるようになったりし、最終的に一緒に住むためのアパート探しをして終わる。



↓青柳さんの感想ネタバレ有り↓



〜恋の花咲く百花園、青柳朔良さんの感想ネタバレ有り〜
3人目に攻略した青柳さん、実は初見では苦手でした。だってね〜冷たくてとっつきにくいし一人になりたいと言われるし、そうなると近くにいる優しい和真や梓恩さんの方が親しみやすくなっちゃうし!
しかし冷たいながらも実は最初から能力のことをわかってくれているので心強いなとも思いました。何もない所に話かけている頭おかしい女と思われがちなストーリーなので唯一おかしくないとわかってくれるし(笑)
そんなこんなで進めていくと、正直青柳さんより主人公の性格の良さにほっこりしまくりでした。厳しく言われても自分がもっと頑張ればいいんだって負けない強さとか、青柳さんの孤独は理由があるからだとか、優しく心を溶かしていける人柄の良さに心温まります!
だからなのか、青柳さんは他のチョロメンバーと違って「好き」を前面に出してくるのが遅く、中々手強いキャラでした。なので心を開いてくれたときの進化には感動!クリスマスにはちゃんとプレゼントをサプライズで用意してたりと中々やるやんって思って見直しました(笑)
そして次に現れた華道家のイケメンお兄さん。え?まさか青柳さんってセレブ?それに気づいた瞬間俺の彼に対する好感度が、うなぎ上り!!(最低)笑
だってね、さりげなくいつも金に余裕ありそうな雰囲気出してたんだけどこれが理由なのねって思ったら妙に納得したし急にイケメンに見えるよね?(笑)まぁ個人的に私は「兄」に弱いのでお兄さんにめちゃくちゃ興味はありましたけど!立ち絵ないからまだ踏みとどまってるがね!!(笑)
そして遂に付き合うわけなんだが、なんとここからがめっちゃ良かったんですよ!!付き合ってからの青柳さんの豹変やばくね!?!?めちゃくちゃ甘くて優しくて可愛がってくれて、更に彼女に楽しんでほしいからとか、笑ってほしいからとか、そういうことを本当に考えて努力してくれるのが凄く良い!!好きな人のために何かをしてあげたいっていう気持ちが凄く嬉しいし、可愛がり方も素敵だし本当幸せな感じがしました!嫉妬した時もエロかったしね!(笑)
ということで最終的にかなり素敵で付き合いたい人ナンバーワンになるくらい良かったです!12年前の会話が6歳と10歳の会話には見えなかったのはうけたけどな!(笑)初老やんけ!!(笑)